HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

素振りしたくなる 『最強の働き方』 著者 ムーギー・キム (東洋経済新報社、2016/7/27)

本書は、著者に思いつきやひらめきを与えた世界中の一流ビジネスパーソンの働き方や、生活習慣、考え方をまとめた本である。

また、本書は業界を問わず、自分が選んだ分野で最高水準の仕事をするための行動指針を、具体的な行動にまで落とし込むことができるように支援することを目的としている。

著者は、ベストセラー『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』、『一流の育て方』の著者であるムーギー・キム氏だ。

本書の構成は、以下のとおり。5つの章に、最高水準の仕事をするための幅広い行動指針が77カ条の教訓として書かれている。

第1章 一流への道は一流の基本から ―― 知らない秘策より、知っている基本の完成度
第2章 一流の自己管理 ―― 一流への道は生活習慣から
第3章 一流の心構え(マインドセット) ―― 一流と二流の間にあるもの
第4章 一流のリーダーシップ ―― まわりから支えられる人はココが違う
第5章 一流の自己実現 ―― 自分を知り、自分を自由にする

著者によると、ビジネスパーソンとしての基本は第1章と第2章を、すでに中堅社員の方には第3章を、会社のリーダーとなり、より高みを目指す方には第4章を、仕事を越えた自己実現を求める段階の方には第5章を読むことを勧めている。

実は、本書を読み終わってから、毎日、少年時代にやっていた野球の素振りをしているような気持ちでいる。基本に戻り、自分の行動はどうなのか、一振り一振り確かめながら、毎日を過ごしているのだ。

”本書は、新人・中堅・ベテランを問わず「ビジネス研修・社会人研修の教科書」として最適な一冊に仕上がっている。”と著者が言っているように、本書は基本書として何度も読み返すための本であると言える。世界中の一流のビジネスパーソンといえども、最も大切なのは基本であり、毎日の素振りが大切なのだ。

本書を読み終えたときには、あなたも私と同じように素振りしたくなっているだろう。そして、基本に戻って素振りをしてみると、とても気持ちが良い自分に気付くはずだ。何度も何度も読み返したい、おすすめの一冊である。

https://goo.gl/Upk3qb