HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【90日間199円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【3/30まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円(体験は1ヶ月無料!)で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】誰かに教えたくなる知識が満載!『学校では教えてくれない!これ1冊で高校数学のホントの使い方がわかる本』

f:id:SyohyouBlog:20200528122956j:plain

 

「CDの読み取りには微分が使われている!?」高校数学はどんなところで役に立っているのか。専門的な知識ゼロで解説してくれる。

三角関数微積分、行列、複素数など、社会でなんの役に立つのか分からない。「受験で必要だから」「論理的思考を鍛えるため」と、ただガムシャラに勉強した人が多いのではないだろうか。

この本は、誰も教えてくれなかった数学のリアルな使い方を丁寧に解説してくれ、専門的な知識が無くてもサクサク読み進められる内容になっている。

この本の著者は数学の研究者ではなく、一般企業のエンジニア。だからこそ、数学を実際の製品を通し、具体的な物として見ている。多くの人がこの本を通し、「この数式は何を目的としているのか」といった視点から数学を学び直すことができるだろう。

「数学は意外と身近な存在で、意外と難しくないものだ」この本を読めば、数学の勉強が楽しくなること間違いなし。  

 

 

【書評】SFの世界はもう間近『バグトリデザイン~事例で学ぶ「行為のデザイン」思考~』

f:id:SyohyouBlog:20200530101646j:plain



「使えない」「迷う」「面倒」「やり直し」このようにユーザーが感じたらそれはすべて「バグ」ユーザーが適切な判断ができなかったり、その行動を妨げたり、無駄な動きが必要なものには、改善する余地がある。

著者は、それぞれの改善点を見つけて、よりスムーズに滞りなく進行できるデザインを目指す。それが「バグトリデザイン」だ。

本書では、日常のあらゆるところに潜む「バグ」をテーマに、1.非効率 2.迷い 3.矛盾 4.負環 5.心理 6.誤認の6つのジャンルに分けてそれぞれのバグの定義とその具体例を示している。

本書評では、評者も実際に体験した「誤認のバグ」について紹介する。誤認のバグとは、「誤った認識がトラブルの誘因となるバグ」のことを言うそうだ。

世の中には、誤認をしやすいサインがあふれているが、その要因は例えば外国人で文字が読めなかったり、またお店や会社側がユーザー目線で考えていなかったために起きるバグだ。

その一例として挙げられているのが、外国でのトイレの男女別表示だ。それは、男性トイレが赤い表示、女性用トイレが黒い表示だったと言う。もちろんピクトグラムの表示もあるだろうが、それがあったとしても、人は形よりも色を先に情報として認識するため、それが誤認を引き起こしてしまう。

評者も海外へ行った際に似たような経験をしたことがある。たまたま、近くを通りかかったお店の人に確認をしたので、間違えることはなかったが、外国から来た人でお酒に酔っていたら当然起こりうることだろうと容易に推測できる。しかし、このようなことは、それぞれの顧客の行動を観察することにより回避できるバグだと著者は言う。

人々は、無意識にデザインに合わせて、疑いもせずに行動している。本書では、著者が実際に行った「バグトリ」を事例にユーザーが本当に求めているデザインについて解説している。

 

 

【書評】恋愛もビジネスも同じ。粘り強さが最後に勝つ『私はスカーレット Ⅱ』

f:id:SyohyouBlog:20200530101355j:plain



本書は、名作「風と共に去りぬ」を著者、林真理子氏流にアレンジされた作品の第二巻。南北戦争がさらに激化するアメリカ南部で、激動の日々を送る恋愛ストーリー。

著者が作家になるきっかけとなった『風と共に去りぬ』そこまで著者を魅了した理由の一つが、「レット・バトラー」の存在だ。レット・バトラーとは、登場人物の一人で、「筋肉質の体型で野性的だけど品があり、男らしくセクシーで、まるで海賊のような人」

「いつかはレット・バトラーのような恋人ができますように」と著者は当時祈ったと、まえがきにも書いてしまうほど、かなり夢中になったようだ。しかし、これは著者以外にも多くの人から聞いたことのある話だ。それほど人々を虜にするレット・バトラーとは、どのような人なのか?

南部のエリアでは見かけない人だが、女性との悪い評判があり、社交界からも締め出された人。しかし、それはあくまでも噂であり、実際には、物事や人を的確に見抜く能力を持ち合わせ、ビジネスにも長けている。そのため、世の中の風潮に合わせることはせず、自分自身の考えを貫くため、世間の反発をかっていた。

そんなレット・バトラーは恋愛に関しても独特な方法で、様々な策を講じていた。自分の好きな人を振り向かせるためなら、どんなこともいとわず、常に心の距離を縮めるチャンスを自ら作り出し、人目を気にせずいつも相手の傍を離れようとしなかった。

それは、まるでビジネスのように様々なチャレンジをすることにより、二人の距離は徐々に近づいていった。ストーリーを読み進めていると、「なるほどそういうことなんだ」「上手いな」「考えているな」と思う場面は多々ある。また、本作は映画化もされているため、映像で確認してみるのも面白いだろう。

ストーリーはこの後も続き、待望の第三巻は、今年の秋に発売予定だそうだ。また見逃せない内容になりそうだ。 

 

私はスカーレット (2) (小学館文庫)

私はスカーレット (2) (小学館文庫)

 

 

【書評】メールの処理で1日が終わる・・・『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』

f:id:SyohyouBlog:20200528122710j:plain

メール処理に使う時間をできるだけ長くできたら、、、
自分が送ったメールを相手に見てもらえたら、、、
これらの問題の解決策として本書は最適だと思われます。

世の中に存在して自分で目にできる情報量は10年間で約530倍になったというデータがあります。処理能力が求められますがそこまで私たちの脳は成長していません。そうすると、取捨選択を迫られますが、捨てる決断する力も長けているわけではありません。情報があるということは想像以上にストレスであり、メールの処理も当然ストレスになってしまいます。

そこで大事なのが返信しやすい、分かりやすいなど処理する相手側のことを「先回りする力」になります。本書はどうしたら相手にメールを読んでもらえるのか、読みたいと思ってもらえるかなどのノウハウがしっかり書かれています。

このノウハウがマスターできれば相手も自分もwin winの関係になれると思います。メール処理にてこずっている方はぜひ一読を。

 

 

【書評】愛するものを守り抜く『~小説で読む名作戯曲~ 桜の園』

f:id:SyohyouBlog:20200529105719j:plain

 

本書は、日本で初めて世界の名作戯曲を小説化したシリーズの第一弾。ロシアを代表する作家チェーホフ氏の四大戯曲の一つを、二時間で読めるように現代の言葉でわかりやすくまとめられている。

主人公であるラネーフスカヤは、貴族としてなに不自由なく育ち、常に微笑みを絶やさず、また、他人に愛を注ぐことを美徳として育ってきた。そのため、誰からもすべてを持っている人に思われていたが、実際にはいつも空虚感であふれ、自分には価値がないと勝手に思い込んでいた。

そんなラネーフスカヤをいつも近くで見ていたのは、父がラネーフスカヤの父に農奴として、所有されていたロパーヒン。なぜなら、立場は違えど誰にでも無邪気に愛情深く接する彼女へ恋心を芽生えさせていたからだ。

ロパーヒンにとってのラネーフスカヤは、何一つ穢れのない世界に生きる人だと直感していた。ラネーフスカヤの前ではいつも釘付けになり、動けなかった。長きにわたり密かに恋い焦がれていたその気持ちに、ラネーフスカヤは気づいているのだろうか。

時代がかわり、貴族としての生活を継続していくことが難しくなってしまったラネーフスカヤ。破産寸前の没落してしまった貴族に残された資産は、代々受け継がれてきた『桜の園』それは、広大なサクランボ畑。百科事典にも載るほどのものであった。

そして、競売の日が刻々と近づく。農奴から実業家へと転身し、立場が逆転したロパーヒン。時をこえても想いを寄せるのはただ一人。かわりになる人はいない。ラネーフスカヤのために『桜の園』を守り抜くことができるのか?そして、二人の恋の行方はいかに?

本書を手にした際に、まず感じたことは、『桜の園』というタイトルに相応しい澄んだ青い空を彷彿とさせる背景とそこに重ねられた風に飛び散る桜の花、そこからイメージさせる『桜の園』サクランボの雰囲気が、一体化されているところだ。

その鮮やかな色合いとは対照的に佇む、寂しげな表情。表紙だけをとっても、ストーリーがここに要約されているようだ。また、本書の中に登場する人物のその時々の気持ちを表す自然の描写もとても美しい。次回は、どんな名作が小説化されるのか楽しみだ。

 

小説で読む名作戯曲 桜の園

小説で読む名作戯曲 桜の園

 

 

【書評】町人のシュールな小ネタをご覧あれ!『山田全自動でござる』

f:id:SyohyouBlog:20200527203357j:plain

著者の山田全自動氏の本名は山田孝之。江戸時代の町人が現代にタイムスリップしたイラストとクスッと笑える台詞が特徴のイラストレーターになります。

あるあるネタが特徴ですが、それが町人の作風とミスマッチして妙に癖になります。

"友人が遊びに来る時に自己啓発系の本をそっと隠す"
"SNSに投稿する際に、読んでたらセンス良さそうに見える本をさりげなく紛れ込ませる"
"買い物中、それレディースですよと言われたときの屈辱感"
"友達と、友達の友達との飲み会で友達が遅刻"

など日常で誰もが一度は感じた"あるある"が満載でクスッと笑えます。

クスッとしたい時におすすめです! 

 

山田全自動でござる

山田全自動でござる

 

 

【書評】あなたの人生の始まりに私が付き合ったように、私の人生の終わりの少しだけ付き添って欲しい『傾聴力』

f:id:SyohyouBlog:20200528123435j:plain

著者の大津秀一先生は緩和ケア医であり多くの終末期の患者様を担当しています。著書の “死ぬときに後悔すること25”には健康、心理、社会などの項目毎に「自分(患者様)が後悔していて、やり直したかったこと」が書かれており、読者に人生の優先順位を考え直すきっかけを与えてくれる本になっています。

本書のタイトルの“傾聴力”とは終末期の患者様との対話で活用された治療的対話のことです。“聴く”とは「徳を持って耳を傾ける」、「耳を王様にして十四(脳)の心を持って、心の声まで聴くこと」という意味があり、“傾聴力”とは相手の心の奥底の言語化できない声を対話を通して形にしていくことになります。

終末期の患者様は素晴らしい人生を歩まれたはずの人生の終盤に痛みや苦しみなどの苦悩に出会っています。それは長い人生から考えると本の数年のことかもしれませんが、そのような危機的な状況は自分の人生を不幸と解釈してしまうきっかけになります。“傾聴力”は相手との共同による新しい物語の創作を援助します。話すこと、気付くこと、解釈しなおすこと、解釈しなおすこと、その行為は自分の人生や存在を肯定し、終末期の苦悩による危機を乗り越える力になります。

 この“傾聴力”は終末期の患者様だけでなく、悩んでいる一般の人に用いることができます。もしあなたの大切な誰かが苦しんでいるときには“傾聴”してみてください。その方法は本書で。