HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

ビジネス

【60日間99円】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選【6/28まで!】

kindle unlimitedとは amazonが行なっているサービスです。 120万冊以上の本が月額980円で読むことができ、 HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。 また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。 おすすめビジネ…

【書評】後悔と不安が、最も自律神経を乱す。『医者がやっている自律神経を整える働き方』

評者はHIUに入り、様々な人たちと出会って話をする中で、いつも思うことがある。それは、「なんて若々しい人が多いんだろう」ということだ。 本書によると、自律神経を整えるうえで決定的に重要なのは、「ムダを手放す力」のようだ。そうか、若々しく溌剌と…

【書評】スキルがあれば大丈夫!?『「仕事ができる」とはどういうことか? 』

「スキル」を積み上げても上手くなるのは、仕事の一部分における作業である。全体を俯瞰した「仕事ができる」という状態になるには「センス」が必要。本書には、その「センス」を理解し、習得するヒントが書かれています。 この「センス」を身につける上で課…

【書評】読書の習慣化にはピッタリ『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365』

たったの5分、寝る前に読むだけで、日本のあんなことやこんなことをマルっと知れちゃいます。教養が身につき、かつ読書を習慣化できる。一石二鳥の1冊です。 日本の自然や歴史、文学、科学・技術、哲学などの、誰もが一度は聞いたことあるけど、内容を聞か…

【書評】君の抱えている問題は技術で解決できる! 『MBA 問題解決100の基本』

本書は問題にぶち当たった時にぜひ読んでもらいたい。問題解決の技術を100個解説したものである。人生は問題解決の連続だ。日々あらゆる問題に悩まされているだろう。順調にいっている時と比較して、問題にぶち当たった時は何とまあ難攻不落な壁が自分の前に…

【書評】人口は減り続ける! ・・・ということは 『未来を見る力 人口減少に負けない思考法』

「人口減少を止める」、「少子化に歯止めをかける」などウケの良い言葉を言う人も少なくない。そんな言葉の数々に対して「待てよ!もっと現実を見ろよ!日本の人口は今ですら年間50万人減っているし、2040年代には年間90万人減る予測だ。人口に関する未来予…

【書評】私たちには、自分に適した職業を選択する能力がない『科学的な適職』

本書では、キャリア選択の失敗を減らすための科学的に正しい仕事の選び方について伝えている。 人が職業選択できるようになったのは、19世紀に入ってから。それまでは、狩りなど生きていくために必要なことを行ない、その後も世襲性により親の仕事を継いだり…

【書評】人間とはかくもヘンテコな生きものなり『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』

同じ現象でも見る角度や表現の仕方で、受け取る人の心証が異なります。意図的に表現の仕方を変えれば、相手の心証をコントロールすることができるかも? 本書はサザエさんのような身近な現象を元に、人間の経済行動の真実と理論が学べます。 物を買うという…

【書評】顧客以上に顧客を知る『牛に化粧品を売る』

「人口4000人の山に囲まれた田舎町で11年連続売り上げ日本一」。今みたいにECも無い時代、東京や大阪などの大都市を置き去り、専門店専用化粧品でNo1。「物が売れる」接客習慣のノウハウが満載です。 想像してみてください。田舎の化粧品店に牛舎で働く…

【書評】会議の成功は参加者が納得すること!『ゼロから学べる! ファシリテーション超技術』

本書は会議の司会、すなわちファシリテーターのための本である。会議の成功はなんだろうか?。短時間で済むこと?、盛り上がること?。それは全員が納得することである。 会議にも報告のための会議だとか、アイデア出しの会議だとか、何かを決める会議だとか…

【書評】イノベーションの生み出し方『まんがでわかるデザイン思考』

最近すごいペースでビジネス書の漫画が出ているがこの漫画もその一つ。イノベーションを生み出すデザイン思考が学べる本だ。 デザイン思考を学ぶために本作品ではカフェを舞台とする。売り上げが出ないカフェ。一体何が原因なのだろうか。 店長はひたすら顧…

【書評】環境が変わっても、遺伝情報は変えられない『その悩み「9割が勘違い」~科学的に不安は消せる~』

人々が抱えるその悩みの原因は、実は自分自身にあるのではなく、人類が生き残るためにインプットされた遺伝情報によるもの。 そのため、環境が変わり、危険にさらされることが少なくなった現代でも、人は安全なことにまで過剰にストレスを感じてしまう。 本…

【書評】聖書は人生の取扱説明書である『人生に悩んだから「聖書」に相談してみた』

Twitterのフォロワーが10万人を超える著者は言う。その悩み、聖書が解決してくれますよ。信仰とか教義の対象として重く考えられている聖書には、実はあなたの悩みを軽くする知恵がいっぱい詰まっています。あなたもこの1冊を読み終わるころには、心がほんの…

【書評】新時代の人の動かし方『世界のトップコンサルが使う 秒速で人が動く数字活用術』

時間をかけて信頼関係を築くなんてもう古い。大切なのは論理と数字だ。そう語る著者が、どのように数字を活用して相手に動いてもらうのか、過去の自分の経験をもとにこの一冊にまとめている。 人を動かすためには、相手の心に刺さる説明をすること。その方法…

【書評】さしあたる事柄のみをただ思え。過去は及ばず、未来は知られず。『ほんとうの心の力』

天は自ら助くる者を助く。たとえば、右見れば繚乱たる花園があり、左見ればゴミや糞がごろごろと転がっている。右見てれば、目にうるわしい花が己をたのしませてくれるのに、左ばかり向いていて、なんてこの世は醜いもんだと考えてる奴があったら、その人間…

【書評】会議に白熱するような議論は不要!『ゼロから学べる!ファシリテーション超技術』

ファシリテーターとは、ただ会議を進行する人ではなく、”場づくりを演出する人”のことである。会議をデザインし、会議をリードし、参加者にとって心地よい場づくりをすることが求められる。みんなの頭の中の情報をいかに引き出せるか。安心安全の場をいかに…

【書評】メモの魔力で自分探し。『メモの魔力』

冒頭からメモの大切や前田式のメモの書き方など、メモの話が多岐に渡ります。後半は内容が一変して自己分析の話に飛躍していきます。自分が本当は何をしたいのか。「自分探し」がキーワードになってきます。巻末には自分を探すための質問1,000問。と言う体育…

【書評】神様…私はタピオカが好きなのに、タピオカ屋さんが減っているんですけど…『人生に悩んだから聖書に相談してみた』

コミカル聖書決定版。キリスト的読み易さ。そして神様の悪魔的優しさ。 なにが悪魔的優しさかというと「SNSで映える写真を撮りたいのですが…」という質問にまで神様が答えているからです。 一番重要なことを先に伝えるとこの本の巻末にはキリスト教への勧誘…

【書評】やりがい搾取系企業の行く末は?『「辞める人・ぶらさがる人・潰れる人」~さて、どうする?~』

本書は、医師であり、経営コンサルタントの著者が、数多くの企業の社員や組織管理者の声を聞き、そこから得られた情報を経営学、医学、心理学の専門知識をもとに、組織の問題点を科学的に分析する。 多くの組織がかかえる人材の悩み。退職者が相次ぐ組織を例…

【書評】絵本がもたらしてくれる”目覚めたまま見る夢”のなかで、子どもは確実に成長していく。『1日15分の読み聞かせが本当に頭のいい子を育てる』

”植物はある日突然芽を出します。種を蒔いたことを忘れてしまうくらい、長い期間、土のなかで必要な水分と養分を吸収した種は、準備が整った瞬間、ひょっこりと芽を出します。そしてにょきにょきと生長を始めます。土のなかでじっとしている時間は、何も起き…

【書評】どうせ人間なんて無意味な存在なんだから、神様に身を委ねてみれば?『人生に悩んだから「聖書」に相談してみた』

人の脳は、放っておくと悪いことばかりを探し出す。つまり不幸になる。だから不平不満を募らせ、愚痴ばかり言っている人、不幸を嘆き続けている人というのは、幸せになる努力を怠っているということだ。彼らは考えているように見せかけて、実は何も考えてい…

【書評】経営戦略の常道とは?『経営者が語る戦略教室』

本書は、自らの体験を基に、経営戦略の要点を語る日経新聞の連載をまとめたもので、22人の著名な経営者の記事が掲載されている。それぞれ、業態も企業規模も社歴も異なるので内容も様々。参考になるものもあれば、そうでもないのがあるのも、読み手次第とも…

【書評】10秒であなたも動ける! 『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』

よく著名人の本に「行動力」が重要だと書かれてますが、実際、なにからやれば良いのか分からなくなることはありませんか? 本書では、「行動力」を生み出す具体的なマインドや考え方を導くコツを優しく解説してます。 マインドに関しては、「不安」な感情を…

【書評】博報堂の先輩からもらった嬉しい言葉『君がイキイキしていると僕はうれしい』

1. 不安を抜け出して、イキイキしたい人2. 頭では分かっているけど、どうすればいいか分からない人3. 凹んでいる部下のモチベーションを上げたい上司 この本はこのような悩みをもつ方のために書かれました。 『生まれ変わるための小さな62の行動』とい…

【書評】「QSC + Vで、正々堂々と競合に勝つ。『デキるビジネスマンの掟』

「QSC + Vとは「クオリティ、サービス、クリーンネス + バリュー」のことで、上に書いた言葉はマクドナルド創業者であるレイ・クロック氏のものだそうだ。著者の香坂伸治氏は、日本マクドナルドの本部管理職を歴任した後、米国マクドナルド本社に異動して活…

【書評】最低限言いたい事を10分で。まずはそこからでOK!『絶対失敗しない! ササるプレゼン ― 成果を上げるプレゼンテーションのすべて― 【オンライン完全対応】』

生活をする上で、人に何かを説明する,提案する,紹介するなどの場面は少なからずあると思う。しかし相手側に興味を持ってもらい、納得して受け入れてもらうのはなかなか難しい。 プレゼンをする上で、相手と自分は全く違う価値観を持っていると理解すること…

【書評】最低限言いたい事を10分で。まずはそこからでOK!『絶対失敗しない! ササるプレゼン ― 成果を上げるプレゼンテーションのすべて― 【オンライン完全対応】』

生活をする上で、人に何かを説明する,提案する,紹介するなどの場面は少なからずあると思う。しかし相手側に興味を持ってもらい、納得して受け入れてもらうのはなかなか難しい。 プレゼンをする上で、相手と自分は全く違う価値観を持っていると理解すること…

【書評】シリーズ第5弾!遂に日本版が登場『1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365~伝統・文化 芸妓(舞妓)、幇間~』

本作は、遂にシリーズ第5弾、テーマは日本。日本版を読みたいという多くの声により誕生したそうだ。日本を知るための365の知識がまとめられている。 今回は、伝統・文化の芸妓(舞妓)、幇間についてとりあげる。芸妓とは、「唄や踊りなどの芸で、宴会の席に楽…

【書評】成功は運によるものだが、失敗は自分のせいだ。『松下幸之助 生き抜く力 仕事と人生の成功哲学を学ぶ』

ファンもつくれないような商売人は、私はあかんと思います。自分の主張すべきことは主張し、正しい姿というものがビシッと先方に入れば、先方がファンになるんです。「なかなか話せる商売人、話せる店やなぁ。わしはお前のところで買うてやるで」とこうなる…

【書評】東大卒→マッキンゼー経由→お笑い芸人『キャリアを手放す勇気』

キャリアを手放すこと。 著者の石井てる美さんがもっていたキャリアとは東大卒、マッキンゼー入社など捨てるに捨て難いものです。そしてその経歴の次が『お笑い芸人』ですので、ジェットスターではなく『タワーオブテラー』並みの急降下ではないでしょうか。…