HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】どうせ人間なんて無意味な存在なんだから、神様に身を委ねてみれば?『人生に悩んだから「聖書」に相談してみた』

f:id:SyohyouBlog:20201028221508j:plain



人の脳は、放っておくと悪いことばかりを探し出す。つまり不幸になる。だから不平不満を募らせ、愚痴ばかり言っている人、不幸を嘆き続けている人というのは、幸せになる努力を怠っているということだ。彼らは考えているように見せかけて、実は何も考えていない。幸せとは権利でななく、義務なのである。

著者のMARO氏はクリスチャンである。しかし宗教って信仰していない人にとっては、ちょっと敬遠したくなる存在かもしれない。それも「神様」だとか言われると、「うげえ」と拒否反応を示したくなる気持ちは、とてもよくわかる。

だがこの本のコンセプトは「聖書で悩みを解決してみる」または「解決の糸口をつかんでみる」であり、「聖書について学ぶ」でもなければ「キリスト教を信じる」でもない。だからこの本を読んで「キリスト教に勧誘されちゃうんじゃないか」とか「洗脳されちゃうんじゃないか」といった心配はまったく無用である。

著者に言わせると、聖書とは神様が書いた「人間の取り扱い説明書」なんだとか。
だけど聖書って言葉が難解で、何を言っているのかよくわからないイメージがある。そんな私たちのために、著者はわかりやすい言葉に書き換えて聖書の言葉を教えてくれる。

本書の例をいくつかあげてみよう。

「主がよくしてくださったことを何一つ忘れるな」
気に入らない点を気にするよりも、気に入っている点をもっと押していったら?

「白髪は栄えの冠。それは正義の道に見出される。」
老いは神様から与えられる冠なんです。それを受け取らないのはもったいないです。

「あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、皆に仕える者になりなさい。あなたがたの間で先頭に立ちたいと思う者は、皆のしもべになりなさい。」
リーダーとして一番必要な資質は「人に仕えること」であり、リーダーの仕事とは仲間が最高のパフォーマンスを発揮するための環境を整えることだ。「召使い」に徹したときに、メンバーは心からあなたを尊敬し、あなたの望むパフォーマンスをしてくれるようになる。

「自分を知恵のある者と考えるな。主を恐れ、悪から遠ざかれ」
正義を実現したいなら「俺は正しい。だからお前らも正しくなれ」と自分の正しさを人に押し付けるのではなく、ただ自分が悪いことをしないように気をつけていなさい。人に「変われ」と言っても、無駄なことで、できることは自分が変わることだけです。

「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」
相手に証拠を求めるということは「私はあなたの言葉を信用していません」と言っているようなものです。相手を信じること、これが人間関係の基本です。

「いつまでも残るのは信仰と希望と愛、これら三つです」
不安じゃなくて希望を持て。意識的に希望を持つようにする。人間の脳みそは放っておくと不安ばかり考えるんだから。

そしてその「希望」の根拠を神様に起きなさい、と教えているのが聖書である。

つまり「不安じゃなくて希望を持ちなさいよ!私がついてるんだから!」という神様からのメッセージが聖書なのだ。

そして聖書とは、「思いあがるなよ。お前だけの力なんてどうせ大したことないんだから。周りに頼りなさい。私に頼りなさい。肩の力を抜きなさい。」と言ってくれてるのかな、と評者は思った。だけど評者の場合ちょっと力を抜きすぎかもしれないから、気をつけよう。

評者は、とくに何かを信仰しているわけではない。しいて言えば、「アドラー心理学」が一番共感出来るところがあるなと思うくらいだった。けれど本書を読み、今まで堅苦しくて、どこか危ない印象だった宗教に非常に親近感をもてた。

宗教とは世界の教養、文化であり、これだけ多くのことを学べるものを見逃しているのはむしろ非常にもったいないと、今は感じる。だから入信する、というわけではないが、これからは偏見を持たずに宗教からも哲学からも人からも、いい部分を見つけ出して、いいとこ取りをしていこうと思う。

そしてそうやって探し出したいい部分は、よく見てみるとそれぞれに共通している考え方だったりするところも、また面白い。なんだか自分哲学が確立していってるみたいな感覚があって楽しい。改めて読書の楽しみがひとつ増えた気がする。

ちなみに、著者のtwitterアカウント「上馬キリスト教会」もとてもためになって面白いので是非フォローしてみてください。

 

 

 

 

 

【書評】経営戦略の常道とは?『経営者が語る戦略教室』

f:id:SyohyouBlog:20201027212815j:plain

本書は、自らの体験を基に、経営戦略の要点を語る日経新聞の連載をまとめたもので、22人の著名な経営者の記事が掲載されている。
それぞれ、業態も企業規模も社歴も異なるので内容も様々。参考になるものもあれば、そうでもないのがあるのも、読み手次第とも言える。

「業績回復に挑む」、「ITでニーズを掘る」、「新たな市場を拓く」、「グローバル展開に挑む」、「人材を育てる・生かす」、「「ものづくり」にこだわる」、「地方からのオンリーワン」と、七つの章に分けて、三社程度ずつ書かれており、また、各章の最後には大学教授の解説も付記されているので、興味のある章から読まれるのも良いかもしれない。

私にとって、気になった箇所のうちの幾つかを以下に記そう。

「客へのリサーチを基に新メニューは企画するな」
低カロリーメニューを求める声は多いが、実際に売れる商品は違う。

イノベーションとは常識を否定することから始まる。
「創造的破壊」。破壊が先で、後に創造が来る順番が大事だ。創造的破壊が新たな常識を生み出し、明確な需要として具体化していく。前例を捨てずに加えるだけの決断なら誰でもできる。
従来の枠組みを超えるサービスを打ち出せる会社が生き残る。そこで武器になるのは、専門性が裏打ちする知恵である。

一度知ってしまうと元に戻れない世界「不可逆性のある未来」。この不可逆性があれば、たとえ「いま」と「未来」の格差が大きくても埋めることが可能だ。逆に容易に実現できる未来を目指すと当事者の熱量が十分ではなく、失敗のリスクが高まる。

困難に見える分野への進出はだれもがためらうので、チャレンジャーには好都合だ。ビジネスにおける"土砂降り"はむしろチャンスなのである。

事実を積み上げ、推測される将来を、自分に都合が悪いからといって否定することはしない。熟慮の末に必要と判断したら、実現に多少の困難を伴っても迷わず実行する。
同じ場所にはとどまれない。何もやらないリスクは高い。

皆、実に挑戦的で魅力的に映る言葉たちである。
そして、経営学者であるピーター・ドラッカーは言うのだ。
「経営の根幹は、顧客創造」であると。

 

 

経営者が語る戦略教室 (日経ビジネス人文庫)

経営者が語る戦略教室 (日経ビジネス人文庫)

  • 発売日: 2013/09/03
  • メディア: 文庫
 

 

【書評】日本料理は、芸術作品『フランスで大人気の日本料理教室』

f:id:SyohyouBlog:20201026211726j:plain

 

本書は、食育日本料理家として活動を行う著者により、1000年以上続く日本の食文化や日本料理にあるその意味や、楽しみ方について紹介している。

著者の活動の中でも、フランスで行う日本料理のマナー教室や実演は、毎回大盛況で、フランス人の日本料理に対しての関心は、とても高いそうだ。

「いただきます」や「ごちそうさま」を言う理由。なぜ「お刺身」や「お造り」と言うのか。飾りの「菊」は食べるのか。食べるときに持っていいのはどの器か等、鋭い質問が多いと言う。

しかし日本では、そのような質問をする人はあまりいなく、健康で長生きできるようにと伝えられてきた日本の食文化が途絶えるのではと、危機感を覚え、まずは、日本人にこそ伝えるべきだと思ったそうだ。

例えば日本を代表する発酵調味料である味噌は、古代では薬としても使われ、身体にとても良いが、まだ科学的に解明されていない部分も多い。なんと著者は、毎日味噌汁を飲むことにより、ダイエットに成功したそうだ。

評者もお味噌汁は大好きで、味噌専門店で様々な種類の味噌を手にいれ、色々な味をほぼ毎日楽しんでいる。飲めなかった日は、日中に「お味噌汁飲みたい」と思い浮かんでしまうほど、身体が自然と欲する欠かせないものだ。

また日本料理は、見た目の美しさも重要視している。空間の美しさを大切にした盛り付けは、世界からも高く評価され、それはまさに芸術作品だ。

著者は、日本料理の修業中に、その美的センスを磨くために、茶道、華道、書道を学んだそうだ。評者の通っていた華道教室にも、著者のような考えを持った人が多かった。

日本料理店を営む人、有名企業の社長、お坊さんなど、空間の美の演出を日常に取り入れるために、国内外から大勢学びに来ていた。

このように、日本の食文化は、様々なものと繋がっている。一人でも多くの人が本書の内容を学び、また伝えていくことが、日本の食文化の継続になるのだろう。

 

フランスで大人気の日本料理教室

フランスで大人気の日本料理教室

  • 作者:梛木 春幸
  • 発売日: 2020/09/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【書評】10秒であなたも動ける! 『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』

f:id:SyohyouBlog:20201025213242j:plain



よく著名人の本に「行動力」が重要だと書かれてますが、実際、なにからやれば良いのか分からなくなることはありませんか?

本書では、「行動力」を生み出す具体的なマインドや考え方を導くコツを優しく解説してます。

マインドに関しては、「不安」な感情を言語化することの大切さが繰り返し述べられてます。例えば、フセンに書いて捨てる。入れたらポジティブな言葉に変わる魔法の箱を想像してそこに入れる。案外これだけで心が軽くなり前向きになり、動く準備ができる。

考え方やコツに関しては、色々な視点を有効活用することが繰り返し述べられてます。例えば、「自分以外の力」を使う、現状となりたい姿(未来)を比較、他者の視点で物事を考えるためテクニックなど。とりあえず、言われた通りやれば大丈夫だと感じるくらい丁寧に書いてあります。

最後に、夢(目標)を語ることの重要性が書いてあり、素敵だと感じました。それも、夢を語ることで現実からフィードバックをもらい、成功確率が高まる。そして、夢を語る時の方法も説明されており、ただ単に「夢を持て~!」と言っていないのが良い。

「行動力」の重要性を書いた本は世の中に多数出ておりますが、具体的なコツが掴めず、行動できていない人もいると思います。本書は、そのような、まだ行動できていない人にオススメです。

「行動力」は、ちょっとしたコツとマインドの使い方で劇的に変わる!
是非、悩んで困って動けないと少しでも感じている方がおりましたら本書を読んでみるという行動から行動してみませんか?

 

 

【書評】博報堂の先輩からもらった嬉しい言葉『君がイキイキしていると僕はうれしい』

f:id:SyohyouBlog:20201024220600j:plain


 

1. 不安を抜け出して、イキイキしたい人
2. 頭では分かっているけど、どうすればいいか分からない人
3. 凹んでいる部下のモチベーションを上げたい上司

この本はこのような悩みをもつ方のために書かれました。

『生まれ変わるための小さな62の行動』というタイトル通り読者のかたも無理な努力をすることなく簡単に始めれることが記されています。

そのなかでも、『行動することによる効果』という話が興味深いので紹介します。
人は怒りっぽいから怒鳴るのではなく、怒鳴るからだんだん怒りっぽくなっていくという話です。
人間は思考が行動に与えるのではなく、行動が思考に影響を与えるという仕組みになっています。寝ているとずっと寝ていたくなってしまうので私も休日は座って書評を書くようにしています。

また、大事な価値軸を持つために断捨離を行うという記事も面白かったです。
一度捨てた後に自分にとって大事なものだと分かるケースは非常に多いです。
捨てるという言葉がアレルギーの人は一旦手放すという言葉に置き換えるとよいと思います。
『手放して置いておくと』いう発想なら、大事なときにもう一度手にすることができますからね。

何かを始めたいと思っている人にオススメです。

 

 

【書評】どうせなら本来のアナーキーなルパンも味わってみてはいかが?『ルパン三世』

f:id:SyohyouBlog:20201023220159j:plain



2019年に公開された映画『ルパン三世 THE FIRST』をWOWOWで観てみたら、なんの熱量も感じ取れず、ちっとも面白くもなかったのでこれを書いている。
いつの間にやら、ルパン三世は困っている純真な女の子を見ると、無条件で手助けしてやる善人になってしまった。
この映画でも、その黄金パターンを踏襲していて実に気持ちが悪い。ましてや、敵はナチス・ドイツの残党だなぁんて、今時信じられない時代錯誤感もたっぷりだ。

モンキー・パンチ作の原作漫画を、新・ルパン三世も含めて全巻所有している身としては、或る時期からのルパン一家の凋落ぶりは見るに耐えない。
大体、石川五エ門が最初は敵側として登場したことなど、今時分どれだけの人が知っているのだろうか。

私が、ルパン三世を知ったのは、やはりテレビアニメからだ。それも、1971年に放送開始された、第一シリーズと言われる全23話だ。
監督は大隅正秋。だが、第三話放送の時点で監督を降りた。
降板の理由は、視聴率の悪さから、子供向け内容への改変の依頼を上層部から言い渡されたからだ。
企画当初より、大人向け作品を作るということでコンセンサスが取れていたにもかかわらず、その様なことを言われたのでは続けられるものではない。

そして、後を引き取ったのは、高畑勲宮崎駿だ。
既に制作がかなり進行していた為、その改変作業には随分と苦労した様で、第9話「殺し屋はブルースを歌う」などはほとんど修正をされておらず、渋くて面白い。非常に良い出来だ。
また、第4話「脱獄のチャンスは一度」は、プライドを傷つけられた銭形に対して、「舐めやがって」と、心底から大いに敵意を燃やすルパンの執念が満ち満ちている傑作である。

その第一シリーズで、宮崎臭さがもっとも強く出ているのは、第11話「7番目の橋が落ちるとき」と、第21話「ジャジャ馬娘を助けだせ!」だろう。女の子を助ける善人ルパンの原点の様な作品だ。

そう、そうなのだ。
現在の様なルパン三世像を作るきっかけとなったのは、宮崎駿初の長編アニメーション映画である、ルパン三世映画第二弾の『カリオストロの城』である。
当初、興行的に大コケしてしまったのに、後年評価を上げまくったこの映画が、その後のルパン三世スタンダードのベースとなってしまった。

断っておくが、私としてもこの映画の出来は素晴らしく、大変面白いと思う。だが、これはルパン一家をキャストに使った宮崎アニメであって、誰がなんと言おうと、あんな奴はルパン三世ではない。
とぼけてもらっては困る。ルパン三世は泥棒であり殺人者、れっきとした悪党なのだ。
原作者のモンキー・パンチ自身が、「ルパン三世は義賊ではない」と言い、また、「ルパンが、メリットも無いのに女の子の為になんか働くものか」とも言っている。

一時期、「大隅ルパン」や「宮崎ルパン」などという呼び名も世間で生まれたりもしたが、大隅正秋は、「ルパンが誰のものであるかと言えば、それはモンキー・パンチだ」と言っており、アニメ第一シリーズでも原作の良さを作品に表すことを第一義としていた。
そんな大隈氏の想いに反して、変わり果てたルパン三世という男。
モンキー・パンチが、1996年公開の映画『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』で監督を務めた際に、スタッフから「そんなのはルパンじゃない」と原作者の意見を否定されたというのは、もはや悲劇としか言い様がない。

まぁ、そう言ってみたところで時が戻る訳もなく、今後も新作に期待は出来ないだろう。
因みに、私のベストのルパン映画は、第一シリーズにもスタッフとして参加していた吉川惣司が監督となり、第一弾にして最高傑作とも言われている『ルパン三世 ルパンVS複製人間』である。

シラケた時代をダークに行き渡る原作漫画も、機会があれば手にして欲しい。

 

 

【書評】花には、人に影響を与える力がある『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365~伝統・文化 華道(生け花)』

f:id:SyohyouBlog:20201022212256j:plain

1日たったの5分。本書を読むことにより、教養が身につく。本書が読み終わる1年後には、自分が暮らす世界の見方が変わってくるそうだ。

今回とりあげる華道とは、生け花とも呼ばれ、季節の草花や木の枝を使い、その美しさを表現したり、観賞する芸術である。

元々は、仏前や床の間に飾るところから始まったが、池坊専慶氏により観賞するものへと変化し、池坊という流派の一つとなった。

評者も生け花を始めた当初は、池坊から入り、枝葉に塗装をしたり、ビスで打ち付けたり、創作性の高いアーテイスティックな手法を取り入れた草月という流派へと移行した。

そこでは、単に生け花の基本の型を学ぶだけではなく、師匠でもある主宰者と共に、生け花というイメージにとらわれない様々な仕事の経験をした。

例えば、ホテルのパーティ会場やエントランスの装花から、テレビ番組でのパフォーマンスやセットの設営、百貨店のショーウィンドウ製作、また海外ではローマ国際映画祭や、パリ市庁主催イベント等を手伝いながら多くの事を学ぶことができた。

本書にもあるように、華道は「師匠から弟子へと厳しい稽古のもとに技術と伝統が受け継がれていく」とあるが、正にその通り。穏やかな雰囲気で上品に学ぶことは、ほとんどない。

短時間で創作したい作品をイメージし、それにあう花材と花器を選択し、完成させ、主宰者のチェックを受ける。

一作品を数分で完成させることは当たり前。そこで時間がかかるものなら、皆の前で罵声をあびることになる。

また現場での作業は、大工仕事そのもので、時間が迫った緊迫感の中では、怒号や刃物が飛び交うことは日常茶飯事であった。

現在は、主宰者の都合により現場から離れたが、その経験が様々な場所で活かされている。華道はかつて、戦国時代の中、池坊専好氏により、豊臣秀吉氏と刀を使わない戦に使われたという逸話も残されている。花は、人に大きな影響を与える力を持っているのだ。