HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

ライター:よしもとまさし

桁外れの結果は桁外れの準備 『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』

著者はサンリオ常務取締役の鳩山玲人氏であり、“会社員として与えられた環境下で、いかに人々の期待を超え、求められる以上の結果を出し続けるか”というテーマで書かれています。 本書は、著者自身が”どのような考えで仕事に取組み、チャンスをものにしなが…

部下のやる気より上司のやり方『「教え方」の教科書』

もうすぐ4月ですね。そうすると新入社員がやってきますね。皆さんも多くの「新人エピソード」を持っていると思います。 また、この時期には新人教育も一旦落ち着き、残っている人、辞めてしまった人など、来年の新人教育のために、多くのことを振り返るのに…

Francfranc創業者の仕事と遊びの考え『遊ばない社員はいらない』

著者はインテリアショップ「Francfranc」経営者、株式会社バルス創業者の高島郁夫氏であり、「よく遊ぶ人」と呼ばれている。 「よく遊ぶ人」である著者のビジネスに対する考えは、「人々の喜びからビジネスが始まる」ということである。 人々が喜び、その対…

星野リゾートの事業展開の背後には常に「教科書」が存在している。『星野リゾートの教科書』

星野リゾートは旅館・ホテルの運営会社である。長野県軽井沢町で創業し、4代目の経営者である星野佳路社長は、顧客満足度アップと収益力向上の両立を掲げ、会社を成長させてきた。そして、この10年で軽井沢の老舗企業から、全国でリゾート施設を運営する企…

これから世の中に出ていく女の子へ。 『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

女の子。 大好きな人と恋愛をして、結婚する。そして、可愛い赤ちゃんを産んで、家族の皆が笑顔の絶えない家庭を持ちたい。 女の子たちのささやかな願いの一つだと思います。 そんな女の子たちに著者は質問をします。 結婚相手がぶっ壊れて、暴力を振るうよ…

働いて、お金を稼ぎなさい。そうして強くなりなさい。 『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

お金が無いということはどういうことなのか。 貧乏と暴力に彩られた著者の10代。貧困がもたらす抜け出すことのできない貧困のループ。貧困から抜け出したくても抜け出せない。 貧しさは人から様々なものを奪っていた。人並みの暮らし、教育を受けさせること…

地図を持たずに冒険すること『仕事は楽しいかね?』

「とにかく僕の話を聞いてほしい。 僕たちの社会では、時間や進歩に対して直線的な見方をしている。 人生とは、やるべきことの仕事や習得すべき技術や到達すべきレベルの連続ですよ。目標を設定して、それに向かって努力しなさい、とね。 だけど、人生はそん…

信頼関係に基づく高等技術 『お笑い芸人に学ぶ いじり・いじられ術』

「実践している人」 どこかの本に書いてある道徳や哲学、正論、教訓をわが物顔で話す、行動が伴っていない職場の上司よりも「実践している人」が著者の本を紹介したいと思っています。 その一つとして「コミュニケーション能力」が必要であり、それがなけれ…

ふいのボディタッチよりも大切なこと 『モテようとしなくてもモテる女になれる本』

男の人ってどんな人と付き合いたいの? モデルみたいな子が良いの?グラビアアイドルみたいな子が良いの?男性はどんな人を愛するのか……… 男性はメリットがないと恋愛をしません。それは社会的な生き物であり、恋愛が自分の社会で自己実現にプラスになると思…

得やすいものは失いやすい 『30日で人生を変える「続ける」習慣』

沢山の本を読んで、得た知識も知恵も、時が経つにつれて忘れてしまう……… 世の中には沢山の本があふれています。「少しでも世の中を良くしたい!」「少しでも悩んでいる人の為になれば!」そんな作者の願いが込められた作品は確かに私たちに届きますが、なか…

ホステスー「また君に会いたい」と思ってもらう仕事 『昼間は心理カウンセラー 銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方』

私の職場には極端にタイプの違う上司がいます。 「仕事ができるが、周りに人間が集まらないタイプ」「仕事はできないが、周りに人間が集まるタイプ」 非常に不思議でした。 仕事はできるのだが周りに人はおらず、職場では孤立気味になり、誰も彼に意見を言わ…

余命1年―私が私に暗示をかけたこの言葉。それは、私にとって魔法の言葉 『29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。』

「源氏名はどうしようかしら?」 「源氏名?」「お店での名前よ。ニックネームみたいなものね」 私はちょっと考えてから答えた。「あまり……アマリにします。余りものの”アマリ”」 著者、葉山アマリさんの名前の由来です。 “余りもの”とは一体、何のことなの…

すべてはいい女を抱くために『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』

「人生山あり、谷ありと申しますが、私は日本海溝のようなドン底から這いあがり、なんとか生き延びてきたのです。銀のスプーンを咥えて裕福な家庭に生まれてきたわけではなく、終戦直後の貧しさにも耐え忍んできました。その後、幸運にも高度経済成長の波に…

世の中に特別なこととか特別なものは何もない、とつくづく思うわけです。イエローハット創業者の哲学 『凡事徹底』

本書はイエローハット創業者の鍵山秀三郎氏の著書であり、著者が大事にしている「凡事」というものがいかに力を持っているか、ということを一人でも多くの方に知ってもらいたいという目的で書かれています。 「凡事」とは何を指すのでしょうか?それは、朝起…

相手も自分も大切にしたい人へ 『アサーション・トレーニング』

「僕がFacebookをつくったのは、会社を作るためではありません。“世界をよりオープンで、皆がつながり合える場所にする”という使命を果たすためです。」 これはFacebook創業者のマーク・ザッカーバーグの言葉です。 アドラー心理学では「人間は対人関係の中…

神などいらぬっ…! クビ…! 『人生を逆転する名言集2』

「神などいらぬっ…! クビ…! お払い箱よ こっちから! 死ねっ…! 神など死ねっ! 上だっ…! おまえよりわしが…上!」 血液をかける狂気の「鷲巣麻雀」にて、「鷲巣巌」は悪魔じみた天才「アカギ」と勝負をして1100㏄の血液を失い、死が目前まで迫っている状…

お前らに逆転などないわ……このゴミめら! 『人生を逆転する名言集』

ざわ・・・ざわ・・・ ざわ・・・ざわ・・・ 福本ワールドへようこそ。ゴミめらの皆さんはこの現実世界をどうお過ごしでしょうか。(利〇川より) 世の中には沢山の名言集があります。著名人、芸能人、プロ野球選手、オリンピックメダリスト、創業者などなど…

ずっと心に引っかかっている。『人生で大切なたったひとつのこと』

“80年後のある日、あなたが100歳、私が134歳になり、私たちがみなうんざりするほどやさしく、愛情たっぷりになったら、私に短い手紙を書いて、あなたの人生がどうだったかを教えてください。とてもすばらしかったよ。とあなたが書いてくることを願っています…

理路整然と経営を行い、理路整然と間違い、理路整然と潰れていく。 『安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生』

ドンドンドンドーンキー ドンキホーテー♪ 読者の皆さんは「驚安の殿堂 ドン・キホーテ」に行ったことはあるだろうか。私は高校1年生の時、部活用具の入った大きい荷物を持って店内に入り、積み上げられた洗剤のタワーを豪快に倒した記憶がある。そして店側…