HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

【書評】病める人を減らすことから始めよう『「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?』

f:id:SyohyouBlog:20201010215232j:plain
 

本書は、「良い人材が健全に定着する組織を科学的に作る方法」という副題と通り、人が定着しない「組織の病」の原因と対策を、マーケティング手法を使いつつ、豊富な具体例を出して分かりやすく解説してます。

みなさんの会社や組織では、バリバリ活躍する人が急に辞める一方で、仕事をしているのか分からない人や仕事が辛くて暗くなっている人などが身近にいませんか。それはもしかしたら、「組織の病」が蔓延しているのかもしれません。

「組織の病」とは、メンタルヘルスだけではなく、社員やチームの生産性低下、雰囲気が悪い、採用苦戦、離職など、これら全てが該当します。そしてこの病は、社員が感じる「不満や不公平感」といった「マイナス感情の蓄積」により発生し、そして広まる。この十人十色と思われる社員の「マイナス感情」をマーケティング手法を用いて分類して、対応すべきターゲット絞ることで効率よく解決する。一般的に顧客(市場)に向けて使うマーケティング手法を社員(社内)に用いたところが面白いですね。

では、どのように分類するのか。
まず、個人活性をピラミッド状に捉えると上から順に「①働きがい」、「②働きやすさ」、「③心身コンディション」となり、①が低下すると積極的な離職、②が低下すると消極的な離職、③が低下すると離脱(メンタルダウンなど)となる。

次に、組織の中の人材を5つにグルーピングして考える。このとき、会社を現在けん引している「優秀人材」よりも次に優秀人材になる可能性が高い「ハイポテンシャル人材」や
入社したばかりで次にハイポテンシャル人材になりえる「立ち上がり人材」を優先的に対策を行う。一見、「優秀人材」に対策を実施したくなるが、「優秀人材」は個人が求めるものが千差万別であることが多く、対策が打ちにくい。なので、思考や求めるものが似ている「ハイポテンシャル人材」と「立ち上がり人材」をまとめて効率的対策する。

余りにも効率的過ぎて恐ろしいですが、ノー残業デーのような全社一律の施策だと「①働きがい」を求める人からすると不満が溜まるのでちゃんと狙うというのは良いですね。 

そして、ターゲット層が決まったら、組織活性につながる「①働きがい」、「②働きやすさ」、「③心身コンディション」の各項目を、従業員意識調査、ストレスチェックなどを用いてモニタリングしながら改善施策を実行します。このとき、改善効果を測る指標は会社や組織によって見やすい項目が異なるので項目や内容の充実も適宜実施します。また、組織活性の把握はいくつかの指標を複合的に見ていく必要があるため専門家と協力して実施するのが良い。確かに、現場で実務を実施しているリーダーや管理職は分析までは手が回らないですね。

著者は、医師でありながら経営学修士(MBA)を取得し、産業医経営コンサルタントとして活躍後、『ココロを扱うコンサルティングファーム』として独立。産業医としての現場の肌感覚とコンサルタントとしての問題を分解して分かりやすく説明する能力により、人事のプロでなくても理解できる内容になってます。是非、組織の若手リーダークラスや管理職以上の方には、「最近の若い者は…」と言う前に、人材育成と管理の基本として読んでほしいです。

このように人材に関する評価手法や対策方法が確立しつつある今、少しずつではありますが多くの組織は良くなっていくと思います。一方で現場は人事の分析結果を待っていれば良いのかと言うと私は違うと考えてます。本書でも少し触れられてますが、社員のココロに「無関心」で「想像力の欠如」した組織ではいくら手法が開発されても「マイナスの感情」の発生を止められない。

社員のココロに関心を持つきっかけとして本書を読んでみるのはいかがでしょうか。

 

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

「辞める人・ぶら下がる人・潰れる人」さて、どうする?

  • 作者:上村 紀夫
  • 発売日: 2020/03/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【書評】個人的ベストセラー『愛着障害』

f:id:SyohyouBlog:20201009220126j:plain

個人的に素晴らしい本に出合ったと思う。
理由は書店に溢れる「不安に打ち克つ」「悩みが消える」などの本に書かれているエッセンスを全否定してくれるからである。

脳科学的に人間は常に不安を製造する生き物だということは証明されている。
アドラー心理学の本ではすべての悩みは対人関係に起因すると書かれている。
それらに対する対処法はだいたい「考え方を変えること、解釈を変えることと」であるがそれができるのなら苦労しない。浮かんでくる不安や人間関係の問題はその本を読むことで解決しない。

その問題に現実的なヒントをくれるのが精神科医岡田尊司先生が書いた本書である。
人間には様々な愛着様式があるが、その愛着は対人関係のスタイル、生き方や関心、恋愛、子育ての仕方、ストレス耐性や仕事の成果にまで深く関わっている。

スタイルとして回避型、不安定型、安定型、恐れ・回避型などいくつかに分かれる。
過剰に距離を取る人、やたら拒絶や失敗を恐れる人、共感力が低い人様々な特徴を持った人がおり私たちも関わり方に気をつかいながら生きているが、その原因の多くは養育環境と愛着形成不全に起因する。そのことは本書に詳しく書かれており必ず読者の皆様の役に篤人思われる。

どうしてそのように解釈するのか、そうしてそんなに極端に考えてしまうのか。
あなたはどこでその考え方を身に着けたのか覚えていますか。
一度対処療法のような書物を床において本書で愛着の観点から自分を振り返りましょう。

もし自分の問題が愛着由来だった場合はちゃんと根治があるのです。
そしてSNSで誹謗中傷を繰り返し人を自殺に追い込み、追い詰めたにも関わらず「私って訴えられますか」と相手のことよりも自分を心配するような共感性や相手への想像力の欠けた人間が多くなった現代において本書は必須です。

現代人の1/3以上が愛着障害を抱えており人間関係の形成が難しいからです。
そのような人たちとの関わり方を学びましょう。

 

 

【書評】現代の子供に尊重するほどの個性なんてないでしょう『虫眼とアニ眼』

f:id:SyohyouBlog:20201008213707j:plain

養老孟司さんと宮崎駿さんの対談集になります。
テーマは人、自然、虫、今の時代。何よりも子供についてです。

千と千尋の神隠しの映画は宮崎駿さんが10歳の子供たちのために映画を作りたいと思って制作しました。10歳の子供に宮崎駿さんは何を伝えたかったのか。
そのメッセージの根幹には現代社会とその時代に生きる子供たちの現状を捉える必要があります。

現代社会の特徴は多様性、個性の尊重、ゆとり教育など個を重んじることですが、子供を囲む教育は今も昔と変わっていません。学校では良い点数を取ること、そして良い大学に入り安定した企業に就職することでありこのルートに変化はありません。宮崎駿さんも養老孟司さんもこのままでは行き着くところは「非常につまらない大人」だといいます。

子供のために敷いたルートは、実は時代が重んじる個性を丁寧に殺しているのではないでしょうか?そう問題提起します。

こどもがこどもでいられない、そんな変な時代を終わりにしたい。
出所の分からない情報、ひどく軽くなってしまった言葉が蔓延するなか、なぜ宮崎駿さんの作る映画は心に刺さるのか。
なぜ言葉や理屈での表現ではなくアニメという表現を選択したのか。

言語化とは対照的な一冊。

 

虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

 

 

【書評】鬼才 狩撫麻礼の作風を、谷口ジローの迫真の画力が完成させる。『青の戦士』

f:id:SyohyouBlog:20201007231724j:plain



私が、初めて谷口ジローの漫画を眼にしたのが本作品である。週刊漫画誌で読んだそれは、いきなりの最終回だったが、そのインパクトは強烈であった。
神秘性のある独特の雰囲気を持ったストーリーを、緻密で迫力のある画が下支えをしていた。
最終回だけを何度も読んだ。そして待った。
暫くの後、単行本が刊行され、ようやく物語を最初から読むことが叶った。
ボクシング漫画であるが、原作の狩撫麻礼の持つ異様な世界観が面白かった。
そして、ほとんどセリフも表情も無い主人公「礼桂(レゲ)」を描き切った谷口ジローの物凄さ。
古い作品ではあるが、今でもKindleで読める。

この頃の谷口ジローの画風はかなり劇画的である。
その後の、繊細さを兼ね備え、洗練されていく画とは異なり、ややバタ臭さを感じさせるものであるが、この作品にはこれで良い。

この作品で、谷口ジローだけでなく、狩撫麻礼の存在も同時に知った私は、その後、両者のそれぞれの作品を追いかけていった。
そして、有難いことにこのタッグでの作品も、「LIVE!オデッセイ」、「ナックル・ウォーズ」、「ルード・ボーイ」など、本作だけにはとどまらなかった。
なかでも、「ルード・ボーイ」は私のお気に入りだ。

谷口ジローは、かつてはハードな劇画作品ばかりであったが、その後作風でも画風でも様々な面を見せるようになり、ジャンルを問わず名作を多数残している。
有名なところでは、『「坊っちゃん」の時代』や、『孤独のグルメ』、『犬を飼う』などがあるが、原作付きの作品が多いなか、オリジナルストーリーで展開した『ブランカ』なども個人的には良作だと思う。

一方の狩撫麻礼も多作であり、色々な漫画家と組んでいる。
キーワードは、ボクシング、音楽、放浪。特徴は反体制の姿勢だろうか。
韓国で制作され、その後ハリウッドでリメイクされた映画「オールド・ボーイ」の原作者と言えば、通りも良いかもしれない。

 

青の戦士 (アクションコミックス)
 

 

 

【書評】あなたも知らずに使っている『AI(人工知能)まるわかり 』

f:id:SyohyouBlog:20201006214540j:plain



みなさん、人口知能(AI)と聞くと、どのような印象を持たれますか。「なんか知らないけど凄く便利なモノ」や「自分の仕事を奪う怖いもの」など、期待と怖さが半々という感じではないでしょうか。本書では、人口知能(AI)の開発の歴史や現在できることの説明から入り、今後の見通しや人間とAIの関わり方について解説してます。

「自分の仕事を奪う怖いもの」という意味では、ロボットや人口知能(AI)の性能向上と社会実装により、10~20年後には日本の労働人口の約49%の仕事が技術的には代替可能。
また、この約49%の中には一般事務や銀行員のようなホワイトカラーの業務も代替可能という調査結果が報告されてます。かなり衝撃的ですね!

そのなると人口知能(AI)が苦手な「創造性」、「コミュニケーション能力」、「非定型(答えが分からない課題)」などに携わりたくなりますが、本書では、そのような観点から将来の仕事や専門領域を決めるのは良くないと言っております。

例えば、人口知能(AI)が苦手な領域である芸術や歴史学を学んでも、実社会でのニーズが少ないので実際に職に就けるのかは疑問だということです。それよりも人間と人口知能(AI)で得意・不得意な領域が違うので、そこを理解して役割分担しながら働くのが良いとのこと。

評者はこのパートを読んで、仕事における創造性とは「仕事で少しでも良くなるように工夫する事」。コミュニケーション能力とは「相手の心情や立場も考えられる人間性(人格)」と「担当業務への深い理解」だと感じた。
なので、好きな仕事で人口知能(AI)もツールとして使って工夫するとともに、人間性と業務理解を高めていくのが良いと考えます。頑張るぞ!

また本書では、産業革命を「分岐点」に日米欧とそれ以外の国で経済成長の伸び方が大きく分かれ、そして「汎用人口知能(汎用AI)」を導入できるかどうかが「第二の分岐点」になるという。

具体的には、今までは「人 + 機械」による生産活動で、経済成長は「人口」で制限されていた。しかし、第二の分岐点後では、汎用人口知能を導入した国は人という制約条件がなく、汎用人口知能という機械だけで経済成長が可能となる。

評者はここを読み、投資できる資金(GDP等)が大きく、人口が減少していく日本にこそ米中欧とは異なり経済成長できるのではと感じた。チャンス到来!

本書はタイトル通り、人工知能(AI)のことをざっくりと理解できます。人口知能が身近になりつつある今だからこと、全ての人に読んでほしいです。そのかなでも、これから社会に出る学生や既に社会で働いている人は職業選択や仕事の仕方を考えるきっかけになると思いますのでオススメです。

あなたも知らずに使っていると言うように、人口知能(AI)を使ったアマゾンエコー(音声認識)や文章の予測変換は我々の生活を便利にしてくれてます。また、テレホンオペレータの回答案の提示や製品の見た目の検査でも人口知能(AI)は我々をサポートしてくれてます。AIは便利で怖いもの、という印象がありますが、本書を読めばAIと人間の得意なことの違いが理解できます。

本書をきっかけとし人口知能(AI)と正しく付き合う方法を学びませんか。

 

AI(人工知能)まるわかり (日経文庫)

AI(人工知能)まるわかり (日経文庫)

 

 

【書評】取越苦労厳禁。『幸福なる人生 中村天風「心身統一法」講演録』

f:id:SyohyouBlog:20201005213339j:plain

「体力、胆力、判断力、断行力、精力、能力。六つの力の内容量を豊富にしろ」と著者は言う。

そして、常日頃から、観念要素の更改をすることを訴えかける。
「今日一日、怒らず、怖れず、悲しまず、正直、深切、愉快に、力と勇気と、信念とをもって自己の人生に対する責務を果たし、恒に平和と愛とを失わざる、立派な人間として活きることを、自分自身の厳そかな誓とする」

また、他の書籍に於いては、精神面に関する記述のみのものが多いが、本書では、珍しく食事療法などについても述べられている。
さらに、題名に「心身統一法」とある通り、神経反射の調節の方法としてのクンバハカや、呼吸法であるプラナヤマなどの、身体を使った感応性能の積極化を図る方法についても記されている。

とにかく、著者の強調していることは、「積極精神の養成」である。

心に従いながら、がむしゃらでもいいからファイト。
目的を定めず。
グズグズ躊躇ばかりしていたら、進歩も発達もない憐れな自己が出来上がるだけ。
ベストを尽くせ。

自分の気持ちを検査し、人の言葉に左右されるな。
人に対する態度はあくまで積極的で。
心を打ち込んで何事かをする習慣をつけると、今までとらわれていたはずのものが、向こうから出ていってしまう、振り落とされちまう。
そして、正義の実行。

中村天風の言葉は力強い。いつもエネルギーがみなぎっている。
尚のことその様に感じることができるのは、講演録だからこそだ。
私も、クンバハカについては意識して行う様にしている。
ただ、つい忘れがちになるので、時折どれでも良いから著者の本を読み返すことが肝要だ。

 

 

 

【書評】過度な自由が、民主を侵している!『自由が民主を喰う』

f:id:SyohyouBlog:20201004212932j:plain

自由と、民主の定義を確認していく。自由とは、他人から束縛を受けず自分の思うままに振る舞えること。また、守るべき価値そのものである。民主とは、人民が主権をもち行使する政治こと。自由を守る手段である。グローバルな自由、ナショナルな民主。そのギャップによって世界は悩まされている。本来は、自由を守るべき方法として民主があるはずである。しかし、そのバランスが崩れており自由の暴走により、民主が侵されているのではないか。

著者が最も言いたかった事は、人間1人1人を中心とした自由と民主の価値を見失うことなく、両者の関係を見極めながらアクセルとブレーキを踏み分けていくこと。また、少しづつ仲間意識を広げていく努力を続けていくことで、自由で平等な世界を作っていけること。

中国は、リーマンショク・コロナ後の対応が迅速であり、自国への影響を最小限に抑えることに成功した。しかし、今後他の国々が中国のような政治を行うのは、望ましくない。私、自身も監視国家の元で生活していきたくはない。1人1人が幸せを守っていく為にも、自由・民主のあり方について改めて考えるべきだ。

 

 

【書評】人生は、面白味で満ち溢れている方がいい『将来の夢なんか、いま叶えろ。~堀江式・実践型教育革命~』

f:id:SyohyouBlog:20201003215508j:plain



本書では、日本の学校や教育、著者が立ち上げたゼロ高等学院について、また生徒自らが今、目指していること、ゼロ高を選んだ理由やその経緯について書かれている。

ゼロ高等学校「ゼロ高」とは、座学よりも行動を目的とし、通信制高校との提携により、高校卒業の資格も得られ、自分のやりたいことを実現するための近道になるところだ。

例えば、ゼロ高生は著者が主宰するオンラインサロン堀江貴文イノベーション大学校(HIU)にも参加できるため、定例イベント等で時々「ゼロ高生なんです」と話しかけてくれる人もいる。

その印象は、誰もが積極的に活動し、自分の夢に向かい人生を楽しんでいるように見える。そういう姿は、なんだか他人ながらも、嬉しく感じる。

評者もHIUに所属し3年になるが、どんどん楽しみが増している。もともと著者と各業界で活躍する人との対談に興味を持って入会したのだが、これがまた非常に面白い。

最近の定例イベントでは対談のみならず、体験型として、著者とメンバーが一緒にゲームの中の謎解きを行ったり、雀荘でマージャンをしたり、また、本の登場人物のセリフを考えたりと、より面白味が増した。

普段は仕事柄、自分が前に立ち、説明をすることが多いため、主宰者である著者自身が、メンバーにわかりやすいようにホワイトボードに書きながら、プロジェクトを進めていく姿は、なんだか非常に新鮮で楽しく、とても有意義な時間であった。

これらはすべて初めての体験ばかりで、今度はどんなことをするのかと、毎回参加するのがとても楽しみだ。

正直言って、都内で開催の場合は、仕事を早退してでも参加した方が自分の人生にとってもより意味があり、それは同時に会社にとっても利益があることだと考えている。それに気づいていない人がほとんどだと思うが。

そんな人生の楽しみであり、また同じ方向を向いている人が集まる場所が、HIUであり、ゼロ高なのだ。今自分の人生が面白みで満ち溢れていない人は、本書を読み、新しい一歩をすぐに踏み出した方がいいだろう。

ゼロ高等学院
https://zero-ko.com

 

 

 

【書評】「孤独のグルメ」しか知らないのは谷口ジローを何も知らないに等しい。『犬を飼う そして...猫を飼う』

f:id:SyohyouBlog:20201002215650j:plain



コルク代表、編集者の佐渡島庸平さんが、Youtubeで「必読漫画」として本書を紹介していた。著者のことをB級グルメ漫画「孤独のグルメ」を描いた人として知っている人は多いだろう。

しかし、「「孤独のグルメ」しか知らないというのは谷口ジローを何も知らないに等しい。すごく損をしている。」と佐渡島さんは言っていた。そこまで言うなら読んでやろうじゃないか。と思い本書を手に取った。

本書は、著者が実際に飼っていた「サスケ」という犬を看取った時のことをもとに描いた作品である。派手さは全くないが、描写が丁寧で、心に深く刺さるものがある。

愛犬とのふとした日常。例えば散歩中の様子が、作中ではこんな風に描かれている。

"私たちのまわりにはひとりの人も見えない。私たち以外誰もいない。なんだかこの世に私と妻、そしてサスケだけしかいないのではないかと錯覚するほどの静けさだ。ぽかぽかと陽だまりの中、草の上に寝そべる。空が高く、薄い雲がゆったりと流れていく。こんなたわいもないことに幸せを感じていた。仕事のことも忘れる。こうしていると、嘘のように時間の流れも感じられないほど穏やかな心持ちになれる。"

まるで小説のような美しい文章で、愛犬との幸せな日常が描かれる。

けれど、犬は人間よりはやく年老いてしまう。
年老いてだんだんと歩くことが困難になる。散歩が大好きな犬にとって、歩けなくなることはどれほどつらいのだろう。

”それでも犬は最後まで歩こうとする。横になって腹を見せたら負けなのだ。だから、立ち上がろうとする。とにかく歩こうとする。その熱意に少しでも力を貸してやるのが、私たちの責任なのだ。”

生きるということ、死ぬということ、人の死も犬の死も同じである。

評者の家でもインコを2匹飼っている。飼ってみて初めて、命を預かることの難しさを実感している。動物を飼うことは、様々な不便や面倒なことがある。一番難しいのはやはり、言葉が通じないということ。寒いとか、お腹痛いとか、言葉にして教えてくれたらどんなにいいだろうと、いつも思う。それでも、動物というのは多くの気づきと、なによりも癒しを与えてくれる。ただそこに彼らがいてくれるだけで、計り知れない励ましと、勇気をくれる。

じっくりと、時間をかけて楽しみたい作品である。犬や猫など、動物を飼ったことがある方なら、共感できるところが多くあるだろう。動物も人も、「死」と向き合うということは、とても時間のかかるものである。ひたすらに深く落ち込むということも必要なことかもしれない。本書のような作品は、辛い時の支えとなってくれるのではないだろうか。

評者は、本書を読んで初めて、谷口ジロー氏の本当の顔を見ることができたように感じる。
実は著者の作品はフランスやイタリアなど、ヨーロッパではとても高く評価されているらしい。それも「孤独のグルメ」の著者としてというよりも、本書のようなオシャレで繊細な、美しい作品の漫画家として。著者は主人公の静かな心の内をたんたんと描くことが得意な作家である。「「坊ちゃん」の時代」など他の作品も面白そうなので読んでみようと思う。

 

 

【書評】Farewell, My Lovely 『さらば愛しき女よ』

f:id:SyohyouBlog:20201001220409j:plain


本書は、レイモンド・チャンドラーの二作目の長編で、1940年の作品である。著者の二大傑作と言われているうちの一冊だ。
もう一冊は1953年の作品『長いお別れ』で、両作品共、最近になって村上春樹の新訳版が出版されたりもしている。
主人公は、言わずと知れたフィリップ・マーロウだ。著者の長編作では決まって彼が主人公である。タフで肝の据わった、口の減らない私立探偵だ。
本書では、二作目だけあってマーロウも若く、行動的で次々と事態が進展し続けるし、なかなかのモテっぷりも発揮している。
そして、よく殴られる。
この辺りの暴力性が、その後の犯罪小説では強調されることが多くなった。それらの多くは、ハードボイルド小説と言うよりも、暴力小説と読んだ方が相応しいと私は思う。

チャンドラーの作品数は決して多くはなく、長編は七作しかない。
幾つかの中編を組み合わせて、再構成させる手法が殆どである為に、話があちこちに飛んだりもするから、難解な印象を持つことが多い。
短編集を読んでみると、案外にシンプルで判り易いと思うかもしれない。
また、しばしば映画の脚本も書いており、アルフレッド・ヒッチコックの作品でも脚本に参加していたりするので、機会があれば観てみるのも楽しいかもしれない。

ハードボイルド小説は、アーネスト・ヘミングウェイを祖とし、ダシール・ハメットが探偵物でその作風を活かして大成させ、レイモンド・チャンドラーが完成させたと言われている。
ハメットが、元ピンカートン探偵社のエージェントだった経験を活かして作品を作り上げたのに対し、チャンドラーは大恐慌の影響で石油会社の重役の職を失い、生活の為に筆を執った。
チャンドラーの登場は、それまでゴミの様に扱われていたパルプ・マガジンのクライムストーリーを文学に押し上げた。その秘訣は流麗な文体にある。
アメリカのハードボイルド小説家の数は多い。名作家と呼ばれる何人もの人々の作品も読んだことはあるが、私にはチャンドラーほどには楽しめなかった。それは、恐らくチャンドラーが幼少期から23歳まで、イギリスを主として欧州で育ったことと関係があると思う。アメリカのとっちゃん坊やが書く文章とは、自ずと変わってくるのであろう。

今回、本書を何十年振りかに読んでみたのだが、出だし以外をすっかり忘れていて、やや驚いた。
だが、そのお陰で改めて新鮮に名作を愉しむことが出来た。
因みに、アニメ『コードギアス』での名セリフとされている、「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」は、マーロウがオリジナルなのである。