HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】凝り固まった発想を押し広げる一冊『魔法のコンパス』道なき道の歩き方

 

著者は吉本興業のお笑いコンビ、キングコング西野亮廣氏。
さすが天才、凡人が当たり前と思っている固定観念を当たり前ととらえずに、手を加えられる所を探し出してパフォーマンスを高めて自己成長を遂げている。

200人のライブ会場を満席にできるキングコング。しかし、単独ライブで10倍の2000席を一杯にすることは難しかった。
多くのお客さんは「チケットぴあ」でチケットを購入するが、「ぴあ」で購入するチケットは推しのグループ一択。つまり、キングコングに興味のない人がチケットを購入してくれる確率は限りなく低い。
そんな状況を踏まえ、著者がとった行動は、「自分が出没する情報をツイッターに掲載して、リアルに合いに来た人に買ってもらう手売り作戦」。
体験型のチケット販売をすることで、「友人の分を、もう1枚下さい」といったついで買いが発生してファン層が広がりチケットはソールドアウトとなった。
また、相乗効果として手売りでチケットを買ってくれたお客さんは、自然と「ライブを成功させる」仲間意識が生まれてライブの作り手側に周るようになったという。

著者はライブ参加者2000人が終焉後に巻き起こす経済波及効果にも着目している。
手売りで必死に集客したお客さんの多くは、ライブ後に近くの飲食店でチケット代以上の飲み食いをしているのである。
将来的には、周辺の店舗と提携して「チケットの半券提示でビール1杯無料」といったように、お客を循環させてライブに戻って来させる仕組を作ることまで考えている。

本書では、他にも著者ならではの鋭い物事のとらえ方が掲載されていて、自分の凝り固まった思考の壁を押し広げるのに役立つ1冊である。

『魔法のコンパス』道なき道の歩き方
作  者:西野 亮廣
発売日:2016年
メディア:主婦と生活社

 

 

【書評】一貫性のあるブランディングが、永続的な売上をもたらす。『ブランド・プロデュース思考』

 

ブランドとは、お客様との間の「プロミス(約束)」です。そして、顧客とのあらゆる接点に於いて一貫したプロミスを伝え続ける為には、ブランドを俯瞰し、各所との連携を図ってブランディングを「プロデュース」していく思考が必要です。
本書の冒頭で、この様に著者は述べている。

ヒット商品を摸倣し、デザインを少し変えたり、値段を抑えた同種の商品をリリース。広告投下やメディア露出によって優位性をアピールして力ずくでシェアを拡大する。リスクを減らして手堅く利益を得る「TTP〜徹底的にパクる」という戦略は、商品に対する消費者の評価軸を価格とスペックに偏重させ、企業への信頼へとは繋がらない。

薬機法や景品表示法の改正に伴い、広告に対する規制が強化された結果、広告の大量出稿により認知を増やす戦略が取り難くなった。
加えて、コロナ禍によってメディア接種時間が大幅に増えた消費者は、ステルスマーケティングに騙されなくなった。つまり、情報を見る目が養われたのだ。
これらにより、消費者は目に見えなくても人を購入へと駆り立てる「情緒的価値」を重視する様になった。
「良いものを作る」だけではなく、その商品によって、企業は社会に何をもたらすのか。お客様は自分たちの何に価値を感じてくれているのか。
その「情緒的価値」の正体こそが「ブランド」なのだ。

ブランドとは、ロゴやパッケージなどのデザインではなく、お客様に与えるなんらかの価値であり、自社とお客様との間でその価値に対する認識に齟齬が無い様にしなければならない。
消費者に適切なブランドを伝え、長年支え続けてくれる「ファン」になっていただく為には、「こう思われたい」と「こう思う」を一致させる活動を企業は行なう必要がある。
パーパス、ビジョン、ミッション、バリューズ、経営計画・事業計画、これらを一貫性を持って企業内に浸透させること。それには、ブランドを「プロデュースする思考」が必要だ。
経営者は、指示だけ出して、あとは現場任せであってはならないのだ。ブランド意識を現場まで落とし込む。全社連携して一貫性のあるブランディングを進めるその方法とは如何なるものか。

ブランド・アイデンティティ(BI)の構築、ブランドを伝えるマーケティング施策、「リピート顧客」や「ロイヤル顧客」を創出する為のブランド・アイデンティティやプロミスの伝え方、顧客との接点たるフルフィルメントの在り方などについて、著者はノウハウや考え方を詳述してくれている。
通販事業、ことにD2Cは参入障壁が低い。それだけに商品の寿命は短命だ。数多のプロダクトたちに淘汰されない為には、ブランディングを確固たるものにする努力が必要なのだ。

ブランド・プロデュース思考
作者:工藤一朗 
発売日:2022年9月21日
メディア:単行本

 

 

【書評】少年の成長とスパイ活劇、それから宇宙人。『W3(ワンダースリー)』

手塚治虫率いる虫プロダクション制作のテレビアニメ作品であり、同時進行で少年誌に連載されたのが本作『W3』だ。
多忙、且つリテイクの鬼である手塚治虫が絡むと番組の制作が遅れるから、本流のアニメ部隊には関わらないでくれと言われ、ハブられた手塚治虫が若いスタッフに声をかけて集めた別部隊でテレビ版は作られたらしい。
一方、漫画版は当初『週刊少年マガジン』に掲載されたのだが、手塚治虫が『W3』のアイディアを盗まれたと主張していた『宇宙少年ソラン』が同誌に連載されると聞き激怒。連載を打ち切り、『週刊少年サンデー』で改めて連載が開始されたという。これを俗に「W3事件」と呼ぶそうだ。

そんな曰く付きの作品は、私としてはタイトこそ知っていたが未見であった。
私にとっての手塚治虫の存在は、2018年7月以来、それ以前と比べ段違いに重要なものとなっている。
何故ならば、私の会社は、特許取得のサプリメントを配合したというオンリーワンで狂ったお水『サプリメント in ウォーター MCM のめぐみ』のメーカーであるのだが、パッケージに火の鳥を用いた『火の鳥 サプリメント in ウォーター編』を2018年7月31日より発売中なのであるからだ。
これは、手塚プロダクションとのコラボによるものだ。
手塚治虫のオフィシャルサイトでも記載されているので、決してパチモンではない。
https://tezukaosamu.net/jp/mushi/entry/12415.html
で、YouTubeで観たBSアニメ夜話手塚治虫特集で『W3』が取り上げられていたので気になり、この際読んでみたという訳なのだ。

手塚治虫の凄いところは、と言ってもまぁ色々あるでしょうが、ギャグからシリアス、SF、少女向け、歴史ものまで、あらゆるジャンルを網羅する守備範囲の広さも特筆ものなのだ。
分けても、手塚SFに於ける豊かな発想にはものすご〜く度肝を抜かされる。
本作もそうだ。

相変わらず無益な戦争を繰り返す人類。人類を如何にすべきかで議論していた銀河連盟は、銀河パトロール第四分隊所属の三人を地球に派遣することを決定。その三人がW3だ。
彼らに一年間の調査を行なわせ、もししょーもない奴らと判断した際には、反陽子爆弾で地球ごと消滅させるというスペシャルなオプション付きの指令が下った。
地球へと到着したW3のボッコ、プッコ、ノッコたちは、ウサギ、カモ、ウマと、それぞれ地球の動物の姿を借り、日本の田舎の村に潜入した。
彼らはそこで、純真な少年、星真一と出会い、交流が始まる。
一方で、真一の兄である光一は、秘密諜報機関「フェニックス」の一員として、平和の為に戦っていた。
真一とW3の活躍とはまた別に、007シリーズのヒットの影響もあってか、スパイものの活劇の要素も作品に織り交ぜているのであった。
W3は地球をどう評価し、裁定を下すのか。

読み始めたら後が気になって仕様がない。
そして驚きの結末! 良い仕掛け、良いオチが待っていた。
この、ピターっとした納め方。
そうそう、これが手塚漫画だよねぇ。

なお、漫画とテレビシリーズは、基本設定が同じというだけで、全く別の話になっているとのことだ。

W3(ワンダースリー)
作者: 手塚治虫
発売日:1968年6月30日
メディア:単行本

 

 

【書評】親が子供を怒るのは、本当は自分がやりたくてもできなかったから!『ぼくのトリセツ』

ママは僕のことを全然わからず、いつも怒ってばかり。「何回言ったらわかるの!」と言われても、何を言っているのかわからない。でも、それは僕だけではなく、パパも一緒。大人でも5歳の子供と同じ考え方。なぜなら、男の子は自分の興味を持ったことに夢中になっていると何か言われてもわからない。それは、好きなことから学び成長し、才能を伸ばすきっかけとなるのだが、お母さんはそれを理解できない。

お母さんは子供の頃、お母さんの言うことを聞き、習い事をいくつも習い、お母さんのようになりたくていつも真似をしていた。(実は女の子はもうこの頃から、自分の好きなことではなく、親の望む人生を生きていることにもなる)このように、自分の子供の頃とは全く違う男の子を育てるのは大変だというお母さんたちの声により、本書が誕生した。

本書では、ストレスのないコミュニーケーションの取り方、男の子の考え方と上手な接し方。さらに、男の子がお母さんの気持ちがわかるようにと、ママのトリセツ『ママこそだてずかん』も描かれている。お母さんが子供を怒るのは、嫌いだからではなく、あなたが大好きだから。怒りながらも怒ってごめんと思い、いつもあなたのことを考え、心配して頭の中があなたでいっぱいになっている。だが、いつも叱られている男の子は、自分のことを嫌いなのではないか?と感じてしまうこともある。本当は、お互い大好きすぎるだけなのに。

このように、男女の脳の違いを理解していないと、お互いが思っていても正反対に捉えてしまう。その問題は、子育てだけにとどまらず、男女関係においてもあてはまる。なぜなら、男性と女性は同じ人間でも全く違う。だが、違うからこそ、その違いを楽しみ助け合うことで、相乗効果が生まれるのだが、それを知らずに自分の価値観で相手を批判する人は多い。

本書には、女性脳、男性脳の特徴や反応、心理についても絵本としてわかりやすく描かれているため、本をあまり読まない人でも簡単に学ぶことができるのだ。

 

 

【書評】数学者の日常を描いた世界初?の著書。『世にも美しき数学者たちの日常』

普段の生活の中で、お目にかかる機会が少ないと思える職業である「数学者」。そんな数学者や数学に関わる方を中学生から名誉教授に至るまでインタビューした本である。

読み始めていくと、予想通り風変わりな性格や行動様式の人が出てきます。具体的には通勤電車のボックス席の窓側で通勤時間に研究をして研究室を書庫扱いする人、研究室にお酒の瓶・缶を飾る人、写経ではなく写数式?する人、動画配信をしながら数学教師をする人、独学でゼータ関数を学びだした中学生など非常に個性溢れる人たちのインタビューで構成されています。

しかしながら数学に対する情熱や考え方を聞くと、数学とは人生そのもの、人間は数学かもしれない、公式を覚えるのではく問いを立てる事が楽しい、難しい問題があれば細かく分解・色々試してみる・経験の蓄積であるなど、社会や人生で必要な生き方も学ぶことができる考え方だなあ。と感じます。

数学=価値観の違う人が共通の答えを導くために編み出した技法というのも表現も秀逸で、あのデカルトもこういう点に影響を受けたのだな。と思いました。

最後に私の読書歴で数学をテーマにした本としては、アンドリューワイルズを人生を描いた『フェルマーの最終定理』も面白いと思います。数学知識が無くても読めますので、この本と合わせて読んでみてください。

著者 :二宮 敦人
出版社:幻冬舎文庫
出版日:2021年4月8日

 

 

【書評】持続可能な企業になるためのブランディングメソッド『ブランディングファースト〈メソッド編〉』

 

ブランディングは広告宣伝やマーケティングの一施策ではなく、持続可能な企業になるための経営戦略。優秀な人材が集まり、広告に力を入れずとも利益を生み続ける、本書にはそんな理想的な企業になるためのブランディングメソッドが示されています。

ブランディングは経営者層がそれを十分に理解した上で始め、確立されたブランドは社会に向けて発信するだけでなく内部の社員にまで浸透させる必要があるそうです。場合によっては社内への浸透までに1〜2年がかかり、そのブランドに共感できない社員の離職もあり得る。でもそこまでできれば社内に残る人も新たに集まる人もそのブランドに相応しい優れた人材となる。ブランディングの半分は社内改革、想像していた以上に大がかりなことなのだと知りました。

広告に力を入れる必要がなくなるというのは、自社や自社のプロダクトのファンになったユーザーが自ら発信してくれる状態になるということ。そのようなプロダクトは社会を起点に考えることで生まれやすくなるそうです。理想の社会をイメージし、その社会に役立てるプロダクトを考える。敵者生存という言葉がありますが、生存するためには敵者になるような会社でありプロダクトである必要があるのですね。

こうしてみると、ブランディングは「経営戦略」という筆者の言葉にも頷けます。
ちなみに本書は2020年に出版された『ブランディングファースト』の続編です。ブランディングの概念や方法論から学びたい方は前作と合わせて読まれることをおすすめします。

 

 

【書評】世界的な大ヒットSF小説『三体』の著者劉 慈欣の最新作の翻訳本。『流浪地球』

短編小説や中編小説が何本かあるのですが、やはり個人的には「地球の自転が止まる」ということを数百年前に分かったとして、そこから人類がどうしてきたのか、どんな影響が起き、これから人類存亡のために、過去の準備を踏まえてどうするのかという設定での小説が最高でした。