HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】今がチャンス。今すぐ行動しないと失ってしまう『ネオ東京改造計画』

本書は、4年前の東京都知事選挙前に出版されたものであるが、いまだに東京都に大きな変化は見られない。そこで、今回は6つの新提言を加えアップデートされた。

評者は、秋葉原と両国で着物やリメイク品を販売するPOP UPストアを運営しているが、外国人観光客の増加により、非常に面白い経験をし、東京都には様々な可能性がたくさんあるとつくづく感じる。

例えば、コロナ前には別メンバーと浅草で着物を2,000円で販売しようとして、一枚も売れなかったが、現在はその10倍の金額でも売れている。商品は当時の在庫のため、全く同じもの。また、着物以外にも、帯や羽織も販売し、外国人に人気があると知人に話したところ、即大量に仕入れ、教えた価格で販売し、たったの数ヶ月で500着売れたという。さらには、別の知人も、あっという間に段ボール数箱分を捌いたそうだ。もちろん東京で。

このように、リスクを恐れずにすぐに行動に移した人たちは上手くいっているが、世の中の大半の人は、安全牌の中でしか動かないため、結局何も上手くいかない。チームで動くとなると、やらないという選択肢は、甚だ理解し難く、結果として何度もチャンスを逃し、いつも歯がゆい思いをしている。それはまるで東京都のようでもある。

外国人観光客は何を欲しがっているのか、いくらで売れるのか。同じものを求めている人が多ければ、その理由を直接聞いてみたり、それを実際に仕入れて販売し、検証してみるのは非常にやりがいもあり、面白いものなのだが。

とは言え、インバウンド向け店舗は、たった1年ほどの出展にもかかわらず、かなりの情報が積み上がって来た。現状に囚われても仕方がないので、今後は、自分の直感を信じ、個人で動いた方が早いのではと思っている。もちろん、同じ方向を向き、興味がある人と情報を共有できれば、新たなビジネスチャンスが生まれるだろうし、協力者があらわれれば、ありがたいと思う。今回の出展で得られた情報をすぐ次の出展に活かし、1日でも早く、タイムリーに行動するには非常にいい時期でもある。

さらに、東京都を含め、日本全国には世界に誇れる伝統的な技術や作品などがたくさんある。ここ数年で職人の知り合いもでき、僅かながらだが着物関連以外の商品も個人的に仕入れ販売してみると、外国人にも気に入られている。しかし問題は、どの分野でも職人が高齢(70代〜80代)となり、この先、数年持つかどうかといつも聞かされることだ。

また、世界の複数の有名ブランドから依頼を受け、世界で唯一の技術を使った製品を作る人でも、苦労が絶えず、可能であれば明日にでも辞めたいし、子供には絶対に継がせたなくないという。いつも様々な職人と話していて思うことは、製品を作る能力とビジネスをする能力は全く別物。話をするのも苦手な職人よりも、ビジネスに長けた人が販売や経営をした方がいいと思う。

どれをとっても、今がチャンスだとつくづく思う。日々素晴らしい技術が失われているのも事実である。まずは、東京都が変わることにより、日本全国が変わる。評者も枠にとらわれず、行動してみるいい機会なのかもしれない。

 

 

【書評】「自然の恵みを感じながら生きる心地よいライフスタイル」『フランスの田舎に心ひかれて』

フランスの田舎に移住した家族の生活の衣食住、医療、教育、文化など現地で体験したことや日本との違いなどが紹介されている。
ページをめくる度に風景や料理、お子さんの写真などに心が和む。
野菜や果物を近所でお裾割りし合ったり、野原で花を摘んだり、川で夕飯の魚を釣ったり、山でキノコを取ったり、セルフリノベーションをしたり、人としてのサバイバル力が養われるなと思った。
日本においても都心と地方ではライフスタイルが異なるのだろうが、田舎に住んだことがない私としては、地域コミュニティーとの繋がりなどに温かみを感じてほっこりする。
都心と比較すると、もちろん不便なところもあるのだろうけど、季節を感じながら、自然の恵みを頂いていると、共に生きている実感が感じられるので、こういうライフスタイルもいいなと憧れる。
自分は生まれも育ちも東京とその近郊で両親の祖父母も近くに住んでいたため、田舎という田舎をあまり経験せずに子供時代を過ごしたこともあり、人一倍田舎への憧れが強い日本はもちろん良い国ではあるのだろうけど、生きているうちに一度は他の国で生活してみたいという思いは、持ち続けている。
本書のようにフランスの田舎に移住とはいかないまでも、まずは、週末に行ける程度の距離で2拠点生活できる拠点を見つけて、自分なりの理想のライフスタイルを模索していこうとこの本を読んで改めて感じた。

著者:Myna(まいな)
発行所:株式会社食べもの通信社

 

 

【書評】『金沢競馬わくわくbook』- 地方競馬の魅力が詰まった一冊

皆さんこんにちは。『金沢競馬わくわくbook』は、競馬YouTuberのショコ壱番屋さんをナビゲーターに迎え、地方競馬場である金沢競馬の魅力を紹介する一冊です。この本は、地方競馬ならではのノスタルジックな魅力や中央競馬との違い、競馬場内のグルメスポットなどを豊富な写真とともに詳細に紹介します。2023年7月に開催された『ウマ娘』とのコラボイベントのリポートも収録されており、競馬ファンはもちろん、初めて地方競馬を訪れる方にも楽しめる内容となっています。

この本では、地方競馬ならではの温かみと懐かしさが感じられるエピソードが豊富に紹介されています。例えば、80歳を超える予想屋さんや18歳から競馬場でアルバイトを始め、今では自分の名前の食堂を切り盛りするおかみさんなど、競馬場に関わる多くの人々のインタビューが含まれています。こうした人々のストーリーを通じて、金沢競馬場の長い歴史と地域に根付いた文化が伝わってきます。

金沢競馬場は「日本で一番メシのうまい競馬場」と評されるほど、グルメスポットが充実しています。本書でも、競馬場内の美味しい食べ物がたくさん紹介されており、写真も豊富です。先月訪れた際、全国の地方競馬を巡っているという方が「ここは日本で一番メシのうまい競馬場」と言っていたのも納得です。

競馬初心者でも楽しめるように、馬券の買い方も丁寧に解説されています。グルメに興味を持った人が「ちょっと馬券も買ってみようかな」という気持ちになるような親しみやすい内容です。初めて競馬場を訪れる方や、競馬にあまり詳しくない方にも優しい配慮がされています。

また、金沢競馬場に関わるさまざまな人物へのインタビューがとても興味深いです。移転に携わった方や馬主協会会長さんなど、競馬場の歴史や裏側に触れることができる内容は、競馬ファンにとっても新たな発見が多いでしょう。

この本を読むことで、次に金沢競馬場を訪れるのが一層楽しみになること間違いありません。競馬場の魅力だけでなく、そこで働く人々の温かみや、地域に根付いた文化を感じることができる一冊です。地方競馬の魅力を再発見したい方や、初めて訪れる方にもおすすめの一冊です。

 

 

【書評】『チームオベリベリ』明治時代のフロンティアスピリッツ

皆さんこんにちは。乃南アサの『チーム・オベリベリ』は、明治時代の日本の開拓者たちに焦点を当てた感動的なリアル・フィクションです。物語の中心には、先進的な教育を受けた鈴木カネという女性がいます。彼女は、新天地である帯広――もともとはアイヌ語で「オベリベリ」と呼ばれていた場所――へと踏み出し、その土地を生き抜く挑戦に身を投じます。彼女と彼女の仲間たちは、困難を乗り越えて新しい生活を開始し、その経験が読者に何を感じさせ、何を思わせるかというテーマを読者に提示します。

この物語から得られる教訓は、大きな時代の変わり目に直面したとき、自分自身の力を信じ、新たな状況に適応し、前進し続ける勇気が必要であることです。カネと彼女の仲間たちは、未知の土地と環境に立ち向かい、自己独立性と適応力を見せています。

この物語の開拓の精神は、アメリカの「フロンティア・スピリッツ」を思い起こさせます。しかし、これらは異なる文化と歴史的背景の中で形成されたため、共通点と違いがあります。フロンティア・スピリッツは、自己独立性、個人主義、冒険心、堅固な決意、そして新しい土地や環境に対する適応能力を含む一方、『チーム・オベリベリ』の登場人物たちはより共同体や集団の一部として行動しているように見えます。しかし、どちらも新しい土地や環境に適応し、自己を発展させるという開拓の精神を共有しています。

「チーム・オベリベリ」は、困難を乗り越え、個人として成長し、新しい状況に適応する方法について深い洞察を提供します。この物語は、自己と社会について新たな視点を読者に提供し、未開の領域での自己依存と適応性の重要性を強調します。この引き込まれるような、思考を喚起する本は、人間の精神の回復力と変化の深淵な影響を理解することに興味がある人々に確実に共鳴するでしょう。

 

 

【書評】 人はなぜ、金に狂い、罪を犯すのか。現代の抱える問題•闇について考えさせられる1冊『黄色い家』

2020年春、総菜店に勤める花は、ニュース記事に黄美子の名前を見つける。60歳になった彼女は、若い女性の監禁・傷害の罪に問われていた。長らく忘却していた20年前の
記憶ーー。
黄美子と、少女たち2人と擬似家族のように暮らした日々。まっとうに稼ぐすべを持たない花たちは、必死に働くがその金は無情にも奪われ、よりリスキーな"シノギに手を出す。歪んだ共同生活は、ある女性の死をきっかけに瓦解へ向かい...。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
15歳の主人公の花と、同世代の蘭、桃子。そして、年上の黄美子さんの4人は1つの家で、“生きるため“に共同生活を送るようになる。
花たちが生きるために“シノギ“に手を染め、闇に堕ちていき、身動きがとれなくなる様が読んでいてゾッ~っとした。

15歳だった花も40歳となり、花は60歳となった黄美子さんに会いにいく。ひとりぼっちだった子どもの自分を連れていってくれた黄美子さん。物語のクライマックスで2人は20年ぶりに再開する。

人はなぜ、金に狂い、罪を犯すのか。全601ページの、善と悪の境界に肉薄する1冊。
貧困•犯罪•格差•裏社会•孤独…。
現代の抱える問題•闇について考えさせられます。

本:黄色い家
作者:川上未映子
発売日:2023.02.20
メディア:文庫本(中央公論新社

 

 

【書評】「生産性を爆上げしたいエンジニア必見!!」『世界一流エンジニアの思考法』

世界一流のエンジニアたちが、普段どのように思考し、行動しているのか。彼らのやり方をうまく取り入れ、仕事や人生を楽しもう!

本人曰く三流エンジニアの著者が、日本SIerで営業から始めて、試行錯誤する中で憧れのプログラマの職に就き、現在はMicrosoftのAzure開発部隊で世界トップエンジニアたちから学んだ思考法、仕事の進め方、気付き、Tipsなどが紹介されています。

世界トップエンジニアたちは、みんながみんな超天才ばかりで決してマネできないというわけではなく、彼らは意外と地道なことを愚直に積み重ねてやっているんだなという印象を受けました。

働き方については、本人だけの問題ではなく、会社や組織など周りの環境によるところも大きく、彼らのやり方がそのまま日本で適用できるかという問題はあるものの、まずは自分一人からでも実践して周りも巻き込んでいくことはできるのではないかと思います。
以下は、主にエンジニア向けの内容ではありますが、エンジニアはもちろんのこと、マネージャーやそれ以外の職種の人にも学びがあると思います。
・理解にしっかりと時間をかける
・むやみやたらに試行錯誤せず、仮説を立てて検証する
・感覚的に判断せず、ファクトを積み重ねる
・技術は地味な積み重ねにこそ真価が宿る
・メンタルモデルを作る
・Be lazy
マルチタスクは生産性が最低
・クイックコール
ウォーターフォールは一切メリットがない
・バリューストリームマッピング

三流エンジニアかつ三流マネージャーの自分としては気付きが多く、ここで紹介されているTipsについて、実際に取り入れてみたいと思っています。
あなたも本書を読めば、ワンチャン世界トップエンジニアになれるかも。
ご興味を持たれた方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

出版社:文芸春秋
著者:牛尾 剛

 

 

【書評】入門にもピッタリ!日本のフェミニズム事情が解る『往復書簡 限界から始まる』

上野千鶴子については説明不要かと思うが、日本のフェミニズム学の権威というべき巨塔である。いや、壁というべきか。書評の筆者は氏の大きな壁をよじ登ろうとしている、アマチュア専業主婦作家です。その巨壁に、真っ向から挑んだ急先鋒女性が鈴木涼美氏である。鈴木涼美氏は、私が今1番気になっている作家でもある。元日経新聞記者で元AV女優、母親は児童文学者という背景をもっている女性だ。性に関して一家言ある芯のある女性であることは、この肩書きを見ればわかるだろう。

私は彼女の文体が好きだ。新聞記者らしい理路整然とした文章ながらもながれるようななめらかさと、少し影のある申し訳なさそうな色気。
はっ、違う、ここは鈴木氏の文体をめでる場ではなかった。ちなみに、彼女は芥川賞に2度ノミネートされているので小説を好む方はぜひ。

上野千鶴子氏は、「おひとり様在宅死のススメ」を著し、「おひとり様天国ニッポン」の文化を築き上げた。東大卒で実家が医者でお嬢様の同氏は、資本主義に女性が絡め取られていく時代に巻き込まれてしまったように私には思えてならない。女だって男と同じくらい仕事ができる、日本の男はダメだと息巻いて、高飛車にフェミニズム思想を歌い上げた。

上野氏は、日本の男をディスりながらも、可愛いと思っている。
彼女が堂々たるビッチであることは周知の事実だ。彼女は理知的な男性に好かれるタイプ。暴走がちな知性、リズミカルな言葉、奔放な態度。庇護欲系の理知的男性は、こういう女が好きなのだ。同じ身だからワカル。目を細めて見守ってしまう。しかしながら大抵の男性は、知「識」が豊富でしゃしゃってる女性が好きではない。自分よりも知「識」が豊富で口達者な女性は怖いからだ。女版ひろゆきと囁かれるのも納得の論破ぶりなのだ。こわいよう。
上野姐さんは全女の味方なのだけど、学者だから手厳しい。鈴木氏との言葉の応酬は本当に見ものだ。
新しい価値観をつくる、フェミニズム用語にいくつも出会い、Wikipediaを引き引き、読み応えたっぷりの本書に、メモを書き込みまくりながら一生懸命読んだ。

この本のコピーがまた凄い。

「女の身体は、資本か?負債か?」

もう絶句してしまった。

「資本」と捉えるのは、AV女優としてプライドを(後悔はありながらも)それなりに持っている鈴木氏で、「負債」と捉えるのが、それに苦言を呈する上野氏というのが基本的な構図。

ここではちょっと私の意見は書ききれないので、エッセイ本でも出版したいと思っている。もし興味のある編集者さんがいらしたらぜひお声掛けくださーーい。

あー、女に生まれて、良かった!(ブルゾン ちえみ)

 

 

【書評】置いて行かれる前に一読したい『教養としての「半導体」』

著者は東大を卒業後、半導体バイス・プロセス関連事業に携わってきたエンジニア。

情報化社会の進展とともに、パソコンやスマホはもちろん、家電、ICカード、医療、車、産業機器など、「半導体」が多くのものに使われるようになり需要は右肩上がりに増加した。
日用品以外でも、高性能ミサイルやロボット、ドローンなど、戦場で使うものにも使われるようになり「半導体」は安全保障上の重要な戦略物質になった。

一昔前は、設計から完成までを一社が完結させる垂直統合型の生産が主流だったが、現在は一社一社が、得意分野の工程を受け持つ生産方式に変わった。
つまり、設計ソフト、設計、前行程、後行程、製造機器、検査機器、各工程で使われる素材など、各企業が巨大な設備投資を行って手を加えたものが製品として流通するのである。
分業化を進めたことは、コストをおさえながら性能を高められた反面、パンデミック等で物流が止まる、中間工程で不具合が発生した場合、商品の完成が滞ることになる。
また、完成までにいくつもの国を経由するため、技術の流出はもちろん、安全保障を考慮する必要がある。

世界の半導体受託生産の半分以上を請け負う台湾企業(TSMC)が熊本に工場を構えたことが話題になっているが、移転の理由は、そのような背景があったと考える。

電気を通す物質を「導体」、通さない物質を「絶縁体」という。
半導体」とは「導体」と「絶縁体」の中間的な性質をもつ物質のことを指す。
こういった基礎的なことを知らないで製品を使う人は多いが、情報化社会を生きる者としては、この分野の情報に少し明るくなっておいても損はないと考える。
この機会に、業界の表面だけでも知っておくのはどうだろう。

作  者:菊地正典
発売日:2024年4月20日
メディア: 日本実業出版社