HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

【書評】全ての悩める者方たちにおススメ。全ての悩みがぶっ飛びます。どうあろうが生きて行けるさ! 『板谷バカ三代』

ちょっと古い本ですが紹介させて下さい。と言うか多分100年先でも抱腹絶倒で読めるんじゃ無いかなぁ。 このエッセイ?はゲッツ板谷さんの家族の実話が詰まってるんですが、とにかくぶっ飛びまくってます。恐ろしくまずいコロッケを作り続け、頭にはダメ…

【書評】スーツから学ぶイタリア人の粋な人生『王様の仕立て屋』

この『王様の仕立て屋』は、フルオーダーのスーツを通してイタリア人の「粋」である「エレガンテ(elegante)」を学び、再び日本人の「粋」について学ぶことが出来るファッションマンガである。 「粋」、「エレガンテ(elegante)」とはなんだろうか? ファ…

【ランキング】今週売れているビジネス書【2019/2】

★amazonのランキング1位FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2019/01/01メディア: Kin…

【書評】平凡なサラリーマンのお父さんが娘を守るために人殺しをし、罪を他人になすりつける話。愛があるから犯罪は絶えない。『マイホームヒーロー』

本作の主人公は平凡なサラリーマン、法律違反をしたことがなく、趣味でミステリー小説を書いている。 ある日娘の彼氏(半グレ)が娘を殺そうとしていることを知り、娘を守るために殺してしまう。 娘には全てを内緒にし妻と2人で、家庭を守るために完全犯罪を…

【ランキング】今週読まれた書評【2019/2/10-16】

1位 bookrev.horiemon.com 2位 bookrev.horiemon.com 3位 bookrev.horiemon.com 4位 bookrev.horiemon.com 5位 bookrev.horiemon.com 6位 bookrev.horiemon.com 7位 bookrev.horiemon.com 8位 bookrev.horiemon.com 9位 bookrev.horiemon.com 10位 bookrev.h…

【書評】「Ⅹ+Y」 『自己プロデュース力』

この本は島田紳助氏がNSC大阪で一度だけ開催された特別講義の内容を記録したものになります。 才能のない若手芸人が売れるための「努力の方法」を教えてくれます。まず自分だけの教科書を作り自分の「おもろい」とは何かを分析していくこと。次に自分たちは…

【書評】急速に変化する社会を生き抜くためには、自身の学び方をまず知ることだ『学習設計マニュアル』

本書は自分の「学び方」について振り返り、今後学んでいくにはどうしたらいいかを考えさせてくれる。「学び」というとつい学校教育を想定し、自分はもう大人だから関係ないと思いがちだ。しかし急速に様々な物事が変化する世の中では、一生学び続けなければ…

【書評】失敗したって倒産したって人間が終わった訳ではない! 『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』

不動産業のエースとして若くして起業し上場まで行き、その後、攻めすぎた経営とリーマンショックから多額の負債を抱えて倒産。家族も失いどん底の中から、再起し、再び不動産業のエースとして輝いている杉本宏之社長の早すぎた栄光、挫折、どん底、復活の物…

【書評】ホテルマンの仕事は、お客様の仮面を守ること。事件解決の糸口は、ほのかに香る「薔薇の香り」『マスカレード・イブ』

本書は東野圭吾氏の「マスカレードシリーズ」第2作である。ストーリーは、第1作の『マスカレード・ホテル』で活躍した主人公、尚美と新田の新人時代に遡る。 尚美は「ホテル・コルテシア東京」に勤めて4年になる。第1作『マスカレード・ホテル』では、ベテラ…

【書評】公民連携って何するの?『稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則』

平素より本市行政にご理解賜りまして誠にありがとうございます。地方公務員書評ブロガーの守本でございます。弊市は地域活性を実践する個人さんが大勢いらっしゃいましてモリモリメキメキ成果を上げてる彼らを見て、時々思っちゃうんだよね~行政の出番、無…

【ランキング】今週売れているビジネス書【2019/2/14】

★amazonのランキング1位FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2019/01/01メディア: Kin…

【書評】まずは自分が幸せになる為に生きていい。大人にも読んでもらいたい絵本『100万回生きたねこ』

なんて、キレイなタイトルを書いたがロングセラーのこちらの絵本。『100万分の1回のねこ』というトリビュート短編集が出たので改めて読んでみた。自分のこと考えていない。周りの気持ちが分からない。そんな知人に送りたい1冊ですこの絵本を通して大人でも感…

【書評】「他の人たちがコンパしている間に、、、」 『天才はあきらめた』

山ちゃんの地獄ノートを皆さんは知っているでしょうか。 忘れるな!!必ず復讐する!!バイト先で「お前は売れない」と言って、サインを破り捨てたジジイ 売れた後絶対にサインは断る。養成所で「関東人おもんな」と言ってきた奴全員許さない。売れてすり寄…

【ランキング】今週読まれた書評【2019/2/3-9】

1位 bookrev.horiemon.com 2位 bookrev.horiemon.com 3位 bookrev.horiemon.com 4位 bookrev.horiemon.com 5位 bookrev.horiemon.com 6位 bookrev.horiemon.com 7位 bookrev.horiemon.com 8位 bookrev.horiemon.com 9位 bookrev.horiemon.com 10位 bookrev.…

【書評】世界史の入門書!むしろ社会人にオススメしたい一冊『大学受験らくらくブック世界史 古代〜近代』

本書は何でも願いを叶える「青い蝶」の居場所を探しながら、古代〜近代の世界史の舞台を巡り歩いていく物語である。 歴史というとつい「暗記科目」と思いがちだが、どんな歴史にも因果関係があり、流れがある。本書では、その因果関係や流れを掴むのに最適な…

【書評】西野亮廣、堀江貴文、前田祐二、亀山敬司の作り方『僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方』

本書は藤原和博と表題の4人の対談から、新時代を最前線でいきている人ごどんな、生活をしてきたかに迫ってきた本である。 読んでいて非常に大きく感じたのが、藤原和博は人の評価が上手い。堀江貴文は生き方を探る哲学者と表現し、西野亮廣は言葉の力が並外…

【書評】世界で一番熱いメガネ屋『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』

世界で一番熱いメガネ屋。この一冊の端から端まで、どこを切り取っても、そう断言できるだろう。 この本は、経営学の教科書のような、フレームワークや財務諸表は一切出てこない。そうであるのに、「経営とは何か」を突き詰め、数多の苦悩と血のにじむ努力が…

【書評】月3万円なら、何とか自力で稼げる気がしませんか?『月3万円ビジネス 100の実例』

脱サラ、個人事業と聞くとハードルが高いかもしれない。個人事業だけで生計を立てるのは、固定給のサラリーマンと比べると少々難しく感じるかもしれない。では本業に加えて「月3万円」だけ稼ぐ副業と聞いたらどうだろうか?本書では月3万円稼ぐための100個の…

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選

HIU公式書評ブログではこれまで数多くの書評を紹介してきました。 記事一覧 - HIU公式書評ブログ堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。bookrev.horiemon.com そこで、まもなく1000編を迎えよ…

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選

HIU公式書評ブログではこれまで数多くの書評を紹介してきました。 そこで、まもなく1000編を迎えようとしている書評の中から『オールタイムベスト書評100』をまとめました。 今回は第5弾として当ブログでも大人気の『物語』。つまり、漫画や小説に関する書評…

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選

HIU公式式書評ブログではこれまで数多くの書評を紹介してきました。 そこで、まもなく1000編を迎えようとしている書評の中から『オールタイムベスト書評100』をまとめました。 今回は第4弾として当ブログでも大人気の『未来を考えるためのHIU本』に関する書…

【書評】親だからこそ、出来る教育がある!『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話』

本書は京大に入った3兄弟と、その両親の家庭ストーリーである。ポイントは3兄弟が京大に入ったことではない。オヤジさんが実行した「家庭教育」にある。 本書の家庭教育はオヤジさんの「観察力」に裏打ちされている。3兄弟をよく観察し、それぞれの適性や知…

【書評】著者は作品に自身の何を投影したのだろうか『トラペジウム』

本作品はアイドルを目指す女の子の物語だ。女の子の名前は“東ゆう”、彼女はアイドルになるという自分の夢を叶えるため、変わらない日常を勇気を持って抜け出した。 きっと同じ志を持っているだろう仲間が増え、絆を深める機会があり、そしてチャンスが訪れる…

【ランキング】今週売れているビジネス書【2019/2/6】

★amazonのランキング1位FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作,関美和出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2019/01/…

【書評】好きな事のタネを沢山蒔いて、好きなことを愛する 『働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける』

10数年前、「ヒロシです」で大ブレイクしたヒロシ。最近はテレビではあまり見かけなくなったが、実は、ソロキャンプの様子を写した「ヒロシちゃんねる」をYouTubeに配信するYouTuberとしても活躍している。 芸人の世界のことと、一般の会社の共通する事が例…

【書評】人生ゲームって意外と職業のステータス設定がリアル『万代かなめは遊びたい』

大人になると遊びにかける金額が上がる一方で、遊び方は限定されていく気がする。本作品はそんな遊び方が狭まる読者に様々な遊びを提供する。 高校一年生である万代かなめのリアクションが見どころの一つだ。テストで学年一位の彼女は必ずどこかの部活動に所…

【書評】『ストーリーとしての競争戦略 』思考の深さで、この本の価値は変わる。

楠木建さんといえば、経営学を学び人にとって必ず耳にする名前でしょう。私が、この本を手に取ったのは、2回目。スタートアップの営業企画として、壁にぶつかっている最中、昔読んだ本書を、ふと思い出した。この戦略論、何がいいかといえば、ひとえにその「…

【ランキング】今週読まれた書評【2019/1/27-2/2】

1位 bookrev.horiemon.com 2位 bookrev.horiemon.com 3位 bookrev.horiemon.com 4位 bookrev.horiemon.com 5位 bookrev.horiemon.com 6位 bookrev.horiemon.com 7位 bookrev.horiemon.com 8位 bookrev.horiemon.com 9位 bookrev.horiemon.com 10位 boo…

【書評】ホテルにいる全員が仮面を被っている。犯人なのか、お客様なのか、仮面はなかなか剥ぎ取れない。『マスカレード・ホテル』

本書は、東野圭吾氏の作家生活25周年を記念した作品「マスカレード」シリーズの第1作。ホテル「コルテシア東京」を舞台にした連作ミステリー小説である。また、本作は映画化され、2019年1月18日の公開から1週間で100万人を超える観客を動員した。普段小説は…

【書評】とにかくメモって、なぜ?で深めて、後は行動!『メモの魔力』

本書ではSHOWROOM社長の前田氏が実践しているメモ術を公開している。自由だからこそ迷子になりがちな現代。そんな迷える若人たちを救ってくれるのが、本書紹介のメモ術である。 ノートを見開き1ページまるまる使い、左に事実、右に抽象化と転用を書く。私流…