HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

まずはこのページ

 

■オールタイムベスト書評(note)

noteでは過去の書評から、PV、売り上げなどをもとに厳選された100記事をまとめ販売しています。厳選された記事を読むにはこちらから。

オールタイムベスト書評100|①ビジネス読み物11選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|②STEMに関する本7選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|③モテに関する本9選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|④未来を考えるための本6選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑤物語8選|HIU公式書評ブログ|note

オールタイムベスト書評100|⑥生き方を身につける本12選|HIU公式書評ブログ|note

 

■特集記事

 【ランキング】HIU書評ブログメンバーによる2018年の1冊

【特集】無人島へ行く前に読みたい本15冊

HIU書評メンバーの2017年の一冊 - HIU公式書評ブログ

アメトーク読書芸人で紹介された本

 

 ■PVランキング 

【ランキング】前四半期に読まれた書評【2018年度4Q】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年1月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年12月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年11月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018/10】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年9月】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年8月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2018年7月度】

【ランキング】2018年6月に読まれた書評

【ランキング】今月読まれた書評【2018年5月度】

 【ランキング】今月読まれた書評【2018年4月】

【ランキング】先月読まれた書評【2019年3月度】

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

【2018年1月】HIU公式書評ブログでよく読まれた書評ランキング

2017年に読まれた書評ランキング

2017年12月に読まれた記事

2017年11月によく読まれた記事

2017年10月によく読まれた記事ブログ

  

■ライター一覧 

HIU公式書評ブログの記事はHIUのメンバー全員により作成されていますが、

一定の条件を満たすことで、認定ライターとなるシステムをとっています。

下記がHIU書評ブログ認定ライターです。

 

・川田誠

f:id:SyohyouBlog:20170605214626j:plain

 

・野村公太

f:id:SyohyouBlog:20180319213037j:plain

 

・よしもとまさし

f:id:SyohyouBlog:20190207221121j:plain

 

・Yumi Ishii

 

・さえきゆずる

f:id:SyohyouBlog:20180621195756j:plain

 

・守本 桂子

f:id:SyohyouBlog:20180514193647j:plain

 

・のもとゆり

f:id:SyohyouBlog:20170606233246j:plain

 

・丹羽 直人

f:id:SyohyouBlog:20190404205445j:plain

 

■お問い合わせ 

献本・その他お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 

■HIU書評ブログについて 
本ブログは編集長 川田 誠 および複数のメンバーにより運営を行っています。
そのため、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の運営元であるSNS media&consulting 株式会社や、堀江貴文氏は当ブログの運営元ではございません。
堀江貴文イノベーション大学校の運営元から公式としての運営の許可は頂いております。

 

 

【書評】行間の空白を空想することで新しい発見がある『明日は心でできている~前向きアイディア革命~』

本書では、仕事が楽しくなる方法や人生を磨く心がけ、人と上手につながるためのアドバイスなど日常を特別にするヒントがまとめられている。

著者は、「ビームス」の設楽社長の「努力は夢中に勝てない」という名言にハッとしたそうだ。「努力している」と感じないほどに夢中になることが大切なのだ。また、夢中になれる人や仕事、趣味に出会えることは幸せなことだと著者はいう。そのためには、常にアンテナを磨き、好奇心を養うことが必要だ。

さらに著者は「続けることの偉大さ」についても伝えている。何年、何十年と仕事などを黙々と続ける人を尊敬するという。自分の人生を振り返ってみると十年以上続いたものが二つある。それは「書道」と「華道」だ。続けようとしたわけではなく、あっという間に十年たったようにも感じる。

また、これらが続いた理由は、単に字の書き方や花のいけ方を習うだけではなく、バランス感覚やデザイン性、短時間に効率よく物事を行う方法など、一見関係のなさそうな多くの能力が身についたからだ。学びに終わりがないのも魅力の一つだ。

さらに「これだ」と自分で決めたことは何でも、またどのような状況であったとしても、早々にその気持ちが変わることは、まずない。それも物事が長く続いていく秘訣なのだろう。

本書は、読者が簡単に読めるように作られたそうだ。なぜなら、繰り返し読んでもらえるように。さらに、じっくりと行間の余白を空想して読むことで、新しい発見があるからだという。

著者がすすめるように、行間を読むということは非常に大事なことだ。文章そのものを読むのではなく、その裏に隠された著者の意図を読み取ることができると、世界はより楽しくなってくる。

また、人の言動に関しても、そのままの言葉や状況だけを受け取るのではなく、相手の立場に立ち、その意図をくみ取り、それを尊重して受け入れることが重要だと考える。

【書評】万博のトップでさえ1人1人マメに連絡してるなんて!『SALON DESIGN VOL.6』

f:id:SyohyouBlog:20190610220838p:plain

HIUの活動を中心に取り扱っているこの本。著名人と堀江氏との対談、ホリエモン祭(万博)、HIUの各グループ・プロジェクトの紹介に特集といったHIUの内容全体に渡って紹介している。今回が6冊目とのこと。
意外性が大きかったのがホリエモン万博の実行委員長と副実行委員長の対談。ホリエモン万博といえば六本木のいろんな建物でいろんな催し物を行っている都市型フェスで、今年はスタッフが260人近くもいたらしい。その1人1人と実行委員のトップが連絡を取り合っていたというから驚きだ。しかもその方が効率が良いとのこと。実際にやり通した2人が言っているから説得力がある。
また、紹介するにあたって万博の紹介ページも捨てがたい。先ほど260人と述べたが、その人数だけでこれだけの本格的なイベントを実行していたと考えるとすごい。しかも、大変がボランティアか、むしろ金を払っている者だという。
このようにホリエモン万博を大々的に、裏側を含めて扱っているVOL.6ということなので、ホリエモン万博に行ってもう1度思い出に浸りたい方、ボランティアで組織を動かすコツを知りたい方にオススメであろう。万博は尖ったイベントが多かったし、ボランティア組織はボランティアである故思い通りに人が動いてくれず意見もしづらいので、そういった方々に得るものが多いと思われる。
とにかく熱い1冊になっている。どの記事も短く読みやすいので、気になった今この瞬間の勢いでぜひ購入し、読み進めてみるのが良いと思われる。

horiemon.thebase.in

【書評】あの感動をもう一度 おさらいホリエモン万博2019『SALON DESIGN VOL.6』

f:id:SyohyouBlog:20190610220807p:plain

この本は、HIU 堀江貴文イノベーション大学校のイベントの一つでもあるホリエモン万博を理解するために手に入れて欲しい一冊である。

そもそも「ホリエモン万博」って何?と思うだろう。堀江貴文がプロデュースする都市型フェスの事で、2017年から日本だけではなく、海外でも開催されているのである。今号はコンテンツや万博のトークショーの内容までもが掲載されている、いわば丸分かり本である。

更に実業家の槙野光昭さんのトークショー後の特別インタビュー記事では、トークショーでは話す事の無かった裏話も掲載されており、目立つことに苦手意識があると言う本音がポロリ。本音を引き出したインタビュアーもHIU会員と言う事も驚きだが、会員自らが取材に関われるのが「行動する人がチャンスを掴む」という「HIUらしさ」が表されているのである。

フェスが好きな人も、今の自分の働き方、生き方を変えたいと思っている人も是非とも手にとって欲しい。ページを捲れば、そこには貴方の今までを変える何かが詰まっているのだから。

horiemon.thebase.in

【書評】HIUだからこそできる。素人でも編集者としての仕事に携われる『SALON DESIGN No.6~ 働き方、そして生き方をデザインする~ 』

f:id:SyohyouBlog:20190610220838p:plain

本誌は、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)の活動が紹介された季刊誌であり、編集学部にてメンバーにより制作された。また、制作メンバーを現在募集している。

評者は、HIUに入会して1年9か月になるが、入会当初はサロンについてほとんど把握していなかったため、過去に発売されたすべての『SALON DESIGN』を購入し、研究した。そのため、HIUのことをまだ理解していない人には本誌を読むようにすすめている。

本誌を見てもわかるように、数多くの分科会や万博のような大きなイベントも定期的に開催されているため、誰でも興味を持てるものが容易にみつかるはずだ。

評者にとってのHIUの魅力は、様々な業界のビジネスに関することが学べ、また体験できることだ。またHIUは、評者の現在の仕事と似ている部分が多いところも面白い。

評者は普段、ビジネススクールで働いている。生徒は全員無職で新たな仕事を求めているが、入校当初は方向性の決まっていない人がほとんどだ。入校前や新入生への説明会を行ったり、職業選択のアドバイスをしたり、相談を受けたりと、自ら行動できない人の背中を日々押している。

仕事をしていると、時には仕事について相談したり、アドバイスを受けたりしたいこともある。しかし、評者の周りには仕事について相談できる人がいない。そんな時HIUへ入会し、主宰者である堀江貴文氏の仕事の仕方を目の当たりにする機会に遭遇した。そのため、評者にとってHIUは、自分の楽しむ場所でありながら、ある意味仕事の仕方も教えてもらえる重要なところとなっていった。

例えばメンバーへの仕事の指示の仕方、相談を受ける様子、メンバーが誤った方向へプロジェクトを進めていった場合の軌道修正や、不適切なことへの注意の仕方など、その一つ一つの発言が評者にとっては大きな学びとなっている。

そのように感じるきっかけとなったのは、HIUメンバーがスタッフとして参加し、堀江貴文氏が主演、エグゼクティブプロデューサーを努めたミュージカル『クリスマスキャロル』であった。

堀江貴文氏は、世界初のことにチャレンジしたり、チケットの売り上げをあげるためのプランを次々と作っていった。また初めてのこと、難しいといわれるようなことであっても、日々修正しながら、効率よくターゲットをめざし、またそこに近づけていく仕事のやり方は、まさに見習うべきところだと感じた。

それにより「仕事とは、こういうことなのだ」と衝撃を受けたことは、今でも心に強く残っている。また、その後のホリエモン万博や合宿など、体験してみることにより、楽しさはもちろんだが、得るものも大きかった。

そんな初めての楽しみや学び、仕事等を自らが行い、メンバーに教えてくれる主宰者は、その存在自体がとても貴重であり、唯一無二の尊敬する人だ。

魅力的なイベントはこれからも目白押しだ。今後も主宰者から日々学び、成長に繋げていきたいと思っている。

HIUについては、こちらから

salon.horiemon.com

 

続きを読む

【書評】肉も野菜も、食べてますって!『SALON DESIGN VOL.6』

f:id:SyohyouBlog:20190610220740p:plain

おっ、いきなり表紙写真は、オリエンタルラジオ中田敦彦さん。今度はいったい何が起きているんだ?HIU公式ガイドのサロン本第6号が5月末に発刊され、ボリュームはドドんと32ページ。編集人である吉田陸仁氏が自信ありとコメントされるとおりの充実のコンテンツ。今回は電子版リリースというのもユニークな販売手法ですね。評者オススメは、充実の対談&インタビュー記事です。

巻頭は、堀江さんと中田さんとの対談特集。マスメディでの活躍は誰もがご存知の中田氏。その中田氏が堀江さんやHIUとどう関わりを持たれたかの経緯を評者は知らなかったのですが、この特集記事を読んで納得。「アイディアをパクるときは徹底的に金をかけろ!」「クラウドファンディングとは、徳を貯めること」という内容は、目からウロコの発想でした。

『新R25』編集長の渡辺将基氏と堀江さんとの対談記事では、「堀江さんは野菜を食べるのが嫌い!?問題」や「新幹線座席倒す問題」のトークをリアルに再現。リズム感と臨場感が伝わってくる内容で、(会場爆笑)とのト書きと同時に評者も思わず声を出して笑っていました。ページの最後でオチもちゃんとつけてあり、ここでもニヤリ。

インタビュー記事は、カカクコムを創業され、現在は美容室に挑戦されている実業家の槙野光昭氏への取材。このページ、槙野氏が語られている内容が興味深いのは勿論なのですが、インタビューアーがそもそもHIU会員であり、HIUの活動はこんな感じで行われているのだという視点に気がつくと、他人ゴトではなく自分ゴトとして読めました。

ところで、評者はこれまで電子媒体での読書が苦手だったのですが、「雑誌を電子媒体で読む」のはアリだと今回気がつきました。パソコンなら読みたい記事を思いっきり拡大して、活字を大きくして読めますし、画像は虫眼鏡がなくてもハッキリと見えます。集合写真などは、隅っこに知人の方を見つけたりする発見の遊びがあり、印刷された本とは一味違う楽しみ方がありました。

最後に。この内容・ボリュームで500円、とはなんてお得なんでしょう。HIU会員の入門書としても必携の書としてオススメです。評者は冊子本で発売されたら、ぜひ手に入れたいですね。

horiemon.thebase.in

【書評】エロいって、その感覚わかります『SALON DESIGN VOL.6』

f:id:SyohyouBlog:20190610220637p:plain

「エロいってなんなんすか((笑))」

堀江さんが、中田敦彦さんの禅徳寺珈琲を評価するとエロいそうだ。

働き方、そして生き方をデザインするをコンセプトに、堀江貴文イノベーション大学校(HIU)から出版されている通称サロン本。

各界の著名人と堀江さんとのトークやHIUの紹介などが掲載されているのだが、これが本当に面白い。

堀江さんとゲストとの対談が、いやマジで面白いんですよ!

取材されている著名人の物事の発想方法、スピード、実行力、さらには新しいことへの挑戦をホントに楽しんでいるのが文章から伝わってくる。

SALON DESIGNは、読むものじゃない、感じて楽しむものだ。

ビジネス本を買いまくっている人は、ぜひ一度読んでみてはどうだろうか?

本にはないバイブスを感じ、ビジネス本に対する新しい境地が切り開けること請け合いだ。

  1. horiemon.thebase.in

【ランキング】今週読まれた書評【2019/6/2-8】

1位
bookrev.horiemon.com

ゲームは人生の役に立つ。  ~生かすも殺すもあなた次第

ゲームは人生の役に立つ。 ~生かすも殺すもあなた次第

 

 

2位 

bookrev.horiemon.com

 

3位

bookrev.horiemon.com

「仕事速いね! 」と言わせるコツ50

「仕事速いね! 」と言わせるコツ50

 

 

4位 

bookrev.horiemon.com

やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法

やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法

 

 

5位

bookrev.horiemon.com

ハッパノミクス

ハッパノミクス

 

 

 6位

bookrev.horiemon.com

やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法

やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法

 

 

7位

bookrev.horiemon.com

すごい準備 誰でもできるけど、誰もやっていない成功のコツ!

すごい準備 誰でもできるけど、誰もやっていない成功のコツ!

 

 

8位

bookrev.horiemon.com

その道のプロに聞く生きものの持ちかた

その道のプロに聞く生きものの持ちかた

 

 

 9位

bookrev.horiemon.com

29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。 (オープンブックス)

29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。 (オープンブックス)

 

 

 10位

bookrev.horiemon.com

やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法

やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法

 

 

 

 

【書評】小学生をも夢中にさせる武田双雲の講演会『いろんな字、いろんな人間。おんなじ字はひとつもない。』

NHK大河ドラマ天地人」や世界遺産「平泉」など、数々の題字を手掛けている人気書道家武田双雲氏。
老若男女問わず、講演会も引っ張りだこの人気講師でもある。

また、2020年以降はアメリカ・カリフォルニアに拠点を移す計画も進行しており、日本での講演もレアになりつつある。

そんな武田氏の講演会の電子書籍も出版されている。

2018年12月に千葉県の小学生と中学生向けに開催された内容だ。

通常講演会は対象者によってリアクションが全く違ってくる。
だから一方通行ではなく、相手にどう話せば伝わるか、という視点が伴っていないとシラけたものになってしまう。

6歳〜15歳というレンジであり、学力もバラバラの子供達をドッカンドッカンと沸かせる講演はどのようなものなのか?

武田氏は、東京理科大学理工学部の出身であり、理系センスを兼ね備えた書道家
道教室を通して、この年代にはこう伝えたら伝わりやすい、と都度PDCAを回していることもあり、言葉も研ぎ澄まされたものになっている。

子供に伝わりやすい話し方を知りたい方には、イチオシの一冊。

【書評】Instagramはまずタグを決めてから、写真を撮る。『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』

SNSについてこんなに詳しく分析されている本は初めてだ。元HKT48でモテクリエイターのゆうこすによるSNSの使い方は本当にすごい。

誰にでもわかる薄い内容を書いたり、炎上するような過激な発言やプレゼント企画でフォロワーを増やす人が多いのに対して、ターゲットを絞り、共感を生むことでフォロワーを150万獲得した女性それがゆうこすだ。

ゆうこすはニート生活から1年間で抜け出しSNSを使って好きなことを仕事にした。ターゲットを絞り、共感を生むことで。その全てがこの本には書いてある。

例えば、twitterの名前はこうしたほうがいい、自己紹介はわかりやすく、カバー写真は綺麗な景色でなく、世界観がわかりやすいものがよい。

Instagramはタグを多くすると実は表示されにくくなるから絞るほうがよい。多くの人が使うタグと少ないものも入れるのがよい。など、具体的に SNS攻略法が記載されている。

これからの時代SNSを使わないマーケティングはないだろう。まだまだ一部のインフルエンサーしかSNSを使いこなせていないいまそこ、誰もがインフルエンサーになるチャンスがある。

#ゆうこす現象


共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る

共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る