HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】『魔女の秘薬事典』 - 魔女の世界へようこそ

皆さんこんにちは。エリカ・ライス著の『魔女の秘薬事典』を読みました。この本は、魔女が使用していたという様々なハーブの効能(魔法の効力)、生息地、栽培アドバイスを詳細に紹介しており、魔法の世界に興味がある方には必読の一冊です。

私が特に印象に残ったのは、マンドレイクについての記述です。ハリーポッターシリーズにも登場するこのハーブは、現実の伝説や魔法に関する多くの物語でも重要な役割を果たしています。本書によれば、マンドレイクを土から引き抜いたらすぐに泉につけ、一日と一晩置くことで邪悪な気が排出され、治療効果だけが残るそうです。

また、栽培については専門店で種子を購入するか、園芸家に頼んで種子を分けてもらい、直径8cmの植木鉢と腐葉土を使用するのが良いとのことでした。
現在私はワサビを育てているため、マンドレイクを栽培する予定はありません。しかし、本書のアドバイスは非常に実践的で、将来的に試してみる価値があると感じました。(果たしてマンドレイクの種子が入手できるのかは疑問ですが)

『魔女の秘薬事典』は、魔法の効力と日常生活のつながりを感じさせる一冊です。小口が金で仕上げられた装丁も雰囲気があり、読むだけでなく手元に置いておきたくなる本です。

 

 

【書評】行動を変えるのに役立つ『いつまでたっても動けないあなたが「すぐやる人」に変わる100の言葉』

著者は、1000社の企業、3万人のビジネスパーソンに対してコンサルティングを行った行動科学の専門家。
 「人の行動」を変えるのには「内面」を変える必要があるが、短期間に「内面」を変化させることは難しい。 
この本は、「行動」に工夫することで習慣を変える方法を紹介している。
特に、印象に残った2つのテクニックを紹介する。
1つ目、「『知らないので教えてほしい』を口グセにしよう」。
「知らない」と言えない人は大きな損をしていると著者はいう。 
同じ業界に10年務めれば大概のことはできるようになるが、日々、進化するガジェットやサービスに対応し続けることは難しい。 
使い方が分からずに試行錯誤するくらいなら、デジタルネイティブ世代に教えてもって手っ取り早く問題を解決する。 
お礼に、ランチをご馳走すれば、人間関係が円滑になり、職場の風通しも良くなる。 
「知らないので教えてほしい」と言えることは、限りあるリソースを別のことに回せる大切な能力なのである。
2つ目、『笑ってしまうほど「軽め」に初日を終える』 。
新しいことを始めるときは「初日から頑張り過ぎない」のがコツだと著者はいう。
力を入れすぎれば、息切れを起こすことになり、前日より「成果が少ない日が続けば」達成感が減少してモチベーションが低下するからである。
資格の勉強を1日1時間取り組んで3日坊主で終わるくらいなら、1日10分を3週間続けた方が、勉強時間が多いうえに、勉強する習慣を身に付けたことになる。 
物事を始めるときは「頑張り過ぎない勇気」を持ってスタートすることが肝要である。
本書では、このような細かなテクニックが100個紹介されている。
自分のできそうなことを取り入れると、時間的、金銭的、精神的に効率よく物事を進められるようになる。
日々、細かい改善を続けた人は、人生の到達地点が大きく変わる。
1度に大きな変革を望むのではなく、細かな改善を重ねて人生をよくしていきたい。

作  者:石田 淳
発 売 日:2021年6月10日
メディア: 永岡書店

 

 

【書評】これぞ、チリも積もれば山となる。 『ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣』

ダイエットをしたい、お金を貯めたい、など何か達成したい目標があるものの、つい誘惑に負けてしまって…。
そんな経験は誰しもあるはず。

そんなとき有効になってくるのが習慣化。

歯磨きをする、お風呂に入る、これらは多くの人が習慣化されているかと思います。
ですので何も意識せず、何の苦労もなくやってますよね。

これと同じように食事制限したり、貯金したりできるようになったらどうでしょう。

しかしそれは分かるけど、それができないから苦労してるんだ。
ほとんどの方がそう思われたのではないでしょうか。

本書では、習慣の持つ力、実際どのように習慣を身につけるのか、そして習慣を身につけることでどのような結果が得られるのかなど、いくつもの具体例で分かりやすく解説されています。

習慣化が重要だと謳っている書籍や、YouTubeなど数多くあり、私もいくつか読んだりしましたが、本書の内容が最も理解しやすく実践的であると感じました。

一言で伝えるとするなら、小さなことをコツコツと継続する、ということ。
目標を掲げる際、どうしても短期で結果を求めてしまいますが、それこそが失敗の原因。
日々ほんの少しの変化でも、それを継続することで、最終的には大きな結果が得られます。

習慣化が重要と分かっていながら、なかなか継続できない、何としても達成させたい目標があるなど、自分自身を成長させたいと考えている多くの方にぜひ読んでいただきたい一冊です。

ただ読み流すだけでなく、何度も読み直して、体に染み込ませていただきたいです。

 

 

【書評】目を背けず正面から向き合うことの大切さ『人はどう老いるのか』

老い。それは、目が見えにくくなり、人の名前が出てこなくなり、つまづき、むせて、頻尿失禁に悩み、ハゲたりシワシミと戦い、好奇心も根気もなくなり、様々な病気が発生し、最後は寝たきりになることである。このように目を背けたくなる言葉の羅列、これが老いであり長生きするということだ。 
本書はそんな「老い」に対し、長年高齢者医療に携わってきた医者である著者が真っ向から向き合った本だ。老いに対して抗う立場であるアンチエイジングなどとはまた一線を画し、現場の生の声を拾い、経験や知識からくる考察だ。

誰もが迎える老いや死を、苦しまず楽にやり過ごす。そこはピンピンコロリの綺麗事では済まされない生身の出来事のオンパレードがある。

例えば高齢者医療のクリニックでは、重症度と苦悩の深さが一致しないことが見受けられたとのこと。半身不随から懸命にリハビリをし、かなり状況が良くなっても「もっとさっさと歩きたい」と悩み嘆くひともいれば、もっと症状が重く車椅子なのに「年のせいだから仕方ない、車椅子は楽でいい」と笑顔で手を振る人がいる。

著者は、こんなとき、「いかに老いや死に対して心の準備をしているか」で楽に老いられるかどうかが違うと説く。別の言い方では最後の章に、かつて日本の武士がなぜ切腹できたのか、の心得が語られる。すなわち人間みな必ず死ぬのだから、それなら悪い死に方よりよい死に方をしたいという気持ちから切腹するのだと。「人間みな必ず死ぬのだから」の部分が心の準備なのだ。

「医療に頼りすぎるな」ということも本書の中では繰り返される。例えば認知症については、現在の医療ではまだ本態が分かっていないので、現在の認知症治療は結核菌が見つかっていない時代の民間結核療法のようなものだという。現在の認知症治療薬も、進行を遅くする薬であり根治では決してない。そして逆に認知症にかかったら、かかっておらず頭だけがしっかりしているのに身体が動かなくなったときの苦悩と比べていかに気楽で、本人自身は今にしか生きておらず、心配事に頭を悩ませることもないのだと。つまり認知症は長生きに伴う自然の恵みではないかと説き、認知症になることも含め老いを潔く受け容れることが大事だと暗に言っている。

他にもがんを受け入れることなどに言及される本書。長生きができてしまう現代医療のなかで、いかにうまく生きながら老いや死とどう向かい合うのか。自分が老いることを考えるのみならず、介護する家族の立場の人であるなど様々な人が一読してほしい本だ。

2023.10.19発売
久坂部 羊 著
講談社現代新書

 

 

【書評】驚きの仕掛けが満載!『作ってみたいカラクリ工作4 ダンボール篇』

凝ったおもちゃを作って子供を喜ばせることができる男は、子供好きの女性からの好感度も上げることができる!つまりモテるのだ!
本書は、簡単な材料と道具で、誰でも手軽にできるダンボールを使ったカラクリ工作の作り方を詳しく紹介した本である。
(もちろんKindle Unlimited読み放題で読める!)

まぁ冗談はさておき、街でアート作品や凝った工作を見て、「自分もこんな風に作ってみたい」と思ったことはないだろうか?
また、自分の子供(または親戚の子供)や、親子をターゲットに企画したイベントなどで、「何とか子供達を楽しませたい」と考えたこともあるかもしれない。
そんな願いを叶えるべく、本書では大人も楽しめる工作のアイデアが満載だ。

本書の最大の魅力は、シンプルなダンボールを使った驚きのカラクリ工作であるという点である。
具体的には、「ジグソウパズル」や「ビー玉ピンボール」、「サッカーゲーム」などだ。
「身近な材料でこんなに面白い仕掛けが作れるとは思わなかった!」という驚きがある。

もう一つの特徴は、図解や写真が豊富に掲載されており、手順が非常にわかりやすいことだ。これにより、初心者でも安心して作業を進められるため、失敗を恐れずにチャレンジできる。まぁ、材料がダンボールなので失敗して再チャレンジするのもアリである。

この本は、工作が好きな人や、親子で一緒に楽しい時間を過ごしたいと考えている人にオススメだ。
また、ワークショップでの教材としても役立つだろうし、創造力を刺激する内容なので、クリエイティブな趣味を探している人にも最適だ。

本書はシリーズ本であり、他にも『作ってみたいカラクリ工作7 ダンボール篇』などもおもしろい工作作品を紹介しているので、色々と挑戦して作ってみてもらいたい。

 

 

【書評】「ぎんなみ商店街の事件簿 SISTER編」 - もう一つの角度で見る商店街の事件

皆さんこんにちは。今回は井上真偽の「ぎんなみ商店街の事件簿 SISTER編」についてご紹介します。このシリーズは、古き良き商店街で起こる事件を解決する物語で、「BROTHER編」と「SISTER編」という2つの視点から展開されます。今回は、三姉妹が主人公の「SISTER編」を読みました。

もちろん「SISTER編」の舞台も銀波商店街。物語は、三姉妹が探偵役となり、商店街で起こる様々な事件を解決していく姿を描いています。時系列は「BROTHER編」と同じなので、同じ事件に出くわしますが、視点が違っており、どちらを先に読んでも楽しめる構成となっています。「ミステリという勿れ」で主人公が言った「真実は一つじゃありません。事実は一つですけど。」というセリフを思いだしました。

「ぎんなみ商店街の事件簿 SISTER編」は、推理小説としてのスリルと、商店街の人々との絆を描いた心温まる物語を同時に楽しめる一冊です。「BROTHER編」と合わせて読むことで、さりげなく交差するそれぞれの思い出などの描写はとても心地良い読後感が得られます。興味を持たれた方は、ぜひ「BROTHER編」と「SISTER編」を立て続けに読んでみてください。

 

 

【書評】人類は平和と繁栄の中にぬくぬくと横たわっていた。その未来に待つものは。『地球幼年期の終わり』

SF史上の大傑作と多くの人々に絶賛されている本作が2015年にアメリカでドラマ化されているのは、なかなか驚きだ。なんといっても本作が最初にアメリカで刊行されたのは1952年なのである。

作者のアーサー・C・クラークといえば、ロバート・A・ハインラインアイザック・アシモフと並ぶSF界の大御所。最も有名な作品は『2001年宇宙の旅』だろうが、本書を代表作と推す人々も多いと聞く。
だが、食わず嫌いとは恐ろしいもので、私がクラークの作品を読んでみたのは今回が初めてなのだった。何故かと言えば、その古さ故に尽きる。どうせ難解で読み難い、めんどくさい小説なのだろうと思い込んでしまっていたのだ。

アメリカとソ連。それぞれにいよいよ宇宙進出を目前にした時、地球上の各大都市の上空に大宇宙船団が現れた。
どことも知れぬ星系から突如として訪れてきた彼らは、人類とは比較にならない科学レベルを備えた超知性体であった。
沈黙のまま人間たちの頭上に浮かんでいた船団であったが、6日目に地球総督カレレンから声によるお目見えが為された。
それから5年間。船団に全面的に管理されてきた人類は、自らの手によってではなく、彼らよって平和と安定と繁栄を得た。
「やつらは我々の自由を奪い去った。人は必ずしもパンのみにて生きるものに非ず」
そう言う者もいたが、しかし、すべての人間が、たとえパンだけでも保証された時代というのは、これが初めてではないか。
人々は、全能者である彼らを〈上主〉と呼んだ。
人間が〈上主〉への反感をもつ最大の理由、それは、〈上主〉は決して地上に降りることはないこと。そして未だかつて誰にも素性を明かさないことだ。姿形さえも人類には知ることが出来ない。
〈上主〉と会話が許されるのは国連事務総長のストルムグレンのみ。
ストルムグレンは〈上主〉の船へと入れる唯一の存在であるが、その彼とてまた、〈上主〉とのやりとりは声のみでなのだ。その相手もカレレンのみで、いったい船には何人の〈上主〉が居るのか、またはカレレンしか居ないのか、それさえも分からない。
カレレンの指導、ストルムグレンの従僕によって世界連盟が樹立しようかという時、それはストルムグレンの定年退職の時期とも重なる。
このカレレンとの関係も間も無く後継の担当者に引き継がれるのか。その時、ストルムグレンはこれまで決して考えたこともなかった想いに囚われるのだった。

結局のところ、読み始めてみると案外と読み易かった。センテンスも短めだ。
逆に言うと深掘りが足りなく、やや浅い。が為に、登場人物への感情移入は少しし難いかもしれない。

世界は一つになった。そして、無知、疾病、貧困、恐怖は事実上姿を消した。犯罪も消滅したに等しい。人類は極めて冷静で理性的になっていた。まさにユートピアの時代が訪れている。
それらをもたらした存在、即ち〈上主〉の目的とは何なのか。
それを人類は100年もの後に知ることになるのだ。

地球幼年期の終わり
作者: アーサー・C・クラーク
発売日:1969年4月25日
メディア:文庫本

【書評】『ぎんなみ商店街の事件簿 BROTHER編』 - 兄弟愛と推理の融合

皆さんこんにちは。井上真偽による「ぎんなみ商店街の事件簿」シリーズは、古き良き商店街で起こる事件を解決する物語で、読者を温かな気持ちにさせると同時に、スリリングな推理の楽しさも提供します。シリーズは「BROTHER編」と「SISTER編」の2冊があり、それぞれが異なるキャラクターを中心に展開されます。今回は「BROTHER編」を読みました。

舞台は銀波商店街。物語は、元太(24歳)、福太(高校生)、学太(中学生)、良太(小学生)の四兄弟が探偵役となり、商店街で起こる様々な事件を解決していく姿を描きます。彼らは母親を早くに亡くし、父親は海外赴任中という家庭環境の中で育ちました  。

「BROTHER編」は、事件解決だけではなく、兄弟愛・家族愛を感じられる作品です。四兄弟の絆や、彼らを取り巻く商店街の人々との交流が、そして亡き母親との思い出が事件解決のキーになるなど、読者に感動を与えます。また、SISTER編と対になっていることで、同じ商店街や周りの人々と関わる物語が展開されるのだろうと期待しています。