HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】四面楚歌の語源とは?『項羽と劉邦』

 

あれ? 司馬遼太郎なのに中国の歴史小説? そう思いながら読み始めたらこれが滅法面白い。上・中・下と結構な長さであるが一気に読める。
紀元前の中国。大陸を初めて統一した秦の始皇帝であったが、その非情なる圧政は民を疲弊させていた。不平不満が募る中で始皇帝が没すると、各地で無数の反乱が起こり出す。
項羽は、叔父の下で戦に身を投じる。叔父の戦死で跡を継ぎ、項羽は楚軍の頭目となるが、その軍勢の一隊には劉邦がいた。
劉邦は、田舎町のごろつき上がりで、何の優れた点も持たないのに、どういうわけだか人望だけはあり、動乱の中でなんだかんだと田舎町の長として担がれた男であった。

項羽をリーダーとした連合軍が秦を滅ぼす。
その際にも一番乗りをちゃっかり果たし、秦を獲ったどー!とやらかす劉邦
憤然と後からやってきた項羽を見るや、焦りまくって「すんませーん」と、あっさり項羽に功を譲る。
一騎当千、やたら強い項羽。武も智も無いのに周囲に助けられる劉邦
この二人の、長ーい戦いが始まった。

秦が滅んだ後、今度は項羽の行なった論功行賞を不満に思った諸侯が次々と反乱を起こす。
今だ!と見た劉邦は、項羽を討伐せんと進軍を始める。その進軍に天下の諸侯は群がるように参集。五十六万もの巨軍となった反楚同盟軍は、鎮圧に忙殺している項羽が不在の本拠をいとも簡単に陥落。
と思ったら、怒りに燃えた項羽の逆襲に恐慌をきたして皆逃げ出す。
劉邦も逃げる逃げる。

と言う具合に、項羽に対し、隙あらば戦を仕掛け、その度に負けてしまい、直ぐ詫びを入れて取りなす劉邦、という情けなくもある臥薪嘗胆なお話が繰り広げられていく。
しかし、最終的には劉邦が勝つ。そして漢帝国を興すこととなる。
武に勝るが、気性が激しく残忍で冷酷な項羽
無学で何の取り柄もないが、何故か放っておけない劉邦
リーダーシップの性質と多寡の違いが、この結末を呼んだ。

終盤追い込まれた項羽軍の寝所。
城外から楚の歌が聞こえてくる。それは城を取り囲む漢軍の陣地からの歌だ。唱じているのは漢軍に寝返った楚軍の兵たち。城の四面は楚歌で包まれた。
四面楚歌である。
その時、項羽はついに敗北を悟った。


項羽と劉邦
作者:司馬遼太郎
発売日:1984年9月27日
メディア:文庫本

 

 

【書評】四面楚歌の語源とは?『項羽と劉邦』

 

あれ? 司馬遼太郎なのに中国の歴史小説? そう思いながら読み始めたらこれが滅法面白い。上・中・下と結構な長さであるが一気に読める。
紀元前の中国。大陸を初めて統一した秦の始皇帝であったが、その非情なる圧政は民を疲弊させていた。不平不満が募る中で始皇帝が没すると、各地で無数の反乱が起こり出す。
項羽は、叔父の下で戦に身を投じる。叔父の戦死で跡を継ぎ、項羽は楚軍の頭目となるが、その軍勢の一隊には劉邦がいた。
劉邦は、田舎町のごろつき上がりで、何の優れた点も持たないのに、どういうわけだか人望だけはあり、動乱の中でなんだかんだと田舎町の長として担がれた男であった。

項羽をリーダーとした連合軍が秦を滅ぼす。
その際にも一番乗りをちゃっかり果たし、秦を獲ったどー!とやらかす劉邦
憤然と後からやってきた項羽を見るや、焦りまくって「すんませーん」と、あっさり項羽に功を譲る。
一騎当千、やたら強い項羽。武も智も無いのに周囲に助けられる劉邦
この二人の、長ーい戦いが始まった。

秦が滅んだ後、今度は項羽の行なった論功行賞を不満に思った諸侯が次々と反乱を起こす。
今だ!と見た劉邦は、項羽を討伐せんと進軍を始める。その進軍に天下の諸侯は群がるように参集。五十六万もの巨軍となった反楚同盟軍は、鎮圧に忙殺している項羽が不在の本拠をいとも簡単に陥落。
と思ったら、怒りに燃えた項羽の逆襲に恐慌をきたして皆逃げ出す。
劉邦も逃げる逃げる。

と言う具合に、項羽に対し、隙あらば戦を仕掛け、その度に負けてしまい、直ぐ詫びを入れて取りなす劉邦、という情けなくもある臥薪嘗胆なお話が繰り広げられていく。
しかし、最終的には劉邦が勝つ。そして漢帝国を興すこととなる。
武に勝るが、気性が激しく残忍で冷酷な項羽
無学で何の取り柄もないが、何故か放っておけない劉邦
リーダーシップの性質と多寡の違いが、この結末を呼んだ。

終盤追い込まれた項羽軍の寝所。
城外から楚の歌が聞こえてくる。それは城を取り囲む漢軍の陣地からの歌だ。唱じているのは漢軍に寝返った楚軍の兵たち。城の四面は楚歌で包まれた。
四面楚歌である。
その時、項羽はついに敗北を悟った。


項羽と劉邦
作者:司馬遼太郎
発売日:1984年9月27日
メディア:文庫本

 

 

【書評】HIUで活躍してる人ってどんな人?『SALON DESIGN vol.10』

 

『SALON DESIGN』はHIU公式ガイドである。本誌ではクローズドコミュニティであるHIUの中身を垣間見ることができる。主な内容はHIUで活躍してる人へのインタビューや活動報告である。インタビューは今回4本掲載されている。以下では、そのうち2人を紹介する。

まず1人目は表紙にもなっている「小麦の奴隷」そそう 丸さん。日本全国に出店を続けている「小麦の奴隷」。彼はその創業メンバーである。「そそう 丸」の由来から「小麦の奴隷」で働くことになった経緯などパーソナルな部分から事業拡大までが綺麗にまとめられている。

2人目は『SALON DESIGN』編集長の吉田 陸仁さん。吉田さんはvol.3以降編集長を務めている。元々HIUの運営が始めた『SALON DESIGN』。それが現在HIU会員の有志が作成するものへと変化してきている。『SALON DESIGN』を通して、HIUの歴史を知ることができる。

また、裏表紙のHIU ZEROCKETS.EXEも見逃せない。ZEROCKETSとは堀江さんやHIUメンバーがオーナーを務める3x3プロバスケットチームである。世界大会に日本代表として出場する、いまHIUで最も注目度の高いプロジェクトの一つである。

HIUは月額11,000円。それを800円(紙版) もしくは500円(電子版)で覗き見ることができるのであれば、かなりお値打ちだと思う。

horiemon.thebase.in

【書評】HIUで活躍してる人ってどんな人?『SALON DESIGN vol.10』

 

『SALON DESIGN』はHIU公式ガイドである。本誌ではクローズドコミュニティであるHIUの中身を垣間見ることができる。主な内容はHIUで活躍してる人へのインタビューや活動報告である。インタビューは今回4本掲載されている。以下では、そのうち2人を紹介する。

まず1人目は表紙にもなっている「小麦の奴隷」そそう 丸さん。日本全国に出店を続けている「小麦の奴隷」。彼はその創業メンバーである。「そそう 丸」の由来から「小麦の奴隷」で働くことになった経緯などパーソナルな部分から事業拡大までが綺麗にまとめられている。

2人目は『SALON DESIGN』編集長の吉田 陸仁さん。吉田さんはvol.3以降編集長を務めている。元々HIUの運営が始めた『SALON DESIGN』。それが現在HIU会員の有志が作成するものへと変化してきている。『SALON DESIGN』を通して、HIUの歴史を知ることができる。

また、裏表紙のHIU ZEROCKETS.EXEも見逃せない。ZEROCKETSとは堀江さんやHIUメンバーがオーナーを務める3x3プロバスケットチームである。世界大会に日本代表として出場する、いまHIUで最も注目度の高いプロジェクトの一つである。

HIUは月額11,000円。それを800円(紙版) もしくは500円(電子版)で覗き見ることができるのであれば、かなりお値打ちだと思う。

horiemon.thebase.in

【書評】経営者にはなれない、なりたくないあなたに。『人たらしの教科書』

 

読む前と、読後の印象がこれほどコロッと変わるのも珍しい。すっかり表紙や謳い文句に騙されてしまった。あー、良い意味に決まっている。
なんてったって、その表紙には、「遊びながら年収一千万に!」などと書かれているのだ。なんてナメくさったチャラいことを、と想っても仕方があるまい。
そして、序文に於いて、社長になって資金繰りで頭を一杯にするより、気楽に、自由気ままで、相応に豊かな人生が送れるのが会社員だ、と言われてしまえば、その通り実に年がら年中資金繰りに悩んでいる経営者たる私としては、「何を好き勝手なことを!とほほ・・・」と、せんかたやるせない気持ちにもさせられると言うものだが、考えてみれば、この世の中のビジネスマンの大方は、社長ではなく会社員だ。とすれば、この本が一般的な会社員にフォーカスしていることは、まま正解と言えるし、「起業して成功しよう」という様な本とは真逆であり、ビジネス書として考えれば、希少価値があるのかもしれない。

本文では、Chapter1から7まで、32のセンテンスを以て、他人から「人たらし」と評される著者が実際に体験してきたことを元に、「こうすべきだよ」ということが書かれている。そう、あれこれたっぷりと。
というと、如何にして他人に取り入って、上手いことやっちゃおうか、という様なノウハウが書かれているのだろうかと思うかもしれないが、ちゃうちゃう、そんな薄っぺらいものではなかった。
他人をおもねる方法を模索するのではなく、自分を高めることに努めつつ、楽しく生きることを求めることで、結果として他人から好まれ、会社にも貢献出来、我が身に返ってくることも多くなる。
それは、上辺の既成概念を容易に信じないことであったり、見た目を磨くことであったり、無駄と思えることをキチンと行なうことだったり、スケベ心を忘れないことだったり、その他諸々と、その内容はビジネス書というより、むしろ自己啓発本と言える。

因みに、人たらしと言われる様になっていった著者の歩みの土台として、序文ではまず著者の半生が紹介されているのだが、少年時代のデブ人生、高校卒業後は遊び尽くして色々と経験値を広げていき、自分というものを捉えていった、という経歴は、私も近似している。
しかし、著者が母親の言いつけに従い、勉強だけは没頭する様に行なったという点は決定的に違った。
う〜ん、残念。いや、勿論私がね。


人たらしの教科書
作者:小室和哉
発売日:2021年10月4日
メディア:単行本

 

 

【書評】男性用健康レシピ。『男のヘルスマネジメント大全』


 著書名を見たとき、とても気になった。巷に溢れているのは「働く女性のためのドクター」「おなかやせ」「ぐっすり眠る方法」「健康は腸から」など女性雑誌に特集で組まれているものばかりを見ていることに気が付いたからだ。男性や、パートナーを気遣う方にはぜひ手にとってもらいたい。健康とは日々のきづかいである。
 毎日残業し、付き合いで毎晩外食し、帰宅は夜中過ぎが、かっこいいという時代は終わった。長生きではなく健康寿命をいかにのばし人生を謳歌するかがこれからの時代で必要なのである。仕事を最高のコンディションで行うためには、未病への関心が必要なのである。つまり、病気になってからでは遅い。著書では、デジタルとの付き合い方から、糖尿病・高血圧などの生活習慣病の予防はもちろんのことアンチエイジングまで書かれている。男性もアンチエイジングの時代なのねと思ったら、女性が必死にアンチエイジングをしいかに日々努力をしていることも少しは理解してくれるようになるのかな?と思ってしまった。
 著書内で性感染症について多くを割いていることが印象的であった。性的関係においてどちらが気を付けるべきだと言うつもりはない。ただ、親密な関係だからこそ、自分の身体をしっかり理解し、相手と共有することが、相手を大事にすることなのではないか?とおもった。Actions speak louder than words.である。
新型コロナウィルス感染拡大が続く中で働き方そのものに大きな変化があった方も多いだろう。だからこそ、今自身やパートナーの健康を考えてはどうだろうか?そんなメッセージが込められている気がする。

 

 

【書評】世界が恋する日本酒を手元に届ける日!『日本酒がワインを超える日』


日本酒というとどのようなイメージを持っているだろうか?著者は、「安かろうまずかろう」でもなく「高級品」「芸術品」でもない、身近にあってみなが気軽に飲める日本酒を目指している。日本酒のすばらしさを信じている著者が言う、世界中から愛されるワインを超える日本酒とは?!
岐阜県飛騨市にある150年続く酒蔵の9代目社長が描く壮大な夢のプランについての本である。人間に必要なものは言わずもがな衣食住である。著者はその上で人間が人間たるに必要なものとして遊知美をあげている。生きていくのに必要ではないものこそが、より人間らしくしているのである。ここで伝えたいのは、著者は昔ながらの酒造りを決して否定しているわけではない。いくら良い日本酒を作っていても、人の手に届かないのであれば意味がないということである。そのため、興味を持ってもらうために酒造イベントとして蔵まつりを開始したり、酒造りをストーリーにしたりと、酒造りそのものをエンタメ化したのである。
 論者は酒造りは保守的で伝統を守ることを大事にしているとのイメージが強かったため、この方向転換にはいささか驚いたと同時にチャレンジャーだと感じた。案の定、エンタメ化をした当初はいろいろな場所から批判があったとも書かれている。
 筆者の酒蔵は世界酒蔵ランニング2020で1位を獲得している。おそらく成功例と言われる酒蔵だろう。ここまで来るプロセスにおいて、「今まであるものをぶっ壊す」の精神だけで日本酒をエンタメ化してきたわけではない。日本酒はその名のとおり日本古来からある酒である。日本酒が大好きな人として、好きだからこそ、より多くの人が手にし、飲み、楽しむ世界を作れるように日々奮闘している人の本である。著書の精神は日本酒造りだけではなく様々な分野のビジネスにおいても活かせるだろう。そんな情熱を感じた。