HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】何はともあれ人が一番大事『20代社員4割! 売上続伸! 人が集まる自動車学校のすごいカイゼン』

f:id:SyohyouBlog:20210124213555j:plain

人口の減少、若者の車離れ、指導員の高齢化。そんなネガティブ要因が取り巻く自動車学校業界。そんな環境でも直近10年間で売上を45%伸ばした異常な自動車学校が大阪にあります。他と違う異常な成果を出すためには、他と同じことをしていては達成は不可能です。そんな異常ともいえる仕組みの一部がわかりやすく解説されているのが本書です。
一番のポイントは安易な安売り合戦に乗ることなく、独自の商品開発を行ったことでしょう。特に繁忙期にも関わらずスピードで免許が取れることを売りとする商品を売り出すことは、自動車業界の常識から大きく外れます。まさに業界の常識を打ち破ることこそ、違いを生み出す原動力となる好例です。
そんな夢のような事実は今でこそありますが、それを実現させたのは当然ですが現場の人たちです。彼らの協力なくしては、いくらトップが号令をかけても実現はしません。指導員の高齢化が進む状況の中で組織の若返りを図りながら、ベテランの親父たちをも輝かせるエピソードも紹介されています。
著者が悩みぬきながらも走り抜けた10年間。決してガチガチなトップダウンではなく、社員の心情を慮りながらの改革にとても心温まる想いです。
あまり馴染みのない自動車教習所業界の世界を垣間見るのも、また面白いひとときとなるでしょう。

 

 

20代社員4割! 売上続伸! 人が集まる自動車学校のすごいカイゼン

20代社員4割! 売上続伸! 人が集まる自動車学校のすごいカイゼン

  • 作者:藤井康弘
  • 発売日: 2020/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【書評】気づかぬうちに主人公"私"に私が『深夜特急2 マレー半島・シンガポール』

f:id:SyohyouBlog:20210123214905j:plain

“デリーからロンドンまで乗り合いのバスで行く”主人公"私"の旅、全5巻の2巻目。香港・マカオに別れを告げ、デリーへの経由地であるバンコクへ飛んだものの、なぜか主人公"私"の中には響いてこない。香港で感じた熱気を期待しながら、バンコクを離れ鉄道でマレー半島を南下。途中、マレーシアのペナンでは娼婦の館に滞在し、娼婦やヒモ男たちの屈託のない陽気さに巻き込まれ、終着地シンガポールを目指す中で変わっていく”私”の心に読み手はグイっと引き込まれる。

本書を含めた『深夜特急』シリーズは"私"という一人称で語られており、日本人としてのメンタリティと着飾らない26歳の"私"の感情が素直に表現されている。
2巻を読むことで、"私"がいかに香港が魅力的で刺激のある街であったかが良く理解できる。

私は香港よりもバンコクやペナン、シンガポールの方が断然魅力的に決まってるでしょ!と思いながら読んでいくうちに、"私"と読み手である私が一体となり、「どこに香港以上に刺激的で好奇心を掻き立てる街はあるのか?」とまるで自分自身が”私”になり旅をしている気持ちになってくるのが面白い。

本巻に出てくるペナンの同楽旅社のような奇妙な雰囲気の怪しげな旅社や鈍行列車で出会ったチュムボーンへ帰省する若者たちとの出会いは残念ながら現在では経験できないだろう。
最早経験できない旅が体験できるこの一冊は旅に出たことがない人はもちろんであるが、東南アジアを一度でも旅行した人は更に"私"に同化できる一冊である。

 

 

【書評】無事、安心は禅の言葉『こども禅の言葉』

f:id:SyohyouBlog:20210122215828j:plain
小学生向けに作られた本になりますが、大人の評者が読んでも参考になります。
禅という言葉を聞くと日常から切り離された遠い存在と考えてしまうと思いますが、実は日頃から私たちが使っている無事や安心も禅言の葉になります。

本書の構成は学校の悩み、友達の悩み、家族の悩みなど小学生が遭遇する悩みに対して禅言葉を用いてヒントをくれます。
・口の悪い担任の先生のことをあまり好きになれません。
・好きな子に振り向いてもらえません。
・お母さんもお父さんも私のことを分かってくれません。
このような悩みが題材で挙げられています。

悩むとは生きている証拠です。心を成長させてくれます。本書を参考に解決のヒントをもらったら「禅即行動」です。この言葉は「頭で考えたってものごとは一歩も進まないので行動しよう。」という意味です。

今も昔も行動が大事なのは変わらないようです。本書はイラストも可愛く、両親へのアドバイスも載っているため親御様にもおすすめです。

 

こども 禅の言葉 プロット版 エイムック

こども 禅の言葉 プロット版 エイムック

 

 

【書評】情報を掛け合わせてみよう『儲けの仕組み50万円からできるビジネスモデル50』

f:id:SyohyouBlog:20210121215339j:plain

本書は、既存のビジネスモデルにプラスαとして他の事業の一部を掛け合わせる事によって、オリジナリティーを生み出すモデルが紹介されています。
また、全て読む必要はなく、どうしても時間が無く知りたい情報だけ欲しい人向けにも作られています。
例えば、レストランでの注文待ち時間に簡単ですぐ1ゲーム終わるボードゲームをすると、客のスキマ時間を楽しく過ごせる等。
実際に、大分市ボードゲームとカレーやパスタ等簡単な料理を提供する「ボードゲームカフェJOGO」というレストランが実在します。
他にも様々な既存のビジネスモデルを掛け合わせた例が紹介されている為、情報を組み合わせる例を知る点において気軽に読めます。

 

儲けのしくみ──50万円からできるビジネスモデル50

儲けのしくみ──50万円からできるビジネスモデル50

  • 作者:酒井 威津善
  • 発売日: 2017/03/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【書評】常識破りのクリエーター『映画 えんとつ町のプペル』

f:id:SyohyouBlog:20210120215756j:plain

本作は、制作総指揮を務める西野亮廣氏により2011年頃より生み出されたストーリーである。初めは絵本として登場したのだが、その時からすでに映画化の構想があったそうだ。さらに、舞台や個展、美術館の建設、さらには、パリのエッフェル塔で日本人アーティストとして初めて絵本展を開催し、『えんとつ町のプペル』は次々と素晴らしい展開をしていった。
 
本作は単なるアニメーション映画ではない。緻密でドラマチックに描かれたえんとつで溢れた町のつくりや、数々の個性あふれる登場人物、細部までにこだわった映像美、どれをとってもかなりのクオリティの高さに驚かされるばかりだ。

また、映画では絵本には掲載されていない様々なストーリーが展開される。人々が住むその島は、なぜ星も見えないほど煙でいっぱいなのか。また、主人公は誰なのか。仮面を被り表情のない異端審問官に普通ではないと裁かれてしまう世の中。さらに、島の250年前の歴史、腐るお金「L」とは何なのか。ついに町の秘密が明らかになることにより、奥深いストーリーがより面白さを増す。

世の中は、本作の映画公開を待っていたかのように変化を遂げてしまった。ストーリーは、まるで現在を表現しているようだ。もちろんそれを想定してのことではなかっただろう。より深い黒い煙で覆われてしまった私たちが住む世界は、偶然なのかそれとも演出なのか不思議な世界は映画を観た後も私たちの世界で続く。そして、そのような世の中でも何かへ挑戦し懸命に生きる人々へのメッセージが本作には込められているのだ。

 

映画『えんとつ町のプペル』ARTBOOK

映画『えんとつ町のプペル』ARTBOOK

  • 発売日: 2020/12/25
  • メディア: 大型本
 

 

【書評】自分の居場所を作ってたら、まちづくりになっていた『都市の〈隙間〉からまちをつくろう』

 

皆さま、お久しぶりです。漫画で書評を描いてみようのコーナーです。
ちょっと前にできた、風来坊なお友達、ユウさんが本を出しました。この本、普通に面白いし。ユウさん、あんたスゴい人だったんか…

 

f:id:SyohyouBlog:20210119215226j:plain

f:id:SyohyouBlog:20210119215239j:plain

f:id:SyohyouBlog:20210119215251j:plain

f:id:SyohyouBlog:20210119215302j:plain

 

 

【書評】絵本の常識を変えた『えんとつ町のプペル』

f:id:SyohyouBlog:20210118215342j:plain

著者が絵本作家としてデビューし、本作は第4作目となり、ついに映画化もされた。絵本の制作には3年半もの長い年月を費やしたそうだが、実は作品のストーリーを描き終わったときには、すでに映画化を考えていたそうだ。そのため絵本は元々のストーリーの一部を切り取り、再編集した映画の「チラシ」であり、「映画用の作品」だと考えたそうだ。

ストーリーや絵の美しさはもちろん素晴らしいのだが、本書では、絵本業界では異例のことをいくつか成し遂げた。まず一つ目に、本書はもちろん有料の絵本だが、同時にインターネットで全ページ無料で公開されている。そんなことをして売り上げはどうなるのかと考える人もいるだろうが、著者の考えは違った。

そもそも絵本の用途は、絵やストーリーを知るためのものであるが、読み聞かせをすることによるコミュニケーションツール、さらにはインテリアとしての要素もある。そのため、内容を公開したことは、絵本購入をする人の立場に立って考えられているため、結果として爆発的な売り上げとなり、この手法は、出版業界では広告戦略の一つとなったそうだ。

さらに、絵本業界の常識を打ち破ったのは分業制で絵本を作成したというところだ。著者が作品を描いていると、映画やテレビ、音楽の世界などはいずれも分業制で作品が作られているのに、なぜ絵本は一人で作るのかという疑問を持ったそうだ。その理由は、絵本の売り上げだけではスタッフを雇えないからだった。そこで著者はクラウドファンディングによりその問題を解決したのだ。

著者は絵本作家になったことにより、多くの人からの反発に苦しんだそうだが、異業種から飛び込んだからこそ、人々とは違った目線で物事を捉え、常識を覆すことができたのだろう。

 

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル