HIU公式書評Blog

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。

MENU

人生は限りあるものだということを忘れている人へ『人生でほんとうに大切なこと』

本書はがんと告げられた患者と、その患者の心のケアを専門に行っている精神腫瘍科の医師の話だ。
がんになることは誰も望まないけれど、それによって起こることすべて不幸とは言いきれませんという言葉が心に残った。命の起源を言われて初めて人間関係など自分の未解決な課題に取り組む人が多いそうだが、締め切り前にならないとやるべきことをやらない私はとても共感できた。

確かに、誰もが皆いつか死ぬ。それはわかっていることだけど、まるでいつまでも生きることができるかのように、5年後10年後の未来を考えて生きている人がほとんどだ。そして大切な問題を先延ばしにし、漠然とした未来を不安に考えることに時間を費やしている人も多いだろう。
この本はがんの経験者だけでなく、今、健康で元気な人にこそ読んでもらいたい。今生きていることが奇跡であることを知り、自分の課題が何かを考え直すきっかけを得られれば、より豊かな人生を送れるだろう。まさにタイトルどおり、自分の人生でほんとうに大切なことは何か、考えたいと思った。

 

人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話
 

 

今を感じ、今を楽しみ、今に意識を取り戻す『自分を休ませる練習』

人は、時間が経つと、気持ちが変わる。だからこそ、私たちは嫌なことや悲しいことがあっても前を向いて生きていられる。ある程度の時間を置くことで、複雑化してしまった思考がすっきりする、まとまる、そんな状況がよくある。

さらに、時間についてだが、私の友人にいるのだが、待ち合わせに何の連絡もなく平気で遅れるような人の心理がよくわからない。時間の大切さを、理解していないのだろうか。でも、それ以外は気遣いをしなくていい。気遣いをせず、ほどほどで付き合い、相手の意見に振り回されないこと、気にしないこと。それで、付き合うのがしんどいなら付き合いをやめ、距離を取れば、心がささくれ立ちない。

私たちのほとんどが混沌とした社会の中にいるが、実はこの混沌が良いのだ。混沌としているからこそ、生きる上での勉強になる。ただし混沌とした中にいると楽しいことばかりではない。面白くないこと、つらいこと、悲しいことにも晒される。そこで、自分の意識をマイナス思考に持っていかれないようにするコツを覚えておく、手っ取り早い方法は「好きなことを考えること」だ。

さらにいえることは、目の前のことに集中するためにも「好きなこと」をするのに尽きる。最近集中できていないな、と感じる方は、まずは自分の好きなことに夢中になってみてはいかがでしょうか。

私たち、生きてく上で最も必要で重要で、欠かせないことは、「今を感じ、今を楽しみ、今に意識を取り戻す」ことが大切だと著者は説いている。

 

自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス

自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス

 

 

HIUメンバーがおすすめする多種多様な生き方に関するおすすめ本6選

堀江貴文イノベーション大学校(HIU)のおすすめする多種多様な生き方に関する本をまとめました。

 

・覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

 

bookrev.horiemon.com

  

 ・ヨシダ,裸でアフリカをゆく

ヨシダ,裸でアフリカをゆく

ヨシダ,裸でアフリカをゆく

 

bookrev.horiemon.com

  

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

 

bookrev.horiemon.com

 

 ・現役東大生が1日を50円で売ってみたら

現役東大生が1日を50円で売ってみたら

現役東大生が1日を50円で売ってみたら

 

bookrev.horiemon.com

  

 ・あそびあい(モーニングコミックス)

bookrev.horiemon.com

 

 ・ 恋のツキ(モーニングコミックス)

bookrev.horiemon.com

 

 

 

ブルーオーシャン戦略読んだあとはこっち!『「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える』

ブルーオーシャン戦略を読んで実践したいと思う際の思考は2つに分けられると思っている。一つは「私の会社にどのように活かそう」、もう一つが「私自身にどのように活かそう」、本書は後者の思考に進んだ方にぜひオススメしたい。ブルーオーシャン戦略の主語は企業や団体だ、個人に落とし込む際にはリサイズの作業が必要になる。その手助けをしてくれるのが本書だ。

著者の永井氏は『100円のコーラを1,000円で売る方法』の著者としても有名だろう。教壇の上からの指導ではなく、自身の失敗体験を勇気を振り絞ってふんだんに盛り込んでくれている。昨今グローバル化やAIの活躍の場が増えるなど、あなたのビジネスの陣地は狭まってきている。決して「AIに勝とう!」というような時代錯誤な主張は本書には無い。AIの方が高い成果を出せるなら、他国の方の方が高い成果を出せるなら喜んで仕事をお願いすべきで、その上で「自分自身の持つ価値だからこそできることは何か?」という問いに対してのアンサーが本書には詰まっている。

ビジネスマンは時として無駄な努力をしがちだ。努力は尊い、それ自体が無駄なのではなく、世の中には無駄な努力とそうでない努力があるという話だ。“石の上にも三年”という言葉があるが、要はどの石の上に三年いるかではないだろうか。原則有限である人の時間は貴重だ、今も一秒ずつ確実に削れている。本書を手に取ることであなたの貴重な価値を最大限高める方法を整理してほしい、あなたの価値の活かし方にマーケティングの視点を取り入れよう。

 

 

 

100円のコーラを1000円で売る方法

100円のコーラを1000円で売る方法

 
【図解】 100円のコーラを1000円で売る方法

【図解】 100円のコーラを1000円で売る方法

 
100円のコーラを1000円で売る方法2 (中経出版)

100円のコーラを1000円で売る方法2 (中経出版)

 
100円のコーラを1000円で売る方法3 (中経出版)

100円のコーラを1000円で売る方法3 (中経出版)

 

 

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法

 
コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法2

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法2

 
コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法3

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法3

 

 

シルク・ド・ソレイユの事例とかマジ面白い『[新版]ブルー・オーシャン戦略―――競争のない世界を創造する (Harvard Business Review Press) 』

仕事の質を高めたく書店のビジネスコーナーに足を運んだ方は、一度は見聞きしたことがあるのではないだろうか。一見すると少々厚みのある書籍で気後れしてしまいそうだが、読書が苦手な方も時間をかけてでも読んでほしい一冊だ。本書の推奨する逆の市場の名はレッドオーシャンだ。本書はその血に溢れた海での競争を避け、競争相手のいないあなただけの市場を作り出すヒントを与えてくれる。

いわゆる「ヒト・モノ・カネ」はいずれも有限だ。突然の恩恵に預かることができない限り、今ある資源を活用するしかない。その中でできることは「増やす」「減らす」「削る」「付け加える」の4つを使い資源の再調整を行うことだ。その成功事例の一つがシルク・ド・ソレイユだ。当時サーカスといえば花形スターや動物達が主役で複数の舞台でショーを同時進行する。収益はショーの見物料のほか、テント外での物販ブースの販売量となる。素敵なサーカスも多かっただろうが、同時に競合も多くこれらサーカス団は静かに衰退していった。そこに先ほどの「増やす」「減らす」「削る」「付け加える」を用い、サーカスの価値を再定義したのがシルク・ド・ソレイユだ。あることを増やし、あることを減らし、削り、付け加えることで、独自の市場を作り出した。
一度でも観覧した経験がある人ならピンとくるかもしれない、そういえばアレもアレもなかったな・・・と。

本書ではQBハウスやサウスウエスト航空など、他にも数多くの事例が掲載されている。「よし、ブルーオーシャン戦略をやろう!」となるかどうかは定かではないが、少なくとも「商売って面白いな」と思っていただける一冊だと思う。

 

 

 

人生が、再び輝きだすために 『自分を休ませる練習~しなやかに生きるためのマインドフルネス~』

「心とからだを健康に保つ」

これは、老若男女を問わず、誰もが人生の中で、望んでいることの一つであろう。

それを実現するために、本書では、今すぐにできる「しなやかに生きる」ための方法が、東大病院救急医療の現場で、人間の生と死に向き合っていた医師によって書かれている。

人々は、毎日の慌ただしい生活の中、無理を続けるため、病気となり、治療し、その後また、どこかからだが悪くなるという悪循環に陥っている。

健康を望んでいるにもかかわらず、結果として、病気になる原因を自らが作りだしてしまっている。自分の生活を振り返ると、納得する人も多いだろう。

そのような生き方を変えるには、どうすればいいのだろうか?

その方法が、ここにある。

まず、やるべき大切ことは、心身を解放し、本来の自分を取り戻すことである。

本書は、ストレスが多く、忙しい毎日を送り、時間の余裕がない人でも、短時間で読めるように工夫されている。そのため、夢中になり、一気に読んでしまうこともあるだろう。

日々の生活の中で、自分を取り戻す方法が、いくつも書かれているため、常に手元に置くことにより、何度も、何度も、読み返し、日々、自分と向き合う手助けをしてくれる「癒しの一冊」となるだろう。

 

自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス

自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス

 

 

神などいらぬっ…! クビ…! 『人生を逆転する名言集2』

「神などいらぬっ…! クビ…! 

お払い箱よ こっちから!
 死ねっ…! 神など死ねっ! 
上だっ…! おまえよりわしが…上!」

血液をかける狂気の「鷲巣麻雀」にて、「鷲巣巌」は悪魔じみた天才「アカギ」と勝負をして1100㏄の血液を失い、死が目前まで迫っている状況にいた。
そして配牌は最悪。死が目前に迫る中で、神、運、ツキ……すべてから見放されたような状況で豪快に言い放つ。

「わしに最初 神などついていなかった…!
 神懸りは途中からだ…!
 わしはまず自力で何者かになり…
 その剛腕に神は後からノコノコ乗っかってきたのだ…!
 つまり奴は強い者の尻馬に乗ることばかり考えている…
 日和見主義ってこと…!
 ゆえに窮している者 弱っている者
 そういう者の力になど一切ならん…!」

神ですら自分より下に位置付け、さらにクビまで宣告する男 鷲巣巌!
以前、紹介した『人生を逆転する名言集』著:福本伸行竹書房、2009/10/5)と今回の名言集は何が違うのかを真っ先に挙げるとこの鷲巣巌の名言が多く掲載されていることではないでしょうか。

熱くて、しびれて、誰もが一度は言ってみたいセリフが満載です。
ギャンブル漫画の通り、勝負ごとに関する名言が非常に多く、どの名言も感心させられます。

『アカギ』『カイジ』『銀と金』『黒沢』など、多くの作品にそれぞれのキャラクターの個性が際立った名言が多くあります。
その中で、作品は違えど多くの名言を生み出しているのは誰かと考えると、それは作者である福本伸行先生ということになります。

言い換えれば、福本先生が「アカギ」であり、「カイジ」であり、「黒沢」であり「鷲巣巌」でもあるのです。

福本先生はどうやってこの数々の胸を打つ名言を生み出しているのでしょうか。
福本先生はなぜこんなに熱いのでしょうか。

それを紐解くヒントが巻末のインタビューに掲載されています。
このインタビューでは福本先生が漫画を目指し、挫折した時のこと。上手くいかなかったときに3~4時間ファミレスで自分を見つめるための日記を書いていたことなど多くのことが書かれています。
退路を断って「ちばてつや大賞」を受賞するまで、「食えれば上等」からブレイクするまで、漫画を描き続ける原動力、人生に勝つために必要なこと、などインタビューが行われています。
カイジ』が『ヤングマガジン』で連載されることが決定した際に「絶対当ててやる、当たらないはずがない、俺のマンガは面白いんだっていう気持ちでやったよ。不安もあったけど、これを成功させるか失敗させるかどうかで俺の人生はかなり違うという感触はあったからね。」という言葉や「無為を恐れないこと」「勝ち負けよりも勝負し続けること」など非常に熱い内容になっており、福本先生の中のいる「カイジ」「アカギ」などが垣間見ることができます。

福本先生が生み出す名言は福本先生が歩んだ人生が生み出したものだと感じることができます。

「奇跡なんて望むな…!
 だってそうだろ…!
 ‘勝つ‘ってことは… そんな神頼みなんかじゃなく…
 具体的な勝算の彼方にある… 現実だ…!
 勝つべくして勝つ…!」

この言葉を思い浮かぶくらい、福本先生は漫画に懸けてきたと思うのです。

そして福本先生の『カイジ』は読者からの圧倒的な支持を得て大ヒットし、冷たい態度だった編集長の態度を変えることに成功します。

ぜひ、皆さんも福本先生の本を読み、熱くなり、しびれてください。

 

福本伸行 人生を逆転する名言集 2

福本伸行 人生を逆転する名言集 2

 

 

 

福本伸行 人生を逆転する名言集 F

福本伸行 人生を逆転する名言集 F

 
人生を逆転する名言集

人生を逆転する名言集

 

 

2017年10月によく読まれた記事

10月も最終日になりました。当ブログにて今月よく読まれた記事ランキング10です。

 

1位 HIUメンバーがおすすめする働き方に関する本8選 

bookrev.horiemon.com

 

2位 HIUメンバーがおすすめする読書に関する本6選

bookrev.horiemon.com

 

3位 勇者を倒せないのは秘書がいなかったから『魔王の秘書』

bookrev.horiemon.com

 

4位 読み終えた瞬間に涙と震えが止まらなかった...『革命のファンファーレ』

bookrev.horiemon.com

 

5位 人は病気になったことによって、生きることを深く考えるようになる『人生でほんとうに大切なこと』 

bookrev.horiemon.com

 

6位 ずっと心に引っかかっている。『人生で大切なたったひとつのこと』

bookrev.horiemon.com

 

7位 芸人ってエエなぁ。『革命のファンファーレ現代のお金と広告』

bookrev.horiemon.com

 

8位 あたまがとまってうごけない。 『検索は、するな。』

bookrev.horiemon.com

 

9位 お前らに逆転などないわ……このゴミめら! 『人生を逆転する名言集』

bookrev.horiemon.com

 

10位 僕はダメ男だが...『その恋はビジネス的にアウト』

bookrev.horiemon.com

 

 

【献本】2017年10月にいただいた本

今月も献本をいくつかいただきました。ありがとうございます。

こちらで紹介させていただきます。また献本は運営元までお願いいたします。

 

bookrev.horiemon.com

 

 

 『人生でほんとうに大切なこと』

bookrev.horiemon.com

 

 『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』

もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか

もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか

 

 

『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム 』

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

  • 作者: クレイトン M クリステンセン,タディホール,カレンディロン,デイビッド S ダンカン,依田光江
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2017/08/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

 

 

2017年10月に当ブログ経由で売れた本ランキング

1位 『魔王の秘書』

魔王の秘書(1) (アース・スターコミックス)

魔王の秘書(1) (アース・スターコミックス)

 


bookrev.horiemon.com

 Twitterでも少し書評がバズったこの作品が1位。異世界モノが最近は本当にはやっています。

 

2位『 魔法使いの嫁』 

全くブログでは紹介はしてないんですが、ブロ経由で全巻買いを してくださった方がいたため、冊数としては2位のランクイン。

 

3位 『安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生』

 

bookrev.horiemon.com

 やっと、HIUっぽい?1冊。ビジネス書の購入がやっぱり多いです。 

 

4位 『あそびあい』 

 

bookrev.horiemon.com

 

 5位 『恋のツキ』

 

bookrev.horiemon.com

 新田章氏の漫画が連続でランクイン。生々しい女性の生態を垣間見れる本作は本当に面白い。

 

 5位 『モチベーション革命』

 bookrev.horiemon.com

 これまたHIUっぽい1冊。

 

 5位 『革命のファンファーレ』

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

当書評ブログでも何人もの人が書評を書いた本作品。HIUでも大人気。 

 

5位 『藤原和博の必ず食える1%の人になる方』

 

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

 ロングセラー。まだ読んでない人は人生なめてるんじゃないかとすら思います(個人の感想です)。

 

 5位 『人生でほんとうに大切なこと』

bookrev.horiemon.com

 献本いただいたこちらの本もランクイン。宣伝していただいているようで、こちらの記事のアクセス数がかなり大きいです。しかし、amazonリンクがエラーが出るのがつらい。下の本も同様に、人生で大切なことを本から探しているの人が多いのか、、、。

 

10位 『人生でたいせつなたったひとつのこと』 

人生で大切なたったひとつのこと

人生で大切なたったひとつのこと

 

 bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

 当ブログでも3か月連続書評が掲載されている一冊。メンバー内での口コミで流行し、当ブログ内でもっともロングセラーとなっています。

 

11位 『東大から刑務所へ』 

 

東大から刑務所へ (幻冬舎新書)

東大から刑務所へ (幻冬舎新書)

 

 

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

bookrev.horiemon.com

 HIU校長堀江貴文氏による本書。久々の?刑務所本で面白い。東大×刑務所の二人の会話は全く共感ができない。 

11位 『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

 

 

bookrev.horiemon.com

 書評が書かれたのは半年前だが、じわじわと購入されている人気作。