HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】ハーバード大学の研究で示された稼ぐ人の重要な概念とは『億を稼ぐ人の考え方』

f:id:SyohyouBlog:20200713112729j:plain

Okuribito 億り人。無尽蔵にお金を稼ぐ人はどんなことを考え習慣にしているのか。
その中で一つの重要な概念を紹介します。「Be-Do-Have」という概念になります。
Be:在り方 Do:やり方 Have:成果 と解釈します。多くの成功者は「Be-Do-Have」の人生観で生きています。

 ハーバード大学の研究で「人生における成功も失敗も85%は、その人自身の○○の結果である」と研究結果が出ました。この○○とは「心構え」が入ります。つまり【Be】になります。

 Haveにフォーカスする人は「○○が手に入れば解決するのに」と考えます。
お金さえあれば解決するのに。
Doにフォーカスする人は「○○をやれれば幸せになれるのに」と考えます。
好きな仕事をすれば幸せになれるのに。

Beにフォーカスする人はどうでしょうか。例にイチロー選手を挙げて考えてみましょう。イチロー選手と同じ打法で同じルーチンをすればイチロー選手と同じように打てるのでしょうか。イチロー選手と同じバットで同じスパイクを履いて、同じ結果を出せすのでしょうか。

 【Be:イチロー選手のような一流のプロ意識】があるからこそ成果を残せるのです。Do:やり方やHave:成果にフォーカスしても、短期的にうまくいくことがあるかもしれませんが、長期的繁栄はありません。

 Do:やり方ではなく自身の在り方:Beにこだわりましょう。仕事の完成よりも人間の完成です。

 

億を稼ぐ人の考え方 (きずな出版)

億を稼ぐ人の考え方 (きずな出版)

 

 

【書評】内面→外見→見せ方「ブランディングは経営戦略」『ブランディング・ファースト』

f:id:SyohyouBlog:20200712200519j:plain

現代は情報があふれ、また、それぞれのモノが人の時間を奪い合う時代となった。調査によると人が意識して行う行動はたった5%であり、95%は無意識に行っていると言う。

人々がモノを選ぶ際にも、一瞬でその価値を判断しているため、多くのモノの中から自社の製品を選んでもらうのは、なかなか難しい。

そこで必要になってくるのが、ブランドの確立だと著者は言う。すでにブランドとして確立しているフェラーリやアップル、コカ・コーラなどが行っているように、ブレずに長期にわたり継続して、ブランドの世界観をユーザーにイメージさせていくことが重要になる。

そのためには、まず製品について、大丈夫だと思わせる「保証効果」多くの選択肢の中でも目立つ「差別効果」これでなければと感じる「付加価値効果」これらがブランドを確立する上では大切だ。

さらに、製品のデザインもブランドを伝えるためには重要な要素ではあるが、どんなに見た目が素晴らしくても中身がなければ、意味がない。仮に非常に魅力的な外見の高級車を作ったところで、フェラーリにはなりえない。単なる真似ではブランドとして確立できないのだ。

内面を磨き、そして外見も磨く、その上で見せ方(デザイン)を考える。これがブランディングの正しい順番だと著者は言う。ブランディングは、企業が抱える問題を解決する経営戦略であり、課題である。本書は、ブランディングやデザインに注目し、より理解を深めるために書かれたものなのだ。

 

ブランディング・ファースト――広告費をかける前に「ブランド」をつくる

ブランディング・ファースト――広告費をかける前に「ブランド」をつくる

  • 作者:宮村 岳志
  • 発売日: 2020/04/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【書評】スーパードライを造った男。『小が大に勝つ兵法の実践』

f:id:SyohyouBlog:20200712202528j:plain

戦前生まれの著者は、将校を目指していた陸軍士官学校在学中に第二次世界大戦終戦を迎えた。
終戦した途端に日本軍部を非難し始めた世間に、価値観を失ってしまった著者は世捨て人の様になるが、やがて立ち直り就学、そして大日本麦酒株式会社に入社した。
米国の方針である財閥解体のあおりを受け、過度経済力集中排除法の為、会社は朝日麦酒株式会社と日本麦酒株式会社に分割、これが後のアサヒビールサッポロビールだ。

分割後の二社は、キリンビールの台頭により凋落の道を辿る。シェアは逆転し、ラガーでなければビールではない、と言う市場が形成された。
さらに、販売網を拡げたいと泣きついてきたサントリービールに軒を貸したアサヒは、恩を仇で返されることとなる。

市場シェア率が10%を割り、「夕日ビール」と揶揄されるなか、営業本部長の著者は改革を進める。
まず、大規模なマーケットリサーチにより、或るキーワードに辿り着いた。
「コクがあって、キレがある」
コンセプトが固まった。
さらに、ビールは生であるべきだ、と言う信念を掲げ、周囲の懸念の眼をよそに、アサヒ生ビールの新発売と販売店へのアピールを始め、徐々に好評を得る。
そして1987年。遂にアサヒスーパードライが誕生する。
ドライ戦争の幕開けだ。

本書のなかで、著者は、巨大なシェアを占有する敵に対していかに挑んだのかを語っていくと同時に、高級指揮官としてどうあるべきかと言うことと、孫子、クラウゼウィッツやP・F・ドラッカーなどを例に挙げ、兵法の活用について説く。
リーダーに必要なものとは。
強い集団になるための秘訣とは。
決心のタイミングとは、その伝え方は。
商売を成功させる率を高めるには。

無骨な男の武勇譚としても面白い。

 

小が大に勝つ兵法の実践 (WAC BUNKO)

小が大に勝つ兵法の実践 (WAC BUNKO)

  • 作者:中條 高徳
  • 発売日: 2011/06/21
  • メディア: 新書
 

 

【書評】この結果は、都民が望んだものなのか?『東京改造計画』

f:id:SyohyouBlog:20200712201617j:plain

本書には、著者が考える東京都への37の提言が書かれている。著者は長年にわたり、数多くの書籍を出版しているが、その中でも本書は、非常に興味深くとても関心が持てる内容であった。

東京都知事による公約はこの4年間で実現されなかったが、東京都民による投票の結果、小池都知事は再び新たな4年間を送ることとなった。これは、既に予測されていたとおりの結果だったとはいえ、東京は、また日本はこのままで変わることができるのだろうか?

本書では各章ごとに、経済、教育・社会保障、新型コロナウィルス対策、都政、未来の生き方がテーマになっている。本書で掲げられている提言はいずれも、実現されれば確実に日本は改善される内容だ。

世の中は急激に変化してしまった。しかし、これを機に、日本を一気に変えるチャンスだと著書は言う。そしてこの時代のキーワードになるのが「3S」、「スピード」「スマート」「スモール」無駄な作業、無駄な人員をなくし、組織を小さくする。

そうすることで、無駄な仕事がなくなり、人々は好きなことだけで生きていける。東京は、世界で最先端の生き方、働き方を体現できる場所になるそうだ。そんな世の中は楽しみだ。

また、本書のもう一つのみどころは、蜷川実花氏によりリモート撮影された表紙だ。普段は電子書籍を購入することが多いのだが、蜷川実花氏の独特な世界観を感じさせる色鮮やかで美しい表紙を書店で見た瞬間に、迷いなく購入してしまったほどの作品だ。本書の内容とともに注目して欲しいところである。

『東京改造計画(序章)』
https://bookrev.horiemon.com/entry/2020/05/27/213612
『東京改造計画(第一章)』
https://bookrev.horiemon.com/entry/2020/06/19/101527
『東京改造計画(第四章)』
https://bookrev.horiemon.com/entry/2020/06/20/093242
『東京改造計画(第五章)』
https://bookrev.horiemon.com/entry/2020/06/21/195721
『東京改造計画(終章)』
https://bookrev.horiemon.com/entry/2020/06/23/185211

 

東京改造計画 (NewsPicks Book)

東京改造計画 (NewsPicks Book)

 

 

【書評】内面→外見→見せ方「ブランディングは経営戦略」『ブランディング・ファースト』

f:id:SyohyouBlog:20200712200519j:plain

現代は情報があふれ、また、それぞれのモノが人の時間を奪い合う時代となった。調査によると人が意識して行う行動はたった5%であり、95%は無意識に行っていると言う。

人々がモノを選ぶ際にも、一瞬でその価値を判断しているため、多くのモノの中から自社の製品を選んでもらうのは、なかなか難しい。

そこで必要になってくるのが、ブランドの確立だと著者は言う。すでにブランドとして確立しているフェラーリやアップル、コカ・コーラなどが行っているように、ブレずに長期にわたり継続して、ブランドの世界観をユーザーにイメージさせていくことが重要になる。

そのためには、まず製品について、大丈夫だと思わせる「保証効果」多くの選択肢の中でも目立つ「差別効果」これでなければと感じる「付加価値効果」これらがブランドを確立する上では大切だ。

さらに、製品のデザインもブランドを伝えるためには重要な要素ではあるが、どんなに見た目が素晴らしくても中身がなければ、意味がない。仮に非常に魅力的な外見の高級車を作ったところで、フェラーリにはなりえない。単なる真似ではブランドとして確立できないのだ。

内面を磨き、そして外見も磨く、その上で見せ方(デザイン)を考える。これがブランディングの正しい順番だと著者は言う。ブランディングは、企業が抱える問題を解決する経営戦略であり、課題である。本書は、ブランディングやデザインに注目し、より理解を深めるために書かれたものなのだ。

 

ブランディング・ファースト――広告費をかける前に「ブランド」をつくる

ブランディング・ファースト――広告費をかける前に「ブランド」をつくる

  • 作者:宮村 岳志
  • 発売日: 2020/04/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【ランキング】今週読まれた書評【2020/6/21-27】

f:id:SyohyouBlog:20200224171927j:plain

1位 

f:id:SyohyouBlog:20200620170252j:plain

bookrev.horiemon.com

 

 

2位

f:id:SyohyouBlog:20200624170157j:plain

bookrev.horiemon.com

 

 

3位 

f:id:SyohyouBlog:20200625194648j:plain

bookrev.horiemon.com

 

 

4位

bookrev.horiemon.com

 

5位 

bookrev.horiemon.com

 

6位

bookrev.horiemon.com

 

7位

bookrev.horiemon.com

 

8位

bookrev.horiemon.com

 

9位 

bookrev.horiemon.com

 

10位

bookrev.horiemon.com

 

【書評】え、筋トレの話じゃないの?『ストレスゼロの生き方: 心が軽くなる100の習慣』

f:id:SyohyouBlog:20200706064344j:plain

突然だが、俺にはストレスがない。社長業もしているのでそれなりに仕事も多いし、頭を悩ませる案件もいくつか抱えている。煩わしい人間関係もある。しかし、ストレスがない。
この俺の考え方を言語化してみんなとシェアしたほうがいいんじゃないか!?ということで、俺の頭の中がそうなっているのか説明をするためにこの本を書いた。

 ・・・頭の中が筋肉でできているからなのか?そう思った読者もいるかもしれない。なぜならtestosterone氏のQ&Aの答えは『ごちゃごちゃ言ってねぇで筋トレしろ!』に終始するからである。『信頼できる友人がいない?うるせぇ!ダンベルがあれば良いだろうが!』このような回答を期待しているのなら、本書は良い意味で期待を裏切ってくれる。

 人格を否定してくる人がいたらどうすればいいか。今作は『筋トレしてそいつを葬れるようになろう』とは言わずに『逃げていい』、『すぐに離れろ』と私たちに伝える。他人を攻撃してくる人は100%クズだから絶縁しても構わない。容赦なく関係をぶった切れ。と勇気をくれる。
 
 読むと心が軽くなる。そう。Testosterone氏に持ち上げられているのか。筋肉があるから優しいのか。筋トレで自分を傷つけてきたから人の痛みが分かるのか。筋トレをしていないあなたも読んでみてください。