HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

【書評】AV男優は日本で70人。東大生よりもイリオモテヤマネコよりも少ない『光り輝くクズでありたい』

AV男優しみけん。高校を卒業してAV業界に飛び込み17年間、毎日裸で腰を振っている。出演本数は7500本、体を交えた人数は8000人。誰もが憧れる「しみけん」が本書ではAV業界の疑問に答えてくれている。もちろん「しみクンニ」、「ロールスロイス」についても。

一体私たちはAV男優の何を知っているのだろうか。彼らは日本に70人しかいない。AV男優が東大生よりもベンガルトラよりもイリオモテヤマネコよりも少ないことを皆さんは知っているだろうか。女優が映えるように活躍する黒子の彼らを。

本書は「AVあるある」「AV男優になるまで」「AV男優の日常生活」「AV男優としての仕事論」「女性を喜ばせるしみテク」の5章で構成されている。皆さんが読みたいのは「女性を喜ばせるしみテク」かもしれないが、他の章を読み飛ばすことと白い液を飛ばすことは許さない。そんなことをしたあなたを私は早漏と呼ぶ。そしてAV男優には早漏が向いていることは内緒だ。

何を知っていてほしいか。それは「SEXが、女性を使ったオナニーになっていないか?」この一言に尽きる。あなたに問う。「セックスが好きか。射精が好きか。」しみけんは危惧する。この世に蔓延る「SEXテクニック」や「㊙必ず女をイカせる○○」、「早漏改善○○」など、人の生のコンプレックスに漬け込み、不安を煽るような教材が世に送り出されていることを。この内容は根拠に乏しく間違っているものも多く、女性の心や体を傷つけるようなことさえも書かれているものもある。

SEXで女性を征服はできない。AVの真似事を押し付けてはいけない。世に出ているAV作品は「フィクション」であり「想像力の具現化」であり、それを真に受けて「過ち」を犯してしまう人やそれを助長する「負の教科書」となってしまうことを避けなければならない。
彼らは「不真面目を真面目に」やっている人たちであり、想像力を具現化させ生きる活力を生み出そうと頑張っているのである。

森林原人、しみけん、二人のAV男優の主張は一致している部分がある。それは「深い愛」があればSEXのテクニックなど必要ないということだ。
だから、読者の皆さんは5章目を読まなくてよい。(私は読んだが)
読む前にまず、人間に愛情を持ちましょう。(私はそれ持っているので5章目を読んでも良い)


AV男優しみけん ?光り輝くクズでありたい

AV男優しみけん ?光り輝くクズでありたい

【書評】たまには思うことがあるさ『パンダ先輩と悩めるおとな』

f:id:SyohyouBlog:20180621200506j:plain

本作品は“マッハ絵本”というコンセプトのもと、企画が立ち上がりわずか三日間で完成されたものだ。絵本にはファインアートと同質の作家性が求められる節がある。現にロングセラーの中には様々な画材を使い、まるで絵画のような作品もある。絵本を愛する人であれば、セル画のような、アニメを再編集した作品には拒否反応を出すこともあるだろう。

こうあるべきという絵本の持つ古い“べき論”に対し、本作品は問いかけをする。画材の多様性など担保しなくても良し、ハイスピードでリリースしても良し、重要なことは誰かの感性に響くことであり、最低限クリアしなければいけないことは“届くこと”だ。入場禁止の美術館に飾られている絵画に価値なんか無い、作品は誰かの目に触れて初めて価値があり、それは絵本であっても同様だ。決して攻撃性を持った作品では無いが、多くの絵本の痛いところを突いたのではないかと思える。

登場人物はパンダ先輩とその後輩だ、組織の中でもがいている社会人にぜひ読んでほしい。真面目な悩みをパンダ(先輩)が真摯に受け止めてくれ、どこかほのぼのとした雰囲気を持つ作品だ。

https://booth.pm/ja/items/906502

【書評】パンダのお悩み相談室『パンダ先輩と悩めるおとな』

f:id:SyohyouBlog:20180621200404j:plain

人々が集う夜の繁華街。そこにひっそりと佇む隠れ家風なバー「竹」喧騒から逃れ、一息つくとそこにいるのは「パンダ!?」

パンダといえば、かわいい、愛くるしいというイメージだが、本書に登場するパンダは、ただ者ではない。なんと、悩める人々の相談相手となるのは、スーツを着た違和感のない「パンダ先輩」だ。

パンダ先輩は、当然のようにカウンターの一席に座り、後輩の人生の悩みに真剣に耳を傾ける。出過ぎず、引っ込み過ぎず、空気が読める良きアドバイザーだ。まさに「動物的感」を最大限に発揮する優れた存在なのだ。

あなたもパンダ先輩に人生の悩みを相談してみては、いかがだろうか。そう言いたくなる一冊である。

また、本書は出版社などを通さず、電子書籍の特性を活用し、短時間で書籍を世に出せる「マッハ新書」により発売された。現代の出版の新しいかたちというのも、本書の見どころの一つである。

https://booth.pm/ja/items/906502

【書評】日本初!マッハ新書でマッハ絵本『パンダ先輩と悩めるおとな』

f:id:SyohyouBlog:20180621200009j:plain

この絵本は仕事で悩める後輩が、隠れ家バー「竹」でパンダ先輩へ相談をもちかけるという話である。

まず初めに絵を見た瞬間、ここまでパンダとスーツが似合うものなのかと衝撃を受けた。
からだの大きさも相まってかなり信頼できる先輩に見える。
それでもやはり顔はパンダなので可愛い。
不思議な気持ちになること間違いなし。

そして仕事で悩んでいる後輩がパンダ先輩へ相談するという内容なのだが、パンダ先輩のアドバイスが見た目とは裏腹にアツイ言葉で答えてくれている。
一見厳しい言葉を口にしているように聞こえるが、後輩の事を真剣に考えていることがわかる。

自分もパンダ先輩へ相談したくなった。
必ず前を向ける一言を言ってくれるだろう。

仕事で疲弊している現代人は多い。
ぜひパンダ先輩に会ってみてほしい。

 https://booth.pm/ja/items/906502

【ランキング】今週読まれた書評【2018/6/10-16】

 1位

bookrev.horiemon.com

働きたくないけどお金は欲しい

働きたくないけどお金は欲しい

 

 

 2位

bookrev.horiemon.combooth.pm

 3位

bookrev.horiemon.com

 

 4位

bookrev.horiemon.combooth.pm

 

5位

bookrev.horiemon.combooth.pm

 

6位

bookrev.horiemon.com

偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論 (講談社文庫)

偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論 (講談社文庫)

 

 

 7位

bookrev.horiemon.com

本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)

本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)

 

 

 8位

bookrev.horiemon.com

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

  • 作者: デイヴィッド・S・キダー,ノア・D・オッペンハイム,小林朋則
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 9位

bookrev.horiemon.combooth.pm

 

10位

bookrev.horiemon.com

29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。 (オープンブックス)

29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。 (オープンブックス)

 

 

【書評】前田裕二『堀江貴文のマッハ対談シーズン01~SHOWROOM前田裕二編~』

今話題のIT社長、SHOWROOM前田裕二と数年前から対談を続けてきたホリエモンとの貴重な対談集である。
前半は主にSHOWROOMでの動画配信サービスについて、中国の現在の状況やSHOWROOMの今後の展望と可能性について
、恋愛市場における競争環境の違いや、ネットの可能性等、面白い内容である。
後半は前田裕二のラジオ「SHOWROOM主義」でのゲスト出演の「ホリエモンの原点」をテーマに、
百科事典をずっと見ていた幼少時代から刑務所の話まで。
全編通して、難しい言葉は一切なくとてもわかりやすい。
起業家の2人がビジネスを熱く語り、起業家の目線で世界を見ることができる電子本である。
世界を目指したい、起業したい、現状を突破したいと思っている人には必見である。

https://booth.pm/ja/items/903536 

【書評】 まさに「人生の勝算」前田裕二の魅力『堀江貴文のマッハ対談シーズン01~SHOWROOM前田裕二編~』

本書は、堀江貴文氏と前田裕二氏の複数回の非公開イベントでの対談をもとに作られている。そのため、他では知り得ない情報が満載である。

前田氏が子供時代に行っていたストリートパフォーマンスが原点として作られた、ファンビジネス「SHOWROOM」

現在、絶大なる人気の仮想ライブ空間として、多くの人が活躍しているが、ビジネス立ち上げ時には、多くの苦悩があったと赤裸々に告白している。

また、ファンビジネスというとアイドルグループに関するビジネスだと思いがちだが「SHOWROOM」の面白いところは、アイドルのエンターテイメントのみならず、新人作家にファンをつけたり、漫画家やジャーナリスト、スポーツ選手等にも目を向けていることだ。まさにビジネスの可能性は無限大なのだ。

若くしてこのような活躍をしてきた前田氏だが、異色の経歴の持ち主でもある。小学生にしてストリートパフォーマーだったというのも驚きのひとつだが、まだまだここで終わらないのも、また彼の魅力である。

過去に前田氏は、英語力を伸ばすために英会話講師を始めたという。さらに、生徒への説得力のためにTOEIC満点を取得したという努力家だ。その後ニューヨークの外資投資銀行での華々しい活躍ぶりも容易に想像ができる。

本書により、前田氏自身の人気の秘密、「SHOWROOM」の成功の秘訣が解き明かされた。

https://booth.pm/ja/items/903536 

【書評】魔法使い前田裕二『堀江貴文のマッハ対談シーズン01~SHOWROOM前田裕二編~』

showroomはストリートで演奏するのと同じような聞き手と演者の一体感感じれるようなシステムが出来上がってる。
ストリートと同じと言えば簡単だが、そのイメージを実現化する事は難しいだろう。

しかし、前田裕二はそのイメージを様々な形でネット上に落とし込んだ。このような頭の中に浮かんでいるイメージを現実化する作業は難しくまるで魔法のように思える。また訓練しようにもやり方が分からないだろう。
そして他にも前田裕二は様々な魔法を使っている。

それを知ることが出来るのが本書である。本書はいくつかの対談を通して前田裕二が使ってきた魔法の種明かしをしてくれてる。
貴方も本書を読めば魔法使いになれるかもしれない。

https://booth.pm/ja/items/903536 

【書評】笑いたいならこれでいいでしょ『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』

良書に出会ってしまうと書評自体が蛇足に思えてしまう。もう書評読む暇があったらすぐに買って読んでくれ、と思わず言いたくなってしまう。はっきり言ってしまうと面白い以上に評することが難しいのである。そういう訳で、今回の書評はほとんど引用である汗。この一冊のほんの一部であるがぜひ楽しんでもらいたい。

無人島での過酷な調査の合間でのベースキャンプで繰り広げられる、つかの間のひと時に見せる調査隊一行の人間模様は特に面白い。

"常連の色黒調査隊長は、昼も夜もサングラスだ。海辺に用足しに行き大波をかぶり、波間に潜む人魚にメガネを献上したのだ。予備のメガネはサングラスしかなく、夜は暗い暗いと嘆いている。彼は植物学者だが、ヤシガニを見つけてテンションが上がり、実は動物学者になりたかったと無用なカミングアウトを始める。(〜中略)落石対策のヘルメットを着用しているのは立派だが、首から下はトランクス1枚だ。彼は一体何を守っているのだろう。"

研究者の硬いイメージがなくなって、ちょっと残念な調査隊に見えてしまう。ほかにも語り口調のせいか一瞬素通りしてしまうようなネタも多い。

"私の知る限り、動物は足が多いほど不愉快感が増し、少ないほど美しい。ムカデは100本、クモは8本、ゴキブリは6本、ドブネズミは4本、鳥類と美の女神アフロディーテは2本。どう考えても鳥類と女神が美しい。"

鳥類贔屓がすごい!確かに、そやなって一瞬思わされてしまうとこが恐ろしいところである。他にもバードウォッチングは紳士淑女の嗜みだと言ったりとにかく鳥贔屓がすごい。

鳥のフンを集める話や新種発見の話、チョコボールキョロちゃんの考察に8ページもの分量を割いたりしている。はじまりからおわりにまで終始ボケ倒す、それが川上和人のサイエンス・ノンフィクションである。他にも出版している『鳥類学者無謀にも恐竜を語る』『そもそも島に進化あり』も非常に面白い。ぜひこれら合わせて読んでもらいたい


鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)

【書評】ホリエモンは本当に世界のセレブの仲間入りをするかもしれない。『堀江貴文のマッハ対談~天才編集者 箕輪厚介編~』

f:id:SyohyouBlog:20180616223245j:plain

この対談ではいくつかのテーマが話されてるが、特に印象深いのが食で世界を取るという話。

堀江貴文と寿司。この本を手に取る人なら数年前に「寿司職人が何年も修行をするのはバカ」
と炎上した事を覚えてる人も多いだろう。

あれから時が経ち現在
堀江貴文氏は、世界のセレブに今寿司職人として認知されている。
意味不明な現象だと思わないか。何故寿司職人なのか。しかも何故セレブに認知されているのか。
そこにはきちんとした戦略がある。

話が少し変わるが蟻の料理とB級グルメどちらが優れているか貴方はわかるだろうか。
どちらが美味しいか、手間をかけてるか、毎日食べたいか、見た目、値段等色んな評価の仕方あるからどちらが良い料理か私には正しい回答は出来ない。
しかし戦略によって売り出しやすい料理はある。
ホリエモンが世界を取る戦略だと、それは寿司なのだ。
この本をを読んで、ホリエモンが世界のセレブの仲間入りするシナリオを数年間一緒に見届けるのも面白いだろう。

https://booth.pm/ja/items/893005