HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】深海魚仲間を見つけに行こう!『今日も明日も「いいこと」がみつかる 「繊細さん」の幸せリスト』

 

HSPと言われる、生まれつき繊細な人がいる。日本では「とても敏感な人」「敏感すぎる人」と訳されているが、著者は親しみを込め「繊細さん」と呼んでいる。そんな繊細さんは生まれつきもつ繊細さを、もっと大切にしていい。むしろ繊細さを大切にすることで元気になるのだと、本書は伝えている。

そのためには、
1、成果主義から一歩外に出て、自分のためだけに、感じたり味わったりする時間をとる
2、繊細さを、まずは自分の幸せのために活かす
ことが大切となる。

「心が喜ぶもの」や「自分の本音」に目を向けてあげること。とにかくまずは自分を大切にする。これってすごくわがままなことにも思えるけど、大切な考え方だと思う。自分を大切にしない人は周りの人も大切にできないし、自分が幸せじゃない人は到底周りを幸せになんてできない。まず自分ありきなのだ。

そんな繊細さんが成長する時期にはアウトプットが増えるそう。自分の好きなものや感じたことを発信することで、価値観の近い人たちに出会える確率が上がる。そしてここでの注意点も、本音を大切にすること。表現の「結果」ではなく、「表現する時間そのものの幸せ」を大切にする。飾ったり妥協したりせず、自分の思いにぴったりくる表現を粘り強く探すこと。そうして発信を続けることで、深く共感し合える”人生の同期”に出会える。

しかし何よりも大切なことは、自分の資質に気づき、自分で自分を認めてあげること。そして繊細さを、克服すべきものではなくいいものとしてとらえる。

そうか、別に無理に周りに合わせなくていいのか。本書を読んで、評者もだいぶ気が楽になった。

人付き合いに疲れてしまった人(ほとんどの人がそうかもしれない)は、ぜひ読んでみてほしい。きっと自分を取り戻すきっかけになる本だと思う。

 

 

【書評】いい女を抱くためだけに、大金持ちになった男『紀州のドン・ファン』

2回目の書評である。
美女4000人に30億円を貢いだ男の死因のニュースが流れた。
悲しくて悲しくてやりきれない。
コンドームの実演販売する男が殺されてしまっていたと思うと切なすぎる。

ドン・ファンはどんな人かを説明すると
「石橋を叩いて渡る」
「石橋を叩いても渡らない」
「石橋がなくても渡る」
この3択のうち、どれにも当てはまらない。

正解は「石橋を叩こうが叩くまいが、向こう岸に美女がいたら渡る」人である。

ドン・ファンの目標って何だったの?
「お金を稼いで美女とエッチすること」
おじいちゃんの年齢になろうとも臆せずにセックスしたいという潔さが日本中を虜にしたのではないだろうか。

もし生きていたら美女5000人に40億円ぐらい貢いでいたのではないだろうかと考える。
愛すべきエロじじい、ドンファン
一生、男の目標であり続けることだろう。

 

 

【書評】RIZIN.28 東京ドーム VSクレベルコイケ『強者の流儀』

 

2021年6月13日に東京ドームで朝倉未来とクレベルコイケが戦う。
この試合は今やるのが勿体ないくらいの好カードで今後のフェザー級戦線の行方を決めてしまう大一番といえる。
そんな日本中の格闘技ファンが注目する試合の中心にいるのが朝倉未来選手である。

愛知県豊橋市出身、通称『路上の伝説』。
少年院にも入った不良は総合格闘技界の中心へと成り上がった。試合前には遺書を書き中途半端な覚悟で試合には臨まない。適正階級よりも上の選手ですら負かしてしまう。

この本にはそんな朝倉選手の試合への臨み方、練習への取り組み方、物事の考え方が記されている。朝倉選手にとって強さとは一体なにか?目指している場所はどこか?
本書でカリスマの思考を覗いてみてはいかがだろうか?

6月13日、日本が揺れる。

 

強者の流儀

強者の流儀

  • 作者:朝倉 未来
  • 発売日: 2020/02/27
  • メディア: 単行本
 

 

【書評】当たり前の日常や身近な人々の存在に感謝し、豊かな生活を送る。『サステイナブル・ライフ アフリカで学んだ自分も社会もすり減らない生き方』

 

本書は、アフリカで起業し、ガーナ初のオンラインショッピングサイトが立ち上がろうかと言う矢先に舌がんを患った著者が、帰国するところから始まる。
術後、少しゆっくりとしたらガーナへ戻ろうと思っていたものの、転移の可能性が高く、頻繁な通院が必要であったため、日本に拠点を移さざなくなる。
常にベストを尽くして生きるのが当然だと思って生きてきた著者は、そんな気の張った生き方では、気づかぬうちに心身に負担をかけてしまう。そんな生活は続けることはできない。つまりサスティナブル(持続可能)ではない、と考えが至り、舌がんは体からのSOSだったのかもしれないとも思う様になる。

いきなりの方向転換を余儀なくされた著者は、がんの再発予防のために体に取り入れるものに注意を払うなかで知った、ガーナでは「奇跡の木」と呼ばれるモリンガという植物を元にした商品を輸入販売することを思い立つ。
第1章から第3章までは、モリンガビジネスについて、その立ち上げ、本当のオーガニックについて、商品化に関して如何にしてガーナと日本間での役割を決めたか、日本の顧客の広め方とその関係性などが語られ、そのなかで、モリンガに関してのあれこと併せて、サスティナブルに関することについても度々表現されていく。

と、ここまでは、同じくBtoDビジネスを手掛ける私にとって共感を得るところはありつつも、なんだかんだ言ってモリンガビジネスの紹介の本なんだな、と思っていた。そして、サスティナブルという言葉も無理に多用されている様にも感じされていたのだが、第4章以降はその様相がどんどんと違っていく。
幼少時代からを振り返り、恵まれてるとは言えなかった家庭環境、就職、転職、タイへの海外勤務、MBA取得のためにオランダへと渡ってビジネススクールへ入学、そこで出会ったガーナ人と卒業後にガーナで起業するまでの第4章。
そして第5章では、アフリカでの生活の中で学んだこと、それによって現れた著者の心境の変化が描かれ、俄然面白くなってくる。
物質的には、日本に比べれば「何も無い」アフリカという地で、著者の心は却って豊かに、楽になっていくのだった。

生きている、今ここにいることに意味があるのだと。


サステイナブル・ライフ
アフリカで学んだ自分も社会もすり減らない生き方
作者:大山 知春
発売日:2021年4月1日
メディア:単行本

 

サステイナブル・ライフ アフリカで学んだ自分も社会もすり減らない生き方

サステイナブル・ライフ アフリカで学んだ自分も社会もすり減らない生き方

  • 作者:大山 知春
  • 発売日: 2021/04/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【書評】ペストを挫折した方へ『漫画 ペスト』

 

自粛派、ノーガード派。コロナ禍において様々な派閥が議論する。『ペスト』の世界においても様々な思想をもった人物が登場する。ペストと戦う者、脱出を試みる者、混乱に乗じて利益を得る者など。

「事実は小説よりも奇なり」とは言うが、淡々と事実を述べるのではなく登場人物を通してそれぞれの思想を交錯させる。ロックダウンした際、どのような行動が正しいのか?

利益を得る者。密売人・コタールは過去に罪を犯したが、ペストの混乱に乗じて安穏な生活を手にする。脱出の手助けを始めて、さらに利益を増やす。現代に置き換えると、マスクの買い占め・転売といったところだろうか。

原作『ペスト』が出版されたのは戦後間もない、1947年。2020年、世界中でベストセラーとなった。日本では3.11のときも売れた。

本書は「予言書」とも言われる。どの登場人物に共感するか?原作に挫折した人もそのあらすじを確認して欲しい。

 

 

【書評】これからのデジタル時代について興味がある方へ『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』

 

世界のメディアがいま、最も注目するテクノロジー界の叡智が、描くデジタルとAI(人工知能)の未来!
台湾は、2020年に全世界を襲った新型コロナウイルス(COVID-19)の封じ込めに唯一成功した。

本書は、その中心的な役割を担った若きデジタル担当政務委員(閣僚)が、コロナ対策成功の秘密、デジタルと民主主義、デジタルと教育、AIと社会・イノベーション、そして日本へのメッセージを、自身の言葉で語りつくす。

【興味や関心がないのに大学に進学しても意味はない】
高校卒業、大学進学するのが一般的だが、無理して、高校卒業のタイミングで大学に進学する必要はない。
自分が解決したい問題があれば、その問題に取り組んだら良いが、自分の方向性や問題が見つからない場合、大学に行っても役に立たない。
例えば、ユーチューバなら、自分のチャンネルを立ち上げて、ヒットすれば有名になる。
ユーチューバとして自立し、学費(奨学金)を返済している人もいる。
自分の興味のあることを探して、それを仕事にすれば良い。逆に自分が興味や関心を寄せるものがなければ、わざわざ大学に行く必要はない。だから、自分の興味や関心のあることがどこにあるか探すのが先決である。

【これからの生き方は楽しんだもん勝ち】
大学進学するかどうかの内容だったが、深堀りしていくと、生き方にも当てはまる。
自分の興味や関心があることをすれば、楽しくなり、毎日が夢中、熱中になる。また、それが仕事になるのだから、人生、先に楽しんだもの勝ちだと考えさせられた。

【デジタルに関するスキルよりも素養を重視】
スキルとは、求められていることを時間内に、そして一定の時間内に条件の下で素早く正確にこなすこと。ある条件の下に時間内に仕事を完成かせる設計図だが、素養(平素の学習で身につけた教養や技術)を重視している。
メディアリテラシーの単なる受動的ではなく、主体的なクリエイターとしてイノベーションのパートナーが求められる。

【素養を重視したい方】
台湾のマスク不足問題をITの力で解決した直後に東京都の新型コロナウイルスの対策サイト修正に参加し、その「神対応」っぷりが話題となった台湾のデジタル担当大臣
その思考が素養を考えさせられる。

【プログラミング思考】
プログラミング思考を持てば、素養も身につくし、物の見方、考え方を違った角度から見ることができる。

 

 

【書評】サイゼリヤに行きたくなる秘密がわかる-『サイゼリヤ おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』



学生時代にサイゼリヤのミラノ風ドリアにお世話になった人はどれだけいるだろうか?
この本は美味しい料理の本ではない。サイゼリヤ創業者である著者が売れる店を目指し、足で稼ぎ、情報を得て、分析した結果のマーケティングの本である。

興味深いのはサイゼリヤが今の値段にたどり着くまでの試行錯誤の過程だろう。あらゆる経営判断は実験だそう。著者はその実験のためにとにかく情報を集めて統計的に判断をしている。レストランを繁盛させるために客本位であることは当然だが、そのために商圏とマッチしているか、社会に貢献できているか、そういったマクロレベルでの視点で分析していることが面白い。一人の客というミクロからメゾそして地域活性化というマクロレベルへ。この視点は目から鱗だった。

また、サイゼリヤ創業者ならではのリーダーシップ論もおもしろい。リーダーたるべきというよりは、組織があってのリーダーであるという着眼からむしろ組織運営について話されている。失敗体験からの成功の学び、そこからの効率化である。上司は部下を守るために存在するとはよく言うがまさにその通りである。いかに従業員が楽に楽しく働けるか、そういう労働環境を作ることによって、従業員個々が会社へ貢献したいと思うようになり結果的には会社自体への成長につながっていくという仕組みである。言うは易しだが、これを実践してきた筆者の言葉は重い。

あらゆる物事の成功は統計学に基づいていると言っても過言ではないかもしれない。そんな風に思わせた本だった。社員一人ずつが自主的に会社へ貢献できるようになるのも調査結果なのかもしれない。おいしくて安いから人が集まるのだということではなくて、このバランスなのだと思う。サイゼリヤの価格設定や立地、雰囲気は莫大な情報量の上で計算された結果であると思うと、間違えなく私は著者の手の中で動いており、そんな私を見て著者はほくそ笑んでいるんだろう。