HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

【書評】とりあえずやる『GOETHE(ゲーテ)2019年6月号 堀江貴文解体新書〜自意識(プライド)を捨て去った、ホリエモン!という生き方〜』

堀江貴文氏について40ページにわたって特集されている。全160ページ中40ページ、すなわち¼が堀江貴文氏特集ということだ。雑誌ならではのダイナミックな構成で他の堀江貴文氏の書籍とは違った感覚を覚えるはずだ。


堀江貴文氏の生い立ちから現在までがまとまっている。誇張せずとも事実だけで想像力を掻き立てるプレイバックは唯一無二なもの。誰しも自分を貫き行動し続けていて、ふと振り返ると面白い軌跡が残っているのかもしれないと感じた。

 

HIU特集は面白かった。何がといえば、HIUの中にいると当たり前のことが、外ではそうではないのかもしれないということが。入会して3ヶ月しか経過していない評者も、考えだけでなく仕事や住むところまでもが根底から変わり、しかも心地よく感じるまでになるHIUは、やはり唯一無二である。表題にもした「とりあえずやる」には「とりあえず入会」の意味もあると後付けで思った。


やりたいことはあるけど、なかなかできないと悩んでいる人におすすめです。ボールを転がす時に、平坦な道より山あり谷ありの道の方が速くゴールにたどり着くように。悩んでる時間より、やってみて成功なり失敗なりの結果が出る時間の方が良いと思います。


とにかくやる。本書でさらにこの思いが強くなった。英語ではJust Do itなのかな。そして、宇宙を目指す堀江貴文氏の解体新書は読まなきゃ損であるし、小さな小さな問題でくすんだ大志を磨き直させてくれる。きっと本書があなたの地図のワンピースになる。 GOETHE(ゲーテ) 2019年 06 月号【表紙:堀江貴文】 [雑誌]

【書評】これからの時代を生き抜くために『GOETHE 堀江貴文解体新書 ~自意識(プライド)を捨て去った、ホリエモン!という生き方~』

本誌は、堀江貴文氏の魅力について40ページにわたり特集している。幼少期から現在までの活躍や、24時間のタイムマネジメント術、宇宙事業、投資、教育、オンラインサロン等、複数のコンテンツからなる。

本企画はもともとゲーテ創刊時の13年前のものであったそうだが、それは同時に13年たった今でも堀江貴文氏が変わらず、またはそれ以上に注目され続けている証しでもあるということだ。そして、他とは比べものにならない、人にはない独自の魅力を持ち合わせていることでもあると思う。

本特集は、どのコンテンツもとても惹きつけられる内容ではあるが、本書評では国内最大級のオンラインサロンHIU(堀江貴文イノベーション大学校)と宇宙事業について取りあげる。またHIUを紹介する計4ページは、HIUメンバーにより編集したものである。

評者はHIUに所属し1年半が過ぎた。入会したきっかけは、オープンした書店で突然目に飛び込んできた堀江貴文氏の著書『好きなことだけで生きていく。』であった。ページをめくった瞬間に「これだ!」と思い、一瞬で入会を決意した。

人生の様々な場面では、時々このような何も考えない直観の判断や何か気になるというような引っ掛かりがある。またそれは、たいてい自分にとって重要なものとなる。

HIUでのイベントは、体験型からオフィシャルの定期イベントなど面白いことが満載だ。その中でも評者が頻繁に参加しているのが、本誌にも掲載されている「対談」だ。堀江貴文氏と各業界で活躍するゲストがビジネスに関する興味深い話をしてくれる。

入会してから約30名のゲストとの対談を聞いたが、毎回とても楽しくワクワクする。驚くべきことにつまらないと思ったことは一度もない。それは、毎回対談をする堀江貴文氏の話しが面白いということでもあるのだろう。

対談を聞き、ゲストの著書や関連する内容を本ブログへ書評として投稿し、また仕事でもアウトプットできるため、とてもいい循環となっている。そのためHIUでの対談は、評者にとっては自分の知らない世界を教えてもらえる、とても貴重な時間であり、重要な場なのだ。

また、堀江貴文氏が情熱を捧げる宇宙事業において、先週ついに民間単独では国内初のロケットの打ち上げに成功した。その14年間の宇宙事業の歩みについてまとめられている。

評者は、今回の打ち上げで初めて宇宙ビジネスへ支援してみた。そのリターンの一つとしてとてもユニークなのが「宇宙への名前」だ。それは、ロケットに搭載された銘板に支援者の名前が記され、宇宙へ打ち上げられるというものだ。

ロケットの打ち上げは、天候不良などにより、度重なる延期もあったが、自分の名前がロケットに搭載されているのだから「成功するに決まっている」と、なぜか強い自信を持ち見守った。

そしてそれは現実となった。技術的な提供はできなくても、支援したことにより、まるでチームの一員として関われたような気分となり、とても感慨深いものがあった。

このようなビジネスは、研究や開発に莫大な資金がかかる。しかし誰もやっていないことは、やってみないと、また失敗してみないとわからないことが多い。またそれを繰り返し、その積み重ねにより成功へと導かれていく。

一人一人の小さなサポートと継続していく力が結果として私たちの生活にも大いに役立つ世の中へと変化していく。そう思わせてくれた一冊である。

 

【書評まとめ】HIUメンバーによる『ザ・テクノロジー』書評6編

HIUメンバーによる『ザ・テクノロジー』書評まとめ6編。

 

ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術 (NewsPicks Comic)

ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術 (NewsPicks Comic)

 

 

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

 

【ランキング】今週読まれた書評【2019/4/28-5/4】

f:id:SyohyouBlog:20181023220525p:plain

 

1位

bookrev.horiemon.com

 

2位

bookrev.horiemon.com

 

3位

bookrev.horiemon.com

 

4位

bookrev.horiemon.com

 

5位

bookrev.horiemon.com

 

6位

bookrev.horiemon.com

 

7位

bookrev.horiemon.com

 

8位

bookrev.horiemon.com

 

9位

bookrev.horiemon.com

 

 10位

bookrev.horiemon.com

 

【書評】SFアクションを超えた人生の哲学がここにはある。『ジェダイの哲学 フォースの導きで運命を全うせよ』

2019年は映画『スター・ウォーズ』が全米で公開されてから42年目。日本ではこの数年を経て後に『機動戦士ガンダム』のテレビ放映が始まり、お茶の間では “宇宙” が身近なテーマとして話題となり、子ども達が目を輝かせていた。

本書は、『スター・ウォーズ』の生みの親であるジョージ・ルーカスが最も語りたかった哲学やストーリーの奥深くに流れる精神性について分かりやすく解説しながら、『スター・ウォーズ』シリーズの登場人物が伝えたかったメッセージを、セリフとして各所のエピソードの随所に散りばめて紹介している。

スター・ウォーズ』が登場したあの頃に育った少年少女達は、今、どんな大人になっているだろうか?未来という現実を目の前の手にして、夢は現実となっているだろうか。かくいう評者は、宇宙にワクワクして毛利衛さんや向井千秋さんら日本人宇宙飛行士に憧れつつも、挫折を繰り返し、残念ながら平凡なサラリーマンとして今を生活している。

多くの人たちが『スター・ウォーズ』に抱く印象は、単なるSFアクション映画のひとつ、宇宙戦でレーザーが飛び交い、ジェダイライトセイバーを振り回し、ミレニアム・ファルコンが大活躍する宇宙活劇・SFファンタジー、という認識でしかないのかもしれない。評者もビジュアルのカッコよさに魅かれてはいたが、ストーリーをあまり理解できていなかった。

本書の各章では、「自分の運命を切り開くには」「自分が本当に望むこと」「未来を恐れるな、過去に涙を流すな」「やるか、やらぬかだ。やってみるはない」といったテーマを取り上げている。「スター・ウォーズ」作品が本当に伝えたいテーマを知ることで、読者は過去・現在・未来の中から今に生きる自分の姿に気がつくのではないだろうか。

自己啓発書や啓蒙書はチマタにたくさんあふれている。しかし、成功哲学の多くは成功者がだけが語り得るものであったり、勝者サイドの記録である場合もあったりする。現実に今ここに存在する私との乖離や距離の隔たりに、かえって無力感を感じ、行動を起こせないことも多いのではないだろうか。

この一冊を読み終えたとき、きっとあなたはもう一度『スター・ウォーズ』の映画を観たいと思うに違いない。そして今度こそ自分を信じる力を手に入れられるかもしれない。


スター・ウォーズ ジェダイの哲学 :フォースの導きで運命を全うせよ

スター・ウォーズ ジェダイの哲学 :フォースの導きで運命を全うせよ

【書評】子供にはお年玉で株を買ってもらおう『経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親』

「良い労働者や良い消費者となることを目指していたために【お給料をもらう】というマインドが未だに根付いている」

私がこの本の教育を受けていたらどんなに良かったであろうか。

この本を読んだら、常にMake Moneyを子供に教え、レストランでは流行っている理由を考えよう、

私は今夜は子どもたちが好きな「きまぐれクック」 の面白い点を列挙してみようと思う。

子どもの教育に必要なのは母親の心構えだ。

片づけなさいと怒って自分が片づけてはダメだ。

トイレは後片づけまでが一連の動作だ。

子どもが泣くからといって、子どもの望みをかなえてやると次回からはもっと泣く。

無反応でいよう。

妻に是非とも読ませたいが、「お前が夫婦円満の本を読め」と叱られてしまった。

泣いてもムダだろうか?

子どものみならず、自分の教育にも使えること請け合いです。

経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親

経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親

【書評】歳をとるのが楽しくなる!?ウキウキわくわくの未来先取り『ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術』

本書はAI化が進む=AIに仕事が奪われる。
と、不安を抱えてしまっているあなたに是非とも読んで頂きたい一冊。マンガだからと侮らないで頂きたい。

歳を重ねて若い頃に比べ、危険度が増す車の運転だって、自動運転が出来れば90才になっても免許返納しなくたって大丈夫。辺境の地に居を構えても、ドローンで荷物を届ける事が出来るようになれば、全国、いや全世界の品もお取り寄せ可能。仮想通貨が当たり前になれば、お財布の中の心配も無用。いや、仮想通貨はサイバーがダウンしたら駄目なんじゃないの?なんて心配もブロックチェーンという技術で安心。ロボット技術が発達すれば、歳をとって弱った足腰のサポートも出来るし、家の中にいながらにして健康診断も可能。
3Dプリンターで立体の物もコピー出来れば、ぶきっちょなあなたもモノ作りが手軽に出来てしまう。
また、AIを学び、正しい知識を持つことで、「使いこなせる」という自信がつくだろう。その自信がついたら新しい技術の発展にウキウキわくわく。歳をとるのが楽しくなるはずだ。

活字では伝わりきらない作者の新技術へのわくわく感が、高校生の目を通して描かれている。マンガでスイスイ頭に知識を注入した後に、おさらいの様に活字での補足がある形式も知識が定着しやすい。未来にウキウキわくわくしたい人にお勧めしたい。

ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術 (NewsPicks Comic)

ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術 (NewsPicks Comic)

【書評】3つの思考法を使い分けよ!『ビジネス思考法使いこなしブック』

本書では左脳的思考法について取り扱う。
ロジカル、ラテラル、クリティカルという3種類の左脳的思考法を、
実例形式で学ぶことができる。

ロジカルは「要素を分解する」こと。
ラテラルは「他の分野の方法をもってくる」こと。
クリティカルは「前提が合ってるかを考える」こと。
上記は基本的な考え方で、それぞれに合わせた考え方のフレームワークがある。

特に「認知バイアス」の考え方が興味深い。
「思い込み」ほど思考を止めるものはない。
クリティカルな思考は、思考停止を防ぐことができる。
「当たり前」になっていることだからこそ、
改めて考え直すことができる余地がある。

本書にあるような様々なフレームワークから
自分が普段使わないものを、まず1つ実際に使ってみる。
そうすることで、自分が使っていなかった思考法を意識することができる。
上記を繰り返すことで、使えるフレームワークが増えていき、
自身の考え方のレパートリーを増やすことができる。

本書を読んで感じたことは、
「思考の偏りを意識」することが大事だということだ。
どの考え方も一長一短がある。
大事なのは使い分けることだ。
どの考え方が自分に足りないかを日々意識する。
その上で様々な考え方にトライすることで、
自身の思考を活性化していきたい。

ビジネス思考法使いこなしブック

ビジネス思考法使いこなしブック

【書評】お母さんに優しい国に…。若者にもお金をかけるべき!『保育園義務教育化』

「保育園落ちた日本死ね!」と衝撃な訴えから数年たち、待機児童や保育士の仕事の現状などの問題が知れ渡ってきて、最近は少しずつ良くなってきていると保育士の仕事をしながら感じてはいますが、待機児童は減ってないし、少子化、保育士・保育園不足などまだまだ解決してないことばかりで、解決策として本書を読んで納得いくところばかりでした。

子どもを産んでくれて、働こうとしてくれて、少子化問題や労働力不足問題を救ってくれているお母さんたちになぜ世の中は優しくないのか。公共交通機関では肩身狭い思いをしなくてはいけない、高額な養育費、3歳児まではお母さん常に一緒に過ごすことが望ましいという3歳児神話、残酷な母乳教、自分の経験を押し付けてくる先輩方、など、お母さんたちはこんな中子育てしているんだと思うと、子育てしたことがない私でも息苦しくなりそう。これじゃあ子ども産みたいと思えない。

第二章の「人生の成功は6歳までにかかっている」にとても興味深く読みました。乳幼児期に質の良い教育や保育は本当に大切で、貧困の家庭で育った子より裕福な家庭で育った子の方が、年収が高いとか、持ち家があるとか、犯罪を犯す率が低いとのデータもある。これは保育士研修でも耳にする話。他にも乳幼児の教育が大切だと思える内容が沢山書かれてあります。だから義務教育化にすることはすぐには結果は出ないかもしれないけど、子どもたちが大きくなってからの事や日本の将来を考えたらとても良い策なのではないかと思います。

10月から消費税増税とともに保育園無償化がはじまりますが、もっともっと進めば良いなと思います。
でも保育士不足とか課題はまだまだある。昔に比べたら、保育士の待遇はほんの少しずつは良くなってきたと思います。他業種と比べると収入の差はまだありますが、誕生日休暇とか、持ち帰りの仕事ナシとか、残業代はしっかり出るとか、週休2日はしっかりあるとか、1人暮らしには家賃負担してくれるなんて地域や園もある。又、質の良い保育をするための勉強をする機会も増えました。だいぶ保育士待遇が良くなった地域もあるので、潜在保育士さんには復帰してもらいたいし、小規模保育園がどんどん増えたら良いなと思うし、保育士目指す人がまた増えてくれたら良いなと願います。

子育てしてるお父さんお母さんや、保育現場で働いている方、保育士目指している方、興味がある方におすすめです。
古市さんの独特な物の言い方にクスッと笑えるところもあり、パラパラマンガもついてて、深刻に考えたり笑ったりしながら楽しめる本です。

保育園義務教育化

保育園義務教育化