HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】ヘルマンヘッセが描く悟りに至る物語『シッダールタ』 

タイトルからもお察しの通り、シッダールタとは釈尊の出家以前の名前である。
主人公は良い家庭へ生まれ、不自由なく生きていましたが、ふと目に入った修行僧へ興味を持ち、家を出ます。

その後苦行を重ねて、誰からも師と崇められる人と会い、教えを受けても自分の探すものが見つかりません。そして旅へ出て、欲に溺れ、生きがいを見つけるも、それは離れていきます。苦労に苦労を重ねた結果、シッダールタは最後に悟りに至ります。

果たして悟りとは何だったのか?人によって解釈が違うと思ったこの結末には、人間にフォーカスした生き方の深さを感じます。ヘッセの芸術の一つの頂点として有名な本ですので、読む価値はありますよ。

著者 :ヘルマンヘッセ
出版社:新潮社
出版日:1959年5月4日

 

 

【書評】普通の生活を考える芥川賞受賞作品『コンビニ人間』

18歳でコンビニバイトを始めて、結婚や就職することなく18年の月日が流れた主人公の古倉恵子。コンビニバイトが生活の一部となり、夢の中でもレジ打ちをしている生活を送っている。そんな生活を続けていると周りや同級生からも心配され、挙句の果てには恥ずかしいと指をさされる始末。

しかし本人は恥ずかしいと思わず、むしろコンビニバイトをしている時のみ人間味や社会性を感じる事が出来なくなってしまった。そんな中、婚活目的の男性がアルバイト定員の彼と良い関係になりますが、果たして主人公の心理はどう変わるのか?

コンビニ生活を通じた人の生き方・内面を描いた小説で、
人生・生き方を考えさせられる芥川賞を受賞した奥深い作品です。

著者 :村田 沙耶香
出版社:文藝春秋
出版日:2018年9月4日

 

 

ミニマリストという言葉が気になったら読む本。『クリエイティブ整理・収納術』

 断捨離、ミニマリスト、シンプリスト、これたは最近よく聞く言葉だ。実際にはただ片付けて捨てればよいという話ではないよう。そして生きやすさに繋がるってどういうことなのか?気になったら読む本。

 数年前に断捨離という言葉が流行り、その後究極の形としてミニマリストという存在が出現してきたように思われる。
 断捨離は片付けることに特化していたように考える。「そのモノにときめくか?」を判断基準とし、保管するか破棄するか決めていく。ここに真髄が隠されていた。つまり自分に必要なもの、不要なものを選択して、保持するか廃棄するか、何を身の回りにおくかを決めるのである。つまり、モノを捨てることが良いのではなく、自分にとって心地よい環境をどう作り上げるかなのである。

 モノが溢れ、情報過多の現代社会では、モノが簡単に手に入れられる。自分で選択しているつもりでも、気がつけば受動的になっている可能性がある。心地よいはずの家が居心地悪くなっているのは自分の選択の結果なのだ。
 実は人間関係にも言えることなのだ。ネットワークで簡単に繋がれる現代社会だからこそ、他人との心地よい距離を取る選択によって自分が心地よい環境を作ることができるのである。

 自分でとっておきたいものや人間関係を取捨選択し、自分が心地よい空間を作る時代に来ている。簡単にミニマリストやシンプリストは整理整頓上手ということではない。言葉に隠された深い意味があるのだ。自分に正直に、居心地良く生きよう。

 

 

【書評】腰痛はマッサージに行かない方がいい?『9割の腰痛は自分で治せる』

 寿命が100歳と言われている現代、健康寿命はもっと短いという。つまりただ長く生きるのだけではなく、いかに健康にいることが現在求められているのではないか?身体の要である腰に痛みを感じることなく生活できる身体作りとは?

 腰痛や肩こりを抱えている方は多いと思われる。特にコロナ禍の中でリモートワークに変更となった場合は、急激に座る時間が増え以前と比較してより痛みを抱えている方がいるのではないか。その結果、腰痛を解消するために、マッサージに行ったり、整骨院に行ったりしているのではないか?

 本著では、腰痛の発生原因とそれに伴う自分でできる解消法を教えてくれている。つまり、悪化する前に状態を改善し悪化させないのである。
 やり方は実はとても単純である。腰痛は筋肉の緊張により起こる。そのため、緊張している筋肉をほぐすことで腰痛が改善する。これがやり方である。
 大事なのは強い力で揉み込みことではなく、痛い部分を触りながらその部分の緊張を和らげてあげる働きかけをするのである。

 自分の身体のどこが痛みを感じるかは一番自分がわかっているものだ。この点で、身体の筋肉の緊張をほぐすには自分自身が施術者になることが得策であろう。

 身体は全てがつながっているものである。これだけの力でここを触ると腰が楽になった!という体験をするに違いない。騙されたと思って本著を読んで自分の身体で試して欲しい。痛みのない人生を送りましょう!

 

 

【書評】金で雇われ集められたニセ家族。契約者の狙いは何だ? 『タコポン』

父、母、高校生の娘、中学生の息子の一家四人。
ある街の一軒屋に引っ越しをしてきたところから物語は始まる。
しかし、実はこの四人はこの日が初対面だった。
ニセ家族を務める。それが、一戸建ても家財道具も一切合切取り揃えた、謎のスポンサーとの契約事項だった。
契約金は一人当たり五千万円。ボーナス支給の予定もアリ。
金で雇われたモニター家族。それぞれ訳ありの四人は、普通に家族らしく生活することのみを求められていた。

数日間が経過。
母親役の煙山鈴世は専業主婦として、娘役の煙山タラ、息子役の煙山ケムオはそれぞれ学校に通っていた。
父親役の煙山ケム造は、仕事に行くフリをしてパチンコで暇つぶしをする日々を過ごしていたが、不意に煙山家に消印なしの手紙が届いた。
「煙山ケム造 我々との契約事項を守っていない。職種は問わぬ。早急に就職せよ(バイトも可)」
送り主は“タコポン”。
興信所を使って尾行しやがったな。そう思ったケム造だったが、今度は鈴世とタラの二人に向けての警告の手紙が送られてきた。
「警告する。新家族以前の過去の会話はなるべく避けるように」
台所での二人の会話を、何故か“タコポン”は知っていたのだ。
盗聴機? 監視カメラ?
得体の知れないスポンサーは一体どこから見張っているのか。それよりも、この家族ごっこの目的は何か。

漫画原作者狩撫麻礼と言えば、「ボクシング」「音楽」「遁世」が多く描かれるのだが、実は隠れたモチーフがもう一つある。UFO(未確認飛行物体)である。数える程度ではあるが、UFOを目撃したという経験について作品中に描いている。
初めて私がそれを観たのは、『迷走王ボーダー』であったが、それはやはり、狩撫麻礼自身の経験だった。
三十歳を過ぎた頃、空飛ぶYS-11主翼の下に小判鮫の様に二機の円盤が居たのだと言うのだ。
そして彼は、宇宙人の存在も頑なに信じて譲らないのであった。
そう。本作は、宇宙人の存在を思いっきり取り上げた作品なのである。
UFOと宇宙人は何故地球に訪れるのか。地球人類との交流は可能か。
煙山家から何を得ようというのか?

狩撫麻礼の個人的な興味と疑問を、その想像力で膨らました一作。
作画は『ハード・コア』でもタッグを組んだ、いましろ たかしである。

タコポン
作者: 作・狩撫麻礼、画・いましろ たかし
発売日:2013年11月28日
メディア:Kindle

 

 

【書評】金で雇われ集められたニセ家族。契約者の狙いは何だ? 『タコポン』

父、母、高校生の娘、中学生の息子の一家四人。
ある街の一軒屋に引っ越しをしてきたところから物語は始まる。
しかし、実はこの四人はこの日が初対面だった。
ニセ家族を務める。それが、一戸建ても家財道具も一切合切取り揃えた、謎のスポンサーとの契約事項だった。
契約金は一人当たり五千万円。ボーナス支給の予定もアリ。
金で雇われたモニター家族。それぞれ訳ありの四人は、普通に家族らしく生活することのみを求められていた。

数日間が経過。
母親役の煙山鈴世は専業主婦として、娘役の煙山タラ、息子役の煙山ケムオはそれぞれ学校に通っていた。
父親役の煙山ケム造は、仕事に行くフリをしてパチンコで暇つぶしをする日々を過ごしていたが、不意に煙山家に消印なしの手紙が届いた。
「煙山ケム造 我々との契約事項を守っていない。職種は問わぬ。早急に就職せよ(バイトも可)」
送り主は“タコポン”。
興信所を使って尾行しやがったな。そう思ったケム造だったが、今度は鈴世とタラの二人に向けての警告の手紙が送られてきた。
「警告する。新家族以前の過去の会話はなるべく避けるように」
台所での二人の会話を、何故か“タコポン”は知っていたのだ。
盗聴機? 監視カメラ?
得体の知れないスポンサーは一体どこから見張っているのか。それよりも、この家族ごっこの目的は何か。

漫画原作者狩撫麻礼と言えば、「ボクシング」「音楽」「遁世」が多く描かれるのだが、実は隠れたモチーフがもう一つある。UFO(未確認飛行物体)である。数える程度ではあるが、UFOを目撃したという経験について作品中に描いている。
初めて私がそれを観たのは、『迷走王ボーダー』であったが、それはやはり、狩撫麻礼自身の経験だった。
三十歳を過ぎた頃、空飛ぶYS-11主翼の下に小判鮫の様に二機の円盤が居たのだと言うのだ。
そして彼は、宇宙人の存在も頑なに信じて譲らないのであった。
そう。本作は、宇宙人の存在を思いっきり取り上げた作品なのである。
UFOと宇宙人は何故地球に訪れるのか。地球人類との交流は可能か。
煙山家から何を得ようというのか?

狩撫麻礼の個人的な興味と疑問を、その想像力で膨らました一作。
作画は『ハード・コア』でもタッグを組んだ、いましろ たかしである。

タコポン
作者: 作・狩撫麻礼、画・いましろ たかし
発売日:2013年11月28日
メディア:Kindle

 

 

【書評】一家に1冊!『難しいことはわかりませんが、老後のお金の作り方を教えてください』

 

 昨今は、つみたてNISAやiDeCoなど制度の後押しもあり、資産運用ポートフォリオに株式や投資信託を取り入れるようになった方も多いだろう。

 本書は一貫して、インデックス投資信託を中心に、どう長期的に資産形成していくかを解説している。これだけなら資産運用の他の初心者本とあまり変わりがないが、一つには、表やグラフを用いた説得力ある流れと、幅広い初心者の疑問、例えば高配当株はどうなのか、とか、纏まった資金がある時でも積立投資がいいのか、などに明快に歯切れよく答えているテンポがなかなかよい。

 そして、本書の中でも特にインパクトがあり、まさにここだけ見るだけでも価値があるのが巻末の表だ。それはズバリ、インフレ率を加味した複利計算表である。曰く、いまの100万円は、インフレ率2%とした場合福利計算で10年後には81万円、20年後には67万円の価値となる。しかし先進国株式型のインデックス投資信託で運用した場合、10年後は190万円、20年後は350万円という表になっている。ナスダック100ではさらに多い額だ。
 分かってはいても、そして単なる試算であって指数を入れ替えれば変わる表だと認識していても、こうも見える化されると、流石に焦燥感を感じずには居られない。

 この表やインデックス投資を理解した上で、資産上の株式の比率はどのくらいにしたらいいのか、シャープレシオとは、ナスダックは本当にいいのか、不動産リートは、高配当株は、個別株は、、と、初心者が迷うポイントについても、著者目線での明快な答えが書かれている。著者は、定年後に投資を勉強し直した70歳。もともと仕事として投資をしていた人ではないからこそ、等身大で初心者に分かりやすい本になっているとも言える。
 資産運用の見直しに、本書も参考にしてみてはいかがだろうか。

著者︰チンさん 凡人投資家
発行所︰自由国民社
発行日︰2022年11月30日