HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

【書評】犯人視点のスピンオフ作品!『-金田一少年の事件簿外伝-犯人たちの事件簿』

『金田一少年の事件簿』って人死に過ぎじゃない?そんな軽いツッコミをしてはいけない。犯人たちは皆それぞれお金や時間をかけて、最後はフィジカルに動き回っているのだ! 時には殺すはずじゃない人を殺してしまうこともある。けれども、犯人たちは時間が無…

【書評】しかない、というものは世にない。人よりも一尺高くから物事を見れば、道はつねに幾通りもある。『竜馬がゆく一』 

坂本竜馬は、不思議な人物だった。決して欲というものがなく、周りが勤王だ、攘夷だ、と熱に浮かされ騒いでいる中で、一人冷静に自分の考えを持ち、かといって自分の中にはしっかりと熱く燃えるものをもっている。周りに流されなければ生きづらい世の中でも…

【書評】現在というのは、どんな過去にも勝る。『何もかも憂鬱な夜に』

何かを破壊したい、と思ったことはないだろうか。誰にでも、ある時期には、どうしようもない破壊衝動のようなものが沸き起こってはこないだろうか。こんなことを、こんな混沌を、感じない人がいるのだろうか。 ラベリング理論というものがある。前科のレッテ…

【ランキング】今週読まれた書評【2020/5/3-9】

1位 bookrev.horiemon.com ど本命の彼から追われ、告られ、秒でプロポーズされる! 秘密の「メス力」LESSON 作者:神崎メリ 発売日: 2020/02/20 メディア: 単行本 2位 bookrev.horiemon.com イケズの構造 (新潮文庫) 作者:敦彦, 入江 発売日: 2007/07/30 メデ…

【書評】"殺人鬼の息子"という呪われた運命を背負った主人公『親愛なる僕へ殺意をこめて』

童貞でうだつの上がらない大学生の主人公・浦島エイジ。朝起きると、隣にミスキャン候補の美女・雪村京花が寝ていた。 15年前女子大生達が行方不明になって、惨殺死体で発見された事件の犯人"八野衣"真は彼の本当の父親である、とデートの帰りを待ち伏せし…

【書評】名作アラジンはここから生まれた!『千夜一夜物語-まんがで読破-』

妻の浮気を目撃してしまった王は、女性への不信感から毎晩処女を求めては翌朝には殺してしまう。最期の晩、王に媚を売る者、従順な者、諦める者がいる中、翌朝殺されるシェハラザードは物語を語り始める...。 最初は「せむし男の物語」。夜が明けると、「他…

【書評】世の中、金か?それとも愛か?『クリスマス・キャロル-まんがで読破-』

「大好きな年収200万の男?好きでもない年収1億の男?」「愛は金で買えるか?」お金と愛について、誰しも一度は考えたことがあるかもしれません。 自分ひとりだけが幸せになれることはない。幸福を皆で分かち合ってこそ本当の幸せが訪れる。その本当の幸せの…

【書評】人生をストレスフリーに変える方法『好きなことだけして一生お金に困らない』

あなたは日々の生活に満足しているでしょうか?その問いに対して「Yes」と無条件に答えられる人は多くはないかもしれません。しかし現実に、自分の理想とする生活を手に入れている人は存在しています。おそらく本書を手に取ったという事は、あなたの心にもそ…

【書評】お金にも他人にも振り回されない・自分軸の人生の生き方『好きなことだけして一生お金に困らない 人生をストレスフリーに変える方法』

タイトルに「お金」という言葉が入っているが、本書は財テクや投資などのお金のことだけではなく、仕事、マインドセットとライフスタイルのすべての側面に言及している。著者の経歴は独立1年目から億単位の収益をあげる女性ビジネスプロデューサー。そう聞く…

【書評】何事も自分の気持ち次第。ただし、ムショではどうにもならない。『刑務所なう。完全版』

東京拘置所で丸刈りになり、長野刑務所へ。独房ではウツになりかけ、介護衛生係になり、他人の下の世話をし、腎臓結石が見つかり、揚げたてメンチカツはおいしく、ジョブズ死去を独房で聞き、きな粉で難なくご飯が食べれるようになり、ついに体重は30キロ減…

【書評】キャピタルのないキャピタリズムは、ただのイズムだ。『ブランド人になれ!』

たかがカネのために働くべきではない。「カネなんてなくても死にはしない」と突き放すからこそ、逆説的にカネが儲かるようになる。カネは追えば追うほど逃げる。自分が好きなこと、夢中になっている得意技を徹底的に極めつつ、「他人の役に立つ」という青臭…

【書評】帝愛出版、比類なきマネジメントの聖書『中間管理録トネガワ』

“中間管理録トネガワ” この作品が本作でありカイジこそがスピンオフでは無いかと思わせられる。 そもそも中間管理職とは組織のマネジメント、適切な労働環境の確保、人材育成の3つの役割を担う企業の成長に必須の人材になり、具体的には課長、係長に相当す…

【書評】動くことが大事。そんなこと分かっているんです。でも動けないんです。『0秒で動け』

「人生には限りがある。」、「迷っている暇などない。すぐ行動しろ!」そんなこと頭ではわかっています。それでも動けないんです。これは本書のはじめにの一文です。なんて親近感を感じる言葉でしょうか。 著者の伊藤洋一氏は、Yahoo!アカデミアの学長やビジ…

【書評】なによりも怖いのは、恐怖に背中を向け、目を閉じてしまうこと。『レキシントンの幽霊』

真夜中のリビングではじまる幽霊たちのパーティ。穴の中から出てくる緑色の獣。氷男と結婚した女。本書では、不思議な世界が、七つの短編で繰り広げられます。 胸がざわざわするような恐怖感を感じるけれど、どこか心地よい世界観。わけがわからないけど、何…

【ランキング】今月読まれた書評【2020年4月】

1位 bookrev.horiemon.com レバレッジ・リーディング 作者:本田 直之 発売日: 2013/05/02 メディア: Kindle版 2位 bookrev.horiemon.com 一瞬で恐怖を消す技術 ~恐怖を力に変える7つのステップ~ 作者:マイケル・ボルダック 発売日: 2010/11/08 メディア: 単…

【ランキング】今週読まれた書評【2020/4/26-5/2】

1位 bookrev.horiemon.com 2位 bookrev.horiemon.com 親殺し 作者:芹沢 俊介 発売日: 2008/09/29 メディア: 単行本 3位 bookrev.horiemon.com 4位 bookrev.horiemon.com 5位 bookrev.horiemon.com 6位 bookrev.horiemon.com 7位 bookrev.horiemon.com 8位 bo…

【書評】最初はみんなレベル1!『マンガ版「好き」を仕事にして生きる』

“みんな気付いているだろう。人口も経済も右肩上がりの時代は終焉した。大手企業だって何千人単位でリストラすることだってあれば会社自体がつぶれたり、吸収されたりすることもある。” コロナの影響で様々な社会問題が起きていますが、振り返るとリスクヘッ…

【書評】お金から解放されよう!『好きなことだけして一生お金に困らない 人生をストレスフリーに変える方法』

お金が足りない!もっとお金があれば豪華な暮らしができるのに!老後の生活が不安!あなたの人生で、このような不安を持つという経験はあるのではないでしょうか?本書では、このようなお金によるストレスからどのように解放されて人生を謳歌するのかについ…

【書評】あなたにとっての「自分サイズの幸せ」は何ですか?『好きなことだけして一生お金に困らない 人生をストレスフリーに変える方法』

あなたは本当はどんなふうに暮らしたいですか?一度立ち止まって、あなた自身の「楽しい」を基準に考えてみませんか。「他人に何とかしてもらいたい」と考えるのではなく、「自分の力で変えていこう」という考え方に変えていきましょう。本書では、そもそも…

【書評】ネガティブなものの中に笑いは潜んでいる『社会人大学人見知り学部卒業見込』

特定の企業に雇用されて働くということをせずに、若手芸人の下積み期間と呼ばれる長い長いモラトリアムを過ごした著者は、随分世間離れした人間になっていた。 そんな著者だからこその「社会」という場所で起こる様々な出来事への驚きの連続。著者がピカピカ…

【書評】一生楽しく暮らす準備とは?『好きなことだけして一生お金に困らない』

読者の皆さんはお金に関して何か思うことはありますか?もし「いつもお金が無い」状態ならこのような理由が挙げられます。① 無駄遣いが多い。② 「お金が無い」が口癖③ お金を増やすための努力をしていない④ なんだかんだ言っても、現状に満足している⑤ 行動…

【書評】3カ月で電撃結婚するための4ステップ?男心の翻訳機『秘密のメス力LESSON』

本書のタイトルは“メス力”とかなり刺激的になっていますが、内容もそのタイトル通りになっています。(笑)著者の神崎メリさんは恋愛コラムニストであり、ご自身でも離婚、再婚、出産と様々な経験をしてきています。他の恋愛心理学本との違いは著者の体験の…

【書評】うまくやろうとしなくていい。誰も見てないんだよ、人のことなんて。『昨夜のカレー、明日のパン』

若くして夫を亡くし、義父との二人暮しを続けるテツコ。ある日突然、笑うことができなくなってしまい会社を辞めた元客室乗務員の「ムムム」。顔面神経痛になり、深刻な病状の患者の前でも意図せず笑ってしまう産婦人科医のサカイ君。バイクで事故って正座が…

【書評】恋愛とは儚いものである 『マンガで読む名著 三四郎』

夏目漱石が画く『三四郎』普段は小説なんて、長くて読めないという方も、このマンガならきっとスラスラ読める! 物語は、三四郎が、田舎である熊本から、東京に行くため電車に乗るところからはじまる。三四郎は、今期から東京大学の生徒として、大学に通う。…

【ランキング】今週読まれた書評【2020/4/19-25】

1位 bookrev.horiemon.com 一瞬で恐怖を消す技術 ~恐怖を力に変える7つのステップ~ 作者:マイケル・ボルダック 発売日: 2010/11/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) 2位 bookrev.horiemon.com 幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII 作者:…

【書評】あなたは子どもを「殺して」いませんか?親殺しには、子殺しが先行しているのです。『親殺し』

実際にあった9件の親殺し事件を題材にした、「親殺しには子殺しが先行している」というテーマの本である。9つの事件の主な要因を、「教育家族」、「離婚」、「対人関係」の三つに区別し、仏典に描かれた阿闍世の親殺し事件をも手がかりに、親のあり方や救…

【書評】未完全でも、不完全でも、現状が嫌いでもいい。大いに動いてください。揺れてください。『僕たちは美しく生きていけるのだろうか。』

生きていくうえで大切なのは、ただ単に美しく見えるということだけではなく、「美を生きる」ということ。そのことを常に心の片隅に置きさえすれば、自分を見失ってしまうということにはならないでしょう。 「美を生きる」ことさえできれば、呼吸する一瞬一瞬…

【書評】意識を抱え、二本足で立って生きるという作業自体が、基本的に病んでいるのです。それに自覚的な人と、あまり自覚的でない人がいるだけです。『村上さんのところ』

本書では大人気作家である著者が、17日間にわたって寄せられた約4万通のメールを読みきり、そこから選ばれた473通への質問に答えたものが収録されています。真剣に人生に悩む若者への心温まる回答もあれば、おもわず笑ってしまうようなものまで。著者の人柄…

【書評】人が想像できることは、すべて実現できる『宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八』

想像してみよう。遠くの世界のことを。想像してみよう。あなたは火星の赤い大地に立ち、青い夕日が沈むのを見ている。想像してみよう。あなたは宇宙船の窓から「星月夜」の絵のような木星の渦を間近に見下ろしている。 地球に生命が誕生したのはおよそ40億年…

【ランキング】今週読まれた書評【2020/4/12-18】

1位 bookrev.horiemon.com レバレッジ・リーディング 作者:本田 直之 発売日: 2013/05/02 メディア: Kindle版 2位 bookrev.horiemon.com 一瞬で恐怖を消す技術 ~恐怖を力に変える7つのステップ~ 作者:マイケル・ボルダック 発売日: 2010/11/08 メディア: 単…