HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

桁外れの結果は桁外れの準備 『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』

著者はサンリオ常務取締役の鳩山玲人氏であり、“会社員として与えられた環境下で、いかに人々の期待を超え、求められる以上の結果を出し続けるか”というテーマで書かれています。

本書は、著者自身が”どのような考えで仕事に取組み、チャンスをものにしながら結果を出してきたのか“がまとめられたものです。

そして、リスクをとっていない企業家に対してコンプレックスを感じながらも、”普通の会社員だって、やり方しだいで結果は出せる”という強いメッセージがあります。

まず、仕事で大事なことは徹底的な「準備」と強調しています。
「結果を出す人」と「結果を出せない人」の差は、能力の優劣ではなく、どれだけ準備したかによると。
その中で大事なのは、まず、時間の使い方に細心の注意を払うこと。
目標に合わせて、時間を適切に配分することで、予算や努力といったリソースを最大限に引き立たせることにつながり、大きな結果を引き出すことができます。
大きな目標達成には戦略が必要であり、その戦略を日々の行動レベルに落とし込んで実行する必要があります。
著者の新人時代、19時に退社し24時の就寝までの5時間を何に使うのかを入念に考え、仕事に関するトレーニング時間とし、自己研鑽に投じていました。
その毎日の行動がチャンスへの準備になると考えていたからです。

また、仕事をしていくこととは、不安定のなかで生きていく強さを持たなくてはなりません。
仕事での失敗や、人間関係の滞り、やりたい仕事がやらせてもらえないなど、自分の思い通りにならない中で生きていくことです。
大事なのは、どうやって少しでも不安を軽減し、前に進んでいくかを考えることであり、その手助けの一つは、徹底的な情報収集するという準備をすることです。
無知は恐怖心を生み、行動を抑制してしまうからです。

人間関係において重要なことは、大きく仕事をしていくには他人の助けが必要であり、出会った人は「いつか一緒にチームを組むかもしれない人」であることを考慮すること。
上司や部下という立場はいつか逆転することも考えられ、相手によって態度や言動を変えることなく、日々の行動で相手への敬意を伝えることを心がけています。
その背景には、業績を上げても誰からの支持をされないという経験があり、周囲の気持ちを察し、周囲の支持が無ければ、結果を出しても、自分が望むような変革を起こしていくことはできないことを体験したことがあります。

本書には、著者の経験と実践に基づく、仕事論が多く記載されています。
もし、職場で学ぶことが少なくなっているのであれば、著書を読み、仕事の中にある自分が気付いていない意味、潜んでいるチャンスを見つけてほしいと思います。

社長じゃなく、会社員の立場で。

 

 

部下のやる気より上司のやり方『「教え方」の教科書』

もうすぐ4月ですね。そうすると新入社員がやってきますね。皆さんも多くの「新人エピソード」を持っていると思います。

また、この時期には新人教育も一旦落ち着き、残っている人、辞めてしまった人など、来年の新人教育のために、多くのことを振り返るのにも良いのかもしれません。そこで、今回、紹介する本は『「教え方」の教科書』という本になります。

新人教育の目標が「自分で考え、行動できる人間」であることは言うまでもありません。ですが、どういう方法でそういった人間が形成されるのでしょうか?「やる気のある人間」だけであり、「やる気のない人間」はもうすでにダメなんでしょうか……?やはり、本人のやる気の有無ではなく、「どんな新人でも自立できるような教育プログラム」が必要ではないかと思います。

本書は、新人を「やる気がない」のではなく「わからない」だけという風に捉えることから出発しています。その前提の新人に「自分で考えろ」、「自分で気づけ」と願っても、知識や経験が乏しい新人にはちょっと難しいと考えます。「まずは部下に意見を求めてから……」、「一方的に教えずに自分で考えて……」というコーチングではなく、まずはとことん「教えること」から始める。何もわからない部下だからこそ、手取り足取り教える。仕事の基本をイチから教える。

誤解がないように伝えますが、いつまでも一方的に教えるということではなく、ある一定の立場になったら手綱を放して、よき相談相手として意見を求め、リスペクトすべきであり、その前段階で「教える」ということが必要ということです。仕事の基本が分からない部下に対して「君ならどうする?」と聞いても「わかりません」で返ってきます。こんな押し問答していても、ディスカッションが恐怖になるだけです。

部下は教えられることで学び、失敗して悩んだりする中で、仕事の基本を身に着け、それを繰り返すことで自分の考えを持てるようになります。教えられる中で習得した様々な選択肢をもとに、はじめて「わたしなら……」と意見を言うことができます。相互のためにも、まず「教えること」を重要視している著者の「教える」テクニックがしっかり詰まった良書です。新人教育に困った読者がいるようであれば、一読し、著者の教育方法を参考にすることをお勧めします。選択肢が広がり、問題解決につながると思われます。

 

コーチング以前の上司の常識 「教え方」の教科書

コーチング以前の上司の常識 「教え方」の教科書

 

 

HIUメンバーがおすすめする仮想通貨に関する本3選

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

bookrev.horiemon.com
bookrev.horiemon.com

 

ビットコイン投資やってみました!

bookrev.horiemon.com

 

マンガでわかるビットコインと仮想通貨

bookrev.horiemon.com

 

キャバクラの商売の構造とは?『キャバ嬢の社会学』

本書は著者が修士論文を書くため、実際にキャバクラで働いて、どういった商売のシステムなのかを探ぐり、人間の心理、社会学を交えて記録されている。

客はキャバ嬢を「普通の女の子」として扱いたがる。そして、店の外で会おうとする。だから、長期的な関係を築くには、「私はキャバ嬢であり、あなたはキャバ嬢の客である」ということを認識してもらう必要がある。

しかし客は「水商売の女には騙されたくない」と考えており、慎重にキャバ嬢の態度を見極める。少しでも自分が「お金目当ての存在」だと分かれば一気に引いてしまうのだ。

キャバクラはあくまで、お金を介した疑似恋愛の空間。客は「騙されるのではないか」という不安を感じている。もちろんキャバ嬢は全てお金のためだが、それは慎重に隠しておくべき態度だ。

それを伝わらないように客は客として割り切り「素の自分」を出し、「普通の女の子らしさ」をアピールすることによって、「私は悪いキャバ嬢ではない」ということを何とか伝えようとしている。

そして、最終的には客を上手に「応援型、ファン」のようなかたちに持っていくこと。これができれば長期的な「客とキャバ嬢」という関係を前提に付き合いができる。

このご時世、雇用が不安定の中、高収入なキャバクラは、若い女性にとって魅力的な仕事なのは間違いない。だが、彼女たちにとっては「普通の女の子だけど、水商売の女」という矛盾に困惑しながら抑圧的に働いている場合もある。それに対処しようと、さまざまな工夫をこらしながらあくせく働くのも彼女たち自身の姿なのである。

 

キャバ嬢の社会学 (星海社新書)

キャバ嬢の社会学 (星海社新書)

 

 

仮想通貨を理解してない人はさすがに人生舐めすぎ『マンガでわかる ビットコインと仮想通貨』

仮想通貨元年と呼ばれた2017年は過ぎ去り、TV、電車、至る所で仮想通貨取引所の広告が見られるようになってきた。本書を読めば仮想通貨とビットコインについて、正しく簡単にマンガで理解することができる。

本書の内容は、ビットコインとは何かから始まり、投資としてのビットコイン、他の仮想通貨とはどう違うのか、そしてブロックチェーンの仕組み、その仕組みの通貨以外での利用、ICO、未来のお金というところだ。

マンガでわかるとはタイトルに書いてあるが、分かりやすさはありながらその内容はキッチリしている。2018年なった今、まだ仮想通貨のことがよく分かっていない人は、さすがに人生を舐めすぎなので本書をまず読もう。

 

マンガでわかるビットコインと仮想通貨

マンガでわかるビットコインと仮想通貨

 

 

新しい価値観と幸福感をみつける『超AI時代の生存戦略』

人は「ドキドキする」というのと、「報酬がある」を組み合わせると、「テンションが上がる」ということが重要なことである。要するに、「何かちょっとフラストレーションが溜まる」要素と、その結果によって、良いと喜ぶし、悪いとちょっと悲しいという感覚的報酬を、マネジメントしている。

それこそが、超AI時代には人の簡便かつ効率良く生きるすでであり、すべてのギャンブル的な娯楽に含まれている。例えばスマホのゲームやパチンコ、競馬などの公営ギャンブルもあてはまる。

そういったことから、今後の仕事では、自分でゲーム的なフレームワークを考えて「遊び」にしていくということが重要になってくる。仕事を遊びにして1日中労働しろというわけではなく、小さい遊びとして仕事を生活の中にたくさん詰め込んでいくと、豊かな人生になるのではないかということだ。

AI時代が進むと我々の人間性は滅んでいく。なぜなら、機械ではないことを基準にした人間の定義は、人間によく似た能力を持った機械が現れたとき、奪われていく。多くの場合その拠り所は感情面に向かうが、人間が持っている感情のメカニズムが明らかになっていき、それを機械が判別できるにつれて、そこも聖域ではなくなっていく。

私たちは今、機械と人間という対比の次のフェーズに進もうとしているのだ。ならば、新しい価値観や幸福感をみつけていかなければならないはずだ。

 

 

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

 
日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 
これからの世界をつくる仲間たちへ

これからの世界をつくる仲間たちへ

 
魔法の世紀

魔法の世紀

 

 

Francfranc創業者の仕事と遊びの考え『遊ばない社員はいらない』

著者はインテリアショップ「Francfranc」経営者、株式会社バルス創業者の高島郁夫氏であり、「よく遊ぶ人」と呼ばれている。

「よく遊ぶ人」である著者のビジネスに対する考えは、「人々の喜びからビジネスが始まる」ということである。

人々が喜び、その対価として金銭が生じ、ビジネスが成り立つ。

そこで重要なのが、“どうしたら人は喜ぶのか?”という問いであり、その答えは“自分たちが喜びを知らなければ想像しえない。”ということである。
寸暇を惜しんで遊び、その遊びから得られるものが、お客様に喜んでもらうことにつながる。
だが、仕事のために遊ぶのではなく、ただただ遊び、そこからアイデアが生まれる。

打算なく、あるがままに遊びつくす。
遊びが仕事になり、仕事が遊びになり、人生に厚みがもたらされる。

そんな本書の第2章には「仕事は考えること」とあり、著者は“仕事”は”イメージ”、“クリエイティブ”、“センス”、“アイデア”というワードが多く出てくる。
それらは遊びを通じた様々な体験をもとに浮かんでくる。
世の中のトレンドにしっかり着目すること、失敗を恐れず、様々な体験をしていくこと。
コツコツ真面目ということではなく、どんどん新しいものに着目し、遊びつくすこと、寄り道していくこと、それらを行っていくことで、自分の引き出しが増えていく。

真面目一辺倒では、アイデアは浮かばない。
真面目に遊ぶことで出会えるものがある。

本書を読むことで、著者の「遊び」と「仕事」に対する考えを学ぶことで、読者が抱いている「遊ぶこと」の意味が広がると思われる。
そして、「遊ぶこと」と共に、一人の人間、ビジネスマンとして大切にしていることも本書を通じて、理解することができる。

「いつまでも遊び人と呼ばれたい。」
これが著者の願いであり、真面目だけでは通用しない業界の人間の言葉である。

遊ばない社員はいらない

遊ばない社員はいらない

今週読まれた記事【2018/1/7-13】

 1位 この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

bookrev.horiemon.com

 

 2位 ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

bookrev.horiemon.com

 

 

3位 LIFE SHIFT(ライフ・シフト)bookrev.horiemon.com

 

 4位 お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

bookrev.horiemon.com

 

 5位 広告ビジネス次の10年

bookrev.horiemon.com

 

 6位 夢をかなえるゾウ文庫版

bookrev.horiemon.com

 

 7位  自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング

bookrev.horiemon.com

 

 8位 SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

bookrev.horiemon.com

 

 9位 全社一丸―ヤリ手ボンクラ経営論

bookrev.horiemon.com

 

 10位 時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人 SMARTCUTS

bookrev.horiemon.com

 

星野リゾートの事業展開の背後には常に「教科書」が存在している。『星野リゾートの教科書』

星野リゾートは旅館・ホテルの運営会社である。長野県軽井沢町で創業し、4代目の経営者である星野佳路社長は、顧客満足度アップと収益力向上の両立を掲げ、会社を成長させてきた。そして、この10年で軽井沢の老舗企業から、全国でリゾート施設を運営する企業へと変身を遂げている。

本書は、星野社長が実行した経営戦略の参考となった「教科書」についてピックアップし、星野社長流の「教科書の生かし方」を明らかにしている。

なぜ、教科書通りに行うのか。
それは、企業経営には、経営者個人の資質に基づく“アート”の部分と、論理に基づく“サイエンス”の部分があり、星野社長は自らを“アーティスティック”な経営判断を行う人間ではないと考えているからである。
もう一つは、経営判断を謝るリスクを最小にするためである。

では、どのような本が「教科書」となるのか。
多くは米国のビジネススクールで教える教授陣が書いたものであり、裏付けがしっかりしているものである。理由は教授らがコンサルタントを兼ねて学問と実践の間を行き来し、膨大な調査によって理論を実証している場合が多いからである。

どのように「教科書」生かしているのか。

ステップ① 「本を探す」
自社が抱える課題をもって、「解決に役立つ本」を探しに行く。
書棚に1冊しかない古典的な本ほど、役に立つ。

ステップ② 「読む」
1行ずつ理解し、分からない部分は残さず、何度でも読む。
これは「自社にどのように当てはめれば良いか」を考えながら読むこと。

ステップ③ 「実践する」
理論をかいつまんだりせずに、100%教科書通りにやってみる。

このステップを通して、星野社長は経営戦略を決定している。
本書には、“現場スタッフの判断の質を高めたい”、“大ヒット商品のかげり”、“人材がどうしても集まらない”など、星野社長が直面した課題がいくつも挙げられており、「抱えていた課題」「解決への取り組み」「他分野への応用」、「参考にした教科書」と項目を分け、詳細に解説されている。

著名な経営者の「人間力」などの“アート”な部分ではなく、”サイエンス”で勝負したい人にオススメの一冊です。

「教科書通りの経営は、自分の直感を信じれない時に、経営判断の根拠となり、ブレることなく、自信を持って頑張る勇気を与えてくれる。」

これが著者のメッセージです。

星野リゾートの教科書

星野リゾートの教科書