HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note) 【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note 【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note 【必読】読書・本の読み方に関するお…

【おすすめ本】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選

kindle unlimitedとは amazonが行なっているサービスです。 120万冊以上の本が月額980円(体験は1ヶ月無料!)で読むことができ、 HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。 また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができま…

【まとめ】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【30日間無料】

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。 スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。 また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービ…

【ランキング】今月読まれた書評【2019年12月】

1位 bookrev.horiemon.com ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書) 作者:宮口 幸治 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/07/12 メディア: 新書 2位 bookrev.horiemon.com 知識を操る超読書術 作者:メンタリストDaiGo 出版社/メーカー: かんき出版 発売日…

【ランキング】今週読まれた書評【2020/1/5-11】

1位 bookrev.horiemon.com 元手10万円で100億円の売上をつくった事業のコピペ術――フランチャイズ本部のつくり方 作者:宮嵜太郎 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 発売日: 2019/11/01 メディア: Kindle版 2位 bookrev.horiemon…

【書評】職場の空気は業績との相関あり。クチコミデータから見えた強い組織の条件とは?『OPENNESS(オープネス) 職場の空気が結果を決める』

社員若しくは元社員が評価コメントを寄せている企業のクチコミサイトを見たことはあるだろうか?「風通しのよさ」何点、「人材の長期育成」何点、「法令順守意識」何点で「待遇面の満足度」が何点・・・ そう、あれだ。 それら各項目の評価点から総合的にみ…

【書評】人生の最後に何を食べたい? 『最後まで口から食べるために①』

過去には、飲み込みの機能が落ちたら胃瘻等の経管栄養を選択するというケースが多かった。対して現在は、何とか最期まで口から食べさせてあげたいという支援が流行となっており、少しでも食べられる可能性のある人には希望の持てる時代に変わってきている。…

【書評】英語を身に付けたいなら、読め!! 『1日10分で4技能が身につく アルゴリズム音読』

アルゴリズムとは、順序に従って進めるということである。この本は、本が示すやり方で進めていけば、1日たった10分続けるだけで、英語学習の全ての問題が解消できる。 信じられないと思うだろうが、意外と日本人は英語が出来る。著者がいうには、日本人はハ…

【書評】アートはビジネスと繋がっている『世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること』

本書では、アートと起業、サイエンス、イノベーションの世界との関係や、ビジネスにおいてのアートの重要性について書かれている。そのため本書を読むことにより、アートへの新たな視点が得られる。 著者は、デザイナーとビジネスリーダーの両方になりたいと…

【書評】ブロッコリーは、もう木にしか見えない『MINIATURE LIFE~見立ての世界~』

著者は2011年より毎日、日常によくある身の回りのものを使って作った作品を「MINIATURE CALENDAR」に投稿し続けている。本書は、その作品を紹介した作品集である。 何年か前に、個展の片隅に飾られていたものを目にしたことが、作品との初めての出会いであっ…

【書評】全人類が滅亡!?リセットされた世界で1から文明を作り直す、、科学で! 『Dr.STONE 1 (ジャンプコミックス)』

大半の人には想像がつかないだろう。。全てが終わった地球。人が全て石化した世界。人類がいなくなった世界は自然豊かに戻った奇しくも誰かの陰謀によって、、人類滅亡3700年後ある一人の天才科学オタクによって再び文明は作りあげていく! この漫画には数多…

【ランキング】今週読まれた書評【2019/12/30-2020/1/5】

1位 bookrev.horiemon.com クリティカル進化(シンカー)論―「OL進化論」で学ぶ思考の技法 作者:道田 泰司,宮元 博章 出版社/メーカー: 北大路書房 発売日: 1999/04/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) 2位 bookrev.horiemon.com SIMPLE RULES 「仕事が速い…

【書評】パウル・クレーの世界観『もっと知りたい パウル・クレー 生涯と作品』

本書は、画家パウル・クレー(以下クレーという)の生涯を記している。多くの作品も掲載されており、クレーのファンだけでなく初めてクレーを知る人にも見応えのある内容だ。 クレーの作品は言葉で説明するのが難しい。独特というべきか、不思議というべきか。…

【書評】事業の拡大方法は3つだけ『事業のコピペ術 フランチャイズ本部の作り方』

「フランチャイズとはビジネスの仕組みを売るビジネス」 あなたの事業はコピペできるであろうか? コピペが出来れば、この本を読んですぐにでもフランチャイズ本部を作ることができる。 フランチャイズの本質は、「売れる商品」と「売りたい人」をマッチング…

【書評】これぞ会社の博物館!『会社四季報 2020年1集 新春号』

表紙には、配当に積極的な企業を探せ!と書いてあり、株式投資向けの本であることが前面に出ている。とはいえ、よく見ていくと株式投資としての見方だけでなく会社の博物館という見方もできる。 まずは株式投資についてだ。予想配当利回り、業績予測、チャー…

【書評】あなたの会社、どうしたら潰れます?『経営のやってはいけない!』

事業を起こすということは分からないことだらけ。知らなかったら損をすることだらけ。そこで焦っていろいろな本を読んだり、セミナーを受けに行ったり、コンサルタントの話を聞きに行ったりする。成功する社長もダメだった社長も皆、間違いなく努力している…

【書評】神話を知ることは、日本を知ることだ。 『まんがで読破 古事記』

あなたは日本の神話をご存知だろうか?名前だけなら知ってるとか、そもそも知らないわ!っていう人は多いだろう。なぜなら、日本はGHQによって、日本の神話を伝えるのを禁止されていたからだ!!今こそ日本の文化や、人柄をストーリーで知ろう!! 古事記に…

【ランキング】HIU公式書評ブログでは2019年何が買われたか【1〜25位】

1位 地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門 作者:木下 斉 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2018/11/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) bookrev.horiemon.com 2位 稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出…

【ランキング】HIU公式書評ブログでは2019年に何が読まれているのか【1〜25位】

1位 bookrev.horiemon.com 2位 bookrev.horiemon.com 3位 bookrev.horiemon.com 4位 bookrev.horiemon.com 5位 bookrev.horiemon.com 6位 bookrev.horiemon.com 7位 bookrev.horiemon.com 8位 bookrev.horiemon.com 9位 bookrev.horiemon.com 10位 bookrev.h…

【書評】これが人を動かす心理的テクニックだ! 『まんがでわかる D・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」』

人を動かすのは、かなり難しい。子供に怒鳴っても言うことを聞かない。部下はいつまでたっても仕事が遅い。いつまでたっても夫は、靴下を脱ぎっぱなし。そんなこと思う人は多いだろう。それをわかりやすく解説してくれたのが、この本だ。 人は、命令しても言…

【書評】人生の行き詰まり。それはストレスのせいかも? 『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』

あなたはストレスを抱えていますか?ストレスというのか無自覚で、かなり溜まっていることが多いです。上司の罵声、将来への不安、借金の返済など。人生には沢山のストレスがあります。ストレスを放っておけば、爆発し悲惨なことになりかねません。この本は…

【書評】ブロックチェーンは社会インフラ、中央集権型の社会から管理者のいない社会へ『WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?』

振り返ればこの1年もGAFAの話題には事欠かず、関連書籍も更に増え続けている印象だ。 この圧倒的な強者の登場以降、世界は市場の公平な競争を懸念し、GAFA時代をどうより良く生きるか、あるいは10年後のGAFAを探せといった議論を耳にするようになったが、そ…

【書評】天才に勝てる方法はこれしかない!!僕達は深く考えなければならない 『クリティカル進化論』

天才には根本的な能力では太刀打ちできない。ではどうしたらいい?物事を客観的に正確に判断し、天才でも引っかかるバイアスを避け続ければいいんだ。 私たちは、天才には勝てない。特殊相対性理論のような理論を頭でイメージすることも出来なければ、「モナ…

【書評】ビジネスより大事なこと。親孝行をして年長者を敬う。言動を慎み、徳のある人と親しくする。『リーダーとして論語のように生きるには』

『論語』は誰もが知っているかと思うが本書は『論語』から派生した『弟子規』を読み解き、リーダーにとって何が必要かについて書いている本である。 『弟子規』とは18 世紀に幼児教育向けに書かれた本である。当時は幼児向けであったが、現代では前へ前へと…

【書評】仕事できるやつは、みんなこうしてる!本当に役に立つルールの作り方とは!? 『SIMPLE RULES 「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える (単行本)』

シンプルなルールというのは、どんなグループどんな状況においても役に立つ。成功してきた企業の多くはシンプルなルールを使っている。 シンプルなルールを設定する上で大事なことが、4つある。1、ルールの数が少ない。2、使う人に合わせてカスタマイズでき…

【書評】「ゴッホがいかにしてゴッホになったのか」『ゴッホ展~人生を変えたふたつの出会い~』

本作では、フィンセント・ファン・ゴッホ氏の画家人生で描かれた作品とゴッホ氏に影響を与えたクロード・モネ氏、ポール・セザンヌ氏、ピエール=オーギュスト・ルノワール氏他、数々の画家の作品が同時に紹介されている。 また、ゴッホ氏の画家人生は、わず…

【書評】必殺技は、ガン・フー、マー・フー、ドッグ・フー『ジョン・ウィック : パラベラム』

本作は『ジョン・ウィック』シリーズの第3作。裏社会に住む伝説の主人公『ジョン・ウィック』は、その世界での掟を破り、追放処分となってしまった。彼の身に賭けられた賞金は1,400万ドル。結果として世界中を敵にまわし、追われる身となった。 彼らの最重要…

【ランキング】今週読まれた書評【2019/12/22-28】

1位 bookrev.horiemon.com ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書) 作者:宮口 幸治 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/07/12 メディア: 新書 2位 bookrev.horiemon.com まんがでわかる 妻のトリセツ 作者:堀田 純司,井上 菜摘,黒川 伊保子 出版社/メー…

【まとめ】HIU書評ブログメンバーによる2019年の一冊

今年も1年間ありがとうございました。毎日更新し続け今年も365書評。書評ブログメンバーが今年読んだ中で印象的だった1冊をまとめました。 ビジネスマインド厨が多い現代に置いて、本来人間はその外側で絆を深めることが大切であるということが再認識できた…

【書評】今の生活をもっと豊かにするのは睡眠だ!睡眠さえよくなれば、だいたい良くなる!『スタンフォード式最高の睡眠』

睡眠は人生において「必要不可欠なもの」のひとつである。そして、この本はあなたの睡眠を史上最高にする。 結論から言ってしまえば、睡眠とは最初の90分で決まる。最初の90分が肝心なのだ。眠りの質を高める習慣術を行うことで、最高の90分は手に入れることが…