HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】誰かにとっての何者かになること。『あえて数字からおりる働き方』

f:id:SyohyouBlog:20200921220013j:plain

 

転職を重ね、12個の会社を経験した著者が語る、新しい時代の働き方とは。

何者かにならなければいけない。でも、何をしたらいいのか分からない。そんな不安を抱えている人は多いのではないだろうか?まずは誰かにとっての何者かになることから始めよう。

では、誰かにとっての何者になるにはどうしたらいいのか?それは、Giveをすることである。相手の欲しがっているものを考えて、それをGiveする。すると相手に感謝され、自分は相手にとっての必要な人になる。一見、ただ尽くしているだけのように思えるかもしれない。しかし、Giveすることで一番成長できるのは自分自身である。相手の目線で物事を考えることで新たな視点を得ることができ、アイデアの幅が自然と広がる。Giveを繰り返すことでどんどん着想ができるようになり、誰かにとって意味のある存在、つまり何者かになることができるのだ。

私は当初、自分がGiveできるものなんてないと考えていた。しかし著者は、自分にとってあたりまえは、居場所を変えれば誰かにとって難しいこと、つまりGiveすればありがとうになる、と語る。なるほど。ありがとう、とは、有ることが難しいことなのだ。

数字を取って何者かにならなければならない。そんなマッチョな考え方はもうやめよう。まずは、誰かにとって意味のある存在になることから始めよう。

 

 

【書評】会話がしんどい、から卒業したいあなたへ。『元コミュ障アナウンサーが考案した会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』

 

f:id:SyohyouBlog:20200920215120j:plain

著者は、ニッポン放送のアナウンサーであるが、入社した頃はいわゆるコミュ障で、コミュニケーションを上手く取れないばかりか、ゲストからも「絡みにくいアナウンサー」と疎まわれてしまったこともあるくらいだったそうだ。
よくもまぁ、それでアナウンサーになろうと考えたものだと思うが、克服の努力の結果、ちゃんと仕事を20年も続けていると言う。

私はといえば、自分のことを特にコミュ障であるとは思っていないが、昔はどちらかといえば口ベタな方だった。それは、相手にどう思われるだろうかと考え過ぎるあまり口を閉ざしてしまう、という様なことだったと思う。
また、今でも、「あ、ここで二人切りになったら何しゃべろうか」と身構えることは普通にある。
だから、本書は、当然にして同じ様にコミュニケーションが得意ではない方々の為に書かれてはいるが、自分の様な「そこまでではない」、という方にも参考となる箇所は幾つも有ると思う。
特に、私が反省を促されたのは、「でも」っていわない、と決めるだけでかなり会話は上手くなります、ということであった。

本書の中では、身につけておくと会話がスムーズになるという24個の『武器』提示され、具体的な実用例も述べられている。
それらの中には、なるほどねぇと私からしても頷けるものも多い。
『最強の相づち、「えっ!?」「あっ!」を駆使する』
『相手の言葉を「オウム返し」すれば会話は続く』
『とにかく疑問形で話をしよう』
『魔法の言葉『HOW」を活用しよう』

それから、書中で面白いなと思ったのは、コミュ障の方々の悩みの中でも「美容院でのコミュニケーションが苦痛」ということに多く方が共感している、ということだった。
そういう方たちへ著者が望むことは、「話しかける勇気」と「へこたれない強さ」だ。
何事もトライアンドエラーが重要なのだ。

 

 

【書評】給料が10%上がるのに比較して、仲の良いパートナーと結婚すると767%幸福になる。『科学的な適職』

f:id:SyohyouBlog:20200919215157j:plain

適職とはなんでしょうか?。給料が10倍になること?。給料が10倍になると10倍幸せ?。適職とは幸福度が最も高い仕事のことです。

タイトルにも書きましたが、給料が10%上がっても大して幸せにはなれず、結婚すると767%それよりも幸福に、健康になると6000%以上幸福になるそうです。適職とはなんでしょう。

本書ではやってはいけない仕事の選び方が紹介されています。
* 好きを仕事にする 
* 給料の多さで選ぶ
* 業界や職種で選ぶ
* 仕事の楽さで選ぶ
* 性格テストで選ぶ
* 直感で選ぶ
* 適性に合った仕事を求める
これらの選び方はよくある選び方ですが、この方法では幸福度があがりません。

一方で幸福のための適職選びのポイントは自由、達成、焦点、明確、多様、仲間、貢献です。
本書の凄い点はこれらが科学的なデータを基に語られていることです。

そして、本書では最後にワークがあり、いくつもの質問に答えていくことで、現在の仕事は幸福なのかどうかをチェックすることができます。転職すべきか、このまま働くべきか悩んでいる方は本書を読んで科学的に判断してみてはどうでしょうか。

 

科学的な適職

科学的な適職

 

 

【書評】人が会社を辞めるメカニズムについて全部書いている本『「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?』

f:id:SyohyouBlog:20200918215915j:plain

 

会社を辞める。どんな人が辞めていくでしょうか?。労働時間が長くて身体を壊したから?、親の介護?、ヘッドハンティング?。

 

会社で働く人がどう言った時にやめるか。3つに分けて考える必要がある。ピラミッド型で下からから①心身コンディション、②働きやすさ、③働きがいだ。

 

まずは最も大事なのは①心身コンディションだ。心身が元気でないと人は病気になり辞める。転職していく。これが満たされると次は②働きやすさだ。残業が少ない、休日出勤がない、福利厚生が良いなど、そして③は働きがいだ。社会の役に立っていることや、自らの成長になる。自由があるなどだ。

 

それぞれが満たされていると離職は少なくなるが、ポイントはどれか一つだけ足りなくてもダメで、満たしていてもダメなところ。

 

働きやすい、だらだら仕事ができるような会社では逆に働きがいがなく、辞めていったりもするだろう。

 

そして、勉強になった点もう一つはでは、どんな人材の流出を防ぐべきかだ。それは入社間もない人と、ポテンシャル人材だ。入社ままない人は働きにくく、心身を壊しやすい。

 

管理職クラスのエース人材は実は流出しても良い、上にポジションが空くと働きがいも出てくるというわけだ。

 

さてさて、そのような感じで本書では離職についての全てが書いてある。会社で働く人全てにおすすめだ。

 

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

  • 作者:上村 紀夫
  • 発売日: 2020/03/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【書評】何かを書けることは、何かを変えること。100の言葉よりまず絵にしてみよう!『なんでも図解 絵心ゼロでもできる!爆速アウトプット術』

f:id:SyohyouBlog:20200917215853j:plain

子供の頃は紙とペンさえあればずっと絵を描いていたのに、大人になると驚くほど絵を描く機会ってなくなる。これは非常にもったいない。絵や図には、頭の中のイメージを伝える力がある。リアルタイムで、イメージを具体的に共有するのにもってこいのツールなのだ。

「なんでも図解」には多くのメリットがある。
複雑な内容も図であれば全体像を効率良く把握できたり、会議中のふとした意見も書き留めることで発言しやすい空気が生まれたり、説明力やプレゼンの精度もあがる。枠組みにとらわれないので、思わぬ発想の飛躍が生まれることもある。

丸や四角で囲んだり、矢印を描いたり。
「図解なんて学ばなくったって、適当に書けるでしょ。」と思いながら、本書を読みつつ途中で出てくるお題を解いてみると、これが案外難しい。

 ステップ1 文章全体の意味を読みとる
 ステップ2 キーワードを書き出す
 ステップ3 囲み、矢印、人で表す

と一見簡単そうなのだが、まずステップ1 では文章には状態・構造、因果関係・変化、拡散・収束・収集の「3つの型」があることを理解していなければならない。そしてステップ2ではどのワードを抜き出すべきか迷ってしまう。「なんでも図解」は想像以上に奥が深い。

そういえば、東大生のノートには共通点があると聞いたことがある。それはノートを書くとき、黒板を丸写しせず、自分なりに噛み砕いて整理しながら書くということ。矢印や数字を活用することで、構造化、図式化する。まさに本書のような方法だと思った。

あとから人に説明できるように要約しながらノートを取ることで、ノートをとる目的がインプットではなくアウトプットになる。瞬時にアウトプットすることで情報が自分事化され、記憶に定着する。また、自分はどこが分からないのかが明確になる。これだけのメリットがあるのだから、学んでおいて損はないだろう。

「なんでも図解」に正解・不正解はない。「わかりやすいか・伝わるか」という点で自分の書いたものと比較しながらマイペースにブラッシュアップしていける。

やればやるほど楽しくなる図解の世界。爆速アウトプット術を手に入れたい人に是非おすすめしたい。

 

 

【書評】人間の脳は職業選択に向いていない!?『科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』

f:id:SyohyouBlog:20200916221212j:plain

「適職」とはなんだろうか?
自分の才能が発揮できる仕事?好きなことができる仕事?楽して稼げる仕事?人に喜びを与えたい?人それぞれあるだろう。だが全ての人に共通して言えるのは、「幸せに暮らしたい」ということではないだろうか。

いかに憧れの会社に入ろうが、才能を生かせる仕事を選ぼうが、その結果不幸になってしまったらどうにもならない。ならば「適職」の定義とは、「あなたの幸福が最大化される仕事」と言える。

世の中にはさまざまなキャリアアドバイスが存在するが、それらの大半が個人の経験や嗜好にしかもとづいていない。あなたの価値観やライフスタイルを組み込んだ、自分だけの「適職の選び方」を編み出すための、具体的な方法を本書は伝えている。

当然、職探しには誰だって慎重になる。徹底的に調べ上げた!という人も少なくないだろう。だがそれでも、その選択過程には間違いなく、「認知の歪み」がある。人の視野は想像以上に狭く、またそのことに自分では気付けない。私たちの意思決定力は生まれつき深刻なバグを抱えていることを、まずは理解すべきであり、精密なデータ分析よりも優先すべきは脳のバグを取り除くことである。

代表的なのが「確証バイアス」である。これは、自分がいったん信じたことを裏づけてくれそうな情報ばかりを集めてしまう心理である。そうして結局は同じような考え方をする仲間とだけ付き合うようになる。だからよけいに確証が強まっていき、考え方がこり固まる。これは本当に注意すべきである。カルト宗教や、ブラック企業が良い例だろう。複数のコミュニティに参加するというのも、回避する一つの手かもしれない。

他にも、選択肢の提示のされかたによって、全く異なる決定をしてしまう「アンカリング効果」、くり返し目にしただけの理由で、その情報を真実に違いないと感じる「真実の錯覚」、自身が重要視するポイントが、実際よりも影響力が大きいように感じられてしまう「フォーカシング効果」、自分の考えが間違っているという確かな証拠があっても、ポジティブな感情を引き出してくれる情報に飛びついてしまう「感情バイアス」などがある。

そしてもっとも重要なのが、「愚かなるは他人ばかり」問題である。結局、人のことは厳しく見ることができても、自分自身の問題だとは捉えられないのが人間である。

科学的な適職探しとはつまり、いかに自分を客観視して視野を広げられるか。第三者目線になって冷静に考えられるか。ということなのかもしれない。そしてこれは適職探しや結婚相手の選択などのビッグイベントでは勿論のこと、日常の些細なことから気をつけていくべきだろう。

本書評はついつい、評者が興味を惹かれた「認知の歪み」の紹介ばかりになってしまったが、少しでも気になったら是非本書を読み通してみて欲しい。

ステップ1 幻想から覚める
ステップ2 未来を広げる
ステップ3 悪を取り除く
ステップ4 歪みに気づく
ステップ5 やりがいを再構築する

本書は全編がひとつづきの長いステップで構成されている。手順通り進んでいけば、きっとあなたの将来の幸せにつながる何かが見つかるだろう。

 

科学的な適職

科学的な適職

 

 

【書評】管理職必読。健康的会社経営『辞める人・ぶら下がる人・潰れる人』

f:id:SyohyouBlog:20200915211451j:plain

 

「良い人材が健全に定着する組織を科学的に作る」
本書の内容をコンパクトにまとめた素晴らしい一文です。

「辞める人、ぶら下がる人、潰れる人」、本書のタイトルを聞いて読者の皆様もイメージがつくと思います。離職する人、ぬるま湯に浸かる人、精神的に異常をきたす人。読者の皆様の会社も様々な問題を抱えていると思います。

社員の幸福度を挙げること問題解決になるのか、それともマイナス要因を解決が先か。
組織内の問題の特定と優先順位はどう決めるのか。
あなたの施策は一体会社の誰に向けられているのか、また、その施策で傷つく人は誰なのか。
全員が満足する施策はあるのか。

こういった問題を医学や科学を用いて解決に向かうのが本書の特徴になります。
会社を組織しているのは「社員」です。それは一つ一つの細胞としてもイメージできます。しかし、一度体内に病巣が巣食いそれを放置してしまうと、その病巣は伝染し正常な細胞も最後には異常な細胞に変化してしまいます。また、病巣による悪意的波及もあれば、不活性による代謝不良による波及もあり、組織が傾く理由は無数に存在します。

本書は健康的経営を目指す会社が行うべき健全なメカニズム(代謝活動)がケーススタディを用いて具体的に書かれています。管理職の方には必読でしょう。

 

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

  • 作者:上村 紀夫
  • 発売日: 2020/03/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)