HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【90日間199円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【3/30まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円(体験は1ヶ月無料!)で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【まとめ】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【30日間無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】教育熱心な親が持つべきは、普通であることの勇気!『嫌われる勇気』

f:id:SyohyouBlog:20200324213623j:plain



子育てに悩むママ・パパへ。
『馬を水辺へ連れて行くことはできるが、馬に水を呑ませることはできない』
本書は、親子、友人、職場、地域、あらゆる人間関係に応用できる生き方の教科書です。

本書が伝えるアドラー心理学では、褒めて育てることも叱って育てることも厳禁。
親子であっても関係性は対等。能力の高い親が能力の低い子どもをコントロールしてはいけません。
親の期待を満たすための行為も、教育現場でよく耳にする自己肯定も否定します。
正しい行いをしたら褒め、親の願いに応えたら称賛し、悪い行いは罰する教育法を根っこから覆すのがアドラー心理学。親は子供を評価する立場にないのです。
では、何をすべきか?

それは、子供が「自分に価値がある」「他者に貢献できている」と思えるように導くこと。
ここでいう価値とは、人より秀でた能力や誰かの役に立つ行為のことではありません。
生きているだけで良いという存在レベルの価値なのです。加えて「私は他者に何ができるか?」と考え行動する姿勢があれば良い。

子どものことで悩み、あれやこれやと手をかけてしまう親(私がそうですが)に最も必要なこと。
それは「普通であることの勇気」と私は解釈しました。
我が子が優秀であってほしい、高い能力を発揮してほしい、社会的で成功してほしいと願えば願うほど、子どもに多くを求め、賞罰でコントロールし、子供の出来不出来が自分への評価のように感じてしまうからです。

もっとできるようになりたい、大好きな人を喜ばせたい、と思う子どもの力を信じて
・普通で良い
・存在そのものが価値
というメッセージを送り続けることが、親の役目なのかもしれません。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

【書評】YOUやっちゃいなよ『ジャニーズは努力が9割』

f:id:SyohyouBlog:20200324213412j:plain

SMAPの中居くんがジャニーズ事務所を退所され、その記者会見の姿が絶賛されました。
何が絶賛されたかというと真摯でユーモアに溢れた対応から滲み出る「人間力」です。

冠番組を単独で持つこと、お笑い芸人と堂々と絡むことなど、テレビでのその姿はジャニーズの中で異質に映ります。その唯一無二の司会業は芸能界デビューしてもすぐにはブレイクできず不安だった10代の中居くんが戦略的に作り出したものです。しかし、司会業やトークは決して得意な分野ではなく苦手な分野でした。自分が不得意な領域をタレント、SMAPの視点から必要と判断し克服してきたのです。

中居君くんを例にとりましたが、本書は他にも木村拓哉国分太一岡田准一も紹介されており、最後にはジャニー喜多川の育成論も書かれています。ジャニーズ顔という美男子を現す言葉がありますが、その顔ですら「努力しているとそういう顔になってくる」と本書にはあります。

何者でもなかった少年がいかに努力を重ねてきたのか、ジャニーズの中でサバイバルしてきたのか。ぜひ、本書で確認してください。メッセージは「できる/できない」ではなく「やるか/やらないか」です。

 

ジャニーズは努力が9割 (新潮新書)

ジャニーズは努力が9割 (新潮新書)

  • 作者:霜田明寛
  • 発売日: 2019/07/31
  • メディア: 新書
 

 

【書評】メンタリストDaiGoさん目線での好きなことで稼ぐ方法『「好き」を「お金」に変える心理学』

f:id:SyohyouBlog:20200324213234j:plain

好きなことで稼げるようになりたい!と思い、書籍を読み漁る中で手に取った本の一つです。
題名の通り、好きなことをマネタイズするための方法を、心理学目線で書いています。

私が特に目を引いたのは、「会社をすぐ辞めてはいけない」と伝えていることです。フロー状態になることが少しでもあれば、それが「好き」に変わることがある、嫌だと思っている仕事の中にそのようなことが隠れているかもしれない、ということです。

また、自分を応援してくれる人を増やすための手法として、お菓子や飴をあげる・手書きのメッセージを贈ることを紹介しています。SNSの時代ですが、身近な人から応援してもらうためのコミュニケーション術を記載していたところは、意外性を感じました。

ホリエモンの書籍にも、近いテーマのものがありますが、全く同じことを言っていたり、違うことを伝えていたりします。その違いを見てみるのも、視野が広がって面白いです。

「好きなことで生きる」ことができる時代。しかし、すぐに実現することは難しい。まずその一歩として、何をやればよいか。それをメンタリストDaiGoさんが示してくれています。「好きなことで生きる」ため、私も行動していきたいと思います。

 

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

 

 

【書評】伝えたい事を、伝えたい人に、より魅力的に届けるための指南書 『不安が自信に変わる 話し方の教室』

f:id:SyohyouBlog:20200324213035j:plain

誰しも一度は、日々の会話やスピーチなどで失敗した経験があるだろう。
本書では、話したい内容を相手に伝えるためのテクニックとトレーニングが紹介されている。

伝えたい内容を細分化し、簡潔にすることが必要だと著者は言う。
それを相手方に効果的に伝えるための間の取り方や、伝える順番なども紹介されており、たいへん参考になった。

また伝えやすい話し方を習得するための発声練習や呼吸法も記載されている。
自宅で気軽に始められるものなので、時間が空いた時に少しずつ練習していくのがいいと思う。

本書は、アナウンサーの深沢彩子氏と、文筆家・ブランディングディレクターの稲垣麻由美氏の会話形式で構成されている。
自らも会話に参加しているようで非常に読みやすく、分かりやすかった。

医療や介護の現場で、高齢者と関わることが多い方にもおすすめしたい。
高齢者は子音が聞き取りづらいと紹介されており、会話をする上で先ほど述べた発声練習が非常に有効だからだ。

この他にもスピーチ原稿の推敲や、伝える際の身だしなみなど、多岐に渡って綴られている。
聞き手とコミュニケーションをとりながら、話を伝えるための方法が詰まった一冊だ。

 

不安が自信に変わる話し方の教室

不安が自信に変わる話し方の教室

 

 

【ランキング】今週読まれた書評【2020/3/15-24】


f:id:SyohyouBlog:20200224171934j:plain

1位

f:id:SyohyouBlog:20200309065615j:plain

bookrev.horiemon.com

不安が自信に変わる話し方の教室

不安が自信に変わる話し方の教室

 

 

2位 

f:id:SyohyouBlog:20200309065328j:plain

bookrev.horiemon.com

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

  • 作者:三浦 将
  • 発売日: 2015/11/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

3位

f:id:SyohyouBlog:20200309065801j:plain

bookrev.horiemon.com

 

4位

bookrev.horiemon.com

 

5位

bookrev.horiemon.com

 

6位 

bookrev.horiemon.com

  

7位 

bookrev.horiemon.com

 

8位

bookrev.horiemon.com

 

9位

bookrev.horiemon.com

 

10位

bookrev.horiemon.com

 

【書評】アートとビジネスは相反してる。だからこそ、どっちも重要だ! 『コンテンツビジネスのすべてはUCLA映画学部で学んだ。』

f:id:SyohyouBlog:20200309070705j:plain


コンテンツビジネスが最近のトレンドである。特に、YouTuberの誕生からそれは顕著になった。YouTuberの所属事務所であったり、YouTubeの動画制作会社なども誕生している。


コンテンツは昔から存在していたが、コンテンツとビジネスは相反していると思われてきた。コンテンツとは、アートの一種であり、アートとビジネスに同じにするのは悪とされてきた。


アートとはそれ自体に価値があり、お金を貰ってやるものではないという考えが昔からあった。特に、宗教絵画の時代では、キリストを描くことがアートであり、売ってお金を儲けることはキリストに反すると考えられてきた。


今でも、アートをお金にするなという批判はある。だが、著者はアートやコンテンツに100%重きを置いてはいけないと言う。


コンテンツとは常に、アート50、ビジネス50で考えなければいけないと、彼の経験談から話している。確かに、私たちがモダンアートをみてもよく分からないし、お金を払おうとまでは思わなかったりする。


だが、アートの要素を取り入れただけでなく、ビジネスとして、日常生活に落とし込んだり、消費者が買いたくなったり、体験したくなる要素を取り入れることで、コンテンツビジネスは成立していくと述べている。


コンテンツビジネスはこれからも主流になっていくだろうが、作りたいというだけでは食っていけない。何が売れるだろうかということも考えつつ、どうすれば顧客はお金を出してくれるだろうか?というのを、考えていく必要がある。


漫画のキャラが絆創膏になったり、マスクに描かれたりするのは立派なコンテンツビジネスだと私は考える。ただ、映像コンテンツや書物コンテンツを作るのではなく、見る側使う側の立場になって、どうすれば消費者の為になるかなどを考えていけば、きっとお金にも困らないコンテンツビジネスが出来るはずである。


少子高齢化で、経済が衰弱している日本にとって、一人一人のコンテンツビジネスが、これからの日本を支える時代になっていくだろう。

コンテンツビジネスを様々な所で、活用して、日本の経済を支え、自分の人生をよくしていって欲しい。


【書評】本物のリーダーとは、権威を振りかざさず部下から学べる人のことだ。『ハーバード・MIT・海外トップMBA出身者が実践する 日本人が知らないプロリーダー論』

f:id:SyohyouBlog:20200309070532j:plain


日本人は本物のリーダーを知らない。日本人のリーダーは、利益の追求と従業員をいかにサボらずに働かせるか、ということに重きを置いている。


これではいつまで経っても、業績は伸びないばかりか、企業は成長していかない。


それに比べて、海外のリーダーは短期的に利益をあげ、企業の規模も拡大している。


果たして、何が違うのだろうか?

大きな違いとは、KPIによる従業員への指示と管理である。KPIとは、一度は聞いた事があるだろう。数ある指標の中から、最も重要と思われる数字を取り上げ、それの変動をもとに改善をしていくキーとなる数字のことだ。


できるプロリーダーとアマチュアリーダーの違いは、KPIの活用だと著者は言う。

多くのアマチュアリーダーは、KPIを上手く活用出来てない。KPIによって、目標を決めるだけでは甘く、KPIによって報酬も決めるのができるリーダーだ。


例えば、KPIを客単価を上げることであれば、2000円代だと5ポイント、それ以下だと2ポイント、3000円以上だと10ポイントのように、ポイント制にして数値化し、後から総合的に判断すれば、効率良く贔屓することなく評価できる。


また、KPIの指標も、従業員の得意な部分に合わせて設定することで、その人の特徴を最大限活かすことが出来る。


KPIを設定し、ビジョンを確立することで、従業員もモチベーションが上がるし、一歩一歩前に進んでいける。改善点も、従業員と一緒に考えることで、これからどうするべきかも分かっていくのだ。


詳しくは、本文を読んで頂きたいが、この本は、リーダーがどうしていくべきかが、具体的な内容で画かれている。


できるリーダーとは、従業員を支配下に置くのではなく、全ての従業員の人生を尊重し、仲間として共に切磋琢磨していく人だ。あなたも是非そんなリーダーになってほしい。