HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】ドライのギブソンをダブルで。『舵をとり風上に向く者』

 

初出が1986年。
まだ、著者である矢作俊彦が、概ねに於いてハードボイルド作家として扱われていた頃合いであろう。
ただ、この短編集に於いては銃にも暴力にも出番は無い。
有るのは、端正な文章と、小気味の良いセリフと、上品さ、それから車だ。
14作の短編たちには、それぞれの登場人物がおり、またそれぞれに車が登場してくる。
この短編集は必ず車が出てくるのが一つのキマリゴトなのだ。
ただ、物語を廻していくのは人々である。

それは、姉の元カレの車で、共にドライブに出かけた少年だったり、深夜のバーに於けるバーテンダーと紳士だったり、三年振りに街角で偶然会った元恋人同士だったり、庭先で会話をする六十過ぎと高校生との友達関係の二人だったり、時には、米軍キャンプへ迷い込んだ三輪車に跨がる幼児だったり。
そんな彼ら、彼女らのほんのひと時の遣り取り、会話を中心とした寸劇に、上手い具合に車が花を添えてくれるのだ。
ロータス・コーティナ、ヴァンデン・プラ・プリンセス1300、スカイラインGTB、キャディラック、ルノゥ5アルピーヌ、レインジ・ローヴァー、MGA、ダットサン510、DKW1000Sp、ジャギュアフェラーリ・・・。

矢作俊彦の著書で言えば、他にも後年、車の登場がキーになっているものとして、『夏のエンジン』という短編集も上梓されている。
考えてみれば、『マイク・ハマーへ伝言』や『スズキさんの休息と遍歴 またはかくも誇らかなるドーシーボーの騎行』などの著者の長編でも、かなり車の役割が大きい作品もあった。

かつては、車には人々が希求せずにはいられないものがあって、人それぞれのドラマとも、もっと密な関係だったのかもしれない。
簡単に言えば、愛着というものだ。
そんなこと、現代では似つかわしくもないことなのだろうが。
その頃の気分と言うものを本書から感じた時、貴方はそれをどの様に理解するだろう。

舵をとり風上に向く者
作者:矢作俊彦
発売日:1992年5月25日
メディア:文庫本 

 

 

【書評】進化心理学で人間関係の謎を解く。『いい人なのに嫌われるわけ』

 

人類史上最も長かった時代はいつか。実は、狩猟・採集がそうなのだと言う。なんと九割以上に当たるのだそうだ。当然、ヒトの脳の九割以上もこの時代に形成されたことになる。
この時代、狩猟に適する為には、個体での生活から、互いに協力する様式へと変化する必要があった。その様な集団の中では、率先して協力し、集団の利益に貢献する者が「いい人」とされた。
さて問題は、狩猟・採集時代の様な、一蓮托生で生きる小さく密な協力集団は現代にはもう存在していないということだ。
規模が大きくなり、構成している人々の種類や関係性が様々になった状態では、そんな生得的な反応のまま行動していると、或る人には良くても、他の人から見れば「いい人」には思われなくなる。
これが、現代に於ける人間関係の衝突や問題の根源であると言うのである。

なんでも教えてくれる人 → 上から目線で恩着せがましい人
みんなに対して優しい人 → 誰にでもいい顔をするはっきりしない人
理想が高い人 → 絵空事ばかりで行動が伴わない人
リーダーシップがある人 → 独りよがりで突っ走る人

本能と、数千年間で急速に発達した現代社会との間には、ズレが生じている。
このズレのことを把握して問題が起こる理由を知ること。そのズレを乗り越える対処法を知ること。
この二つを知ることを軸に捉え、本書では、「ギフトさん」、「気遣いさん」、「すごい実績さん」、「チーム孝行さん」などの、いい人なのになんだかモヤモヤする17タイプを個々に解説する。
何故ズレる?
そういうタイプとの接し方は?
自分がソレだった場合は何に気を付ければ良い?

なるほど。認知心理学、或いは進化心理学で測るとこういうことになるのか。なかなかにしてユニークな視点からの考察の数々である。
我々人類は、個が優先された時代の「サルの心」と、集団生活を基本とした狩猟・採集時代の「ヒトの心」を持ち合わせたまま、更には、多数の外集団と協働する現代に対応する為に作られたルールや仕組みを受け入れるといった「文明の心」をも携えている。
17タイプの皆さんは尚のことだが、皆が、生き辛く、抑制の効いた社会をサバイブしていかなければならないとはなんとも。
それこそモヤモヤなイキフンだ。

いい人なのに嫌われるわけ
作者:石川 幹人
発売日:2022年3月6日
メディア:単行本

 

 

【書評】あのSAMによるジェントロジーの解説本 『いつまでも動ける 年をとることを科学する、ジェントロジー』

いわゆる健康本である。と言ったら元も子も無いが、
若かりし頃にTRFでキレキレのダンスを披露してくれていたSAMが還暦(!!)を迎えた今、
加齢と向き合いながら「ダンスも人生も、いまが一番楽しい。」と著す事が出来ている秘訣を述べている。

全体の構成としては「ジェントロジー(加齢学)」を基にして

・生い立ち
・実践編(運動、食事、睡眠、コミュニティ)
・知識編
・ジェントロジーで見る社会を見る
と話が進んでいく。

自分自身、ジェントロジーと言う言葉をこの本で初めて知ったがしっかりとした学問のようでで、
SAMは南カリフォルニア大学デイビススクールの通信課程で学んだらしい。
実際にテレビで見てキビキビ動いていた人が
この(私にとってだが)未知の学問について説明してくれているのは面白い切り口、体験だと思った。

健康法の本はコンビニなどでも数多見かけるが
この本はSAMの健康法ではなく、SAMが加齢学について解説している本だと思って読めば読み方が変わってくるだろう。
「ジェントロジー(加齢学)」の導入偏としていかがだろうか。

 

 

【書評】アンティークコインによる分散投資のススメ 『世界のお金持ちが実践する「アンティークコイン投資」』

 本書は3部構成と非常に分かりやすい、タイトルにもなっている第2部のアンティークコイン投資が大半を占めていて所謂、初心者本ではなく投資とはなんぞやと詳しく教えてくれる本ではない。対象は主に富裕層で新たなポートフォリオの一つとして考えてみても良いのではないかという内容だ。

 著者はコイン収集歴50年を超える収集家だ。アンティークコインの材質や歴史、国や地域ごとの流通量、相場価格、デザイン、どの様な状態のものが高く評価されるのかなど詳しく解説してくれるコインの写真も多く載っているので状態の比較もしやすい。その他にも現物投資の難しさや売れるまでにかかる期間、手数料の高さ、査定会社によって評価額が異なる事、コインを買う上での知識や歴史観、投資をする上での最低限の知識さらには価値の低い物を買わないための審美眼が要求されることなどが書かれており株式投資とは違う世界を知ることができる。

 だが読んでいて最も重要だと感じたのはあくまでも投資と割り切るドライさが必要だという事だ。骨董品は趣味的な側面も強く収集家が多く存在する。オークションなどで予算以上の額で競り落とすなどは避けなくてはいけないし、他の骨董品と比べ流通量の多いコインは投棄目的で買う人も多く実態とかけ離れた価格が付きバブルになる事ある。そうなると売りたくても簡単には売れないので含み損になってしまうのだ。とは言え骨董品の強みは長期所有できる事でありそれを前提にして相続させる事も予め考えておく事を本書も薦めている。

 本書は富裕層などの投資経験者が株や債権、不動産以外の分散投資先として現物投資の一つであるアンティークコイン投資を薦めており投資初心者や資金に余裕のない人は下手に手を出さない方がいいだろう。現物投資は流動性が低くすぐには換金できないからだ。ただ投資には興味はあるけどリスクを考えると出来ない人は知識ばかり溜め込んでいく様な投資本を読むよりも本書の様な本を読んだ方が有益な知識が身につくのではないだろうかと思う。

 アンティークコインという富裕層向けの投資であるからこそ株やFXにはない魅了を感じることができた。リーマンショックやコロナ、ウクライナ戦争など経済危機は常に隣り合わせだ。日本経済の見通しも暗い今後は一層慎重にポートフォリを組む必要があるだろう。アンティークコインを入口にて現物投資の世界に入ってみてはどうだろうか。 

アンティーク投資
著者:田中徹朗
発売日:2022/2/28
メディア:単行本

 

【書評】株式市場のウラガワがわかる? 『伝説の相場師の教え』

株の取引きで勝つ人は3パターンに分かれる。
➀まぐれで勝つ人
②相場を読んで勝つ人
③相場を作って勝つ人

この本は③の人。伝説の相場師と言われた加藤 暠(あきら)氏がどのように相場を作って勝っていたかの本である。

このような投資について勝った人が書く本は
当事者の自慢やポジショントークになるとことが多く、
読んでもあなただから出来たんでしょう。と思うことが多いが、
当事者の近くにいた人物が語り部となり
伝聞系となることで一歩引いた落ち着いた位置から読むことが出来る。

加藤氏の手法は至ってシンブルだ。
安く買って高く売る、そしてより儲けを多くする。文中でも語られているが会社経営と同じ事を当たり前のようにやるだけだ。
そのスキームを企業研究と群集心理(個人投資家機関投資家空売り勢など)の動きを考えながら時間をかけて静かに進めていく。
高値で買ったり狼狽売りはしない。自分で建てたルールの中で株価の売買を実施して相場を動かしていく。

当たり前の事をある程度の規模間で実施したと言う内容だけであればそこまで面白くないかもしれないが
本陣と足軽、カラカラにする、吸い取りなどの加藤氏の言葉が飛び交い、自分がその相場に参加しているかのような臨場感を持って本を読み進めることが出来た。

通常、フィクションであれノンフィクションであれ、
自分が実際に本の中の世界に入り書かれている事を体験することは難しい。
どんなに優れた本でも疑似体験として終わる事がほとんどである。
しかしこの本は常日頃誰でも参加できる株式市場の本である。
興味を持ったらいつでも明日から参加出来る世界の本であり
あなたの経験の扉を開くことが出来る本であると言うのは言い過ぎであろうか。

 

 

【書評】SAMが教える無理ない年の取り方!『いつまでも動ける』

 SAMさんっておいくつか知ってますか?なんと還暦だそうです!!今でも彼のダンスのキレには驚かされませんか?そこには年を重ねる度に最高な状態をキープするSAMさんの心がけがあった!

 SAMさんと言うと筋肉隆々で長い髪を靡かせながらキレッキレのダンスを踊るというイメージです。力強くもあるし、繊細でもある。ダンサーであるということだけではなく常に自分がベストな状態にいられるように、食事、運動、睡眠、コミュニティに意識付けするのだという。
 コミュニティの存在がある事がおもしろいと感じた。社会と接触し自身が所属するネットワークを作り社会的な活動を行い続けることが自分らしくいられるキーなのだそう。年齢を重ねると自分の存在意義が不明になることがある。そんな時は自分が今までに社会と関わったことをきちんと胸にしまい誇りに思うと、これからの人生を歩む糧とすることができるのだ。なんとも力強いメッセージだ。

 著書の中に身体の動きが描かれた挿絵があるのだが、それがSAMさんをモデルにしていてちょっとかわいい。ぜひこちらも見て欲しい!

 

 

【書評】歌うとダイエット??『歌うま本』

 突然ですが、歌うの好きですか?そして自分の歌い方好きですか?
 シンガーのように歌えたらと思ったことありませんか?そう!気持ちよく歌えるようになりましょう!

 人気ボイトレYouTuberが送る歌い方の本!
 この歌を歌いましょうと小学校で言われたことはあっても、歌い方をみっちりと教えてもらった機会がある方は少ないのでは?
 音痴な方はいません!ただ今コツを掴んでいないだけ!だからレッスンしましょ!というのがこの著書。

 簡単に言うと、うまく歌えるようになるには筋トレと努力、そして固定観念を捨てる!です。なんのことだか?って感じですよね?リズムが取れない方、歌詞を一字一句きちんと歌おうとしていませんか?必要ないです!声が出ない方、喉で歌おうとしていませんか?ストレッチ・筋トレしましょう!音程取れない方、歌えない〜ってあきらめてませんか?顔の筋肉をまず緩めましょう!

 曲を用いて丁寧に歌い方を教えてくれるこの著書。大事なことはうまく歌うじゃなくて楽しく気持ちよく歌うこと!さぁ、レッツ・シング♪