HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

子どもがいても、いなくても。『私、子ども欲しいかもしれない。』

『私、子ども欲しいかもしれない。』著:犬山紙子(平凡社、2017/6/23)

この本は、エッセイスト・犬山紙子さんの「子どもを産んで、仕事と子育ての両立、本当にできるの?」「自分の時間がなくなってやりたいことができなくなって息苦しいんじゃないの?」「自分のことばっかりかわいいダメ人間にはやっぱり無理なんじゃないか?」そんな思いから始まった。「自分が本当に子どもを産みたいか産みたくないか」考えるために、いろいろな生き方をしている女性にインタビューをした結果がまとめられている。
もしかしたら、そんな疑問を持つこと自体甘えている、女性はみんな子どもを産んでお母さんになるのが当たり前、男女ともに「子どもを育てて(産んで)こそ一人前」なんて思う方もいるのかもしれない。
しかし著者と世代の近い私は、この著者の疑問をとてもリアルに感じた。「結婚してもしなくても幸せになれる時代」というフレーズを使った結婚情報誌のCMが話題になったが、子どもを産み育てる以外にも人によってはやりたいことがたくさんある時代だと思う。
著者は、子どもを持たないことを選んだ人、子どもを産んだ人、同性愛者の人、子どもを産んで専業主婦になった人など、いろいろな立場の人の話を聞くなかで、自分も子どもを持つことを選び、妊娠する。妊娠して赤ちゃんを産むまでの心の変化や体験記も書かれている。
色々な人へのインタビューでは、認可保育園に入れることの難しさ、妊娠してから受けたセクハラ、ベビーシッターや家事代行をうまく利用する話など、今の時代の妊娠、出産、子育てに関するリアルなエピソードがたくさん詰まっている。
「こうすれば幸せ!」という結論はもちろんない。むしろ、「あとがき」の「どんな生き方を選んだってそこには自分のしたいことが詰まっている」という著者の言葉が、読者が自分の生き方を選ぶときの励ましになるだろう。昔ながらの子育て美談ではないこの本は、今の時代に必要な一冊だと感じた。