HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

  

・yoshimo

f:id:SyohyouBlog:20200210000506j:plain

 

・Yumi Ishii

  

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

  

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【今だけ!】amazon audibleで聞けるおすすめ本34選【1ヶ月無料】

 

 

amazon audibleとはamazonによる本を聞くことができるサービスです。

スマホなどで流しながら本を聞くことができるため、電車や車の中で本を聞くことができます。

また、倍速モードなどを使えば、読むよりも速い速度で本の内容を理解することができるサービスです。

今回その中からおすすめの本を選定しました。

www.amazon.co.jp

 

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

  • メディア: Audible版
 
嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Audible版
 
21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: Audible版
 
多動力

多動力

  • メディア: Audible版
 
妻のトリセツ

妻のトリセツ

  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: Audible版
 
私たちはできていないが、成功者はやっている52のこと
 
THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
 
破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
上級国民/下級国民: (小学館)

上級国民/下級国民: (小学館)

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
生涯投資家

生涯投資家

  • メディア: Audible版
 
史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

  • 発売日: 2018/12/21
  • メディア: Audible版
 
資本家マインドセット

資本家マインドセット

  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Audible版
 
ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
amazon 世界最先端の戦略がわかる

amazon 世界最先端の戦略がわかる

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
仕事2.0 人生100年時代の変身力

仕事2.0 人生100年時代の変身力

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

メモの魔力 -The Magic of Memo-

メモの魔力 -The Magic of Memo-

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
ぼくは愛を証明しようと思う。
 
日本再興戦略

日本再興戦略

  • メディア: Audible版
 
ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 
運を支配する

運を支配する

  • メディア: Audible版
 
リーダーの教養書

リーダーの教養書

  • メディア: Audible版
 
40歳が社長になる日

40歳が社長になる日

  • メディア: Audible版
 
ポスト平成のキャリア戦略

ポスト平成のキャリア戦略

  • メディア: Audible版
 
HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

HELLO, DESIGN 日本人とデザイン

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 
動画2.0 VISUAL STORYTELLING

動画2.0 VISUAL STORYTELLING

  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: Audible版
 

 

 

【書評】定年後でも遅くない『40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい。』

 

「英語を話したいけど、40歳を超えたので習得できるか不安‥‥」そのように思う人は少なくないはず。しかし、「学ぶのに遅すぎることはない」と著者はいう。
ただし、「TOEICのような資格に固執するのではなく、自分の得たい結果を考えて学習方法を工夫することが大切」だという。

40歳まで英語と無縁の生活を送ってきた著者が英語の勉強を始めたキッカケは「大好きな外国製のバイクを日本で販売したい」「外国人とバイク談義をしたい」だった。
ほぼ英語能力ゼロの状態から10か月間でビジネスの場でコミュニケーションが取れるようになった著者の勉強方法は“選択と集中”。
限りある時間内に結果を得るために、始めから捨てるところを決めて勉強に取り組んだ結果である。

ネイティブスピーカーの速い会話を聞きとるにはリスニングに多くの時間を割く必要がある。著者はそこに時間を割くくらいなら「ゆっくり話して下さい」と相手に伝えることで、この部分に必要な時間と労力を節約した。
また、大量の単語をインプットしても話しをするとき言葉は口をついてでないものである。であるなら、単語を覚えるのではなく、短いセンテンスを暗記して会話に使うときにカスタマイズする覚え方を徹底していた。

著者は英語を学ぶ場所に「日本から一番近い英語圏」「物価の安い」フィリピンを選択した。
授業は先生と1対1のマンツーマンレッスンが中心であり、かかる費用は滞在費用を含めても1か月10万円程度。
リゾート地にあるキャンパスを選べば週末はビーチでリゾート気分を味わうことも可能。また、宿泊施設にプールがついていれば簡単に気持ちをリフレッシュすることもできる。
著者は、日本の会社を副社長に任せながら時間を捻出しつつ日本とフィリピンを行き来して、求めるスキルを手に入れ活躍の場を世界へと広げた。
また、英語が話せるようになったことで、付き合う人が変わり人生が大きく好転したという。
著者の人生を変えたフィリピン留学。多くの方の人生を好転させたいと考えセブ島に語学学校(QQイングリッシュ)を開設。現在は800人の先生を抱えるフィリピン屈指のマンモス校となっている。

TOEICで高得点をとるのには、問題の傾向を知ること」。ネイティブでも引っ掛け問題に気づかなければ高得点をとることはできない。
そもそもTOEICは就職や転職に必要なスコアを示すもので会話力と異なる。
英語を勉強する目的が「外国人とのコミュニケーション」であれば、細かいルールを気にするTOEIC対策に時間を使わないことが上達の秘訣なのである。

「相手の話していることの70%が理解できれば会話は成立する」。完璧な受け答えができるようになってから受け答えするのではなく、70%以下の能力で見切り発車させながら実践の中でスキルを磨くことが上達の近道である。

QQイングリッシュは1日単位で留学を受け入れているので社会人でも日程調整しやすい。しかし、いきなり留学しても話せない自分に直面するだけ。どうせ行くならオンライン英会話でベーススキルを高めたあとに留学に挑戦して欲しい。

『40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい。』
作  者:藤岡頼光
発売日:2016年11月11日
メディア: ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

 

【書評】僕はつまずかないぞ。僕だけは今後も決してつまずかない。『青の時代』

 

知人が、三島由紀夫が好きだと言う。
そう言えば読んだことなかったな、と思ったので読むことにした。
存在や死に様は知っていたし、どういう経緯で出演したのかは存じないが、彼が主演した日活アクション映画も観たことはあったものの、いかんせん執筆したものには全く詳らかではない。
ということで、書店で書棚を暫し眺めて、なんとなくこれにしようと手にしたのが本書である。
こういう時に、私はあまり悩まない。直感が大事派だ。

1923年、千葉県の海に近い町であるK市で生まれた川崎誠が主人公である。K市は由来低能児の多い町であるが、その地域一帯の中に於いて、川崎家の一族は、血統にしても、知能にしても、道徳的潔癖にしても極めて格上であった。
物語は、誠の幼少期から始まり、小学生、中学生と、エピソードを重ねてゆくが、厳格な父親との心理的対立が主に描かれている。と同時に、ひねくれと反省癖、つまり取越苦労を繰り返す誠少年の心模様こそが見逃せない。
父親の誠への愛情と、それを理解出来ない子の対立の姿。やがて飛び級で名門高校に入学し、上京してからは新しく知己を得た人々との付き合いを中心とする話となる。
戦争を挟んで、一気に六年後。誠は東大生ながら、数少ない友と共に会社を興す。平たく言えば高利貸業である。
事業を拡大していきながら、進むに進まないねじくれた恋愛劇も並行していく。
やがて事業に翳りが見えてきた・・・。

前書きに於いて、著者は主人公を「疑う範囲を限定しておいて、それだけを疑う。真理や大学の権威を疑っていない。疑わない範囲では、彼はしばしば自分でも気のつかない卑俗さを露呈する。ところが滑稽なことは、疑わない範囲の彼の卑俗さが、疑っている範囲の彼のヒロイックな行動に、少なからず利しているかもしれない点だ」と評す。
主人公にはモデルがある。光クラブという高利貸しを経営していた東大法学部三年の山崎晃嗣銀行法違反、債務整理、二十七歳で服毒自殺。
著者は、この事件を元に、主人公像を作り上げた。だからこそ、自尊心の強い少年の孤独の姿から積み上げる姿勢を採ったのだろう。
著者自らの気質から離れた抽象的なデッサン。それが本書なのである。

青の時代
作者: 三島由紀夫
発売日:1971年7月15日
メディア:文庫本

 

 

【書評】一流のチャンピオンとは、言葉に絶望した果てに拳の雄弁さに賭ける男のことだ。『ナックル・ウォーズ』

 

狩撫麻礼谷口ジローのコンビで描くボクシング漫画は、『青の戦士』以来だ。
三度目の監獄は、男を徹底的に苛まさせた。恐怖に打ち克つ為には信仰が必要だった。ボクシングという名の。
その男の名は森山。刑期を終えた森山は、尚も尾行を続ける警察に向かって言った。
「これからはカタギの商売さ。世界チャンピオンを育てるんだ!!」
元手はヘロインの取引で稼いだ30億円の隠し財産。問題は超一級の才能を持ち合わせる素材を見つけること。

たまたま車で通りかかって目にした草サッカーの試合場にそれは居た。
絶対に点を取らせない俊敏なゴールキーパー。しかもそのキックは100mを越す先の相手ゴールを直撃した。
眼にはオートバイ用のゴーグル。一種異様なその出立ちは、自意識の表れか、外界を拒む為か。
「なんて野郎だ。たった一人でゲームをする気か」
彼を追った森山は、尋常ではない光景を眼にする。
中央高速道路で奴は自転車に跨った。全力疾走する奴に並走して森山は声をかけた。
「ボクサーになる気は無いか!?」
そしてメーターに眼をやれば、それは時速90kmを指していた。
奴の名は三上乱。自分が何者であるのかの旅の途上に在る、あと二ヶ月で十七歳になる少年であった。
将来を夢想し、一人悦に入る森山に反発を示しつつ、乱は「試せ」と言う森山の求めに応じ、真夜中の後楽園ホールで、全くの素人ながら現役ランカーとの対戦のリングに立つ。
無防備な乱をプロのパンチが襲う。
ダウンした乱に森山は問う。
「今までに人を殴ったことは?」
「・・・・・・無い」
「殴られたことは?」
「無い」
「ボクシングに興味を持ったことは?」
「無い。いや・・・・・・無かった」
強靭な下半身とそれを支える腹筋。「ハンディキャップ有り」ながら、ズブの素人である乱は、三発の連打でボクサーをマットに沈めた。

面白いのは、森山の強引で強気な性格だけでなく、ルックスまでもが『LIVE! オデッセイ』に於けるキーマン、下村にそっくり、というかそのまんまだということだ。恐らく狩撫麻礼は、下村のことがよっぽど気に入り、彼の再登場を願ったのだろう。
『青の戦士』の主人公である礼桂(レゲ)は、セリフはなんと全編で二言だけというくらいの凄まじい寡黙さであったが、本作の主人公の乱もそこまでではないにしても口数は少ない。
それは、寡黙というよりは無口というものであったが、やがてそれも森山によって変えさせられる。
「ストイズムが行きつける境地などは、たかがしれている」
精神的な弱点を克服させてやると言う森山は、乱から自意識を消させる。
性格までをも変え、リングに挑む乱は悲劇的にも見えた。
森山は言った。
「不憫な奴・・・」と。
しかし、更なる悲劇が二人を待っているのだった。
二人が行き着く先とは?

ナックル・ウォーズ
作者: 狩撫麻礼谷口ジロー
発売日:1988年3月29日
メディア:単行本

 

 

【書評】コミュニケーションは無視することで機能する『他人の言葉をスルーする技術』

会社に勤めていると気が滅入ることが多い。
突然の人事異動、ご乱心状態の上司の世話、説明過多を求める部下。
あぁ、やってられない。おそらく、地球上の全会社員がそう思っているに違いない。

特に可哀想なのが病んでしまう中間管理職だ。
迷走する上司の世話に苦しみ、意味の無い会議で発言を求められ、そうしている間に力をつけた部下に突き上げられる。
昨今のトレンドはコミュニケーション力であり「会話が大事」など押し付けられてしまうので嫌いな人間と距離が取れない。
さらに明らかに意味不明でその場の思い付きで発せられた言葉にも「何か意味があるのでは?」と深堀りをするが大抵無駄に終わり、来週には「俺そんなこと言ったっけ?」と言われる始末である。

そこで重要なのが真に受けない技術、「スルーする技術」である。

大事な部分を引用すると、優秀な社員は無能な上司の曖昧な指示を無視してやり過ごしているから会社が成り立っている。ということである。つまり、やり過ごしているのだ。

所詮、出世したばかりの上司や人事異動したばかりの人間なんぞ1年間は迷走するに違いないし、そんな不勉強な人間の言葉に振り回されても消費するだけなのだ。

この本にはいかに人間の言葉が無意味で無価値なのかがはっきり書かれているので振り回されっぱなしの人にはオススメする。
コミュニケーションは無視することで初めて機能するのだ。

 

 

【書評】‥‥敷居の低いストック収入『レンタルスペース投資の教科書』

 

新型コロナウイルスによる経済活動の自粛。長引くウクライナ情勢によるモノの値上げ。
平均寿命が延びているのに賃金が上昇しないことで発生した“老後2000万円問題。
世間の関心は確実に貯蓄に向いている。

バブル崩壊後30年間、日本の平均給料は横ばい。
労働の対価として得られるフロー収入が上がらないのであれば、株や不動産のような資産が生み出すストック収入を得ることを模索する必要がある。
しかし、ストック収入を得るには「大量の株を保有して配当金を得る」「不動産を人に貸すことで家賃収入を得る」必要がある。つまり、収入を得るには多額の元手が必要となるうえに、失敗したとき巨額の損出を被ることになる。

著者は、手元資金を多く出せないビジネスパーソンがストック収入を得る方法としてレンタルスペース投資を勧めている。
レンタルスペース投資とは、賃貸で借りた部屋をパーティースペースやビジネス、撮影場所として利用者に時間貸しする転貸ビジネスである。
必要な投資資金は100~200万円。不動産投資に比べると利益率が高いうえに失敗したときの損出も限定的。ローリスク、ミドルリターンのビジネスモデルである。
もちろん、「利便性の高い物件を借りて、派手な広告を打てば儲かる」話ではない。
エリアに適した物件選定、家具、家電の設置及び使いやすいレイアウト、適切な値付けやコスト管理、利用者への上手な告知や注意喚起。といったように多くのクリアしなければならないハードルもあるが信頼置ける業者を選ぶことで問題の多くは解決できるという。

著者は都内で撮影スタジオを運営していた経験を持つ。つまり、カメラマンである。
自身がレンタルスペース投資をする傍ら200件以上の物件の撮影を請け負うことで依頼物件の稼働率を高めた実績をもつ。
利益を高めるには部屋の稼働率をあげる、稼働率をあげるのには、お客さんが利用したくなる写真を掲載する。ここに力を入れることが投資の肝だという。

不動産は株やFXと比べると身近なモノであり、素人でも案件の良し悪しが分かりやすい投資である。
もちろん始めるにはまとまった資金を投下することになる。興味がある人はしっかりとこの書籍で情報を集め知識武装してから次のステップに進んで欲しい。

『レンタルスペース投資の教科書』
作  者:阪口康司
発売日:2022年7月1日
メディア:自由国民社

 

 

【書評】‥‥敷居の低いストック収入『レンタルスペース投資の教科書』

 

新型コロナウイルスによる経済活動の自粛。長引くウクライナ情勢によるモノの値上げ。
平均寿命が延びているのに賃金が上昇しないことで発生した“老後2000万円問題。
世間の関心は確実に貯蓄に向いている。

バブル崩壊後30年間、日本の平均給料は横ばい。
労働の対価として得られるフロー収入が上がらないのであれば、株や不動産のような資産が生み出すストック収入を得ることを模索する必要がある。
しかし、ストック収入を得るには「大量の株を保有して配当金を得る」「不動産を人に貸すことで家賃収入を得る」必要がある。つまり、収入を得るには多額の元手が必要となるうえに、失敗したとき巨額の損出を被ることになる。

著者は、手元資金を多く出せないビジネスパーソンがストック収入を得る方法としてレンタルスペース投資を勧めている。
レンタルスペース投資とは、賃貸で借りた部屋をパーティースペースやビジネス、撮影場所として利用者に時間貸しする転貸ビジネスである。
必要な投資資金は100~200万円。不動産投資に比べると利益率が高いうえに失敗したときの損出も限定的。ローリスク、ミドルリターンのビジネスモデルである。
もちろん、「利便性の高い物件を借りて、派手な広告を打てば儲かる」話ではない。
エリアに適した物件選定、家具、家電の設置及び使いやすいレイアウト、適切な値付けやコスト管理、利用者への上手な告知や注意喚起。といったように多くのクリアしなければならないハードルもあるが信頼置ける業者を選ぶことで問題の多くは解決できるという。

著者は都内で撮影スタジオを運営していた経験を持つ。つまり、カメラマンである。
自身がレンタルスペース投資をする傍ら200件以上の物件の撮影を請け負うことで依頼物件の稼働率を高めた実績をもつ。
利益を高めるには部屋の稼働率をあげる、稼働率をあげるのには、お客さんが利用したくなる写真を掲載する。ここに力を入れることが投資の肝だという。

不動産は株やFXと比べると身近なモノであり、素人でも案件の良し悪しが分かりやすい投資である。
もちろん始めるにはまとまった資金を投下することになる。興味がある人はしっかりとこの書籍で情報を集め知識武装してから次のステップに進んで欲しい。

『レンタルスペース投資の教科書』
作  者:阪口康司
発売日:2022年7月1日
メディア:自由国民社

 

 

【書評】人々の行動を分析してお金に変える『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』

 

著者は吉本興業のお笑いコンビ、キングコング西野亮廣氏。
累計発行部数70万部を記録した絵本『えんとつ町のプペル』の脚本・監督を務めている人物。

この書籍は、絵本をヒットさせるために超分業制を取り入れて各クリエイターの得意技を合わせることで作品のクオリティを高めたこと。
発売前にクラウドファンディングにより1万冊の予約販売、発売後のプロモーション活動の布石を打ったこと。
広告費を使わずにマスメディアに取り上げられる、各種SNSに露出する戦略など、著者が使った手法が惜しげもなく公開されている。

著作がヒットした要因は、知名度がある芸能人の作品だったこともあったと思う。
しかし、販売前から「絵本を購入する客層」「消費者が絵本を手にするプロセス」「AmazonなどECサイトリアル書店を駆逐している現状を捉えた販売戦略」など綿密にマーケティングをして対策していたことが大きい。
また、発売後にTwitterなどにつけられたアンチコメントさえ拡散力に変えてしまう西野氏の先見力、度量の大きさに驚愕。

絵本製作や販売の裏側以外にも「そもそもお金とは何か?」「現代の著作権の在り方」「インターネットが浸透することで実力が露わとなるエンタメ業界」など少し先の世界について気づきを得られる。

世の中の仕組みはもちろん、大衆のとる行動を論理的に予想して販促力に替えてしまう、天才の発想を知れる驚きの一冊。

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』
作  者:西野亮廣
発売日:2017年10月4日
メディア:幻冬舎