HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】何回か試みただけで万策尽きたなどと言ってはいけない。最善の上にも最善がある。『松下幸之助から未来のリーダーたちへ』

f:id:SyohyouBlog:20200812214156j:plain

松下氏は、貧しさ故に教育も十分には受けないまま、十代のうちから働きに出された。文字さえまともに書けないほどであったのだ。
そして体が弱く病気がちであった。
「社員を見ますと、私より偉いという感じがするのです」と言う。
だから、部下から意見を求めるし、『わしだったらやれないけれど、きみならやれる』と褒め、任せ、やらせる。
「衆知を集めて最善を得る」
ということだ。

また、未来のリーダーを目指す者に対して、経営者にとって一番必要な条件は、経営が好きであることであり、だれにも負けない熱意をもつことであると言う。
「だから、まず願う、心に期する。成し遂げなければならないという強い思い、願いがあれば、事はもう半ばなったといってもいい。そういうものがあれば、そのための手段、方法は必ず考え出されてくると思います」
さらに、何ごとでもやればできるんだということを力強く社員の人たちに訴えていくことが、指導者にとって大事とも説くのである。

そして、絶えず自己検証をすることを奨める。
経営や商売にはいわば無限のやり方があり、販売のやり方、広告宣伝の仕方、人材育成の方法といろいろ考えていけば、改善すべきところはいくらでも出てくる。したがって、絶えず見方を変え、常に新しいものの見方を加えて、必要な改善を行っていかなくてはならない。

「変化の激しい社会では、こうなるだろうと思ったことが必ずしもそうなるとはかぎりません。常に素直な心で謙虚に物事を見つつ、一歩一歩確実にやっていくことが大切なのはいうまでもありませんが、そのうえで、みずから時代をつくっていこうという積極的な姿勢が、きわめて大切なのではないでしょうか」

無論、時代の移り変わりによって、現代では通用しない様なこともあろうが、何年経とうと経営の根本に於いて共通することはあるものだと、思わされる一冊である。

 

【書評】読書をしなければ、いい仕事はできない『大人のための読書の全技術』

f:id:SyohyouBlog:20200811214809j:plain
著者は、多い日は1日10冊以上の本を読むそうだ。なぜなら、読書をしなければ絶対にいい仕事はできないからだ。本書では、本を読み、仕事に応用できるようになる方法が書かれている。

本とは必要な知識を効率的に吸収して自分のものにできるツールだと著者は言う。また、本を読むことで、知的な言葉づかいが身につき、話し方にも知性が表れるそうだ。

確かに、人と話しをすると、普段本を読む人なのか、まったく読まない人なのかは、すぐにわかってしまう。結局、本を読む人同士、または読まない人同士でないと話しが合わないという状況になる。

評者は、子供の頃は本を読むことが好きだったが、学校に入り、読書感想文を書かされたり、課題を強制されたりしたことで、一時、本を読むのが好きではなくなった。

しかし、大人になると本から学ぶことは多くなり、また、困ったときはその解決策やそのヒントが書かれているため、本は人生に欠かせないものとなった。

今では電子書籍で読むことも多くなったものの、書店を訪れるのもとても楽しい。特に仕事の日の昼休みは週に数回、書店内のブックカフェを訪れる。そんなランチタイムは、とても充実した時間だ。

どんな本を読んだらいいかわからない人は、本書評ブログで、たくさんの本を紹介している。本書でも、終章として社会人が読んでおくべき50冊リストが掲載されているため、参考にしてみるといいだろう。

 

大人のための読書の全技術

大人のための読書の全技術

  • 作者:齋藤 孝
  • 発売日: 2014/07/31
  • メディア: 単行本
 

 

【書評】会計視点で考える『売上が上がるバックオフィス最適化マップ』

f:id:SyohyouBlog:20200810215009j:plain

本書では、総務や経理他、会社全体の事務業務をITにより最適化する方法や、活用の重要性について書かれている。

採用管理、労務管理、勤怠管理、給与計算、経費管理をまだまだアナログで行っている企業は多い。しかし、アナログを継続すれば、当然問題がおこる。

評者の勤める企業は十人以下の少人数でビジネススクールを運営している。そのため一人あたりの仕事の幅は広く、何でもやらないといけない状況だ。ある意味、様々なことを経験できるともいえるが、一人退職するごとにその仕事の負担が増加しいていくため、本書で紹介するサービスは必要不可欠だ。

しかしながら、国の受託事業のため、なかなかシステムを切り替えることが難しい。国に対しても、いくら要求したところで、紙媒体の提出や印鑑文化、電話でのやり取りを頑なに変更しようとしないのが原状だ。

また現在は、世の中の状況により行っていないが、通常は毎月約百名ほどの入校希望者の面接を行うため、本書で紹介するような採用管理サービスを利用することにより情報の一元化が可能となるだろう。

ついつい日常の業務におわれ、新たなシステムへ移行する手間をまず考えてしまう。しかし、国との古い業務システムでのやり取りにより、より個々の仕事に負担を強いられているということをが明らかになった。

特殊な業務によりITの活用が進まない企業もあるだろう。本書には、そのような環境での解決策も示されている。

 

 

【書評】重要なのは「書く、話す」のアウトプットを意識した「読む、聞く」のインプット『アルゴリズム音読~英検準2級レベル~』

f:id:SyohyouBlog:20200809215638j:plain

 

前作の『アルゴリズム音読』では、基本的な文法の習得を重視していたが、本作では高校中級程度である英検準2級対策に特化し、実際に英検の問題作成をしている人の協力により、本書ができたそうだ。

英検に特化した理由は、英語の習得には英検の基準である、読む、聞く、書く、話すの4技能すべてを伸ばす必要があるからだ。さらに、英語学習は「書く、話す」のアウトプットを意識した「読む、聞く」のインプットが重要だと著者は言う。

また、本書では「脱日本語発音」として、
日本人が苦手とするS,SH,TH, F,V, R,L, 末尾の子音等4種類の注意すべき発音や日本語発音を抜け出すポイントが書かれている。発音は、完全に身に付けるのではなく、どのように発音したらよいのかを知ることが大切だそうだ。

評者の英語力は、ボキャブラリーが少ないため、なかなか流暢には話せず、一般的な日本人の英語レベルだが、英語のリズムは心地よく感じるため、英語の音楽、映画、ドラマなどを好んでいる。本書を読むことで、より英語を楽しむことができそうだ。

 

アルゴリズム音読  英検準2級レベル

アルゴリズム音読 英検準2級レベル

  • 作者:鴨井 智士
  • 発売日: 2020/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【書評】もういいかい?『33人の否常識』

f:id:SyohyouBlog:20200808214814j:plain
非常識ではなく否常識。
常識を理解したうえで否定するという選択をした人たちのエッセイ集である。
そのエッセイはすべて匿名であり著者の持つ説得力を行使していない。
求めたのはあなたが抱える問題や感性とエッセイの内容とのマッチングである。

プロローグでは成長すると成長を求めることの違い『成長パラドックス』が述べられている。

成長は変化を、変化はリスクを、リスクは死をもたらすかもしれない。誰だって現状を破壊するような失敗をしたくはないでしょう。そのため大きい組織ほど、身動きが少なくなってしまっている。

人は言う。「素早い追随者」私は言う。「ボロボロで傷だらけの指導者」
人は言う。「改善と維持」私は言う。「破壊と再生」
人は言う。「欠陥なし」私は言う。「失敗のない1日に価値は無い」
人は言う。「検討する」私は言う。「試す」
人は言う。「計画する」私は言う。「検証する」

あなたに不必要なものはなんですか?
数多くの凝った手段、さらなる経験・・
あなたに必要なものはなんですか?
「何が足りないかを問う勇気」
「私はいろいろ試し、遊び、変えている」と思わせる態度
「学びとは矛盾だと気付くこと」

あなたの心に引っかかる言葉はありましたか?

 

常識破りの組織に変える 33人の否常識

常識破りの組織に変える 33人の否常識

 

 

【書評】今のままの台本で生きていったら、あなたは10年後どうなっているのか『成功と失敗を分ける心理学』

f:id:SyohyouBlog:20200807180345j:plain

 私たちは小さいときに自分で作った台本で生きている。
その台本は子供のとき、まだ無知で未経験で思考もおぼつかないときに作ったものである。
人生とはどのようなもので、自分は一体何者なのか分からないけど、自分の台本を書いて、その台本に従って生きている。

 あなたはその台本を書きかえることに挑戦しますか?本書はそれをあなたに質問する。
「今のままのあなたであって、変わることを拒否したら、いったいあなたの将来はどうなるのであろうか。」

変化のためには3つほど分析する必要があり、1つは自分の素直な喜怒哀楽である。「好き」という言葉なんか必要なくて、喜びを感じたエピソード、嬉しくてたまらなかった思い出や何回行っても苦にならなかった作業を振り返る。
2つめは親や自分に影響を与えた人である。自分が何かチャレンジを決意したときと同時に躊躇してしまうことがあるが、それは子供の頃に挑戦しようとして親の失望や迷惑そうな顔、拒絶されたからである。それは心理学的に非常に強い行動抑制に繋がってしまう。

 3つ目は今、自分が従っている台本の無意味さを確認することである。大人になっても、何かしようとするとき危険を感じて躊躇することがあるが、それは幻想である。

 あなたは子供の頃に作った台本で今の年齢を生きている。今のあなたはあのころとは違う。
他人の目を気にしない、嫌われる勇気の対象には「親」も入っているのである。

 

成功と失敗を分ける心理学[愛蔵版]

成功と失敗を分ける心理学[愛蔵版]

  • 作者:加藤 諦三
  • 発売日: 2016/04/15
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 

 

【書評】通販業界のカリスマによる話術の極意! 『伝えることから始めよう』

f:id:SyohyouBlog:20200806211443j:plain

突然ですが、皆さん!
日頃よく目にするテレビ通販、その業界で圧倒的人気を誇るレジェンドといえば誰を想像するでしょうか?

そう!日本全国誰もが知る、ジャパネットたかた創業者の高田明さんです。
CMでも流れるオリジナルソング、独特な社長の商品宣伝とすぐにイメージ出来たのではないでしょうか?

本書には、彼が仕事や経験を通して長年かけて培ってきた「伝える力」、その極意が詰まっています。

お客様の視点に立ち、伝えることより伝わるコミュニケーションを大事にする彼が掲げる3つの項目
①アクション(手段)
②パッション(情熱)
③ミッション(目的)
お客様が使って満足できるものを買っていただくことを目的に、商品を吟味し、その魅力を熱意を持って、わかりやすく伝える。とても奥が深く、考えさせられることばかりです。

相手の視点に立って気持ちを考え言動を意識し、最後は自分の想いを自分の言葉でしっかり伝える

このポリシーこそ人々を魅了し圧倒的信頼を得てきた、社長の偉大なところなんだと実感しました。
相手の視点で考える癖が全然なかった自分にとっては、意識付けする貴重なキッカケになりました!(悪い意味で反省材料があったので…)


「伝える」の極意をより知りたい人、単純に「高田明ってどんな人?」と気になる人等々、満足できる内容ですので御一読下さい!

 

伝えることから始めよう

伝えることから始めよう

  • 作者:明, 高田
  • 発売日: 2017/01/13
  • メディア: 単行本