HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

【書評】『地面師たち』 - リアルな事件を元に描かれたスリリングな物語

皆さんこんにちは。
今日は、2017年に実際に起きた、積水ハウスが55億円を騙し取られた土地詐欺事件を基に描かれた小説『地面師たち』についてご紹介します。この小説は、現実の事件をベースにしつつも、フィクションとして緻密に描かれた作品です。

物語の概要

『地面師たち』は、不幸な事件で家族を失い、絶望の淵に立たされた男が主人公です。ひょんなことから詐欺グループに加入し、地面師として不動産詐欺に手を染めることになります。物語は、彼が詐欺師として暗躍する過程と、その裏で展開されるディベロッパーたちの騙される様子、そして事件を追う老刑事の視点が交錯する形で進行していきます。

テーマと魅力

本作の魅力は、そのリアルな描写にあります。地面師たちの巧妙な手口や、被害者となる企業の脆弱性、そして事件を解決しようとする刑事の執念深さが、非常に緻密に描かれています。特に、周到な準備を重ねる詐欺師たちの姿には、現実の犯罪の冷酷さが感じられ、一気に引き込まれることでしょう。

また、物語のテンポも素晴らしいです。緊張感が途切れることなく、読者を飽きさせない展開が続きます。各章ごとに視点が切り替わるため、異なるキャラクターの内面や背景が深く掘り下げられ、物語全体に厚みを持たせています。

映像化の期待

さらに、2024年7月にはNetflixで映像化されることが決定しています。小説のスリリングな展開がどのように映像化されるのか、非常に楽しみです。特に、リアルな事件を元にしたフィクションは、視覚的にも強いインパクトを与えることでしょう。Netflixの高品質な制作が期待されます。

最後に

『地面師たち』は、現実とフィクションが巧みに融合した、緊張感溢れる一作です。犯罪小説やミステリーが好きな方はもちろん、社会の裏側に興味がある方にもぜひおすすめしたい作品です。今後の映像化にも注目しつつ、まずはこの小説を手に取ってみてください。

 

 

【書評】ヤクザが”人情”でいざ世直し!『任侠シネマ』

暴力団の親分が文化を論じ世直しを公言し、小さな映画館をコンサルする。暴力団と言っても小さな暴力団でお金を持っていない。もちろん警察にも目をつけられている。だけど知恵とアイデアで潰れかけの映画座を立て直し。

暴力団でお金も持っていないけど、義理・人情で地域を見守るいいヤクザ。私は、ついつい「〜でも」、「〜だから」と言い訳をしてしまうけど、この本の主人公たちは底辺の一つヤクザ。でも行動力と体力であんとかしてしまう。とてもいい話が読めました。

特に、潰れかけの映画座を立て直すのに、実際に足を運んで実物を堪能してから人情で解決する。しかもテンポよくサクサクと読めるところが読み易い。

HIUはお互いを義理と人情で助け合っているので、皆様ぜひ読んで欲しいです。「的確な課題設定」とそれに対する「的確なアプローチ」がどんな課題でも解決できるというのがTOYOTA式KAIZENです。この本はKAIZENのお手本のように思えてきます。

私も任侠シリーズのように課題解決してみたいですね。

 

 

【書評】キラキラした生活を見つめる中級国民の声を集めたような本『この部屋から東京タワーは永遠に見えない』

共感するけどしたくない。心を抉る内容に読んでいる自分の顔を知りたくなる。

SNSで一流の人と自分を比較してしまう。そんな自分がすごく嫌になる。言語化したことはなかった気持ちを見事に言語化してます。爽快感なのか、劣等感なのか、いろんな感情を持ってしまいます。

少年漫画のようなストーリー性もなく、残念な終わり方をする人を観察した視点で描かれるストーリです。報われていないと感じる人たちの人生を冷静な目で見る猫の話が一番冷静に読めました。今の自分は上と比較してもキリがないが、羨ましいと思われる程度には報われている。というオチが羨ましかった。

「真面目な真也くんの話」では、真面目な真也くんが努力の甲斐あって一流大学の受験に成功するも、社会に馴染めずにうつ病を経験します。しかし、彼が実は『真実』から逃げいてただけだったと、きづくところが面白かったです。Kindleだとハイライトも多くて同じ考えの人が多いことに安堵感を覚えました。

大人は読んだほうがいいです。子ども時代と違って、大人が勉強するのには、共感性が必要なんです。共感性がないと学べないです。この本は、共感して恥ずかしくなることもあったり、ザマアミロと思っていたりと、仮面社会ではとても参考になりました。

こんなにも感情に訴えかけられた本は珍しいです。読んでみてください。

 

 

【書評】宝探しがしたくなる小説『水曜の朝午前三時』

「有り得たかもしれないもう一つの人生、そのことを考えない日はなかった……」。叶わなかった恋を描く、究極の大人のラブストーリー。恋の痛みと人生の重み。

悪口ばかりだったヒロインが最後の最後にポジティブな言葉を残していた。人生を通して教訓は死に際に現れると思います。ヒロインの女性も死に際に残したテープを通して語ってきます。

『人生は宝探し』という言葉が気に入りました。強烈でそれでいて納得でした。宝探しと聞いて思いつくのは探検や冒険です。宝が見つかるまでの体験がとっても面白いんです。

今HIUに入って、何をしようか迷っている人におすすめです。2005年に出版されたときは、まだ未成年でした。当時は高校を卒業して自由が増えたけど、やりたいことは思いつきませんでした。思いつきで行動したことが自分にとっては宝探しでした。

大人になって「してはいけない」って教わったことをする時ってドキドキワクワクしませんでしたか。何も得られなかったけど、行動した体験とか経験が楽しいですよね。そんな宝探しをHIUでもしていきたいです。

 

 

【書評】デザインで、ブランドの魅力を引き出すことができる。『デザインを、経営のそばに。』

デザインはビジネスに役立つ力であるが、まだまだ十分に活用されていない。この解決の為には、デザイナーがデザインの必要性や使い方を論理的に説明し、理解いただける様にする必要がある。
電通出身のアートディレクターである著者は、その様に考えて本書を執筆したのだそうだ。

マスメディアが情報の中心だったかつての時代には、費用の多寡から広告主は一部の大会社であり、商品・サービスの種類も限られていた。その様な状況に於ける広告とは、「売る」マーケティングで良かった訳だが、その後インターネットやSNSなどによって情報発信が手軽になり、小さいブランドや個人でもアピールすることが可能になった。結果、商品・サービスも増加した。発信の場も商品・サービスも多様化したのである。
商品点数が限られていたその昔ならば、棚に置けば或る程度売れたが、あらゆるものがコモディティ化した世の中では、顧客に自社の商品・サービスを知ってもらい、選んでもらうことは難しくなっている。
如何にして顧客から「好き」と思われるかが重要だが、その為には、価格や機能を謳うだけでは万全ではなくなっている。
「トップにビジョンがある」「サステナビリティに配慮している」「美しい」など、便利さや値段を追求するだけではなく、ブランドには意味が求められれている。

ブランドの語源はワインの樽や家畜などにつける焼印である。
ブランドは「らしさ」なのである。思想と世界観を指す「らしさ」には独自性と一貫性が必要だ。
そして、ブランドに関わる全員が、ブランドの思想と世界観を理解し、共創出来る状態をつくるのが、「ブランディングデザイン」だと著者は言う。
ブランドの「らしさ」を可視化し、ブランドの機能的価値と情緒的価値をたかめ、お客様にブランドを「好き」になってもらうことを目指していく。
その為のプロセスとは?
本書では、ブランドづくりに必要な考え方とプロセス一式を具体的に解説していく。
商品・サービスが多様化した現代では、画一的な手法がいつも通用する訳ではないので、幾つかの実際に自らが行なった事例も紹介している。

著者は、クリエイティブの現場からではなく、なるべく経営の上流からデザインに関わりたいと言っている。デザイナー志望の方だけでなく、経営者を含むビジネスパーソンも、如何にして商品・サービスを知って欲しいか、顧客に「好き」になってもらいたいと思っているならば、一読をお薦めする。

デザインを、経営のそばに。
作者: 八木 彩
発売日:2024年1月5日
メディア:単行本

 

 

【書評】『ハンニバル -地中海の覇権をかけて』 戦術の天才の軌跡

みなさんこんにちは。今日紹介するのは歴史の本、「ハンニバル 地中海の覇権をかけて」です。

古代の名将ハンニバル
ハンニバル・バルカは、カルタゴの名将として、ローマとの間で起きたポエニ戦争で特に有名です。彼の戦術と指揮能力は今日でも称賛されています。

アルプス越え -不可能を可能に-
ハンニバルの最も有名な戦役は、アルプス山脈を越えてローマに侵攻したことです。象を含む大軍を率いてのこの偉業は、軍事史における伝説となっています。

カンナエの戦い -完璧な勝利-
カンナエの戦いでは、ハンニバルは数で劣る中、ローマ軍を包囲し壮絶な勝利を収めました。この戦いは、戦術の妙と勇気の象徴とされています。

スキピオとの対決 -ザマの戦い-
ザマの戦いでのスキピオとの対決は、ハンニバルの軍歴の頂点でした。彼の宿敵として、スキピオカルタゴを打ち破りました。

終焉と遺産 -歴史の教訓-
ハンニバルカルタゴの敗北後、自害によって命を終えました。彼の人生と戦いは、戦争の悲劇と人間の尊厳を描いており、今日でも私たちに多くの教訓を提供しています。

まとめ -永遠の戦士-
ハンニバルの物語は、戦争、名誉、野望、そして最終的な悲劇を通して、歴史の中で永遠に結びついています。彼の戦術と勇気は、今日の軍事戦略にも影響を与えており、彼の名は永遠の戦士として称賛されています。

 

 

【書評】今がチャンス。今すぐ行動しないと失ってしまう『ネオ東京改造計画』

本書は、4年前の東京都知事選挙前に出版されたものであるが、いまだに東京都に大きな変化は見られない。そこで、今回は6つの新提言を加えアップデートされた。

評者は、秋葉原と両国で着物やリメイク品を販売するPOP UPストアを運営しているが、外国人観光客の増加により、非常に面白い経験をし、東京都には様々な可能性がたくさんあるとつくづく感じる。

例えば、コロナ前には別メンバーと浅草で着物を2,000円で販売しようとして、一枚も売れなかったが、現在はその10倍の金額でも売れている。商品は当時の在庫のため、全く同じもの。また、着物以外にも、帯や羽織も販売し、外国人に人気があると知人に話したところ、即大量に仕入れ、教えた価格で販売し、たったの数ヶ月で500着売れたという。さらには、別の知人も、あっという間に段ボール数箱分を捌いたそうだ。もちろん東京で。

このように、リスクを恐れずにすぐに行動に移した人たちは上手くいっているが、世の中の大半の人は、安全牌の中でしか動かないため、結局何も上手くいかない。チームで動くとなると、やらないという選択肢は、甚だ理解し難く、結果として何度もチャンスを逃し、いつも歯がゆい思いをしている。それはまるで東京都のようでもある。

外国人観光客は何を欲しがっているのか、いくらで売れるのか。同じものを求めている人が多ければ、その理由を直接聞いてみたり、それを実際に仕入れて販売し、検証してみるのは非常にやりがいもあり、面白いものなのだが。

とは言え、インバウンド向け店舗は、たった1年ほどの出展にもかかわらず、かなりの情報が積み上がって来た。現状に囚われても仕方がないので、今後は、自分の直感を信じ、個人で動いた方が早いのではと思っている。もちろん、同じ方向を向き、興味がある人と情報を共有できれば、新たなビジネスチャンスが生まれるだろうし、協力者があらわれれば、ありがたいと思う。今回の出展で得られた情報をすぐ次の出展に活かし、1日でも早く、タイムリーに行動するには非常にいい時期でもある。

さらに、東京都を含め、日本全国には世界に誇れる伝統的な技術や作品などがたくさんある。ここ数年で職人の知り合いもでき、僅かながらだが着物関連以外の商品も個人的に仕入れ販売してみると、外国人にも気に入られている。しかし問題は、どの分野でも職人が高齢(70代〜80代)となり、この先、数年持つかどうかといつも聞かされることだ。

また、世界の複数の有名ブランドから依頼を受け、世界で唯一の技術を使った製品を作る人でも、苦労が絶えず、可能であれば明日にでも辞めたいし、子供には絶対に継がせたなくないという。いつも様々な職人と話していて思うことは、製品を作る能力とビジネスをする能力は全く別物。話をするのも苦手な職人よりも、ビジネスに長けた人が販売や経営をした方がいいと思う。

どれをとっても、今がチャンスだとつくづく思う。日々素晴らしい技術が失われているのも事実である。まずは、東京都が変わることにより、日本全国が変わる。評者も枠にとらわれず、行動してみるいい機会なのかもしれない。

 

 

【書評】「自然の恵みを感じながら生きる心地よいライフスタイル」『フランスの田舎に心ひかれて』

フランスの田舎に移住した家族の生活の衣食住、医療、教育、文化など現地で体験したことや日本との違いなどが紹介されている。
ページをめくる度に風景や料理、お子さんの写真などに心が和む。
野菜や果物を近所でお裾割りし合ったり、野原で花を摘んだり、川で夕飯の魚を釣ったり、山でキノコを取ったり、セルフリノベーションをしたり、人としてのサバイバル力が養われるなと思った。
日本においても都心と地方ではライフスタイルが異なるのだろうが、田舎に住んだことがない私としては、地域コミュニティーとの繋がりなどに温かみを感じてほっこりする。
都心と比較すると、もちろん不便なところもあるのだろうけど、季節を感じながら、自然の恵みを頂いていると、共に生きている実感が感じられるので、こういうライフスタイルもいいなと憧れる。
自分は生まれも育ちも東京とその近郊で両親の祖父母も近くに住んでいたため、田舎という田舎をあまり経験せずに子供時代を過ごしたこともあり、人一倍田舎への憧れが強い日本はもちろん良い国ではあるのだろうけど、生きているうちに一度は他の国で生活してみたいという思いは、持ち続けている。
本書のようにフランスの田舎に移住とはいかないまでも、まずは、週末に行ける程度の距離で2拠点生活できる拠点を見つけて、自分なりの理想のライフスタイルを模索していこうとこの本を読んで改めて感じた。

著者:Myna(まいな)
発行所:株式会社食べもの通信社

 

 

【書評】『金沢競馬わくわくbook』- 地方競馬の魅力が詰まった一冊

皆さんこんにちは。『金沢競馬わくわくbook』は、競馬YouTuberのショコ壱番屋さんをナビゲーターに迎え、地方競馬場である金沢競馬の魅力を紹介する一冊です。この本は、地方競馬ならではのノスタルジックな魅力や中央競馬との違い、競馬場内のグルメスポットなどを豊富な写真とともに詳細に紹介します。2023年7月に開催された『ウマ娘』とのコラボイベントのリポートも収録されており、競馬ファンはもちろん、初めて地方競馬を訪れる方にも楽しめる内容となっています。

この本では、地方競馬ならではの温かみと懐かしさが感じられるエピソードが豊富に紹介されています。例えば、80歳を超える予想屋さんや18歳から競馬場でアルバイトを始め、今では自分の名前の食堂を切り盛りするおかみさんなど、競馬場に関わる多くの人々のインタビューが含まれています。こうした人々のストーリーを通じて、金沢競馬場の長い歴史と地域に根付いた文化が伝わってきます。

金沢競馬場は「日本で一番メシのうまい競馬場」と評されるほど、グルメスポットが充実しています。本書でも、競馬場内の美味しい食べ物がたくさん紹介されており、写真も豊富です。先月訪れた際、全国の地方競馬を巡っているという方が「ここは日本で一番メシのうまい競馬場」と言っていたのも納得です。

競馬初心者でも楽しめるように、馬券の買い方も丁寧に解説されています。グルメに興味を持った人が「ちょっと馬券も買ってみようかな」という気持ちになるような親しみやすい内容です。初めて競馬場を訪れる方や、競馬にあまり詳しくない方にも優しい配慮がされています。

また、金沢競馬場に関わるさまざまな人物へのインタビューがとても興味深いです。移転に携わった方や馬主協会会長さんなど、競馬場の歴史や裏側に触れることができる内容は、競馬ファンにとっても新たな発見が多いでしょう。

この本を読むことで、次に金沢競馬場を訪れるのが一層楽しみになること間違いありません。競馬場の魅力だけでなく、そこで働く人々の温かみや、地域に根付いた文化を感じることができる一冊です。地方競馬の魅力を再発見したい方や、初めて訪れる方にもおすすめの一冊です。

 

 

【書評】『チームオベリベリ』明治時代のフロンティアスピリッツ

皆さんこんにちは。乃南アサの『チーム・オベリベリ』は、明治時代の日本の開拓者たちに焦点を当てた感動的なリアル・フィクションです。物語の中心には、先進的な教育を受けた鈴木カネという女性がいます。彼女は、新天地である帯広――もともとはアイヌ語で「オベリベリ」と呼ばれていた場所――へと踏み出し、その土地を生き抜く挑戦に身を投じます。彼女と彼女の仲間たちは、困難を乗り越えて新しい生活を開始し、その経験が読者に何を感じさせ、何を思わせるかというテーマを読者に提示します。

この物語から得られる教訓は、大きな時代の変わり目に直面したとき、自分自身の力を信じ、新たな状況に適応し、前進し続ける勇気が必要であることです。カネと彼女の仲間たちは、未知の土地と環境に立ち向かい、自己独立性と適応力を見せています。

この物語の開拓の精神は、アメリカの「フロンティア・スピリッツ」を思い起こさせます。しかし、これらは異なる文化と歴史的背景の中で形成されたため、共通点と違いがあります。フロンティア・スピリッツは、自己独立性、個人主義、冒険心、堅固な決意、そして新しい土地や環境に対する適応能力を含む一方、『チーム・オベリベリ』の登場人物たちはより共同体や集団の一部として行動しているように見えます。しかし、どちらも新しい土地や環境に適応し、自己を発展させるという開拓の精神を共有しています。

「チーム・オベリベリ」は、困難を乗り越え、個人として成長し、新しい状況に適応する方法について深い洞察を提供します。この物語は、自己と社会について新たな視点を読者に提供し、未開の領域での自己依存と適応性の重要性を強調します。この引き込まれるような、思考を喚起する本は、人間の精神の回復力と変化の深淵な影響を理解することに興味がある人々に確実に共鳴するでしょう。