HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

HIU公式書評ブログの使い方

■HIU書評ブログについて 

本ブログは編集長 川田 誠 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

■有料note 

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

・川田誠

f:id:SyohyouBlog:20170605214626j:plain

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

 

・よしもとまさし

f:id:SyohyouBlog:20190207221121j:plain

 

・Yumi Ishii

 

・さえきゆずる

f:id:SyohyouBlog:20180621195756j:plain

 

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

 

・のもとゆり

f:id:SyohyouBlog:20170606233246j:plain

 

・丹羽 直人

f:id:SyohyouBlog:20190404205445j:plain

 

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

【書評】人喰いザメってどこにいるんですか?『ほぼ命がけ サメ図鑑』

「人喰いザメなんて、どこにもいません」

身も蓋もないが、早くもこれが結論だ。

この50年間でサメに襲われて死亡した人は26人(0.5人/年)、落雷で死亡した人は197人(39.7人/年)だとゆう。

海よりも曇りの日に堤防を歩く方が危険だ。

映画ジョーズはウソなのであろうか?

嘘だそうだ。本を読めばあり得ないことがわかる。

しかし、海でサメに出逢ってもSNSにあげようとしてはいけない。

カリフォルニアやハワイでサーフィンをするときにはホホジロサメやイタチサメが、ウミガメと間違えてアタックしてくる可能性がある。日本でも1992年にはタイラギ貝を採っていた人が腰に付けたタイラギごと噛み千切られて死亡している。

専門的な話に疲れたら「わたしの世界サメ巡礼」も、ぜひ読んでほしい。

何せスタートが横浜中華街のフカヒレラーメンの話から始まるのだ。

この人、仕事はサメ観察、食事はサメ料理。

日常生活サメだらけ、サメだけを追い求めているのだ。

一生使わないであろう私達の知らないサメ情報が満載なのだが、この著書は完全に好きな事だけで生きている。

研究者になる人ってこんな感じなんだとわかること請け合いです。

ほぼ命がけサメ図鑑

ほぼ命がけサメ図鑑

【書評】読み終わったらとりあえず分解の木を書いてみたくなる『世界一やさしい問題解決の授業』

「データや課題を分析する」ことは大事だと言われるが、慣れてない人にとってはどうすればいいのかわからない。
本書では子どもでもわかるレベルで「データ、課題分析」による課題解決の方法について学ぶことができる。
右脳型で考えるバージョンも発売されているため、ぜひセットで読んでいただきたい。

左脳型思考法の大きなポイントは「分解の木」を書くことである。
大きな課題をいかに小さく噛み砕くか。
自分がアクションできるレベルの、小さな課題に噛み砕くことで解決策が見えてくる。
難しければまずはYES or NOの二分割を繰り返してもよい。

「分解の木」を書くと、様々な小さな解決策が見えてくる。
あとはアンケート結果等の客観的データや、実行しやすさ、効果等を踏まえて打つ手を考えるだけだ。

前回書評を書いた『世界一やさしい右脳型問題解決の授業』との組み合わせ、使い分けをすることでより高い効果を生みそうだ。
アイディアを出し実行。
実行結果の課題を小さく分解し、次の行動へと落とし込む。
その繰り返しが、よりよいプロジェクトやプロダクトを作っていく。

悩んだ時、行き詰まった時はまず「分解の木」を書いてみることにする。
目の前の課題が大きいのであれば、まずはそれを小さく分解することで次の方向性を見つける。
あとは、行動するだけだ。

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

【書評】答えは現場にあり!的外れなアイディアと失敗を恐れない行動を『世界一やさしい右脳型問題解決の授業』

本書では「ワクワクする問い」を立て、発想から課題解決する方法を学ぶことができる。
左脳型で思考するバージョンも出版されているため、ぜひセットで読んでいただきたい。

左脳型との大きな差別点は「現場主義」であることだ。
現場で起きている事実を見聞きすることで、生の状況を把握することが目的だ。
左脳型であればここから課題を分解していくのだが、右脳型はここから発想のフェーズに入る。

見聞きした現状を「どうしたらもっとよくなるか」という視点から数多くのアイディアを出していく。
直接関係してないアイディアを持ってくることが、本書では推奨されている。
「当たり前」を一度忘れることが、想定外のアイディアを生み出すことにつながる。

私はこの右脳型思考をPDCAでいうPとDに着目していると感じた。
一度常識から外れてアイディアを出してみる。
まず実践して、フィードバックから修正する。
より速く行動できる思考法である。

どんなに的外れなアイディアだとしても、
そのアイディアが役に立つ時が来る。
そう信じて、私はこれからもどんなことでも自身のメモ帳に毎日書き込んでいく。

世界一やさしい右脳型問題解決の授業

世界一やさしい右脳型問題解決の授業

【ランキング】今売れているビジネス書【2019/4/16】

 

amazonのランキング

1位

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

 

 

2位

THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)

THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)

 

 

3位

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

 

紀伊国屋書店のランキング

1位

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

 

 

2位

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

 

3位 

THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)

THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)

 

 

★hontoのランキング

1位

HAPPY☆AMUSEMENT(ハッピー・アミューズメント)

HAPPY☆AMUSEMENT(ハッピー・アミューズメント)

  • 作者: 伊原直司(原作),押月禄(漫画)
  • 出版社/メーカー: PHPエディターズ・グループ
  • 発売日: 2019/02/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

2位

 

3位

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

 

 

 

 

【ランキング】今週読まれた書評【2019/4/7-13】

1位

bookrev.horiemon.com

 

2位 

bookrev.horiemon.com

 

3位

bookrev.horiemon.com

 

 4位

bookrev.horiemon.com

 

5位

bookrev.horiemon.com

 

6位 

bookrev.horiemon.com

 

7位

bookrev.horiemon.com

 

8位

bookrev.horiemon.com

 

9位

bookrev.horiemon.com

 

10位

bookrev.horiemon.com

 

 

【書評】学んだら必ず「気づき」と「行動」を『学びを結果に変えるアウトプット大全』

本を読んだ後、読みっぱなしにしていないだろうか。
勉強会に参加しても、その後何もしないという人も多いだろう。
本書では、インプットしたことをどのようにアウトプットしたら良いかが80通りの方法で記載されている。

アウトプットの基礎は「書く」「話す」「行動する」の3要素で出来ている。
この書評もアウトプットの一つと言える。
本の内容だけでなく、自身の気づきと今後の行動を込めるだけでいい。
それだけでインプットとアウトプットが同時に完了する。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

日々の会話にも、上記の要素を混ぜることを意識したい。
事実と感想だけでなく、簡単に気づきと今後の行動まで話すことを意識していきたい。
また、教えることもまたアウトプットである。
本から学んだこと、勉強会で学んだことを自分の言葉で他人に説明できるようになれば、その知識はもう自分の知識である。

ただ休むことも良質なアウトプットをする上で大事であるとの記載もある。
私もついのめり込みすぎて、気づいたら疲弊していることが多い。
休憩時間や、業務時間外は空を見てぼうっとする時間を作りたいものだ。

学んで気づいたことを、自分の行動に活かす。
言葉では簡単だが、自身もまだまだ不足していると感じる。
学んだら必ず「気づき」と「次の行動」を。
特に私は「話す」分野で意識していきたい。

【書評】悪い奴ほどよく稼ぎ、よくモテる『アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人』

クレージージャーニーにも出演したKEI氏の自伝である。

出演理由は、ギャング同士の抗争から複数のアメリカの刑務所をたらい回しにされ、アメリカを旅するから。

 育児放棄、14歳で暴走族からヤクザの道に進むKEI氏は、合法・非合法に関わらずとにかく金を稼ぐ。

 一番感心したのは、ヤクザをターゲットとしたワニ革の携帯電話ケースとセカンドバックのセット、出所後に始めたビーチで女の子が水鉄砲で男にオイルをかけて課金するサービスだ。

ハワイでの囮捜査で逮捕されるくだりは、「ほう」とうなりたくなる。

 覚醒剤の運び屋は多重債務所の単なるおっさんと事情をしらない娘の女子高生であり、贈答用の味噌樽の一部を覚醒剤とすり替えてたんだから。1990年代前半で味噌樽を知っているFBIがいるとは思えない。実際、本人が逮捕されるまでこの2人は気が付かれなかった。

この人は、とにかくお金を稼ぎ、使い、女性にモテる。

そしてモメる、男とも女とも。

KEI氏の人生はお金と暴力と女であふれているが、後半も見どころは満載だ。

メキシコ系ギャングとの家族の絆にも注目して欲しい。

彼は異国の刑務所で本当の家族を見つけるのだ。

決してジャンプで連載されることはない悪のワンピースと言ってしまおう。

まあ、マンガと違いひどい死に方をする人が大勢いるんだけれども。

とにかく、お金と絆は一緒のものだと気が付いて欲しい。

他人に貢献することで見えてくるものがあること請け合いだ。

【書評】日常系優良デリヘル経営漫画『フルーツ宅配便』

本作はきちんと経営が認められている優良デリバリーヘルス店の物語。主人公は嬢ではなく、デリヘルの店長だ。

主人公は東京でサラリーマンをしていたが、会社が倒産してしまい、知り合いの紹介でデリヘルの店長となる。

店では源氏名としてみんなりんご、あんず、メロン、スイカなどのフルーツの名前をつけ、フルーツのように注文があれば淡々と配送している。

本作は嬢視点でなく、経営者視点なところだ。経営者視点のため、ホテルの中のシーンは一切ない。ほとんどが事務所か車の中のシーンだ。

嬢を管理するためにとにかく優しくする。普通の会社と違って退職者が多いから、面接の回数も多く大忙し、常連さんは本当に大切。など、経営のノウハウをところどころで学ぶことができる。社員と顧客をこれほど大切にする業界はないんじゃなかろうか、非常に学べることが多い漫画である。

【書評】友達を救うため、唾液やおしっこ飲ませるJKのサバイバル術が凄い『ソウナンですか?』

本作は飛行機事故でJKが遭難して無人島で生活するというほのぼのJKサバイバル漫画です。

登場人物はJK4人組、そのうち1人は人生のほとんどを遭難している遭難のプロ、和気あいあいとふざけながらほのぼのとサバイバルを行います。

セミを食べたり、アレルギーテストをしたり、罠を作り、ヤドカリを食べサバイバルを行う。時には友達を脱水から救うために、おしっこを飲ませたり、唾液を飲ませたり、シャワーがあびたいと言い簡易シャワーを作製。いやー、作者が設定をおっさんたちにしなくて本当に良かった。

設定はむちゃくちゃ、のほほんとした遭難ではあるが、サバイバル知識はちゃんと身につききっと?ためになる作品です。みんなも遭難した時のために『ソウナンですか?』を読もう!!。