HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】ビジネスでフォースが注目されている!?『東京藝大美術学部 究極の思考』


今ビジネス業界ではMBAではなくMFAが重要視されているらしい。MFAとは美術学博士のこと。ビジネスにアートとはなかなか結びつかない人が多いだろう。著者はアートの追求そのものが自己覚知、そして論理的思考を育てると述べている。そしてその力を理力、フォースと表現している。

本書は東京藝大美術学部の卒業生や現役学生・教員へのインタビューを通じて思考力を育むヒントを探る内容である。東京藝大と言えば美術系大学の中でも最難関と言われる大学である。そんな東京藝大は指導よりも「見守る」ことを重要視しているのである。この見守りによって、学生たちは自分を客観的に観察し、自分の内なるものを他者に理解してもらうための言語的・非言語的な方法を培っていくのである。

著者は東京藝大で培われる力を理力と表現している。理力とはつまりフォースである。フォースと言うと宇宙的な力を連想するだろうか?実はそうではなく誰もが持っている道理のこと。非言語のアートを具現化する過程において、言語化することに好奇心を持ち、言語化するために没頭する理力が、ビジネスに活かせるなんて目から鱗の発見だ。先が見えないコロナ禍の中でこれからどう生き抜いていくか、自分に問い、創造する力は、実はアートを産みだす過程に必要なフォースなのだと言われるとなんだかおもしろい。

 

 

【書評】会社に縛られないスラッシャーとして生きる選択『スタンフォード式 世界一やさしいパラレルキャリアの育て方』

 

スラッシャーとは、肩書きをスラッシュ(/)で併記し活躍する人たちのこと。所謂、複数の肩書きがあるということだ。そのスキルのレベルは、趣味でもプロでも関係ない。まず大事なのは、自分の肩書きを名乗ること。それが結果として仕事につながる可能性が十分にあるからだ。これからの時代は、肩書きを増やすことが、やりたいことの実現につながると著者は言う。

本書では自分に合う復業の見つけ方、多様なスキルの身につけ方、信頼できる仲間の見つけ方、やりたいことを見つけたあとの踏み出し方について書かれている。また、本書のタイトルにもなっているスタンフォード式とは、著者がスタンフォード大学に留学中に学んだ寛容で何でも受け入れる文化のエッセンスが組み込まれている。

そもそも、なぜ著者は復業をすすめるのか。その理由は幸せになるためだ。よく聞くやりがいや、社会貢献、仲間やお金のためではない。なぜなら、調査によると人は自己決定をすることにより幸福度を高めるからだ。ちなみに著者自身は、いつも7〜8種類の名刺を持ち歩いているそうだ。評者も複数の好きな肩書きを持った人生を送った方がいいとここ最近つくづく感じている。

 

 

【書評】理屈でわかれば愚痴や不満はなくなる。『図で考えると会社は良くなる』

 

著者は、大手音楽制作会社やPR会社等で経理・総務・IPO業務などを経験。その後独立し、業務改善、組織改善、業績改善のための社員研修やコンサルティングなどを行なっているそうだ。
本書では、自らの経験やこれまで出会った会社・組織から得た知恵の数々を、第一章から第八章までに分け、各々のテーマに応じた短めのコンテンツで披露している。
経営者や社員の皆さんは、会社で起きるそれぞれの課題の原因は「属人的な理由」と思っているが、例えそれが対人関係の課題であっても、「その時その時の組織の状態」に原因が潜んでいると著者は述べ、「組織の法則」というものに焦点を当て、様々な組織の実例を綴っていく。
経営者がこうだと直下の部下はどうなる? 一般の社員は?
いつまで経っても一定数以上に社員数が増えないのは何故?
フラット組織とピラミッド組織のそれぞれの特徴とは?
業績が下がるほど社員同士は仲が良くなる?
大会社とベンチャー企業の社員の違いとは?
などなど。
そして、「良い会社とは」について、以下の3点と定義している。
1.業績が良い。
2.給与や発注先に対してなど、お金払いが良い。
3.おごらない、真摯な経営者と社員のふるまい。
これらが、目標とするには相応しいものではないだろうかと言う。

私が、本書の中でなるほどね、と最も興味を感じたのは、第八章のテーマとなってる「敬意と組織」であった。
社員、経営者、顧客、取引先、投資家、あるいはまた環境といったものに至るまで、どのような立場に対しても、「敬意が備わった会社組織」であったならば「良い組織」として過不足なく機能を果たすという。
敬意は組織に於いて万能と言うのである。


図で考えると会社は良くなる
作者:前田康二郎
発売日:2021年6月21日
メディア:単行本

 

 

 

【書評】食べるデトックスを始めよう!『医師がすすめる 少食ライフ』


医師が語る健康の本って何か信用ならないだろうか。おそらく医師の経験や知識、エビデンスに基づいているからだろう。
デトックスしたいがデトックスをどこから始めていいのか迷子になっていたら、まずこの著書を読むことをお勧めする。

私はデトックスという言葉があまり好きではなかった。いかにも意識高い系が使いそうな言葉の響きが理由だった。今はその偏見を反省している。
デトックスというと何を思い浮かべるだろうか?この著書では、食べないのではなく、何をどう身体に残すのか?が重要であると述べている。つまり、いわゆるファスティング(断食)ではなく、自分の身体に入れるものやタイミングを自分で意識して作るのである。

身体の中に入るものは口から入るものだけである。つまり私たちは自分の身体の中に入れるものを選択できるはずなのにも関わらず、知らず知らずのうちに受け身になっているのである。私はデトックスとは能動的になることだと感じた。自分の身体に必要なものを選んでいくのである。身体に入れるもの、身体を労わるもの、身体から手放すもの、自分の身体に関わる全てに関心を持つのである。

「今日何回笑いましたか?」という言葉が心に残った。色心不二とはよく言ったもので、身体が心に、心が身体に与える影響も述べられている。デトックスは心にも影響を及ぼすのである。この著書はデトックスファスティングと捉えている方にぜひ手に取ってほしい。自分の身体は自分でコントロールできることを知ることができるのだから。

 

 

【書評】帯広開拓民のドラマから垣間見える明治日本の原風景『チーム・オベリベリ』

 

時は明治、武士という職が消え困難に直面する一家の長女カネは横浜のキリスト教学校から、兄の銃太郎、亭主の勝を追い北海道の十勝地方開発の先陣を切る“晩成社”の開拓民として大自然の原野へ赴く。

原野を開墾し広大な農地を獲得する事を目的とする開拓団に容赦なく襲い掛かる大自然の厳しさ。
困難を幾度も乗り越えながら耐え、成長してゆくカネと人々のドラマ。

ときには北のアイヌ民族の知恵や助けも借りながらすすむ開拓の中で訪れる幸せと厳しい現実。

開拓民の視点から描かれる明治日本の風景がリアルに感じられ様々な発見や共感を体験できるすてきなノンフィクション。直木賞作家の乃南アサが贈る単行本はずっしりと重みのある分厚いハードカバーで読みごたえ十分。

十勝地方や帯広に興味ある方や北海道の歴史を体感したい方もしたくない方も楽しめる珠玉の一冊。すでにオベリベリを語りたい人続出中!!

 

 

【書評】40歳で無くても読もう!『40 翼ふたたび』

40歳、人生の半分が終わった。いいほうの半分が。40歳で会社を辞めてプロデュース業を始めた喜一の元を訪れる40代の依頼人たちが人生の後半に希望を見出す感動小説。

もうすぐ不惑の40歳。会社も家でも日常は惑わされっぱなし。この先何を楽しみに生きたら良いのかな…と思った時に読む一冊。

石田衣良の作品は幾つか読んだが、この本が一番好きだし気持ちも前向きになれる。

長編小説ながら、それぞれの登場人物による短編の集合体のようでテンポ良く読める。

「真夜中のセーラー服」
落ちぶれたIT企業社長と、その彼を献身的に支えるAV女優が…

「もどれないふたり」
同窓会に出席する喜一。そこでいつも3人でつるんでいた伴と前原が同じ銀行のライバル同士だという事を知るが…

「翼ふたたび」
老夫婦が喜一の会社を訪ねてくる。息子を助けてほしいと。老夫婦の息子は23年間引きこもっていてこのままでは死に切れないと言うが…

「ふたつの恋が終わるとき」
喜一の昔の会社のOL、和可奈から「私のボーイフレンドの役をやってください」と相談を持ちかけられるが…

「われら、地球防衛軍
コスプレのお宅が子供の送り迎えのセキュリティー会社を立ち上げ、それを喜一が助けるが…

「はい、それまでよ」
喜一の会社のコピーライターが癌におかされた。余命いくばくもないその彼の事が好きだった経理や事務全般担当の歌舞伎好きの佐和子が愛を告白するが…

「日比谷オールスターズ」
昔の縁故でプレゼンの参加権を勝ち取る。ゴールデンファイブと呼ばれていたメンバーを集めプレゼンを勝ち取るが…

人間として深みを増してきた40歳であるが、つまずいたり悩んだりしながらも悔いのない人生を送りたいと感じる話が盛り沢山。
何かで成功した、挫折した、平凡な人生を過ごしている、どんな40代でも何かを感じられる。

 

 

【書評】トップの言葉が会社の命運を左右する。『ビジネスに革命を起こすトッププレゼンテーションの技術~The Age of Top Presentation』

 

著者は、イベント企画制作のプロフェッショナルとして、「イベントプロデュースを通じて世界中に幸せを届ける」ことをビジョンに掲げ、これまで数々のPRイベントや社内イベントを手掛けてきた。
イベントの主な目的たるブランディングには、外部に向けたエクスターナルブランディングと、社内向けのインターナルブランディングとに分けられる。
そして、ここでいうイベントとは、エンタメの類いや、展示会、発表会といったもの以外の、例えば株主総会や、キックオフミーティングなども含めている。
著者は、これまでの経験から、オープニング演出や空間デザインをどんなに頑張ってみても、企業のトップによるプレゼンテーションには到底敵わない。参加者が期待しているのはトップの声なのだとの確信を得たと言う。
トッププレゼンテーションが企業経営にいかに良い効果をもたらすのか?
トッププレゼンテーションの効果を最大限に高めるにはどうしたらいいのか?
本書のテーマはこれらである。

イベント若しくは、トッププレゼンテーションを行なう目的とは何か?
外部向けのものでは、ブランディングが一つ。そして、もう一つは購買行動に繋げることだ。
また、内部向けならば、従業員のモチベーションを高めることから、顧客満足度向上へと発展することが一つ。企業理念や提供価値が浸透し、企業のブランド価値を向上させることも一つ。加えて、組織内のコミュニケーションを活性化する効果もその一つに挙げられる。
どんなに立派なイベントやトッププレゼンテーションであっても、これらの効果を得られなくては意味を成さない。
ゴールを設定し、それを得る為に企画を作っていくのだ。
著者は、まず企業に於けるトッププレゼンテーションの必要性と、その考え方や具体的な技術ついて詳述する。そして、そのプレゼンテーションを活かす為の場としてのイベントをいかに効果的なものとするか、どう準備するかも説明していく。

たとえ経営のトップでなくとも、プレゼンを行なうこととは? ということを知っておくのは無駄にはならないであろう。
また、イベンターの立場から読んでも、参考になり得る一冊と思う。


ビジネスに革命を起こすトッププレゼンテーションの技術~The Age of Top Presentation
作者:光畑真樹
発売日:2021年6月21日
メディア:単行本