HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

▪️おすすめ本 まとめ記事 (note)

【必読】仕事の生産性を上げるおすすめビジネス書11選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】英語を学ぶおすすめビジネス書8選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】読書・本の読み方に関するおすすめ本7選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

【必読】投資に関するおすすめ本の書評9選|HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog|note

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】先月のおすすめ書評【2019年7月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月読まれた書評【2019年6月度】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】今月の人気書評【2019年5月】 - HIU公式書評ブログ

【書評】今月読まれた書評【2019年4月】 - HIU公式書評ブログ

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

 

・川田誠

f:id:SyohyouBlog:20170605214626j:plain

 

・よしもとまさし

f:id:SyohyouBlog:20190207221121j:plain

 

・Yumi Ishii

 

・さえきゆずる

f:id:SyohyouBlog:20180621195756j:plain

 

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

 

・のもとゆり

f:id:SyohyouBlog:20170606233246j:plain

 

・丹羽 直人

f:id:SyohyouBlog:20190404205445j:plain

 

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 野村 公太 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【書評】ナンパの時に「すみません」「こんにちは」はいらない『ラブホの上野さん』

本作は五反田キングダムというラブホの受付上野さんによる恋愛テクニック漫画、ラブホの裏話?漫画だ。ラブホが出て来ると思いきや、恋愛テクが主である。Twitterでも有名だ。

さて、タイトルの話から行こう。ナンパの時なはどう話しかけたらいいか。いきなり用件だ。いきなり会話を始めるのが重要だbarで飲みながらサッカーを見ている女性には「日本勝ってるね」と、いきなり会話を始める。「すみません」などと言っていては不審がられる。

また、上野さんはラブホへの誘い方も指導してくれる。Step①は手を繋ぐ、Step②は強く握りしめる。握り返してきたらOKだ。Step③はラブホまで行き「あっちのホテルとこっちのホテルどっちがいい?」と相手に選択させる。選択した以上来る可能性があがる。

このような感じで恋愛テクニックを淡々と説明していくのが本作だ。本作を読んだときは是非五反田キングダムを利用しよう。ツイッターも面白いのでおススメです!

【書評】明るさ、優しさ、美しさ、知性、匂うような色気、気品、強さ、アホさ。そんな女『ちひろ』

主人公は『ちひろ』。OLを踏まえ今はソープで風俗嬢をしている。『ちひろ』は自分のことを“壊れている”“枯れない造花”という。そんな『ちひろ』を記録したのが本作である。

なぜ記録したと表現したかというと、伝えたいことも、ストーリーもない。本当に記録している作品だ。作者も記録と表現している。

どんな相手でも心から受け入れる『ちひろ』はNo.1風俗嬢だ。一人一人の相手を心から大切にする。しかし、ある日飽きちゃって、ピンサロに転職。そこでも上手く生きていく。ちなみに続編の『ちひろさん』ではお弁当屋さんをやっている。

この本の魅力はなんだろう?。ただただ、『ちひろ』を眺めているだけだが、謎の中毒性がある。これまでになかった感情を与えてくれるこの作品は名作なのかもしれない。

ちひろ 上

ちひろ 上

【おすすめ本】kindle unlimitedで読み放題で読めるビジネス書20選

kindle unlimitedとは

amazonが行なっているサービスです。

120万冊以上の本が月額980円(体験は1ヶ月無料!)で読むことができ、

HIU公式書評ブログのメンバーも多くが加入しています。

また、kindleを持っていなくともkindleアプリで十分読むことができます!。

 

 

おすすめビジネス書 

今回はそのなかからおすすめビジネス書を厳選いたしました。

 

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 
人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 
仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 
どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから"の仕事と転職のルール

 
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

 
経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

 
史上最強の人生戦略マニュアル

史上最強の人生戦略マニュアル

 
なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 
口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド

 
「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

「無理」の構造 ―この世の理不尽さを可視化する

 

 

【書評】仕事のスケールがデスクから半径2メートルの人は、大きな仕事ができない。自分のスケールは、仕事とは無関係な本を読めば変えられる『ズバ抜けて頭がいい人の「本棚」は何が違うのか』

本書は、読書を人生最大の楽しみにしている著者だからこそわかる、理想の本棚の作り方、書店の歩き方、面白い本との出会い方、読み方について詳しく説明している。

本棚にルールを設け、面白い本と出会うことが、さらなる成長の助けになる。そのため、ベストセラーのような誰もが読んでいる本ばかり読んでいると、人と同じような人間にしかなれない。人と違う人間になるには、人が知らない良著を読むことだと著者は言う。

例えば仕事の本しか読まない人は、出世できなく、つまらない人生しか送れない。仕事に慣れて自分の仕事の全体像が見えてくると、自分のデスクを中心に半径2メートルで仕事を完結させるようになるからだそうだ。

こういう人は、将来「大きな」仕事ができると思えないと言う。なぜなら役職が上がれば、社会人には広い視野が求められる。そのためには、仕事とは関係のない本を読み、目線を高く広い領域を見渡すことができるようになることが重要だ。

またその本を入れる本棚には「新鮮な本棚」「メインの本棚」「タワーの本棚」の3種類が必要だ。そもそも本棚とは、単に本を並べる棚ではなく「外付けできる脳」という面白い表現がされている。そのため、本棚は自分の現在の知的状態が把握でき、それはまるで自分の顔を鏡で見て健康状態を確かめることと同じであり、またそれが次に読む本を知るきっかけにもなるそうだ。

さらに、著者が興味をもった本棚のある書店や図書館、また旅行に行った際に書店に立ち寄ることをすすめている。それは、その地域独特の本や見慣れない本が見つかるからだ。

評者も海外に行った際には、書店や図書館へ行くが、日本にはない情報が得られてなかなか面白い。時間がないときには、売店や空港等で何かしらの本を買うようにしている。たとえ言葉がわからない国であっても、写真が多めの本や雑誌、さらにそこに掲載されている広告も非常に興味深いものや、驚くようなものが多いからだ。

また、著者自身の本棚にある本や読んでおいたほうがいい本とそのレビューもたくさん掲載されているため、ここからも良著を見つけることができるだろう。本書は、社会人にとっての重要な情報が多く掲載されている一冊である。

【書評】信じるのは自分『戦略と情熱で仕事をつくる』

ボードゲームソムリエ

今でこそ需要は想像できるが、人狼前であればこんな職業が成り立つとは誰も思わないのではないだろうか?

これを可能にした著者が持っていたのは圧倒的な研究心と行動力だ。

ボードゲームの面白さを伝えるために、パーティーやシェアハウスに転がり込み、イベントを盛り上げていく。

ボードゲームの本質は、人が集うことでのエンターテイメント性だ。

エンターテイメントを提供することに集中することで見えてくる物事の切り口や圧倒的個性。

それを著者は「ブラックオーシャン」と呼ぶ。

自分には何もない

そう思った時には時間をとって自分自身を見直して行動を繰り返そう。

きっと何かが見えてくる。

戦略と情熱で仕事をつくる 自分の強みを見つけて自由に生きる技術

戦略と情熱で仕事をつくる 自分の強みを見つけて自由に生きる技術

【書評】出張時の宿泊はその時出会った女の家『東京No Vacancy』

本作の主人公は出張が多いサラリーマンだ。と言っても、月一回程度であり、先程フロントで3泊分の料金を支払いこの書評を書いている評者の方が多いかもしれない。そんなサラリーマンがいく先々で女の家に転がり込む物語だ。

主人公の出張はいつもいきなりだ。いきなり行ってもホテルは取れず、取れたとしても料金は高く会社は支払ってくれない。今日も朝まで飲み屋にいるかぁと思った時に主人公はいつも女の子と出会う、そしてなんと家に泊めてくれるという本作は そんなストーリーだ。

時には宿泊料金を稼ぐOLのところで泊まり、時には有名女社長に抱かれ、時には女の子より先に寝てしまう。色々な出張ライフを過ごす。

宿泊場所が女の子の家なのは非現実であるが、料金が高く、満喫を探したり飲み明かすのはリアルではなかろうか。

読んで学びになることは、、、多分ないだろうが私はこんな作品が大好きである。  

【書評】すぐに役立つことは、すぐに役立たなくなる『勉強上手~好きなことだけが武器になる~』

一見無駄に思えることに面白さを見出だし、続けていくことにより一生の財産になる。本書は、一生の財産を養うための勉強法、また好きな分野、得意な分野をみつけて伸ばす。大人のための学習について提案している。


そもそも誰でもすぐに身につけられるものは、付加価値にはならない。今後必要になるのは「引き算の勉強法」それは、自分が魅力に感じた一つのものを深く追求するということ。また、本業とは関係ない分野で専門家になれるほどの知識をもっていれば、自分の付加価値になると言う。


未知の世界に触れ、脳に刺激を与え続けることにより、柔軟な発想を持ち続けられる。そのために本は最適だと著者は言う。


また情報など、豆知識のストックを日々繰り返していると、全く違うジャンルのキーワードから思いがけない発想が生まれ「化学反応」が起きる。偶然から生まれるアイディアがヒットに繋がる場合も多いそうだ。


意外にも、著者の嫌いな言葉は「努力」と「根性」いかに努力しないかを考えて生きてきたそうだ。そのため、上司から説教されたこともあったそうだが、好きなこと、得意なことに努力は必要ないと著者は言う。無理するから努力なのであって、好きなことはエネルギーになる。そして現在、若い頃よりも全力で遊び、充実した人生を送っているという。評者もその様な人生を送りたいと思う。


また、身につけておいて損はない知識は、美術の基礎知識だそうだ。美術の分野は世界中で普遍的なため、必須の教養だと言う。さらに、大人の遊びとしてオペラ、歌舞伎、文楽、バレエなどの芸術鑑賞もすすめている。勉強もしょせん遊び。自分の人生を生きるための勉強法だと言う。


著者がすすめる芸術は、いずれも鑑賞してみると、とても興味深いものであったが、評者がこの中でとても印象に残っているものの一つが文楽人形浄瑠璃)だ。舞台では、文楽人形が本物の人間のように滑らかで、細かな動きをしていたことにとても驚いた。レクチャーを受けて実際に文楽人形を動かしてみたのだが、これがまた非常に難しい。


目や眉、口などの顔の表情をつくるためにそれぞれ動かしつつ、衣装を気にしながらも手のしぐさをつけ、さらに音楽にあわせる。同時にいくつもの操作をするのは、並大抵なことではないと感じたことを覚えている。


本書は、二十年後三十年後に機嫌よく人生を過ごせる準備を今から始める。そのための勉強法だと著者は言う。

勉強上手

勉強上手


【書評】転職エージェントに自分を評価してもらうことで自分の市場価値を確認できる。『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』

 

著者は短大卒で年収240万のホームセンターに就職したが今では会社と副業で年収5000万になっている。本書にはそのノウハウが全て詰まっている。

年収240万の小売業→330万円の人材企業→540万円のリクルート→700万円のITベンチャー+副業200万円→そして広告ベンチャー1000万円+4000万円の副業。どうして著者はそれほど年収を増やすことができたのだろうか。

年収を上げるには業界を変えることと、役職を上げることが重要だという。転職サイトに登録することにより、転職に必要なスキルを見極めどこでも役に立つ経験を積む。それを繰り返し、出来るだけ年収の高い業界へ行き役職を高める。本書では状況ごとにどうやって転職するべきかもまとまっている。

そして副業で本業をブーストすることが重要だ。youtubeやnote、ブログで最も売れる情報は何か。それは本業で身につけたノウハウである。本業を頑張り、副業で売り、また、副業でのフォロワーなどを使って本業をブーストすることで年収は最大限に上がっていく。

そして、本書でも強調して書かれていたが、市場価値を高めるには目の前の仕事に一生懸命になることである。どんなスキルがある人間より目の前のことに一生懸命になれる人が最も価値が高い。

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

【書評】伊勢角屋麦酒の破天荒社長が行く!ビール天下統一の道『発酵野郎!世界一のビールを野生酵母でつくる』

この本は、1代にしてクラフトビールの大家「伊勢角屋麦酒」を築き上げた鈴木社長の熱く破天荒なサイエンスの物語である。

伊勢で400年以上続く餅屋の21代目である鈴木社長がビール作りを始めたのは「微生物(ビールの酵母)と遊べる」からだ。幼い頃より微生物が好きで、本当は家業に戻らず大学の研究室に残りたかった鈴木社長は「餅は夏は売れないから、ビールを売ろう」と家族を説得し、当時年商の2倍以上である2億円の設備投資をしてビール事業をはじめた。
しかし間もなく第一次クラフトビールのブームは過ぎ去り、残ったのは低迷するビール事業と、わずかな利益を食いつぶす赤字レストラン。ビール醸造ド素人、飲食店ド素人、マーケティングも知らず巨大な負債を背負う若者をどん底で支えたのは、経営・科学研究等、各分野で先を行くパイオニア達の叱咤激励と、大学で培ったサイエンス的着眼点とド根性、そして限りない微生物への愛だった。
初めての大口注文を踏み倒される。世界一ビールのタイトルを手にしながらも全くビールが売れない。
そんな数々の課題を乗り越え、1代にしてクラフトビールで国内指折りの醸造所へと成長させた鈴木社長の破天荒な半生を追う一冊。

■道を切り開くのはサイエンスである

この本を読めば、鈴木社長がビール作りのド素人から今日の「伊勢角屋麦酒」を築き上げた道のりが、地道かつ丁寧なサイエンスの足跡だということが分かるだろう。
ビールのオフフレーバー(酸化、ダイアセチル、DMS、異臭等)を取り除くためにひたすらデータを蓄積しPDCAを繰り返す。
国際大会の基準を研究し、自ら審査員として経験を積みながら、金賞受賞ビールをつくる。
情熱を持ち、かつ冷静に物事を進める彼のやり方はまさにサイエンティストのそれである。
彼の成功のエッセンスは、ビール作りだけでなく全ての物事に通じていることだ。
サイエンス的着眼点こそが、この本で一貫して叫ばれている鈴木社長の成功への教訓の1つである。

■破天荒を貫け

失敗への恐怖。
周りからのプレッシャーや責任。
400年以上続く老舗の跡取りならば、背負うものは人並み以上ではないだろうか。
この本は、鈴木社長のどん底を余すことなく描写している。
「自分の代で歴史を終わらせてしまうかもしれない」そんな思いに眠れない日もあったそうだ。
自分自身に給料が払えず、収入のことだけを考えたらアルバイトをした方が割が良い日々。
しかし、どん底にいながらも諦めずに自分を過信し、信じぬいた果てに業を成した。
万人にそういう生き方が通用するとは限らないが、そういった成功を夢みる人間にとっては、この本が何よりの励ましになるはずだ。

■こんな人に読んでほしい

職人気質の人、研究者肌の人は、鈴木社長の飽くなき微生物への探究心と研究対象への愛に共感を覚えるはずだ。
またビール好き、お酒好きな人にもぜひ読んでほしい。一冊読めば、鈴木社長によって丁寧に作られた伊勢角屋ビールを飲んでみたくなる。製造背景にある素晴らしいストーリーを知って飲むお酒ほど美味しいものはないだろう。
最後に、どん底を経験する覚悟で成功を夢見る全ての人に、ぜひ読んでほしい。鈴木社長の半生から全て学び吸収し、夢に挑んでほしい。

 発酵野郎!: 世界一のビールを野生酵母でつくる

発酵野郎!: 世界一のビールを野生酵母でつくる