HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】ホリエモンが認める世界の寿司屋『自己流は武器だ。』

 

北九州の片田舎にあるのに世界に知れ渡る寿司屋「照寿司」。その店主の初めての著書。ホリエモンの「いってらっしゃい」のポーズの原型になった人で、ホリエモンのお店WAGYUMAFIAのインスタの写真は、照寿司を真似ている。この本の要約は、「質は当たり前、キャラ経済が始まっている」ということだと思う。

【寿司オペラ、エンタメ寿司、寿司アドベンチャー

照寿司の店内はカウンターのみ。そして寿司のネタを入れるケースは置かれていない。寿司を作る全ての所作をお客さんは目の前で見る。写真で見ると店内は劇場そのもの。お寿司ひとつひとつもいろんなアイデア溢れる創作寿司。刀のような包丁、でかくてスキンヘッドで目が鋭い店主、とてつもなくでっかいクエを持ってくるし、全てが劇場型。お客さん同士で談笑するところではなく、寿司オペラを体験するところである。しかし、質も一級品。素材もとことん追求している。寿司以外にも写真に撮りたくなるようなシーンがたくさんある。

【なぜ世界に広まったか?】
照寿司はニューヨークタイムズ紙の一面を飾るほど世界で人気。なぜ世界に広まったのか?それはSNSと上手くリンクしたから。FacebookInstagramが始まったときに、とりあえずコツコツ投稿してきてそれが外国人にバズったらしい。店主の渡邊さんは「集客に使えそうなツールが出てきたらとりあえずやってみた方がいい」と言っている。投稿する内容もいろいろ工夫が積み重なっている。

【何者でもなかった店主 渡邊さんのもがき】
照寿司の3代目である店主の渡邊さんは何者でも無かった自分をずっと変えたかったことを本書の所々で語っている。ずっともがいていた。あるとき、すごく良い質の魚を扱う魚屋さんに出会って衝撃を受ける。そこから寿司道に無我夢中になっていく。そうして、いろんなことを試したり研究していくうちに今のスタイルになっていった。もがいて行動している中でターニングポイントにヒットしたということ。

ホリエモン、浜田さんとの対談】
対談もあって面白かった。WAGYUMAFIA代表の浜田さんが過去に、和牛を持って外国のレストランを突撃訪問していたり、照寿司の渡邊さんがホリエモンにお悩み相談していたり。

【読んだあとのこれからの行動】
もがく。いろいろやる。発信する。新しいツールはどんどん使ってみる。そして、質を求めるとともにキャラを出していく。照寿司、WAGYUMAFIAの写真を真似てみる。

 

 

【書評】カンを鈍らせているのは思い込み? 『経営感覚を整えるためのカンのメンテナンス』

 

正解のないビジネスの判断では経営者は経験に基づくカンで判断をくだすことも少なくないそう。カンと言っても経験に基づいており、選択によって好転することが多いらしい。ただ、一度感覚がズレてしまうと負のスパイラルで、その多くが経営実態と経営者の感覚のずれが原因なのだそう。
この本では中小企業判断士の冨松さんが実際に担当した事例をもとに、何が原因で経営者のカンがずれ、そうしてどうやってカンを調律していったのかが記された一冊である。


なぜ調律すると書いたのか、コンサルとして上から目線でこれをやってくださいではなく、今あるデータに基づいて真の原因を経営者と一緒に洗い出し、本人に気づかせることでカンを取り戻させていたのでこう表現してみた。
真の原因に気づければさすが経営者で具体策を取るのも早く、そして正確で経営はしっかりと回復に向かう。
中には倒れる前より成果が上がる事例も少なくないからさすがである。

個人的には私がメーカー勤務ということもあり、製造業や商品開発の事例にはなるほどなと思うことが多く興味深く読めた。
思い込みの開発が実はニーズがなかったとか、アンケートで分かったニーズに答えた商品開発で増益とか
もっとこうなったら良い製品はありますか?とお客さんにちゃんと聞けていたか?
自分の仕事を見直すきっかけにもなった。

正直、冒頭ではデータを見て、並べて、分けて、比べて、当たり前のことばかり書いてるな〜と思ったが、事例を読んで
「現場に入っていて当人の立場だったら気付けただろうか?」とも思った。
客観的に見ることの大事さを知れて、かつ経営に煮つまった際の解決策の探し方を学ぶことができた様に思う。

経営者だけでなく、新社会人、働き始めの若手社員、はたまた経営に携わる中堅社員にも読む価値のある本である。
データがあるなら経営に限らず、困ったときに立ち止まって一度自分をチューニング(客観視かな?)し直す手法の学べる良い本だと思う。

思い込みの不協和音を聞き逃すな!笑

 

 

 

【書評】会社では教えてくれない50のルール『「一緒に働きたい」と言われる人の仕事術』

 

著書はInstagram フォロワー25万人のayaさん、普段は仕事術、暮らし術、コーディネートを配信。
会社って意外とルールブックにに載っていないことで悩んで、同期と相談して、それでもわからなくて…
そんな社会人女子の悩みを解決してくれる一冊。
ビジネス書を読んでいるというよりは、おしゃれ雑誌のコラムを読んでいるような感覚で読み進められます。

普段、丁寧に仕事をしているなと思う人はこんなにも気を配って仕事をしているのかと感銘を受けました。
それと同時にやはりビジネスの場では男女の差がまだまだ残っているなと改めて思いました。
男性が同じ50のルールを守ったら、「一緒に働きたい」と思われるのか。そう考えさせられる一冊でもありました。

とはいえ、とても具体的に仕事術が書かれています。新入社員女子は読むべし。な一冊です。

 

 

【書評】成果は手法と行動量の掛け算。『経営感覚を整えるためのカンのメンテナンス』

 

著者が、中小企業診断士として多くの中小企業の経営者と接してきた中で感じたことがある。経営者は本質を見抜く力や経営の感覚に優れている。いわゆる「カン」が働くと言うのだ。
著者の様な外部の専門家が詳細に分析した結論と、経営者の感覚値とが一致することも珍しいことではなく、蓄えてきた経験則に基づいたカンによって判断し、企業を成長に導いているのが中小企業の経営者なのだと言う。
ところが、社長のカンは諸刃の剣なのだとも述べる。抱いている経営感覚と、実態である経営数字がいつの間にかズレてしまっており、実情にそぐわない間違った選択や施策を図ってしまうことで、経営に危機を及ぼしてしまうケースが少なくないと言うのであった。
例えば、或る事業は売上も利益率も高く、重要な事業と捉えていたのだが、分析すると実は資金繰りを悪化させている元凶であったりと言う、一見「そんなバカなこと無いだろう」と思える様なことが有るのだと言う。
いったい何故、カンに鈍りが生じてしまうのか。その原因は「思い込み」。思い込みが誤った前提条件をもたらし、それに基づいた対策、対応が経営を危うくさせる。
本書は、様々な角度から会社の現状を分析して正しい前提条件をあぶり出し、経営者のカンが適正に働ける様にすることで、会社を危機的状況から挽回させる手立てを紹介している。

書名を見て、「どういうこと?」と思い手にした本書であったが、序文辺りではちょっと軽く見ていた。数字が読めない、貸借対照表損益計算書を目にしても読み解けないことを問題視している様な内容と感じたからだった。
私は、商業簿記二級を持っており、経理作業もこなせるので数字を分析することに苦は無いが、確かに数字に弱い経営者というのも存在する。そして、概ねでも良いから数字として自社の収益や資産状況を理解出来ないと、経営判断に誤りを招きかねない。実に危なっかしいことなのであると思っている。
なので、そんなこと判ってるんだよねとばかりに思いながら読み進めると、そんな単純な話でもなかったことに気付かされた。ごめんなさい。
実際に著者が携わった八社の事例も取り上げての記述は、やはり事実を元にしているだけあって面白い。当の社長さんたちにとっては、それどころではなかったのだろうけど。

また、業績が上り調子の時には思い込みによる間違いは露呈し難く、落ち込んだ際に問題が生じてハッキリとしてくると言う。つまり、好調な時にこそ問題の種は既に生まれているのだ。
ああ、こわいこわい。


経営感覚を整えるための カンのメンテナンス
作者:冨松誠
発売日:2021年5月25日
メディア:単行本

 

 

【書評】素敵女子になる方法がぎっしり『「一緒に働きたい」と言われる人の仕事術』


せっかく働いているのだから、「一緒に働いて楽しい!」「一緒にまた働きたい!」と思われるようになりたいと思ったことはないだろうか?明日から使える素敵女子になる方法がギュッと詰まった本である。

Instagramフォロワー25万人のaya氏による著書である。こう言うと雑誌の特集で組まれるような女性っぽい社会人像に対することのみに書かれていると思うだろうか?侮るなかれ!この著書の中には女性らしい社会人マナーについて書かれているのだ。女性らしい気配りや気遣いをどう会社内や営業先で活かしていくか、そんなヒントが盛り沢山なのである。

「すいません」ではなく「すみません」などの言葉の使い方から、仕事を効率的に行うためのタイムマネージメントの仕方まで書かれている。実はここで女性らしさが出てくる。仕事を効率的に行うための、手帳の選び方からマスキングテープを使ったto do listの作り方まで書かれている。マスキングテープを利用したリストを使うなんて、可愛らしくて自分の気分は上がるし、見た目も可愛くてどんどんリストをこなして行きたくなる!
そう、女性らしさを残してスマートに仕事をこなしていくそんなヒントが盛り沢山なのである。ここまで聞くと、他は何が書かれているのか気になって仕方ないのではないだろうか?そんなあなたはぜひ手にとって読んで欲しい!

女性が社会に進出することが普通になってきた昨今、それでも女性らしくいたい!と思うのは忘れられない。女性を前面に出すということではなく、この本は女性の特性を活かした社会人マナーを教えてくれる教科書であろう。勉強させてもらった女性ならではの気遣いをまず明日職場で使ってみようっと!

 

 

【書評】素敵女子になる方法がぎっしり『「一緒に働きたい」と言われる人の仕事術』


せっかく働いているのだから、「一緒に働いて楽しい!」「一緒にまた働きたい!」と思われるようになりたいと思ったことはないだろうか?明日から使える素敵女子になる方法がギュッと詰まった本である。

Instagramフォロワー25万人のaya氏による著書である。こう言うと雑誌の特集で組まれるような女性っぽい社会人像に対することのみに書かれていると思うだろうか?侮るなかれ!この著書の中には女性らしい社会人マナーについて書かれているのだ。女性らしい気配りや気遣いをどう会社内や営業先で活かしていくか、そんなヒントが盛り沢山なのである。

「すいません」ではなく「すみません」などの言葉の使い方から、仕事を効率的に行うためのタイムマネージメントの仕方まで書かれている。実はここで女性らしさが出てくる。仕事を効率的に行うための、手帳の選び方からマスキングテープを使ったto do listの作り方まで書かれている。マスキングテープを利用したリストを使うなんて、可愛らしくて自分の気分は上がるし、見た目も可愛くてどんどんリストをこなして行きたくなる!
そう、女性らしさを残してスマートに仕事をこなしていくそんなヒントが盛り沢山なのである。ここまで聞くと、他は何が書かれているのか気になって仕方ないのではないだろうか?そんなあなたはぜひ手にとって読んで欲しい!

女性が社会に進出することが普通になってきた昨今、それでも女性らしくいたい!と思うのは忘れられない。女性を前面に出すということではなく、この本は女性の特性を活かした社会人マナーを教えてくれる教科書であろう。勉強させてもらった女性ならではの気遣いをまず明日職場で使ってみようっと!

 

 

【書評】本書は、何のために筋トレやってる目指してるの?という質問に終止符を打つものです。 『脳を鍛えるには運動しかない』

 

運動したり筋トレしたり、身体をそこそこ激しく動かした後って、なぜか気分がすごくすっきりした経験ってありますよね。

特にトレーニングジムに定期的に通ってる人って、多少嫌な気持ちがあったり、モヤモヤしてたり、気持ちが乗らなかったりして、嫌々ジムに行ったとしても、トレーニングした後の帰り道って気分が変わって晴々として、ジムに行って良かったと思うことって多くないですか?

それはなぜかというと、本書によれば、

----------------------
「運動で爽やかな気分になるのは、心臓から血液がさかんに送り出されて、脳がベストの状態になるから」
-----------------------

ということだそうです。トレーニング後に爽やかな気分になるのは、根拠があったんですね。単なる精神的なものではなかったということです。

もう少し具体的に言うと、

-----------------------
「運動によって脳内科学物質が活性化するため、エネルギーが湧き、不安が安らぎ、人との絆が深まるなど、さまざまな効果が得られる」
「精神の状態を改善するために用いる薬のほとんどは、神経伝達物質にはたらきかけるが、運動はそれらの薬と同じく神経伝達物質の量を増やす」
------------------------

つまり、運動によって脳が活性化することで、ストレスなどの不安や苦しみ、鬱、依存症、妊婦のホルモンバランスや老化にまで良い影響を及ぼすということだそうです。

更には、学校の授業開始前に運動を取り入れると学力が向上するという実験結果もあるようです。

脳の働きは、いまだに詳しくは分かっていないようですが、脳の中のセロトニンノルアドレナリンドーパミン、海馬やニューロンなどが運動により良い影響を受けているようです。

レーニングを継続してやっている人って、無意識的に運動が脳に与える影響というものに気が付いているんだと思います。

痩せたいとかマッチョになりたいというモチベーションだけでは何年もトレーニングなんて続けられないですよね、たぶん。

自分の意識の中の顕在的な部分では、見た目の変化であったり、扱うウエイト重量の増加がトレーニングのモチベーションになりますし、私自身もそういう顕在的な意識でトレーニングを行っていますが、トレーニングを習慣的に続けてる理由って、運動が脳に与える影響っていうのを、本人は気が付いていなくても、潜在的な無意識の中に組み込まれているんだと思います。

その証拠にトレーニーってみんな生き生きしてますよね。

肉体の変化を求めて筋トレしている人って多いと思いますし、私もその一人ですが、筋トレの本質って実は肉体の変化を求めるものだけではないのかもしれませんね。

私の友人に毎朝10キロ走っている人がいます。ただ走るのが趣味というだけでマラソン選手でもなんでもありません。走るのが嫌いな私からすると、意味が分からないのですが、やっぱり彼も運動することで、潜在意識の中で脳が活性化するということに気が付いてるんだなと思うと、毎日走り続ける理由にも納得ができます。

もうこうなると運動をしない理由はないのですが、筋トレは辛いから嫌だし運動する時間もないという人もいると思います。
そういうひとは、必ずしもハードなトレーニングをする必要はなくて、年齢や環境などの体の状態に合わせたトレーニングをすれば良いと思います。

意識して1日1万歩歩くとか、エスカレーターではなく階段を使うとか、そういうことでもいいと思います。
継続するのは難しく感じますが、意識してやり続けることで、自分自身の無意識(潜在意識)の部分にアプローチさせていけば良い訳です。

大事なのは人生における運動の優先順位を上げるということです。
運動が習慣化してしまえばあなたの勝ちです。
そしてそれが人生に良い循環をもたらすはずです。

最初の質問に対しての答えは、

「運動により脳を育てて、脳を良い状態に保ち、健全な肉体を得ることで安定した精神を養う。そしてそれを継続することで人生が豊かになる。」ということです。

さあ、運動していない人が始めることはただひとつ、トレーニングシューズのひもを結ぶことだ。

美ボディ&美ブレインで。