HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

 

・川田誠

f:id:SyohyouBlog:20170605214626j:plain

 

・よしもとまさし

f:id:SyohyouBlog:20190207221121j:plain

 

・Yumi Ishii

 

・さえきゆずる

f:id:SyohyouBlog:20180621195756j:plain

 

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

 

・のもとゆり

f:id:SyohyouBlog:20170606233246j:plain

 

・丹羽 直人

f:id:SyohyouBlog:20190404205445j:plain

 

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【おすすめ本】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円(体験は1ヶ月無料!)で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【書評】国民的中高年の恋愛漫画 『黄昏流星群』

f:id:SyohyouBlog:20191112215930j:plain



本書は40代以降の中高年の“恋愛漫画”であり、弘兼フリークスにはたまらない漫画になります。本シリーズは2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、2018年にはテレビドラマ化された国民的中高年の恋愛漫画です。

著者はご存知「島耕作」シリーズの作者である弘兼憲史さんであり、漫画のタイトルの意味は「40歳を超えた多くの大人たちの死ぬまでにもう一度燃えるような恋をしてみたい。その恋愛は余生の最後の輝きとなるかもしれない」という意味から付けられました。(引用:黄昏流星群1巻より)

人生の中盤から終盤に差し掛かり、独身者には新たな出会いが、既婚者には不倫、高齢者には老人ホームで恋が始まるのかもしれません。本書は人生とは予想外であり、まだこれからだなと思わせてくれるドラマがいくつも描かれています。

様々な背景の中高年が主人公のオムニバスコミック。短編のため読みやすくなっていますのでぜひ一読を。泣けて笑えます。 

 

黄昏流星群(1) (ビッグコミックス)
 

 

【ランキング】今週読まれた書評【2019/11/3-9】

f:id:SyohyouBlog:20191023064029j:plain

 

1位

f:id:SyohyouBlog:20191108221550j:plain

bookrev.horiemon.com

PLAY WORK プレイ・ワーク 仕事の生産性がグングン高まる「遊びながら働く」方法

PLAY WORK プレイ・ワーク 仕事の生産性がグングン高まる「遊びながら働く」方法

 

 

 

2位

f:id:SyohyouBlog:20191031191949j:plain

bookrev.horiemon.com

金融ダークサイド 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界
 

 

3位

f:id:SyohyouBlog:20191031191150j:plain

bookrev.horiemon.com

シガレット&チェリー 1 (チャンピオンREDコミックス)

シガレット&チェリー 1 (チャンピオンREDコミックス)

 

 

 

4位

bookrev.horiemon.com

 

 5位

bookrev.horiemon.com

 

6位 

bookrev.horiemon.com

 

7位

bookrev.horiemon.com

 

 8位 

bookrev.horiemon.com

 

9位 

bookrev.horiemon.com

 

10位

bookrev.horiemon.com

 

【書評】経営者目線で考える『なんでお店が儲からないのかを僕が解決する』

f:id:SyohyouBlog:20191112012630j:plain



レストランで楽しい体験をしたいと思っている著者が、飲食店が元気になって、ますます活性化するためのポイントについてまとめている。

人気店の必須条件は「驚き」それを継続するには、素材や料理のためのリサーチが必要だと言う。なぜなら、お客さんは何が食べられるのか、どんなことが起きるのか、ワクワクを敏感に求めているからだ。

例えば評者も、目の前で調理しているところが見られるレストランは、とても楽しく、ワクワクする。また、素材の調達方法や料理のポイントやそのこだわりなどを教えてくれると、ますますそのレストランや料理に興味がわく。

さらに、食材にこだわり芸術作品のようで、美味しい料理を作れるシェフは、本当に凄いと思う。なかでも特に包丁さばきの上手な人は、とても尊敬する。

評者は一時、ザガットやミシュラン掲載のおすすめ店に食べに行ったり、あるスターシェフの味が気に入ると、そのレストランに行くことを目的にその国を訪れたり、気に入ればそのシェフの様々なタイプのレストランで味やお店の雰囲気を比べ楽しんだ。

食は命に通じることであるため、食にこだわりを持つということは、生きていく上でとても重要なことだと考える。

本書でも著者が認めた457店のリストが特別付録としてジャンルごとに掲載されているため、おすすめのお店を知りたい人は、是非参考にするといいだろう。

また、著者は経営者目線でレストランを見てみると「もったいない」と思うようなところが多くあるそうだ。おいしいものが作れる腕があっても、ビジネスとして成り立っていないところが多いと言う。

本書では、著者によるレストラン経営の悩み相談室がQ&A形式で設けられ、飲食店経営者の多くの具体的な悩みが掲載されているため、同業者でもまたそれ以外の人でも知識が得られて非常に面白い。

著者の経営者目線の話しはいつも非常に興味深い。誰でも常日頃からお客さんという立場だけではなく、経営者の目線を持って考え、行動することにより、様々な気づきが得られる。またそれは、新たなビジネスへと繋がっていくのだ。

 

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 

 

【書評】お金より大事なものは『夢を叶える「打ち出の小槌」』

 

f:id:SyohyouBlog:20191110204915j:plain

本書はもともと2009年に出版されたものだが、10年の時をこえて今回新たに生まれ変わった。それは、現在でも本書を上手く活用できていない人がまだまだ多いということにもなるのだろう。

本書のタイトルにもなっている「打ち出の小槌」著者は、打ち出の小槌は、誰もが持っているにもかかわらず、持っていることに気づく人は少なく、またその振り方を知る人はさらに少ないと言う。

打ち出の小槌とはどういうものなのか、また、どうすればそれが持てるのか、その思考法や日常生活の送り方について書かれている。本書を読むことにより、打ち出の小槌の存在に気づき自分のやりたいことを実現させるための近道がみつかる。

その近道への方法の一つとしてあげられているのは、成功体験を積み上げて自信を持ち、根拠はなくてもハッタリを利かせて背伸びをし、自分の能力をプレゼンテーションするということだ。

しかし、そのようなことを経験してこなかった人にとっては、そもそも「ハッタリ」を利かせる方法や自分の能力をどのように「プレゼンテーション」したらいいのかわからないだろう。

そのような人には、まず本書を読み「打ち出の小槌」の意味を理解したのちに著者の『ハッタリの流儀』『堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン』を読むことをすすめる。それにより、成功への近道を完全に理解し、実際に行動することが可能となる。

著者の複数の著書は、それぞれ内容が連携しているため、非常にわかりやすい。自分の苦手としていることや関心のあることなど、それぞれの著書を併せて読むことにより、より理解度が深まっていく。

一冊だけ読むと、サッと読み過ごしてしまい、結果として読んだだけで満足してしまい、行動せずに時が過ぎ去ってしまう。しかし、関連した著書を併せて読むことにより、その内容が印象深くなり、詳細が明らかになる。すると、自分にとって必要なことがより具体的になり、行動しやすくなるのだ。

堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン』
http://bookrev.horiemon.com/entry/2019/11/04/220000

『ハッタリの流儀』
http://bookrev.horiemon.com/entry/2019/08/03/220036

 

夢を叶える「打ち出の小槌」

夢を叶える「打ち出の小槌」

 

 

【書評】もし目的も無いのに漠然と起業を考えているのなら 『起業を考えたら必ず読む本』

f:id:SyohyouBlog:20191109223831j:plain

 

SNSで起業することをすすめる記事をよく見かける。書店でも起業関係の書物が増えていると実感する。「会社を設立して10年後に残っている会社は1割」と言われている中で、なぜ起業を選ぶのだろうか?

個の時代と囃し立てられ、著名人の「早く起業しろ」の声に急かされ、うまくいったことを夢に見て一種のハイ状態になり起業しようとしているのだろうか。

ノウハウも計画も運転資金も見込み客も提供する商品も何もなく、ただ起業したいという人がいる。これは夢では無く“妄想”であり、計画ではなく“思い付き”である。

起業関連の書物の著者は大半がコンサルタント、大学教授などの起業したことのない人達であり創業者はほとんどいない。それはみんな倒産してしまったからである。

「成功したかったから、寝ずに仕事頑張れたんでしょ?」こういった問いに著者は「お金がないという恐怖からです。恐怖に打ち勝つために仕事をするしかなかったのです。」と答える。

そんな地獄の淵を覗いた起業家の「ホント」の話を読んでから起業してみましょう。
焦ることはありません。はやることもありません。百戦錬磨の業界人でも9割は倒産していますから。

 

起業を考えたら必ず読む本 (Asuka business & language book)

起業を考えたら必ず読む本 (Asuka business & language book)

 

 

【書評】Google元人事が教える、遊びながら働く方法『PLAYWORK』

f:id:SyohyouBlog:20191108221550j:plain

筆者は、Googleでアジア・パシフィック地域における人材開発、グローバル人材の育成戦略策定に携わった人物。そして、日本を愛しており、禅の思想を持ち合わせたとても素敵な方である。(講演でも、流暢な日本語でお話される)

Googleの生み出す革新的なサービスの源泉、それはもちろん人材だ。どのような人材マネジメント思想で組織が動いているのかと興味を持って読み進めていった。

前書きでハッとしたのは、
人生100年時代、働くことは生きることと限りなく重なり合っていきます。充実した人生を送るためには、一人ひとりが自分のワークスタイルを見直す必要があります』
という言葉だ。

働き方改革は生き方改革、そう、それはまさに、HIUのことである。

遊びながら働くことに必要なのは4ステップ。自己認識→自己開示→自己表現→自己実現
マズローの欲求、最上階に到達するには、まず自分のことをよく知りなさいということだ。

少し恥ずかしいけれど、自分のことはチームの仲間にたくさん話した方がいい。そうすることで、自己理解が進むこともあるし、周囲も補完しあうことができる。
まるで、自宅のリビングにいる時のように、リラックスして働こう、と筆者は主張する。

ある朝突然、
『あなたの仕事はないよ』と言われたらどうしますか。

そんな問いが自己表現の章に登場する。
誰かに与えられる仕事ばかりしてきた人は、自分が提供できる価値が分からず、この問いに大きく戸惑うそうだ。
報酬が前提となる働き方ではなく、価値の提供を優先する働き方をしよう、そうすれば、あとから報酬がついてくる。そして、この問いに戸惑うこともなくなる。

ピョートル氏の行動も、7割はビジネスを創造するための時間であり、収益に直結する時間は3割。自分で事業を起こしている人には、とても勇気の出る言葉ではないだろうか。

誰かがあなたのために仕事を楽しくしてくれることはない。仕事を楽しくするのは、自分の責任だ。
遊ぶように働くのは、自分に向き合うことになるから、正直結構キツイなと思った。遊びと仕事を切り分けて考えた方が圧倒的に楽だと思う。

でも、そろそろ、日本人もOSを入れ替えて、労働は苦行みたいな考え方から脱却し、楽しく働いてみたらどうだろう。子どもたちには、楽しく働く大人になって欲しいと思わないだろうか。

これからの働き方に一石を投じる本。そして、読後は元気な気持ちになれる本だと思う。今の仕事に不安がある人は、ぜひ読んでみて欲しい。

 

PLAY WORK プレイ・ワーク 仕事の生産性がグングン高まる「遊びながら働く」方法

PLAY WORK プレイ・ワーク 仕事の生産性がグングン高まる「遊びながら働く」方法

 

 

【書評】恥ずかしくない英語を身につけたいよね『ネイティブにほめられる英語』

f:id:SyohyouBlog:20191031192154j:plain

Let's eat Grandma!
(おばあちゃんを食べよう)

Let's eat, Grandma!
(おばあちゃん、食べよう)

コンマの位置などは、パンクチュエーションという。

この本のコンセプトは、学校で習わない正しい英語を身に着けようだ。

当然のことながら、どの言語のネイティブでも正しいとされる(丁寧な)言葉を話しているとは限らない。

この本で教える内容はシンプル、かつ実践的。

特に第2章の電話、来客対応、第3章のパンクチェーションは知っておくべき事項。

正しい英語を必要としている方は、一読されることをお勧めする。

 

ネイティブにほめられる英語

ネイティブにほめられる英語

 

 

 

【書評】稼ぐ漢はとにかく勉強する。それが法に触れるかどうかは別として『金融ダークサイド 元経済やくざが明かすマネーと暴力の新世界』

f:id:SyohyouBlog:20191031191949j:plain



「バレル5ドルで、毎月2500万の儲けや」

著者は株取引にのめりこみ大学を中退、ヤクザの資金をも運用していたが、バブル崩壊と同時に大借金を背負う。

精神的に追い詰められる著者と仲間たちだが、詰め寄る債権者に「取り返すから、お金を貸してください」と言い放った仲間を見て大切なことを学ぶ。

そう、小さな借金は人を殺すが、大きな借金は次の金を生むのだ。

黒い経済界へ旅立った後が本領を発揮していく。
まあ、違法なんだけどれども。

世界に舞台を広げた後は、表の人間が決して知ることはない方法で石油取引やマネーロンダリングを行っていく。

個人的には石油取引で断られ続けられてもあきらめず、イスラムの奥深くに入っていく箇所が面白い。

これ以上は読んでみてほしい。

金の匂いに敏感な人は楽しめること請け合いだ。

 

金融ダークサイド 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界