HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

【書評】留学の意義を考える教育マンガ『サトコとナダ』

「おかあさん、私をアメリカに行かせてくれてありがとう」

これはアメリカ留学をした女の子が、イスラム教徒のサウジアラビア人とルームシェアをし、「女の子目線」でイスラム教徒を理解していく教育マンガである。

ニカブの下は本気で化粧、女子会はファッションショー、ヘナタトゥーの使い方、婚約者はSNSでチェックするなどの日常生活に始まり、こちら側が注意したい点もがファッショナブルに描かれている。

ただし、私にとっての魅力はここではない。

「個人を知ると、イスラム教徒は義理人情に厚いことがわかる」点だ。

ナダはサトコの帰りが遅いと泣きながら探し回り、バイト先には心配で潜入、深夜まで試験勉強、相手を気遣いサプライズを企画する。

私のイスラム教徒の友人は、次はいつ来るんだしか言葉を知らないかのように繰り返し、1週間しか一緒にいなくても別れ際は大号泣、10年経とうがSNSで私を探しだす。

彼は数年前にアッラーのもとに帰っていったが、「サトコとナダ」のような関係をもっと持てば良かったと後悔している。

こちらが構える事なく、ぜひ彼らイスラム教徒を知って欲しい。

人生では何が大切で何を学ぶべきか子供達に教えよう。

留学の意義がわかれば、心豊かになること請け合いだ。

サトコとナダ 1 (星海社COMICS)

サトコとナダ 1 (星海社COMICS)

【書評】読書したい!ダイエットしたい!怒りたくない!節約したい!節酒したい!『あなたの脳は変えられる 「やめられない! 」の神経ループから抜け出す方法』

すぐに集中力がきれちゃう。SNSみちゃう。やめたいけどやめれない。全然続かない。そんなことはありませんか?。その原因・解決法を明示・提案してくれるのが本書だ。

どうやって、人間は習慣を得るのか。刺激→行動→報酬これが習慣獲得のメカニズムである。

例えば、ストレスを感じる(刺激)→美味しいものを食べる(行動)→美味しいと感じストレスを忘れる(報酬)。その結果ストレス→暴食という悪い習慣が生まれる。

ストレスを暴食で解決するというのは全く本質ではなく、原因を取り除かなければ解決できない。

我慢せずに止めるためには認識 →受け入れ→
検証→言葉化のプロセスが必要必要だ。
ストレスを感じているなぁと感じ→それを受け入れる→なぜ感じているのかを考える→言葉にしてみる。

これにより渇望とうまく付き合うことができる。

本書ではこのように悪い習慣、欲望と付き合う方法が、さまざまなデータ、書籍、映画をあげながら解説されている。さすが海を越えてきた本といった形だ。

また、アメリカのマインドフルネス事情もよくわかる。さぁ、あなたの脳をハックしよう。

あなたの脳は変えられる 「やめられない! 」の神経ループから抜け出す方法

あなたの脳は変えられる 「やめられない! 」の神経ループから抜け出す方法

【献本】最近いただいた本【-2019年2月】

HIU公式書評ブログにもちょくちょく献本が寄せられています。いつもありがとうございます。

すでに書評にて紹介させていただいたものもありますが、改めて最近いただきました献本について紹介させていただきます。

以下が最近のいただきものでございます(順不同)。

 

サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

 
脳が老いない世界一シンプルな方法

脳が老いない世界一シンプルな方法

 
素敵なご臨終 後悔しない、大切な人の送りかた (PHP新書)

素敵なご臨終 後悔しない、大切な人の送りかた (PHP新書)

 
お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短

お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短

 
マンションを買うなら60?にしなさい

マンションを買うなら60?にしなさい

 

 

 献本のお問い合わせは下記までお願いいたします。

bookrev.horiemon.com

 

【ランキング】今週売れているビジネス書【2019/3/5】

Amazonのランキング

1位

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

 

2位

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

 

 

3位

 

紀伊国屋書店のランキング

1位

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

 

2位

AI vs. 教科書が読めない子どもたち
 

 

3位

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

 

 

★hontoのランキング

1位

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

 

2位

AI vs. 教科書が読めない子どもたち
 

 

3位

 

【ランキング】先週読まれた書評【2019/2/24-3/2】

f:id:SyohyouBlog:20181023220525p:plain

1位

bookrev.horiemon.com

 

2位

bookrev.horiemon.com

 

3位

bookrev.horiemon.com

 

4位

bookrev.horiemon.com

 

5位

bookrev.horiemon.com

 

6位 

bookrev.horiemon.com

 

7位

bookrev.horiemon.com

 

8位

bookrev.horiemon.com

 

9位

bookrev.horiemon.com

 

10位

bookrev.horiemon.com

 

 

 

 

【ランキング】今月読まれた書評【2019年2月度】

1位 

bookrev.horiemon.com

 

2位

bookrev.horiemon.com

 

3位

bookrev.horiemon.com

 

4位

bookrev.horiemon.com

 

5位

bookrev.horiemon.com

 

6位

bookrev.horiemon.com

 

7位

bookrev.horiemon.com

 

8位

bookrev.horiemon.com

 

9位

bookrev.horiemon.com

 

10位

bookrev.horiemon.com

 

 

 

【書評】まんがで学ぶのってすごく分かりやすくていいなぁ。『まんがでわかる 絶対成功!ホリエモン式飲食店経営 ~『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』外伝~』

本作はまんがで飲食店経営を学べる本である。FL比率、減価償却、そしてインスタ、店の空き時間の使い方など、非常に現場レベルの経営が学べる。

本作のストーリーは退職金でカフェを始めた主人公と堀江貴文の妹の未麻との出会いから始まる。

ざっくり言うと、主人公のダメダメ経営を未麻がコンサルするがホリエモンに煽られまくると言う話だ。

SNSを使って店を改善、インスタ映えを狙い、客入りが少ない時間はセミナーや近くの店にコーヒーを運び、軽食はカレーに絞り、と実際に飲食店を経営している堀江貴文監修だからこその泥臭い経営改善がまんがに現れている。

【書評】『みち』

絵本作家・五味太郎さんの初期の作品。いろんなものが通る道が次々と出てきます。あと何があるかねーなんて、子供と考えながら読むのも楽しい。

✴︎すこしひらがながよめるならひとりでもがんばればよめる。

みちっていろいろあるんだ
いつも、ようちえんにいくとき
あるくみちも
くるまがびゅんびゅんとおるみちも
ぼくのすきなでんしゃのみち(せんろっていう)もぜんぶ、みち。
ほかにも、
いままでしらなかったいろんなものが
とおるみちがあるらしい、、。

五味太郎さんの絵と文って事を
大人になってから知ったんだけど
子供ながらに
パンチの効いたこの絵が
なんだか好きだ!と思っていた。

字が少ないので、
ひらがなを覚えたてなら
ゆっくり自分で読んで達成感を
味わえます

読み聞かせするなら
5分で読めるので
なんか読めとせがまれたけど
今日はつかれちゃった。
でも、なんか読んであげたいって時に
おススメ。


みち (かがくのとも絵本)

みち (かがくのとも絵本)

【書評】しょうがないから高級車でも買うか 『なりたい人だけが資産家になれる』

「資産家じゃないのは、あなたが望んでいないだけ」

この本は賃貸不動産のイロハが書かれた本であり、自分には非常に解りやすく感じる。

私は祖父から賃貸用倉庫と砂利の販売権を譲り受けたことがあったが、賃貸不動産はやったことがなかったため大変勉強になった。

賃貸不動産のイロハではなく、「稼ぐことの基本」がである。

高級車は税金対策、自分で買うならプリウス一択

安く放置されたものに手を加えて高く販売せよ

ブームには乗らずにひたすら待て

全てのビジネスはインサイダーになることで儲かる

など、実際は事例と数字で解説してくれるのであるが、抽象化するとどこにでもある基本が記載されている。

その通り、稼ぐことの概念は共通なのだ。

最後に、この本では「そんなに稼いでもしょうがないので、日本に貢献しよう」と結ばれます。

そう資産家が行き着くところは同じなのだ。

資産家の思考を学びたい方、お子さんの教育に楽しめること請け合いです。

【書評】テクノロジーの進化により、好きなことをして遊んで暮らせる世の中が、もう間近に迫っている『僕たちはもう働かなくていい』

本書は、AIやロボットの研究に関わる専門家との対話をもとに、今後の私たちの働き方、生き方、また最適なAIとの向き合い方について書かれている。

多くの本を世の中に送り出し、また時間を大切に考える著者が「最近の著作のなかで、飛び抜けて取材と考察に時間と手間をかけた」と書かれていただけに、本文を読む前からとても興味がそそられた。

面倒なやりたくない仕事は全部AIに任せて、自分の好きなこと、やりたいことだけやればいい世の中。「遊びが仕事になる」そのような楽しい世界は、想像しただけでもワクワクしてくる。また著者はすでにその世界を実証しているという。

このようなテクノロジーの進化の一例として、本書では著者自身が体験したパーソナルモビリティ「カングーロ」やロボット「エリカ」について詳細にまとめられている。

用途によってロボットやライドモードに変形する「カングーロ」は、荷物を運んでくれたり、散歩も一緒にしてくれる。また自転車のように乗ることもでき、離れた場所から呼び出すことも可能だという。

また、パーソナルモビリティには、ただの乗り物としての存在ではなく、パートナーロボットとして一緒に出かけたいと思うような「楽しさ」が必要であるという。ただ単に便利さを追求するのではなく、それが人々の意欲的な行動に繋げられるようにするとは、まさに驚きである。

さらにパートナーとしてより実感しやすいのが23歳の女の子「エリカ」だ。第一印象は「かわいい女の子」そのもので、ロボットだとは想像もしなかった。会話や動き、はにかむ笑顔はとても自然だという。それほど現在のテクノロジーは、進化しているのだ。

また、すでにエリカは女子アナとしてテレビ局に入社しているという。企業の希望通りに黙々と働いてくれる「エリカ」は、必要不可欠な存在となり、多くのファンが増えるに違いないだろう。

新しい技術が世の中で活用されていくことは、とてもワクワクする。それにより自分の身の回りはどのように変化していくのか、リデザインされていく世の中は楽しみで仕方ない。

多くの人は、自分の幸せを考えるだけで精一杯だが、世の中が良くなるために自分の犠牲や苦労を厭わず、また他者からの中傷も気にせず行動出来る人は、本当に素晴らしく、誰にでも真似できることではない。まさに貴重な存在であり、感謝したいと思う。その日々の努力のおかげで私たちの生活は楽しく充実することができ、また幸せな人生へとつながっていくのだ。